葬儀には出席?参列?正しい表現や参列時の服装・香典マナーを解説!

葬儀に出ることを表現するとき、おそらく葬儀に「出席」するか「参列」するという表現を使う方が多いのではないでしょうか?実際どちらが正しい表現なのか気になりませんか?今回は葬儀に出席なのか参列なのかについて、また葬儀の服装や香典のマナーについても解説します。

目次

  1. 葬儀への出席・参列について
  2. 葬儀への出席と参列・列席の違いは?
  3. 葬儀に出席・参列する際のマナー
  4. 通夜・葬儀に出席した人へのお礼
  5. 葬儀への出席・参列のまとめ

葬儀への出席・参列について

葬儀

葬儀に出席するや、葬儀に参列するという言葉は多くの方が使い、また聞いたことがある表現ではないでしょうか?
これらの表現の違いには、何か意味があるのでしょうか?

あるとすれば正しい使い方ができるようにしたいですね。
今回終活ねっとでは、葬儀に出席なのか、参列なのかの正しい表現や、服装と香典のマナーも一緒に詳しく解説していきます。

  • 葬儀への出席、参列、列席の違いはどんな違い?
  • 葬儀に出席、参列する際のマナーは?
  • 通夜や葬儀に来てくれた人へのお礼はどうしたらいいの?

以上の項目に沿って解説していきます。
葬儀についての正しい表現について気になるという方や、服装やマナーについても知りたいという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀への出席と参列・列席の違いは?

葬儀

葬儀に出ることを表すときには、葬儀に「出席」・「参列」するという表現の他に「列席」するという表現の仕方もありますよね?
これらの表現の間にはどのような違いがあるのでしょうか?

ここではこの三つの違いについて、簡単に解説していきます。

出席

出席するという表現は、授業や入学式・卒業式など、行事などが行われる場所に行って、そこにいることが大きな目的であるようなときに使います。
また、出席は招かれた先に自分の席がある場合、授業や会議などの場合にも使います。

参列

参列は出席と意味自体に大きな違いはありませんが、丁寧にした表現で相手方に敬意を表すべき時に使う表現です。

最近では葬儀は参列という表現が広まっているようですが、参列は式などに参加するという意味がありますので、結婚式などでも使われることがあります。

ですから、特定の葬儀に出る場合は「参列します」という言い方をし、一般的な葬儀に出ることは「葬儀に出席する場合には…」という使い方をするようです。

列席

列席は式などに出るというような意味で、参列とほぼ同じ意味ですが使い方が違います。
参列は招かれる側が使う表現で、列席は主催する側が使う表現です。

ですから、葬儀の場合ならば故人の知人・友人など、招かれる側の人間が「葬儀に参列します」というような使い方をし、喪主側の人が挨拶などで「列席していただきありがとうございます」などの使い方をします。

葬儀に出席・参列する際のマナー

葬儀

葬儀に出席する際には、服装や香典など色々なマナーが求められます。
何気なく行った行為がマナー違反だった場合、葬儀という場ということもあってただのマナー違反で済まない可能性もあります。


葬儀をきっかけに関係が壊れるのは嫌ですよね?
ここでは葬儀の際の服装や香典などマナーについて解説していきます。

服装

まず、葬儀の服装についてです。
男性の場合は、基本的に礼服用のブラックスーツとなります。
黒いビジネススーツとは違うものになりますので間違わないように注意してください。

スーツはシングル、ダブルどちらでも可能ですが、ズボンのすそはシングルのものを着用します。
ネクタイ、靴、靴下は黒無地の地味なデザインのものにし、ネクタイピンは付けません。
時計をする場合には派手なものは避けます。


女性の場合は、洋装と和装の二つがあります。
洋装の場合、黒のスーツかワンピースとなります。
靴とストッキング、バッグは黒無地の地味なデザインのものを選びましょう。

特にバッグの金具には気を付けましょう。
化粧は薄めで露出はできるだけ少なくし、アクセサリーは結婚指輪の他に真珠の物を一点だけというのが原則です。

和装の場合ですが、遺族が五つ紋ですので三つ紋など格を下げた染め抜きの黒無地を着用します。
帯、帯締め、帯揚げ、草履は黒いものを着用します。
足袋、襦袢、半衿は白を着用し、アクセサリーは結婚指輪以外にはつけません。

