葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

身内の方が亡くなった場合、ほぼ日数を置くことなく葬儀が行われますが、ここで多くの方が気になるのが葬儀をいつ行うのかという点です。葬儀は故人が亡くなってから何日後に行ったり、何時から開催したりするものなのでしょうか?葬儀のいつについて知ることは重要です。

目次

  1. 葬儀はいつやるのかについて
  2. 葬儀はいつ執り行うべき?
  3. 一般的な葬儀の日程の流れ
  4. 葬儀の日程を決定するポイント
  5. 葬儀は何時から行う?
  6. キリスト教の葬儀はいつ行う?
  7. 死亡届はいつ提出する?
  8. お悔やみの電報はいつ送る?
  9. 葬儀はいつやるかに関するまとめ

葬儀はいつやるのかについて

葬儀

祖父など身内の方が病院などで亡くなった場合、一般的にはあまり日数を置くことなく葬儀を開催して、故人とのお別れをすることになります。
ただ故人が亡くなってから、具体的に何日後に葬儀を行うのか、また当日は何時から開始するのかなどといった点が気になる方は多いでしょう。

葬儀の準備や日程決めについては、実際のところ葬儀社の方がおおよその計画を立てたり段取りをしたりします。
ただし喪主などご遺族の立場としては、葬儀の「いつ」について知っておくことは、葬儀がスムーズに進むようにするためにもとても重要です。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀をいつ行うべきかについてを中心に、どの時刻から開催するかといったことなどの疑問も見ていきます。

  • 葬儀はいつ執り行うべきなのか?
  • 葬儀の日程を決定するポイントとは?
  • 葬儀当日は何時から始めるのか?
  • キリスト教の葬儀はいつ行うのか?
  • 故人の死亡届はいつ提出するのか?
  • 故人に対するお悔やみの電報はいつ送るのか?

葬儀にまつわる「いつ」について、いろいろと気になる方にとって役立つ内容となっていますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀はいつ執り行うべき?

葬儀

一言で葬儀といっても、内容ごとに分けると通夜と葬式(葬儀・告別式)、火葬に分けられます。
そこでまず、通夜・葬式・火葬ごとに一般的にいつ行うのかについて見ていきましょう。

通夜の日程

一般的に通夜の日程は、故人が亡くなった翌日の夜に行います。
ただし、この後見ていく葬式や火葬の日程が決まってから、それに合わせて通夜をいつ行うのかが決まる場合が多いです。

というのは、火葬場も日によっては予約がいっぱいだったり、営業していなかったりします。
このため火葬場のスケジュールに合わせて、葬式や通夜の日程も左右されて来ることも多いです。
加えて葬式の前日の晩に行うのが、一般的な通夜のタイミングでもあります。

葬式の日程

葬式の日程もまた、火葬をいつ行うのかが決まり次第、決定します。
ただ一般的には、火葬を行う日と同じ日に、火葬に先立って行うことが多いです。
故人が実際に亡くなった日から見ると、死亡日の翌々日の午前中に行う場合が多いといってよいでしょう。

なお火葬場のスケジュールによっては、葬式を行う日も延期になる場合もあります。

火葬の日程

一般的な葬儀の場合、火葬の日程は葬式と同じ日に設定されます。
より正確には、葬式の直後に火葬が行われることが非常に多いです。

ただし火葬の日程については、火葬場の空き状況や営業しているかどうかにも大きく影響されます。
仮に火葬場がその日に営業していない場合は、火葬だけが延期となる可能性もありますし、その関係で葬式の日程にも影響する場合も多いです。
なお火葬については、法律によって故人の死後24時間以内はできないことになっています。

一般的な葬儀の日程の流れ

葬儀

葬儀の「いつ」について知るには、具体的な葬儀の流れを知っておくことも大切です。
ここでは通夜と葬式、火葬の流れについて、詳しく見ていきましょう。

  • 通夜

    開式後、僧侶による読経が行われる。
    読経の次に焼香が行われ、その後僧侶による説法、喪主の挨拶、通夜ぶるまい(儀式後の食事)、通夜の番という流れになる。

    ただし最近では簡略化の傾向が著しく、僧侶の説法が行われない場合や、通夜の番も2時間から3時間程度で済ませるというケースも増えてきている。

  • 葬式

    開式後、僧侶の読経が行われ、続いて故人への弔辞・弔電が紹介される。
    弔辞・弔電の紹介が終わったら、参列者全員で焼香が行われ、喪主の挨拶がされる。
    なお葬儀の開始時間は、厳密に決められているため、極力遅刻しないようにするのがマナーである。

