葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

最近では終活として、ご自身の葬儀について考え始める人も増えているようですが、ご家族に万が一のことが起きた際にも葬儀方法などわかっていた方が安心です。今回は、意外と知らない人も多い葬儀方法や良い葬儀会社の選び方、合わせて数珠や遺影写真の選び方も解説していきます。

最終更新日: 2020年02月07日

葬儀の選び方について

葬儀

一般的に葬儀といえば、仏教に基づいて行う「お通夜」と「告別式」の形式を思い浮かべる人が多いでしょう。

葬儀自体が、そう頻繁に行われるものではないことから、葬儀にも様々な種類があることを意外と知らない人も多いようです。

今回の「終活ねっと」では、それぞれのご要望に応じた葬儀の選び方を解説していきます。

  • より良い葬儀方法の選び方とは?

  • 葬儀社と斎場はどちらを先に選ぶ?

  • 失敗しない葬儀社の選び方

  • 遺影写真の選び方

  • 数珠の選び方

以上の流れで、ご要望に合った葬儀方法を選んで頂けるよう解説いたします。
葬儀は頻繁に行うものではないからこそ、満足度の高いものにしていきたいですね。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

より良い葬儀方法の選び方とは?

葬儀

葬儀には、参列者の数や規模や場所、葬儀形態などによって様々な種類があり、選ぶ葬儀社や葬儀プランによってかかる費用も大きく異なります。

葬儀は、終活として考えるならご自身の希望、ご家族の方のために考えるなら故人の希望が優先されるでしょうが、さらにご遺族の希望も考慮していく必要があります。

国内で行わる葬儀の80%は仏教に基づき、お寺のお坊さんを手配して行われますが、葬儀にはどのような種類があって、どのように選んでいけばいいのでしょうか。

より良い葬儀方法を選んでいくために、まずは葬儀の種類から見ていきましょう。

葬儀の種類

葬儀は人の一生の中でも、「死」という最後の時を飾る重要な儀式です。

どんな形で最後の儀式を行うのか決めることは、亡くなった本人にとっても、周りの遺族の方にとっても大切な選択となります。

基本的な葬儀の形態がわかれば、それぞれにとってどの方法が一番良いのか選びやすくなります。

それでは、一般的な葬儀から小じんまりとした葬儀、仏教以外の葬儀の種類など代表的なものをいくつかご紹介します。

  • 一般葬

    遺族・親族だけでなく故人を知る人たちなども含めた幅広い会葬者たちが参列する「一般葬」は伝統的なお通夜と告別式の2日間に渡って行う葬儀です。

    「一般葬」は「二日葬」と呼ばれることもあります。

  • 家族葬

    「家族葬」は故人の親族やごく親しい間柄の者だけが集まって行う葬儀です。「家族葬」はさらにお通夜と告別式を行う「二日葬」、お通夜を行わない「一日葬」に分かれます。

    「家族葬」の内容は、それぞれ葬儀社の葬儀プランによって、人数規模やその他の条件など内容に差があるのが特徴です。

  • 自宅葬

    最も伝統的な葬儀の形式といえるのが「自宅葬」です。

    「自宅葬」は昔から、親戚や近所の人達が協力し合って行われていた葬儀方法となり、葬儀社が一切介入しない場合も多くなります。

    お通夜、告別式、会食、お礼なども自由に選べることが特徴で、それぞれの状況に合わせた計画が立てやすくなります。

  • 直葬

    「直葬」とはお通夜も告別式は省き、火葬だけを行う葬儀のことを言い、「火葬」と呼ぶ場合もあります。

    「直葬」は故人の遺志などで、できるだけ形式的な葬儀を避けたい人や、経済的な理由で葬儀に費用をかけられない人などに利用されている葬儀方法です。

    手間や時間、費用などが大幅に削減できる葬儀方法となります。

  • 一日葬

    「一日葬」は、お通夜を省き、告別式だけを行う葬儀方法となります。葬儀の日にちを一日分減らすことで、遺族の身体的・精神的な負担が軽減されるとともに、費用も抑えていけることが特徴です。

    費用を抑えながらも、きちんとした告別式が行えるということで、都市部ではよく見られる葬儀形式でもあります。

  • キリスト教式の葬儀

    キリスト教の葬儀ではもともと「お通夜」というスタイルは存在しないのですが、日本の仏式の葬儀から派生して、「お通夜のようなもの」が教会で行われるケースも多く見られます。

    カトリックでは、神父さんによる礼拝や説教が行われ、パンやワインなどを祭壇に奉納して告別式を行います。

    プロテスタントでは牧師さんによって、聖書の朗読、賛美歌斉唱、説教などを告別式として行います。

  • 神式の葬儀

    日本では仏教とは別に神道と呼ばれる神社を基盤とする宗教があります。この神道にもとづいて行われる葬儀を「神式の葬儀」または「神葬祭」といいます。

    「神式」の葬儀では、お通夜ことを「通夜祭」、告別式のことを「葬場祭」と呼びます。

    「葬場際」では、弔辞の奉呈、弔電の奉読、祭詞奏上、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの儀式を神主さんが行います。

  • 無宗教葬儀・自由葬

    「無宗教葬儀」や「自由葬」と呼ばれる葬儀は、神様の存在を否定しているわけではなく、宗教にはこだわらない葬儀方法のことを言います。

    「無宗教葬儀」や「自由葬」では、各自それぞれ故人の趣味や意向にそってパーティ形式にしたり、コンサート形式にしたりと様々な方法で行われています。

葬儀の選び方のポイント

葬儀の種類にどんなものがあるのか、基本的なことがわかったけれど、どの葬儀方法を選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

何を基準に選べばいいのでしょうか。

どんな葬儀が、満足度の高いより良い葬儀方法になるのかは人それぞれで、一概にこの方法がいいとは決めれないものです。

ここでは、葬儀の選び方のポイントをいくつかご紹介していきます。

宗教・宗派によって

故人やご遺族の方によっては、宗教や宗派に沿って葬儀を行うことが重視される場合も多々あります。

まず、葬儀選びのポイントとなるのが、特定の宗教に沿った儀式にするのか、宗教にこだわらずに決めていくのかを判断することです。

家族代々でお付き合いのあるお寺さんのことを菩提寺といいますが、菩提寺があるのかどうかがよくわからない場合もあります。

個人で判断でして決めれる場合以外は、ご家族やご親戚間で菩提寺があるのかどうかを確認して相談しながら進めることが大切です。

葬儀の予算

次に重要視される葬儀選びのポイントは、葬儀の予算です。

多くの方々にとって、費用を惜しまずに葬儀ができたら非常に理想的ではありますが、現実には、葬儀の費用が大きな負担となってしまい悩む人も少なくありません。

葬儀の費用には、葬儀自体にかかる費用に加えて、会食や返礼品、火葬代やお墓代など思った以上の費用がかかってしまいます。

最終的に葬儀の費用はいくらくらいで抑えたいのか、あるいは、いくら以内なら可能なのかを明確にしておくと葬儀プランを選びやすくなります。

以下のサイトでは、葬儀の費用に関する情報がご覧頂けます。

葬儀の規模

葬儀の規模とは、葬儀に参加する人の数に合わせた会場の大きさのことをいいます。
斎場を借りる場合は、30人未満の小ホール、50人~80人くらいの中ホール、200人以上の大ホールなど大きさも様々です。

基本的に借りるスペースが大きくなれば、その分使用料も高くなっていきます。

葬儀にはどれくらいの参列者を予定しているのか、あるいは希望するかによって選ぶ葬儀プランも変わってきます。

葬儀を行う会場

例えば似たような内容の葬儀プランであっても、葬儀を行う会場によっては料金やサービスの仕組みが大きく異なります。

いくらくらいの料金で、どのようなサービスを重視したいのかによって選ぶ会場も異なります。
葬儀を行う会場によって、その会場と提携している葬儀会社や提供できるサービスも変わってきます。

葬儀を選ぶ人の中には、近所にある会場を選びたい、実家の近くや駅近辺で選びたいなど条件がそれぞれ異なります。

会場はどの地域で選びたいのかによって、選ぶ会場も違ってくるでしょう。

葬儀社と斎場どちらを選ぶのが先?

葬儀

葬儀を検討する人の中には、葬儀社と斎場の違いがよくわからずに困惑してしまう人もいます。

葬儀に参列することはあっても、喪主となる機会を持つ人はあまり多くはないのが現状で、葬儀社と斎場を混同してしまっても不思議ではありません。

葬儀社と斎場のどちらを先に選ぶ方が良いのかをご説明する前に、葬儀社と斎場の役割をご説明しおきましょう。

  • 斎場

    葬儀を行う会場やホールを貸してくれる会館のこと

  • 葬儀社

    その斎場を借りて葬儀全般を行ってくれる会社

斎場と葬儀社が同一企業で連結している場合と、それぞれの斎場と葬儀社が提携している場合があります。

公営の斎場であればどこの葬儀社でも利用できますが、民営の斎場の場合は斎場によって提携している葬儀社が異なります。

葬儀を行ったり、葬儀の相談をしたりするのは葬儀社です。
悲しみにくれるご遺族の方々と直接かかわっていくのが葬儀社であることを考えれば、信頼できる葬儀社を先に選ぶことをおすすめします。

失敗しない葬儀社の選び方

葬儀

失敗しない葬儀社の選びのために最も大切なことは、気になる数社を選んで比較検討していくことです。

葬儀社を選ぶ最初の取り掛かりとしては、葬儀を行う地域の目安をつけておくことです。
地域にもよりますが、たいていの場合は同じ地域内で対応できる葬儀社が複数出てきます。

その中から、要望に合う信頼できる葬儀社、相性の合う葬儀社を選ぶことができます。

葬儀業者の種類

葬儀業を経営するには、許可や認可を必要としないため、大企業や中小企業、個人事業主などの幅広い葬儀業者が存在します。

葬儀社の種類を大まかに分類していくと以下のような内容になります。

  • 葬儀専門業者

  • 冠婚葬祭の互助会

  • JA・生協の葬祭サービス

  • 宗教関連の葬儀業者

  • その他の葬儀業者

以上のような葬儀業者の種類があります。

葬儀社を選ぶポイント

上記で挙げたように、様々な葬儀社の中から葬儀社を選ぶことができますが、どのような基準で選らんでいけばいいのでしょうか。

葬儀とは、人生の中で最も大切な儀式であるといっても過言ではありません。
また、葬儀を行う際には悲しみや困惑でどうしていいのかわからない場合も多くなります。

そんな時だからこそ重視したい葬儀社選びのポイントをご紹介します。

スタッフの対応が丁寧か

問い合わせや見積もりを依頼した際に、その葬儀社の対応を同時に見ていくことができます。
親身になって相談に乗ってくれているかどうか、丁寧に対応してくれているかどうか、スタッフの対応で選んでおけば安心です。

葬儀の希望や相談に応えてくれるか

直葬を希望しているのに、直葬の葬儀プランがない葬儀社だったり、200人以上の参列者を予定しているのに対応できるホールが使えなかったりすることもあります。

葬儀の希望や相談に応じてくれる葬儀社を選ぶようにしましょう。

プランなどの料金設定が明確か

葬儀社の中には、葬儀プランや料金プランが非常に複雑でわかりにくい場合もあります。
最終的に葬儀が終わってから、思った以上に費用がかかったという話も聞きます。

最初の時点で、葬儀が無事に終了するまでに、どのような行程が必要で、それぞれ費用はいくらなのかを明確にしてくれる葬儀社を選ぶと間違えがないですね。

葬儀費用の見積もりを出してくれるか

具体的に、葬儀費用の正確な見積もり書を出してくれるかどうかも判断の基準になります。
見積もり書の詳細が大まかに記載されてない場合は、何にいくらかかるのかが不明なままです。

葬儀費用の見積もり内容も葬儀社によって大きな差があります。
よりわかりやすく明確な見積もり書が出せるかどうかが信頼関係にもつながります。

葬儀費用の内訳や相場などの詳しい情報が以下の記事で紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

周りの評価は良いか

そして、最後に必ず確認しておきたいのが、口コミなどの周りの評価です。

実際にその葬儀社を利用したことのある知人や上司、友人などの紹介であれば、安心度や信頼度も違ってきます。

オンラインの口コミサイト、ご近所での世間話などで得た情報も役に立ちます。

葬儀で使う遺影写真の選び方

人々

葬儀の選び方のポイントがわかったところで、追加の情報として、葬儀で使う遺影写真の選び方をご紹介しておきます。

遺影に使う写真は、ピントが合っているもので画質がキメが細かい写真であれば遺影用に引き伸ばした時にきれいに加工することができます。

表情豊かで、健康的で、人柄がにじみ出るような写真が好ましいでしょう。

葬儀に持っていく数珠の選び方

葬儀

最後に、意外と迷う人が多い葬儀に持っていく数珠の選び方をご紹介します。

葬儀で数珠が必要なのは基本的に仏式の場合になりますが、仏教では各宗派によって珠の大きさやデザインが異なる本式数珠というのがあります。

ご自身の宗派の数珠がある場合は、葬儀の宗派は異なったとしても、その宗派の数珠を持って行けば大丈夫です。

数珠をお持ちでない方は、略式数珠といってどこの宗派の葬式にも使える簡易タイプの数珠を購入するといいでしょう。
最近では、コンビニやスーパーなどで購入できるところもあります。

葬儀の選び方に関するまとめ

葬儀

今回は葬儀の選び方についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
ご要望に応じて、様々な葬儀方法や葬儀社を選ぶことが可能な事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

葬儀の選び方を下記にまとめてみました。

  • 基本的な葬儀の種類を把握しておく

  • 葬儀を選ぶポイントは、宗教・予算・参列者の数、会場の規模などから考えると選びやすくなる

  • 葬儀の際に直接関わる葬儀社を斎場より先に決めた方が良い

  • 葬儀社を選ぶときには、スタッフの対応や見積もり書の内容などから信頼度を判断することができる

葬儀は、冠婚葬祭の中で唯一悲しみが伴い、人生の中でも特別な儀式となります。

さらに、葬儀ではお布施や会食なども含めると予想以上に費用がかかるものです。

それぞれの状況やご要望に合わせて、満足のいく葬儀選びを実現していけるよう、今回ご紹介した内容を参考にして頂ければ幸いです。

「終活ねっと」では、葬儀やお墓に関する様々な情報を公開しており、毎日多くの方々に役立てて頂いてます。

是非、他の記事もご覧になってみて下さい。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像
    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 葬儀社を選ぶタイミングは?選び方や費用見積もりの注意点を解説のサムネイル画像
    葬儀社を選ぶタイミングは?選び方や費用見積もりの注意点を解説

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像
    葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

    葬儀を執り行うことになったとき、どのくらいの費用がかかるのか、費用を抑えるにはどうしたら良いか、気になる方も多いでしょう。今回終活ねっとでは、葬儀の種類によってかかる費用が変わることについて、葬儀の費用を抑えるポイントにも触れつつ解説していきます。

  • 葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説のサムネイル画像
    葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説

    葬儀の費用はいつ支払うの?後払いなのか前払いなのか気になる!という方必見です。この記事では葬儀の費用は後払いなのか前払いなのか、その他にも気になる支払方法などを詳しく解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像
    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについても解説!のサムネイル画像
    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについても解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

  • 葬儀疲れの原因とは?事前にできる対策や葬儀後の対処法もご紹介のサムネイル画像
    葬儀疲れの原因とは?事前にできる対策や葬儀後の対処法もご紹介

    葬儀の後に疲れがたまって体調を崩される方は、意外に多いです。葬儀疲れはなぜ起こるのでしょうか。また、葬儀疲れが起こらないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。今回は、葬儀疲れの原因、葬儀疲れを減らす事前の対策、葬儀後の対処法について解説していきます。

  • 葬儀費用が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と価格を抑える方法のサムネイル画像
    葬儀費用が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と価格を抑える方法

    人が亡くなると葬儀を行うことになります。思いがけないタイミングで亡くなってしまうと葬儀代を払えないことも起こり得る話です。そんな時はどうすればよいのでしょうか?この記事では、葬儀代が払えない場合の解決方法を葬儀代の相場と低価格に抑える方法と併せて解説します。

  • 葬儀費用を安くするには?補助金や市民葬の利用、各形式の費用も解説のサムネイル画像
    葬儀費用を安くするには?補助金や市民葬の利用、各形式の費用も解説

    葬儀には、高額な費用がかかるといわれています。では、どうすれば安くすることができるでしょうか。今回は、葬儀費用の相場や葬儀費用をより安くするための葬儀形式やコツについて紹介します。合わせて葬儀費用を決めているポイントについても解説します。

  • 無宗派の葬儀の流れやメリット・デメリットは?参列時のマナーも解説のサムネイル画像
    無宗派の葬儀の流れやメリット・デメリットは?参列時のマナーも解説

    多くの人は仏教やキリスト教などの特定の宗教を信仰しています。しかし、その中にはどの宗派にも属さない無宗派である人もいます。特定の宗派に属さない無宗派の人の葬儀を行う時の流れは一体どうなっているのでしょうか?葬儀のメリット・デメリットや、マナーまで紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事