男性、女性どちらの場合にも、葬儀は故人を偲ぶ場ですので、アクセサリーや靴など自分に似合うかどうかなどで決めていけません。
場にふさわしい服装をしていきましょう。

葬儀の服装についてもっと細かく知りたいという方は、以下にわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

香典

葬儀の際には香典を渡すのが一般的なマナーとなっています。
香典にはお供えという意味と、お金のかかる葬儀を経済的に助けるという二つの意味があります。
そんな香典にはいくつかのマナーが存在します。

香典は、必ず香典袋に包みます。
基本的に香典袋の表に表書きを書きます。
表書きは薄墨で書き、相手の宗教に合わせて表書きを変えます。

香典袋の水引の上に表書きを、下には会葬者の名前をの書きます。
金額は旧字で書き、お金は向きをそろえて入れるようにします。
新札はあらかじめ準備していたように思われるので使いません。

渡す場合には必ず袱紗に包んで渡します。

葬儀で渡す香典についてもっと詳しく知りたいという方は、以下に香典の金額や表書きの書き方など詳しく解説した記事があるので、ぜひこちらも一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

お供え物

葬儀では、遺族が辞退した場合などで香典を渡せなかったときなどに、供物を送ることがあります。
基本的に香典を渡した場合には供物は必要ないとされていますが、渡しても問題はありません

ただし、香典を渡した場合、供物が高いものだと遺族に気を使わせてしまうので、考えて用意すると良いでしょう。

供物は線香やお花、果物やお菓子などがありますが、相手の宗教によっては送ってはいけないものもありますので調べてから用意しましょう。
供物は葬儀中に飾られるものなので、葬儀の開始に間に合うように送りましょう。

また、大きな花などは祭壇のデザインによっては置く場所が無かったりするので、遺族側に確認することも忘れないようにします。
なにか困ったことがあれば葬儀社が相談に乗ってくれるので、遠慮なく相談しましょう。

供物についてその費用やマナーなど詳しく解説した記事が以下にありますので、供物について詳しく知りたいという方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀の供物の費用は?喪主が用意する供物や香典の費用も解説

葬儀の際、供物の費用で悩んだことはありませんか? 故人への気持ちを表す大切な贈り物、相応しい供物を贈りたいと思うのは当然かもしれません。 実は供物には、様々なマナーが存在しています。 今回は葬儀の際に贈る供物の平均費用について、分かりやすく解説していきます。

焼香

葬儀の場で意外と困るのが焼香です。
やり方がわからないと焦ってしまいますので、事前に知っておくのは大切です。
ここでは簡単に焼香のやり方を解説していきます。

まず、お坊さんに一礼し、祭壇の前まで進みます。
このとき、遺族に礼をしないのが正しい作法ですが、最近ではほとんどの人が遺族に礼をするので、礼をしても構いません。

遺影に一礼し、右手の親指、人差し指、中指の三本で香をつまんで、目の高さまで持っていきます。
静かに香炉の中に香を落として合掌します。
そのまま下がり、遺族とお坊さんに一礼をして自分の席へ戻ります。

焼香は、宗教や宗派によって、また葬儀場の規模によってもやり方や回数が少しずつ違います。
焼香は自分の宗教のやり方に合わせて行いますが、わからない場合は1~3回の間であれば何回でも大丈夫です。

ただし、人数が多い場合には事前に焼香回数は1回にするようアナウンスがある場合もありますので、そのときはしたがって一回にしましょう。

葬儀の際の焼香の仕方について、もっと詳しく知りたいという方は、以下に焼香の種類や宗派ごとの違いについてわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀での焼香のやり方とは?焼香の種類や手順から宗派別の回数も紹介

葬儀には生涯何度も訪れるものではありません。 そのため焼香のやり方で記憶が曖昧ということがあると思います。 今回は葬儀に行く時になって困らないように焼香の正しいやり方や種類、宗派別の焼香の回数などをわかりやすくご説明します。

通夜・葬儀に出席した人へのお礼

葬儀

通夜や葬儀に来てくれた人へはお礼をするのがマナーとなっています。
ここではそのお礼の仕方やマナーについて解説していきます。

後日お礼状を送る

まず、通夜や葬儀に忙しい中で来てくれた人や、供物や弔電、弔辞などをくれた方にお礼状を送るという方法があります。

本来ならば、喪主が一人一人に挨拶をするべきですが、人が多かったり慌ただしい中なので現実的ではないことから、お礼状として全員にお礼をするというものです。
ここでは後日お礼状を送る場合について解説していきます。

お礼状を送るタイミング

手渡しではなく後日お礼状を送る場合、そのタイミングは葬儀が終わったらなるべく早く出すようにします。
なるべく手書きで書くのが良いとされていますが、数が多いので手書きでなくても構いません。

内容としては、忙しい中で来てくれたことや、供物や弔電へののお礼と、書面というあくまで略儀であることをお詫びするのが主になります。

お礼状の文例

お礼状の文例を紹介します。

拝啓 故●●●儀 葬儀に際しましては立派なご供花を賜り有難く厚く御礼申し上げます
早速拝眉の上お礼を申し上げるべきところではございますが略儀ながらまずは書中をもちましてお礼かたがた御挨拶申し上げます
                                          敬具
日付
住所
名前
親族一同

返礼品を渡す

お礼状の他に返礼品を渡すという方法があります。

通夜返礼品

通夜返礼品は、通夜に来てくれた人の中で通夜振る舞いに出席しなかった人へ渡すお礼の品のことですが、最近では来てくれた人全員に渡すことが増えてきているようです。
通夜返礼品はお菓子やコーヒーなどが多いようです。

通夜返礼品にはお礼状を添えて渡します。
お礼状には清めの塩をセットにする場合が多いようです。

会葬御礼品

会葬御礼品は、葬儀に来てくれた人へのお礼の品をお礼状と共に渡すものです。
ハンドタオルやボールペンなど使えるものが良く選ばれるようです。
注意点として、手で持って帰りやすいものを選ぶようにします。

また、会葬御礼品と香典返しは全く違うものなので混同しないようにしましょう。

香典返し

香典返しはもらった香典のお返しで、四十九日の法要が終わってから忌明けの挨拶と共に送ることが多いようです。
この際には郵送や直接渡しに行くことになります。

最近ではその場で返すという場合もあるようです。
香典返しは基本的に、香典の額と同じくらいの品物を送ることとされているので、想定できる香典の額に合った品物を用意しておくと良いでしょう。

葬儀への出席・参列のまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀には出席なのか参列なのかの表現について、また葬儀の服装や香典のマナーについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 参列は出席を丁寧にした言い方。
  • 列席は喪主側が使う表現である。
  • 葬儀の際の服装は男性は礼服用のブラックスーツ、女性は洋装なら黒のワンピースかスーツ、和装なら遺族より格の低いものを着用する。
  • 香典はお札の向きをそろえて新札は使わず、渡すときは必ず袱紗に包む。
  • 焼香には宗教・宗派による違いがある。
  • 供物を送るときは遺族側に確認をする。
  • お礼状はあくまで略儀であることを覚えておく。
  • 会葬御礼品と香典返しは別もの。

表現の仕方の違いや、葬儀のマナーなど何か新しい発見はありましたか?
葬儀では気を付けるべき点がいくつもありますので、急な知らせを聞いてから慌てるのではなく、事前に少しでも知識を入れておくといざというとき慌てなくて済むのではないでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

葬儀についてさらに知りたいという方は、いかに詳しい記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・出席・参列」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・出席・参列」についてさらに知りたい方へ

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

葬儀後のお礼の方法や期限って?お礼状の例文や会社への挨拶も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお礼の方法や期限って?お礼状の例文や会社への挨拶も解説!

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

葬儀で渡す返礼品の選び方って?渡し方や挨拶文の文例とともに解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す返礼品の選び方って?渡し方や挨拶文の文例とともに解説!

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説しますのサムネイル画像

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説します

葬儀に列席・参列?正しい表現や列席のマナー、服装や香典についてのサムネイル画像

葬儀に列席・参列?正しい表現や列席のマナー、服装や香典について

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・出席・参列」についてさらに知りたい方へ

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

葬儀後のお礼の方法や期限って?お礼状の例文や会社への挨拶も解説!のサムネイル画像

葬儀後のお礼の方法や期限って?お礼状の例文や会社への挨拶も解説!

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと