葬儀費用が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と価格を抑える方法

葬儀費用が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と価格を抑える方法

人が亡くなると葬儀を行うことになります。思いがけないタイミングで亡くなってしまうと葬儀代を払えないことも起こり得る話です。そんな時はどうすればよいのでしょうか?この記事では、葬儀代が払えない場合の解決方法を葬儀代の相場と低価格に抑える方法と併せて解説します。

最終更新日: 2020年02月10日

葬儀代が払えないときについて

お金

身内の方がお亡くなりになった時、ご遺族はどうしても動揺してしまうものですが、葬儀はしっかりと行わないといけません。

葬儀を行うといっても無料でできるわけでもなく、相応の費用は必ずかかってきます。
中には色々な事情があって、葬儀をしたくても葬儀代を準備することが出来ない場合もあるでしょう。

葬儀代が払えない場合はどうすればよいのでしょうか。
何か良い解決策はないのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀代が払えない場合の解決策を葬儀代の相場や低価格で抑える方法を交えて以下の項目で解説していきます。

  • 葬儀代が払えない場合に検討するべきことについて

  • 葬儀代の相場費用とは?

  • 葬儀第を安く抑える葬儀の方法について

以上の項目を中心に解説していきます。

葬儀が控えている中、じっくり考えている暇はありません。
もしもの時のために、葬儀代が払えない事態が起きた際の解決策を理解しておくことは、とても有意義だと言えるのではないでしょうか。

ぜひ最後までご覧になっていただき、葬儀代が払えない時の解決策を把握していただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀代が払えない場合どうしたらいい?

お金

人が亡くなって、葬儀を行うまでの時間はあまりありません。
何よりも葬儀を滞りなく行うために、どんな葬儀をどこに頼んで行うのかを早く決めなくてはいけません。

そんな折、葬儀をしようにも葬儀代を払うことが出来ないとなれば、一段と猶予はないと思って良いでしょう。

喪主が一人で悩む問題ではありません。
早いうちに解決法を見つけて、葬儀の段取りを組まなくてはいけないのです。

ここでは、葬儀代が払えない場合はどうすればよいかを解説します。

葬儀代が払えない場合

不慮の事故などの場合、葬儀代を払えない場合もあるでしょう。
葬儀代が払える見込みがないのであれば、以下のことを検討してみましょう。

まずは身内に相談

葬儀代のことで一番先に悩むのは喪主になる人、もしくはご遺族でしょう。
ご遺族の中で葬儀費用を工面できる人が一人でもいればよいのですが、そうでなければ親族を含めた身内に相談をしましょう。

葬儀費用のことを相談するのは恥だと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、そんなことを言っている場合ではありません。
立て替えてくれるような人がいるのであれば、後に分割してでも返せば良いのです。
身内で費用のことが解決できるのであれば、結果として最善の方法だと言えるのです。

葬儀ローンを利用する

大手の葬儀社などであれば、提携するクレジット会社の葬儀費用を支払うことに特化した葬儀ローンを利用することも可能です。
銀行でもフリーローンとして、葬儀ローンを扱っている場合もあります。

基本的に、葬儀の申込みを葬儀社に行った際に、ローンを申し込みます。
葬儀が始まるまでに審査結果が出るという流れになります。

当然ですが、申し込めば必ず審査に通るということではありません。
審査を通過できなかった場合は他の方法での支払いを検討することになります。

葬祭扶助制度を利用する

残されたご遺族が経済的な理由で葬儀費用が払えない時、或いは、扶養義務者がいない人がなくなった場合に国の葬祭扶助制度の利用が可能です。
生活保護法に基づいて支給されるものです。

支給される対象の範囲には限度があり、葬儀に必要な最低限の金額のみ支払われます。
多くの場合は、棺に故人を納め火葬するまでの範囲のみ支給され、僧侶はつかないものとなります。

生前に故人が生活保護を受けていても、扶養義務者が葬儀費用を準備できるのであれば扶助は実行されません。

キャッシングやカードローン

故人が生命保険に加入していた場合、保険金で葬儀費用を賄うことが出来る場合があります。
ただ、保険金が支払われるまでには請求から数日を要します。
そのため、葬儀が終わるまでに保険金が支給されることは厳しいでしょう。

そこで、活用できるのがキャッシングやカードローンです。
クレジットカードのキャッシング枠を利用することも可能ですし、場合によっては申し込んですぐに融資を実行してもらえるキャッシングやカードローンもあります。

当面の葬儀費用はこうして借りたお金で済ませます。
保険金が入ってくれば、すぐに返済をしてしまえば手数料も殆どかからずに済みます。

葬儀代は基本現金払い

現代社会はクレジットカードや電子マネーなどが急激なスピードで普及をしています。
物品を購入して支払いを行う場合も、カードで支払いができることは当然のようになってきています。

ところが、葬儀代金に関しては多くが現金払いです。
葬儀終了後の1週間から10日後が支払期限になっている場合が多いのです。
お金の工面を簡単にできるような人は何も問題がありませんが、そうでない人は何とかしてお金をかき集めないと行けない事態になるのです。

先ずは葬儀の段取りを始める前に、ご遺族はどれだけお金を集めることが出来るのか計算するべきだと言えます。
香典の合計金額、故人の生命保険の状況、借金の必要性などを考慮しなければなりません。

限られた時間で判断をして、実行可能な葬儀の方法を考えないといけません。
万が一に備えて、葬儀保険への加入や互助会組織での積立も日頃から検討しておくのも一つの方法です。

市役所に相談しましょう

身内に頼ることができない場合には、市役所に相談してみると良いでしょう。

自治体と葬儀社が提携している市民葬を利用できることもあります。
一般的な葬儀を安価であげることが出来る仕組みです。

また、生活保護を受けている方でしたら、前述の葬祭扶助制度の利用も可能です。
加入していた健康保険からは葬祭料や埋葬料も支給されます。
生活福祉資金貸付制度という低利で利用可能な貸付制度もあります。

悩んでいても打開できないので、一度市役所の相談してみるのが賢い方法です。

葬儀代の相場費用とは?

葬儀

葬儀の費用は、どんな葬儀を執り行うかで変わってきますが、一般的な葬儀で200万円前後の費用がかかります。
内訳は、ご遺体の搬送からお通夜に葬儀と火葬までの葬儀一式で120万円程度、会食などの飲食接待費用が30万円程度、僧侶の読経料や戒名料などが50万円程度になります。

あくまでも平均的な費用相場で、より豪華な祭壇を準備したり、参列者が多いと、更に費用はかかります。
逆に、削れるものは削っていけば平均相場以下で葬儀をあげることは可能になります。

葬儀内容や葬儀費用に関しては、葬儀後に後悔することがないように葬儀社をネットでよく調べたり、複数の葬儀社から見積もりを取るなどして納得の上、葬儀を依頼しましょう。

葬儀のやりかたで葬儀代は抑えられる

葬儀

葬儀はお金がかかるものです。
故人を立派に送るために盛大な葬儀を行うのも悪いことではありませんが、葬儀後にご遺族が困窮してしまうようでは、後に困るのはご自身です。
現状に合わせて葬儀を行うのが最も良い選択となります。

葬儀はやり方一つで費用を抑えることが可能です。
葬儀の規模やかかってくる費用を見直すことで、葬儀代を抑えることも可能なのです。

ここでは、家族葬と火葬式について解説します。

家族葬

家族葬はご遺族を始め、親族や故人と親しかった友人などで行う少人数で小規模の葬儀です。
会葬者は20人から30人程度です。

規模が小さいため、葬儀場のや飲食接待費用などを抑えることが可能で、一般葬よりも葬儀代がかかりません。
ただし、一般的にお香典はいただかないことになるので、収支的にはしっかり計算をしないと予想外に出費が多く感じることがあるので注意が必要です。

参列者の応対に振り回されることなく、故人とゆっくりとお別れが出来るメリットもあります。

家族葬の費用について更に詳しく知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

火葬式

火葬式は一般的な葬儀の多くを省いた形になります。
お通夜も葬儀式も告別式も行わないで、ご遺体を直接火葬場は運び、火葬する方法となります。
直葬とも言います。

火葬炉の前で僧侶を呼んで行う場合もありますが、僧侶を呼ばずに行う場合もあります。
一般的な葬儀をほぼ行わない事になるので、費用的にはかなり抑えることが可能です。

経済的に余裕がない方に注目をされている他、残されたご遺族への負担軽減という意味でも増えてきている葬儀の方法です。

直葬・火葬式については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀代が払えないときのまとめ

お金

葬儀代が払えない場合はどうすればよいか、解決策や低価格に抑える方法はおわかりいただけたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀代が払えない場合について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀代が払えない場合は、まず身内に相談し葬儀ローンや葬祭扶助制度など様々な方法を検討してみると良いこと。

  • 葬儀は基本現金払いが原則となっており、どうしても葬儀費用のめどが立たない時は市役所に相談すると有効であるということ。

  • 葬儀代の費用相場は一般葬で200万円前後であり、内訳は葬儀一式費用と飲食接待費用、僧侶などへの費用になるということ。

  • 葬儀費用を抑えようと思うのであれば、家族葬や火葬式などの葬儀のやり方を変える事を検討してみると良いということ。

葬儀の費用が払えないとなると精神的に追い込まれることになります。
それでも冷静になって検討してみると、葬儀を行うことは決して無理ではないのですね。

故人に敬意を表すると共に、後に後悔をしないためにも、葬儀代が払えないからと諦めることなく葬儀は行うべきです。

この記事が、葬儀代捻出のための一助になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、こちらの記事もぜひお読みいただき、葬儀代の確認を重ねてしておきましょう。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事