葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説

今回終活ねっとでは葬儀でいただいた供花へのお返しの仕方について詳しく解説いたします。供花へのお返しの金額相場や品物の選び方、お返しをするタイミング、礼状の書き方など、葬儀後いざやらなければいけない時になって慌てることのないよう、今のうちに確認しておきましょう。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀での供花のお返しについて

葬儀

葬儀でいただいた供花のお返しについて困っていませんか?

いざ供花へのお返しをどうするか考えてみると、金額の相場やお返しの仕方について意外とわからないことが多いことに気づくと思います。

今回、「終活ねっと」では、供花へのお返しの金額相場や品物の選び方、お返しをするタイミングなどを紹介していきます。

  • 葬儀における供花とは?

  • 供花へのお返しの金額相場

  • お返しの品物の選び方

  • お返しをするタイミング

  • お返しはのしに包むの?水引きはどう選ぶ?

  • 会社へお返しする場合の宛名は?

  • お返しに添える礼状の書き方

上記のような内容を解説していきます。
葬儀における供花へのお返しに悩んでいる方はぜひ最後まで読んでみてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀における供花とは

葬儀

葬儀における供花とは、故人と特に親交が深かった親戚や友人が、あるいは遠方で葬儀に参列できない場合にお悔やみの気持ちを込めて送る生花のことをいいます。

祭壇の両側や祭壇の入り口に飾られることが多く、白菊が一般的ですが最近では洋花が使われることも多くなっています。

供花についてより詳しく知りたい場合には、「終活ねっと」の以下の記事も参考にしてみてください。
葬儀の供花の選び方や送る際の注意点など、この機会に改めて正しい作法を身につけておきましょう。

供花へのお返しの金額相場は?

お金

まず前提として、供花へのお返しは必ずした方が良いのか気になる方も多いのではないでしょうか?
この点については、お返しは不要である旨が明記されている場合を除いて、原則としてお返しはした方が良いでしょう。

供花のみをいただいた場合にも、単にお礼状だけで済ませるのではなく、少額のものでもよいので何らかのお返しをした方が、よりお礼の気持ちが伝わると思います。

さて、本題の供花へのお返しの金額相場としては、いただいた供花の価格の3分の1から半額程度が目安となります。
香典返しの金額相場と同様ととらえて構いません。
なお、身内や親族からの供花に対しては3分の1から4分の1程度の価格のお返しでも失礼には当たりません。

香典と供花をどちらもいただいた場合は、併せた価格を基準としてお返しを選択します。
それぞれに対してお返しを別にする必要はないでしょう。

供花の価格については、葬儀場の担当者に確認するか、供花を取り扱っているお店のホームページなどで大体の相場を確認するといいですね。

供花を頂いた方へのお返しの仕方

葬儀

ここからは供花への具体的なお返しの方法を確認していきましょう。

お返しといっても、単に品物をお送りすればいいというものではなく、様々な考慮すべき事項や作法・マナーがあります。

以下で、お返しの品物の選び方、お返しをするタイミング、お返しを包むのしの表書きと水引きの選び方、会社へお返しする場合の宛名の書き方、お返しに添える礼状の例文について、より詳しく解説していきたいと思います。

葬儀の供花は故人に対する深い弔意の表れですから、故人に代わって遺族がしっかりとお礼をするべきといえます。
失礼のないよう葬儀の供花へのお返しの作法を学んでおきましょう。

なお、供花をいただいた方々が誰なのか、どの価格帯の供花なのか、といった事項について葬儀が終わった後に確認できない事態を避けるため、メモや写真を撮るなどして葬儀当日にしっかりと確認しておくことを忘れないように注意してください。