    閉式後は、ご遺体の周りを供花などの生花で飾る別れ花を行ったうえで、くぎ打ちをする。
    そして出棺が行われ、ご遺体を納めた棺が霊柩車に載せられて、火葬場に運ばれる流れとなる。

  • 火葬

    火葬には故人のご遺族やご親族が立ち会う。
    火葬前に納めの式を行った後に、火葬という流れになる。
    火葬は完了まで時間がかかるため、控え室にて待機することになる。

    火葬後はお骨上げでご遺骨を骨壺に納骨し、その後場所を変えて塩のお清めや精進落としが行われる。
    精進落としの際に、お返し(返礼品)を渡す時間が持たれることも多い。

葬儀が終わった後は初七日法要などの法事を行ったり、お布施や香典返し、お礼状などのお礼や葬儀社への費用の支払いをしたりするなど、喪主にとってはやるべきことがあります。

葬儀の日程を決定するポイント

お墓

葬儀の日程を決めることは葬儀社の方が行ってくれる場合も多いですが、やはり喪主などご遺族が判断するべきこともたくさんあります。
ここでは、葬儀の具体的な日程を決めるためのポイントについて見ていきましょう。

お寺やお坊さんの都合

仏式の場合、お寺やお坊さんの都合をまず考慮する必要があります。
仏式葬儀では、お坊さんの読経は不可欠であるうえ、会場がお寺ということであれば空き状況を確認する必要もあるためです。

特に比較的檀家の数が多いようなお寺の場合は、檀家の多さに比例して僧侶の方でも予定が詰まっていることもあります。
このような理由から、場合によっては必ずしも希望日時に葬儀をあげることができないという可能性も考えておく必要があるでしょう。

参列者の都合

葬儀を行う日程を決めるには、参列者の都合も考える必要があります。
特に多くの参列者に来ていただきたいということであれば、比較的集まりやすい土日祝日を選んだ方がよいでしょう。

最近では家族葬や火葬式のような、一般葬に比べると比較的参列者の数が絞られるような葬儀が行われるようになってきています。
ただこのような規模の小さい葬式の場合でも、平日よりは土日祝日の方が来ていただきたい方に参列してもらえる可能性が高くなるでしょう。

火葬場の混み具合

葬儀をいつ行うかを決めるうえで、火葬場の混み具合は非常に大きなポイントとなります。
一般的な葬儀では、通夜・葬式の後に火葬を行うことが多いためです。

ただ葬式の直後に火葬を行うことが理想的な流れとはいっても、火葬場の混み状況やスケジュールによっては、葬儀の予定が全体的にずれ込む場合があります。
特に友引の日や年末年始などは火葬場がお休みである場合も多いため、その点をよく考えて日程を決めるとよいでしょう。

地域の風習

地域の風習によっては、葬儀の日程が一般的に行われるものとは異なる場合もあります。
例えば葬式に先立って、火葬と通夜を行う地域の場合は、当然ながら一般的な葬儀の日程の決め方とは異なるやり方で葬儀の日程を決めることになるでしょう。

このためご自身の出身地と現在の居住地とが異なる場合は、葬儀の日程にまつわる地域独特の風習について、ご近所の方などに確認しておくことが無難といえます。

葬儀は何時から行う?

葬儀

葬儀にまつわる「いつ」といえば、通夜や葬式などが何時から行われるのかという点も重要です。
まず通夜については、一般的には葬式の前日の夜、18時または19時から1時間ほどかけて儀式が行われます。
儀式が終わった後は、2時間ほど会食として通夜ぶるまいを行い、その後通夜の番に入る流れです。

葬式は当日の10時または11時から行われることが多く、所要時間も2時間から3時間ほどかかります。
ただし葬式の所要時間については、参列者の数や葬儀自体の規模によっても大きく左右されるという点は理解しておくとよいでしょう。

キリスト教の葬儀はいつ行う?

null

仏式葬儀に比べると、日本国内で行われる数があまり多くないのが、キリスト教の葬儀です。
ただキリスト教の葬儀がいつ行われるのかについて、気になる方もいるでしょう。
日本のキリスト教の場合に限っていえば、基本的には仏式の場合とあまり変わらず、故人が亡くなった翌日の晩に通夜が、その翌日に葬式と火葬が行われます。

仏式葬儀との違いがあるとすれば、故人が亡くなり1ヶ月ほどでお墓への納骨が行われるという点です。
なおお墓への納骨に先立って、仏式でいう四十九日法要にあたる召天記念礼拝が行われます。

ちなみに海外のキリスト教葬儀の場合は、葬式の前夜に通夜を行うということはありませんので、注意しましょう。

死亡届はいつ提出する?

困った人々

犬や猫などペットの場合を含めて故人が亡くなった場合は、葬儀などの準備と並行して、1週間以内に最寄りの役所に死亡届を提出する手続きも必要です。
死亡届を提出することで、公的に故人が亡くなった記録が残されることになります。
死亡届は葬儀給付金の申請に必要となりますので、コピーを取っておくことがおすすめです。

なお死亡届の提出と合わせて、火葬許可証の申請も重要になります。
火葬を行う際には火葬許可証の提出が義務付けられているためで、死亡届と一緒に申請すると無駄なく行えるでしょう。

ちなみに火葬許可証は、火葬が終わった後は埋葬許可証として返却されて埋葬でも必要となりますので、紛失することが内容に大切に保管しておくことが大切です。

お悔やみの電報はいつ送る?

葬儀

葬儀に参列したくても、場所が遠かったり、予定が合わなかったりするなどして難しい場合もあるでしょう。
このような場合は、参列に代えて弔電を送るのがおすすめです。

弔電を送る場合もタイミングが大切で、通夜の開始前で、かつご遺族がご在宅の時間帯に届くように送るのがよいでしょう。
またご遺族の方でも葬式の際に読み上げる弔電を選ぶことが一般的であるため、読まれたいということであれば時間に余裕を持って送るようにすることがおすすめです。

弔電についてのより詳しいことについては、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

葬儀の弔電の送り方とは?弔電の内容や読み方から費用相場まで解説

遠方や用事などの事情でお通夜や葬儀に参列できない場合、弔電が役立ちます。弔電を送ることで、故人への哀悼と遺族の方への励ましの気持ちが伝わります。今回は弔電の送り方や文面作成のマナーなどの解説です。仏教でない宗派の葬儀の弔電についても説明していきます。

葬儀はいつやるかに関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀をいつ行うべきかについて、いろいろと見てきました。
この記事をまとめますと、以下のようになります。

  • 通夜については、一般的には故人が亡くなった日の翌日の夜、葬式の前夜に行われる。
    葬式は故人が亡くなった日の2日後の午前中に、火葬は葬式の後に行われることが多い。
    ただし火葬場のスケジュールによっては、通夜や葬式の予定がずれることもある。
  • 通夜の流れは、まず開式後に僧侶が読経を行い、さらに焼香が行われる。
    焼香が終わったら僧侶の説法や喪主の挨拶、通夜ぶるまい、通夜の番となる。
    葬式の流れは、開式後に読経を行い、続いて弔辞や弔電の紹介、焼香、喪主の挨拶、閉式という順番である。

    葬式終了後は、別れ花とくぎ打ちを行って、出棺したうえで火葬場に移される。
    火葬場では納めの式を行ってから火葬し、お骨上げ、精進落としと続く。
  • 葬儀の日程を決める際にポイントとなるものに、お坊さんの都合や参列者の都合、火葬場の混み状況、地域の風習が挙げられる。
    特にお坊さんの都合と火葬場の混み状況は、葬儀全体のスケジュールにも大きな影響を与える。
  • 通夜は通常、葬式の前夜の18時か19時から、葬式は当日の10時か11時から行うことが多い。
  • キリスト教の葬儀は、国内であれば仏式と同じように通夜を葬式前夜に、葬式を故人が亡くなった2日後に行う。
    なおお墓への納骨は、故人が亡くなって1ヶ月ほどで行われる。
  • 死亡届は故人が亡くなってから1週間以内に、最寄りの役所に提出する。
    あわせて、火葬許可証の申請も行うとよい。
  • お悔やみの電報は、遅くとも通夜開始前のご遺族がご在宅であるうちに間に合わせるようにして送るとよい。
    どうしても葬式の中で読んでもらいたい場合は、なるべく早いタイミングで送るのがおすすめである。

一般的に葬儀の日程は、故人が亡くなった日の翌日の夜に通夜が、その翌日の午前中に葬式が行われます。
そして葬式終了後に、火葬が行われる流れです。

ただしお坊さんや火葬場の状況などによっては、葬儀全体のスケジュールも大きく変わる可能性があるということは理解しておくとよいでしょう。

葬儀関係では日程や時間と同じように、お金の問題も非常に重要です。
以下のリンクにある記事では、葬儀費用の金額相場について、極力安くする方法も含めて詳しく説明しています。
もし葬儀費用のことが気になるということであれば、ぜひともご一読するとよいでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・いつ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・いつ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説しますのサムネイル画像

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説します

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説のサムネイル画像

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説しますのサムネイル画像

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説します

葬儀場自体の費用相場はいくら?葬儀場の種類や火葬場の相場も解説!のサムネイル画像

葬儀場自体の費用相場はいくら?葬儀場の種類や火葬場の相場も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・いつ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説しますのサムネイル画像

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説します

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと