通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介

直葬という葬儀方法について聞いたことはありますか?直葬は一般的な葬儀と違って費用を抑えられるというのは本当なのでしょうか?今回はそんな直葬にかかる費用や納骨の流れ、メリットやデメリットについてなど、具体的な疑問点についても合わせて解説をしていきます。

最終更新日: 2020年02月19日

直葬について知りたい方へ

葬儀

直葬とは、近年注目されている葬儀方法の一つです。
従来の葬儀と比べて費用が抑えられるといわれる直葬は、どういった流れで進めていくのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、納骨の流れから直葬についての疑問点などについて以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 葬儀における割合が増えている直葬とは?

  • 直葬の納骨の流れ

  • 直葬の料金相場

  • 直葬のメリット・デメリット

  • 直葬の疑問点

直葬という言葉を聞いたことはあっても、なかなか詳しい内容までご存じない方も多いかと思います。
ぜひ最後までお読みいただきご参考にしていただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀における割合が増えている直葬とは?

困った人々

直葬とは、通夜や葬儀・告別式を行わず火葬のみを行うシンプルな葬儀のことです。
普通の葬儀と違って、ごく親しい方のみで行われ、費用も抑えられるため、最近では葬儀における割合が増えてきています。

「終活ねっと」では直葬・火葬式をはじめとした様々な葬儀を、一般的な価格よりも低額で行うことができるプランを提案しております。
よろしければ、ご検討ください。




直葬の納骨の流れ

葬儀

まずは直葬の際の納骨の流れについて解説をしていきます。
実は、一般の葬儀と直葬では納骨の流れが少し違います。
一般的な葬儀の流れですと、納棺のあと通夜、告別式等を行ってから出棺となりますが、直葬の場合では、納棺後に出棺となります。

直葬は少人数で行うことが多いため、葬儀後の会食などもありません。
納骨の際の注意点やそれぞれのポイントについて詳しく解説をしていきます。

臨終

ご臨終後、葬儀社に連絡をし直葬を希望する旨を伝えます
亡くなったのが病院であれば、医師に死亡診断書を発行してもらいます。

万一亡くなる際に誰にも看取られずに発見された場合には、警察に連絡して検視をしてもらい、死体検案書を発行してもらう必要があります。

お迎え・安置

ご臨終後はすぐ火葬をすることはできません。
法律上、死後24時間を経過しなければ火葬をしてはいけないという決まりがあるためです。
他の人に移ってしまう病気などの場合は例外ですが、そういったこと以外で亡くなった場合にはこの法に則る必要があります。

24時間を経過するまではご遺体を安置しますが、安置場所については、葬儀社と相談のうえで決めていきます。
場合によってはご自宅で安置することもありますので葬儀社とはしっかりと打ち合わせをしておきましょう。
また、役所への手続きや火葬場の空き状況の確認、火葬をする日時も決めていきます。

納棺・出棺

納棺の際は、花や故人が好きだったものを一緒に納めることが可能です。
ただし、納めてはいけないものもありますので葬儀社に確認をとりましょう。
また、直葬の場合だと、納棺を葬儀社に任せ、立ち会わないというのも可能です。

納棺後、火葬の時間に合わせて出棺します。

火葬

火葬場についたら火葬を行います。
直葬は火葬式と間違われることがありますが、火葬式と直葬では少し違いがあります。
火葬場で読経儀式を行う場合を「火葬式」、読経を行わずそのまま火葬を行う場合を「直葬」といいます。

もし、読経を希望する場合はお坊さんを呼ぶ必要があるため事前に手続きが必要となってきます。

骨上げ

火葬が終わったら、お骨上げを行います。
納骨は後日行うことになるため、お骨を骨壺に納めたら直葬は終了となります。
納骨に必要な埋葬許可証は、火葬後に葬儀社か火葬場のスタッフから受け取ることになりますので、なくさないよう保管をしておきましょう。

納骨の際には、直葬を選択した場合だと、菩提寺に納骨をお断りされてしまう可能性があります。
特にこだわりがないようであれば、霊園などを利用するのも一つの手段ですが、菩提寺があるようであれば前もって確認をとっておくのが無難かと思われます。

直葬の料金相場

お金

直葬の流れが分かったところで、次は東京・埼玉・大阪の直葬の料金相場を見ていきましょう。
物価の高い地域は、火葬の料金が高い場合が多いため地域によって料金に差があります。

東京での費用相場

東京の場合は、約10万円~20万円が一般的です。
民営の火葬場が多いためこれを超す場合もあります。

埼玉での費用相場

埼玉の料金相場は、約10万円~15万円です。

大阪での費用相場

大阪の料金相場は約15万円です。
なお、大阪市の火葬料は1万円となっています。

直葬のメリット・デメリット

困った人々

直葬は費用が通常の葬儀に比べて低いといったメリットはありますが、やはりデメリットもあります。
ここでは、直葬のメリット・デメリットについて解説をしていきます。
直葬を考えられている方は、ぜひご参考にしてみてください。

メリット

直葬のメリットは以下の点です。

  • 一般的な葬儀よりも費用が抑えられる

  • 通夜や告別式を行わないため手間がかからない

  • 弔問客の対応がないため心身の負担が通常よりも少ない

  • 納棺を葬儀社に任せることが出来る

デメリット

直葬のデメリットは以下の点です。

  • 身内だけでの葬儀だと親族や友人、知人の反感を招く恐れがある

  • 葬儀後に個別でお参りに来る方が多発する可能性がある

  • 菩提寺に納骨を断られてしまう場合がある

直葬の疑問点

困った人々

直葬だと、1人~2人で故人を見送るケースが多いといわれていますが、場合によってはそれ以上の人数で行うこともあります。
その際の香典や戒名、服装はどうしたらいいのでしょうか?
それぞれわかりやすく項目ごとにまとめて解説していきます。

香典は必要?

香典について、喪主から特に連絡がない場合には、準備をしておくのが無難です。
ただし、香典を受け取ることによって、その後の香典返し等の準備で喪主に負担をかけてしまうケースもあります。
そういった場合などでは、喪主が香典を辞退されることもありますが、もし辞退をされた際には無理に渡すことは控えましょう。

なお、直葬では、身内が喪主の場合は基本的には香典は不要となっていますが、結婚をして別世帯となっている場合、香典は必要となりますので注意しましょう。
前もって喪主から香典について、お断りの連絡がきた場合には香典は不要です。

戒名は必要?

通常の葬儀であれば戒名を付けますが、そもそも戒名とはどういったものなのかご存知ですか?

もともと、戒名とは、仏門に入った人(出家した人)が授かる名前です。

通常であれば、仏弟子(お釈迦様の弟子や仏教徒のこと)になると戒名をもらいますが、時代の流れとともに、仏門に入る人も減り、仏弟子にならないままで亡くなる人が増えてきました。
仏式での葬儀・法要を行うには、仏弟子にならなければ行うことが出来ません。
そのため、現在では亡くなってから戒名をつけて弔うことが一般的になったのです。

では、直葬のように、通夜・告別式を行わなかったり、お坊さんの読経を行わない場合は戒名をつける必要はあるのでしょうか?

戒名は必要な場合と不要な場合があります。
納骨する場所や葬儀などの条件によって変わってきますので、どれに当てはまるか確認をしておきましょう。
下記は戒名が必要な場合です。

  • 葬儀・告別式を行う場合

  • 寺院墓地に納骨する場合

  • お墓や墓誌、位牌に名前を刻む場合

戒名が必要ない場合は下記のとおりです。

  • 散骨や樹木葬などの自然葬を行う場合

  • ご遺骨を自宅で保管する場合

  • 戒名不要の公営墓地や墓園などに納骨する場合

服装のマナーはある?

直葬の場合、身内だけで見送ることが多いため一般的な葬儀のような服装の強い縛りはありません
ですが、火葬場へ行く際は喪服や黒色のスーツ・ワンピース等を着用し、メイクやアクセサリー類もシンプルにし、身だしなみを整えておくほうが良いとされています。
身内だけの場合が多い直葬とはいえ、故人を弔い見送る気持ちを服装で表すことはとても大事なことです。

また、下記の記事では葬儀の基本的なマナーを詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

直葬の納骨の流れまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、直葬について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀における割合が増えてきている直葬とは?

    直葬とは、通夜や告別式を行わなず、火葬のみを行うシンプルな葬儀のこと。

  • 直葬の納骨の流れ

    ご臨終後、お迎え・安置を行うまでは通常の葬儀と同様に行います。
    ただし、一般的な葬儀と違い葬儀・告別式を行わず、納棺後に出棺し火葬場に向かいます。
    火葬場での読経をするかどうかは選択可能。
    読経希望であればお坊さんを呼ぶために手続きが必要です。
    火葬後お骨上げをし、お骨を骨壺に納め後日納骨を行います。

  • 直葬の料金相場

    東京・埼玉・大阪の料金の相場は約10万円~約20万円。

  • 直葬のメリット・デメリット

    直葬だと費用が抑えられ、通夜や告別式を行わないため弔問客の対応が減りますので、手間がかからないことがメリットとして挙げられます。
    ただし、ご遺族の知らない故人の親しかった方や知人、友人が告別式などでお別れをすませられなかった場合は、直葬にしたことについて反感をかう恐れがあったり、後日個別にお参りに来られる方が多発したりといった可能性があります。
    また、直葬だと菩提寺に納骨を拒否される場合もありますので事前に確認をとっておきましょう。

  • 直葬の疑問点

    香典は用意しておくのが無難ですが、喪主が香典を辞退する場合があります。
    無理に渡す必要はありませんので、お断りされたら引き下がりましょう。
    戒名は納骨する場所や葬儀などの条件によって必要か不要か変わってきます。
    直葬を行う場合の服装は喪服や黒い服装で行うのが良いでしょう。

直葬は金額的な負担が少なく、弔問客への対応も少ないため心身の負担を減らすことができるため、直葬を選ばれる方が増えてきています。
ただ、本当に通夜や告別式を行わなくてもいいのか、身内だけで見送っていいものなのかは故人の方の生前の過ごし方によっても変わってくるかと思います。

ご家族の方と相談をして、後悔のない葬儀方法を選択することが重要かと思います。
この記事が、葬儀に関して考える良い手助けになれれば幸いです。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀・法要などに関する記事も多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事