お返しの品物の選び方

供花へのお返しの品物は、香典返しや法事のお返しと同じように考えて差し支えありません。

いわゆる「消え物」と呼ばれる、お茶やお菓子、そうめんなどの飲食物を選ぶのが無難です。
これは、不祝儀を後に残さないようにという考え方に基づくと言われています。

その他、タオルやカタログギフトなど日常生活に役立つものでも問題ありません。
肉や魚、お酒などは避けた方がいいでしょう。

最近は法事用のお返しセットとして、幅広いバリエーションから選択できる専門店も多いですので、お返しをする相手に応じて上手く選択したいところです。

お返しをするタイミング

お返しは四十九日の後の忌明けから遅くとも2週間以内のタイミングでするようにしましょう。
忌明け法要に合わせて発送の手配をしておくのが良いと思います。
なお、当日返しをしている場合はこのタイミングでのお返しは不要です。

お返しはのしに包む

供花へのお返しは必ずのしに包みます。
控えめにという意味で「内のし」にするのが一般的です。
表書きをどうするか、どのような水引きを選べばよいか、相手に失礼とならないよう注意しましょう。

のしの表書き

供花へのお返しののしの表書きは、一般的には「志」とします。
地域や宗派ごとに違いがある場合もあるため、それに合わせて「御礼」や「偲び草」、「粗供養」(関西地域で多い)、「満中陰志」(西日本地域で多い)といった表書きを選択するようにしましょう。

水引きの選び方

のしの水引きは、「黒白結びきり」あるいは「黄白結びきり」(こちらは関西地方から西側の地域で使われることが多いようです)を使うのが一般的です。

会社へお返しする場合の宛名は?

会社へ供花のお返しをする場合、宛名は会社名あるいは会社名と代表者名を記載するべきでしょう。
故人が所属していた部署や課単位であればそちらを記載しましょう。
少人数の場合は連名にしてもよいです。
会社の大きさや会社との関係性を考慮してどのように記載すべきか考えてみましょう。

お返しには礼状を添える

お返しを送る際には、葬儀や法要が無事滞りなく終了したことの報告の意味も込めて、礼状を添えるようにしましょう。
頭語と結語は「拝啓」「敬具」といったもので結構です。
時候の挨拶は省略してかまいません。
手書きの礼状ですと、よりお礼と感謝の気持ちが伝わるでしょう。

以下に、礼状の例文を挙げますので、こちらを参考にしつつ、自由に気持ちや現在の状況などを記載してください。
丁寧な文章であれば、形式はそれほど気にしなくてもよいと思います。

例文この度は○○の葬儀に際しお心のこもった立派な供花を賜りまして誠にありがとうございました。故人の最期を美しい花々で飾っていただきましたご芳情に深謝しております。ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

葬儀での供花のお返しについてのまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、葬儀の供花へのお返しについて、以下のことを解説してきました。

  • 葬儀における供花とは、故人にお悔やみの気持ちを込めて送る生花のことである。

  • 供花へのお返しの金額相場はいただいた供花の価格の半額から3分の1程度である。

  • お返しの品物は、お茶やお菓子のような、いわゆる「消え物」を選ぶのが無難。ただし、最近はカタログギフトも人気。

  • お返しのタイミングは四十九日法要から2週間以内が一般的である。

  • お返しは、とくに慣習がない限り、内のしで包み、水引きは黒白結びきりにする。

  • 会社へお返しするときの宛名は会社名・会社名と代表者名・会社名と部署や課とし、少人数なら連名にしてもよい。

  • お返しには礼状を付けると感謝の気持ちがより伝わる。

葬儀は故人を偲んでお別れをする大切な時間です。

供花で葬儀を飾ってくださった方々に感謝の気持ちを込めてお返しをするのは非常に大事であり、今後の人間関係を良好に保つためにも必要であると思います。

人生においてそれほど経験することのない葬儀を、滞りなく失礼のないように終えるためにも、前もって供花へのお返しについて学んでおくことで、いざというときにも焦ったり混乱したりすることを防ぐことができます。

皆様にとってこの記事の内容が少しでもお役に立つようであれば幸いです。

「終活ねっと」では、以下のとおり、葬儀にかかる費用についても、その内訳やできるだけ安くする方法などを解説した記事をご用意しておりますので、合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す