葬儀への花輪の手配方法は?花輪の金額相場や送るタイミングも解説!

葬儀への花輪の手配方法は?花輪の金額相場や送るタイミングも解説!

葬儀の際に送るものの1つに花輪があります。花輪にも手配する際のマナーがありますが、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は葬儀の際の花輪の手配方法はどうすれば良いのか、その金額相場や送るタイミングとともに説明します。

2019-10-30

葬儀への花輪の手配について

葬儀

葬儀の際に送るものの1つに花輪があります。

花輪の存在は知っていても、手配方法はどうすれば良いのかわからないという方も多いと思います。
せっかく花輪を送ろうという気持ちがあるにも関わらず、マナーに反してしまったら台無しになってしまいます。

花輪を手配する際の基本事項を押さえて、しっかりとした準備をしていきましょう。

今回終活ねっとでは、花輪の手配方法や金額相場を送るタイミングとともに解説していきます。

  • 葬儀で飾られる花輪とは

  • 葬儀へ送る花輪の金額相場は?

  • 葬儀への花輪の手配方法

以上の項目について解説していきます。
葬儀への花輪の手配方法について知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で飾られる花輪とは

葬儀

花輪とは、足のついた台の上に円形の花が置かれているものです。
亡くなった人へのお悔やみの意を示すために送られます。
また、悲しみに包まれたご遺族の気持ちを慰撫するという意も込められています。

花輪は、通夜、葬儀の際に葬儀場や葬儀を行う家の周辺に備えます。
お花の色は決められていませんが、白を基調とした落ち着いた色調が中心となります。
デザインに関しては、地域独特のものなどもあります。

花輪は、ご遺族や親族、故人と親しかった方から送られます。
その中でも、多くの場合、個人よりも企業から送られます。
故人またはご遺族の、勤務先もしくは取引先などが手配して送ります。

花輪は造花で作られることがほとんどです。
しかし、造花で作られたものはキリスト教の葬儀では使用できないので注意しましょう。

また、地域や風習によっては、花輪を飾らない場合や斎場で禁止している場合があります。
ご遺族が花輪を辞退していることもあるため、手配する際には事前に葬儀社に確認するようにしてください。
喪主やご遺族に直接確認するのはマナー違反ですので、直接確認しないように注意してください。

葬儀へ送る花輪の金額相場は?

困った人々

花輪の金額相場は、1基(1つ)あたり1万5千円~2万円程度と言われています。
金額は花輪の大きさによって変わってきます。
企業名義で送る場合、大きい花輪にすることもあります。

花輪を送る単位は、1基(1つ)もしくは1対(2つ)です。
1対で送る場合には、金額が1基の倍になると考えていただければ良いでしょう。

地域によっては1対で送ることが基本のところもあれば、斎場などの関係上で1基だけと制限されている場合があります。
必ず事前に葬儀社に確認するようにしてください。

葬儀への花輪の手配方法

困った人々

それでは、みなさまの気になる葬儀への花輪の手配方法について、「送るタイミングは?」「宛名・宛先は?」「花輪を送る単位は?」といった疑問を、それぞれ詳しく解説していきます。

基本的なマナーを覚えて、葬儀の際にスムーズに花輪を手配できるようにしておきましょう。

葬儀社に依頼するの?

花輪は葬儀社に依頼して手配するのが無難です。

葬儀によっては、地域の習慣、会場のスペースなどの問題、ご遺族の意向で花輪を辞退されているケースなどがあります。

葬儀社に依頼をすれば、上記のような問題を踏まえて準備することができるため、花輪を送る際に失敗することはなくなるでしょう。

一方で、葬儀社に依頼せず、自分でネットや花屋で手配することも可能です。

ただし、自分で手配する場合には、地域の習慣、会場のスペースなどの問題、ご遺族の意向で花輪を辞退されていないかを必ず葬儀社に確認する必要があります。

送るタイミングは?

まずは斎場に問い合わせをして、葬儀日程と花輪を送って良いかの可否を確認します。

送っても問題ない場合、花輪はスペースを取るため、斎場にいつ送るのが良いか葬儀社に相談するのが良いです。

基本的には、できるだけ前日までに届くように手配します。
花輪の作成時間は手配先によって異なりますので、早めに確認しておくようにしましょう。

宛名・宛先は?

宛名・宛先は喪主様宛とするのが基本です。
基本とはそれますが、「斎場名+〇〇家」として送ることも可能と言われています。

次に、花輪につける名札について解説します。
企業から送る場合は名前だけでなく、企業名も記載します。
企業負担で送る場合には、社長名を記載します。

以下、名札の記載例です。

例文:株式会社〇〇 代表取締役〇〇

勤務先の人たちでお金を出し合って送る場合は、「部署名+一同」と記載します。
以下、名札の記載例です。

例文:〇〇支店〇〇課一同

友人たちで連名で送る場合には、以下の例文のように記載します。

例文:〇〇大学〇〇サークル 〇年卒友人一同

親族が送る場合には、以下の例文のように記載します。

例文:〇〇家 子供一同

花輪の送る単位は?

一般的には、花輪は1基で送る場合が多いです。

しかし、企業が手配して送る場合、1対といって2つ花輪を送り、祭壇を挟む形を取る場合もあります。
また、地域によっては1対で送るのが基本の場合もあります。

注意点として、斎場のスペースなどの関係上で1基だけと制限されている場合があります。
必ず事前に葬儀社に確認しておくようにしましょう。

葬儀への花輪の手配についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは葬儀への花輪の手配方法について、以下のことを解説してきました。

  • 花輪とは、亡くなった人へのお悔やみの意を示すために送られるもの。
    ただし、地域や斎場、宗教の関係上、花輪が禁止されていることもある。

  • 花輪の金額相場は1基(1つ)あたり1万5千円~2万円程度。

  • 花輪の手配は葬儀社に依頼するのが無難。
    理由は、地域の習慣、会場のスペースなどの問題、ご遺族の意向で花輪を辞退されているケースもあるため。

  • 花輪を送るタイミングは、斎場にいつまでに送れば良いか葬儀社に相談する。
    できれば前日までに届くように送るのが望ましいため、花輪の手配は早めに行うようにする。

  • 宛名・宛先は「喪主様宛」とする。

  • 花輪につける名札は、企業の場合「企業名+代表取締役」と記載する。
    連名で送る場合には「〇〇支店〇〇課一同」「〇〇大学〇〇サークル 〇年卒友人一同」「〇〇家 子供一同」と記載する。

  • 一般的には、花輪は1基送る場合が多いが、企業は1対送る場合もある。
    地域によっては1対で送ることが基本であったり、斎場によっては1基だけと制限されている場合があるため、必ず事前に葬儀社に確認する。

上記の通り、花輪を手配する際には、地域の風習や斎場の問題、辞退の有無、宗教上の問題などがあるため、葬儀社に依頼をするのが無難と言えるでしょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・花輪・手配」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料