葬儀・告別式での喪主と参列者のマナーとは?服装や持ち物もご紹介!

葬儀・告別式での喪主と参列者のマナーとは?服装や持ち物もご紹介!

葬儀や告別式では気を付けるべきマナーが色々とあります。葬儀や告別式に急に参列することになった時、焦って準備するとどこか見落としてしまうこともあるかもしれません。今回はそんな葬儀や告別式での喪主と参列者のマナーについて解説していきます。

2019-10-19

葬儀・告別式のマナーについて

葬儀

葬儀や告別式はいつかは経験するものだとわかってはいても、いざ本当にそういう機会が来ると慌ててしまうこともあるかと思います。
準備が上手くいかないと、落ち着いて葬儀や告別式を迎えることができなくなってしまいます。

そうならないためにも、葬儀や告別式のマナーについて知っておくと良いのではないでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀と告別式での喪主と参列者のマナーについて、以下のような内容で解説していきます。
また、服装や持ち物についても詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 葬儀と告別式の違いって何?

  • 喪主に関するマナーとは?

  • 参列者に関するマナーとは?

葬儀や告別式についてのマナーを知っておきたいという方や、マナーに関する知識があいまいなのでもう一度確認しておきたいという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の葬儀や告別式への参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀と告別式の違いは?

葬儀

葬儀と告別式という二つの言葉を耳にすることがあるかもしれませんが、これらの違いをはっきりと説明できますか?

良く違いが判らないという方は、葬儀と告別式の二つが混同しないように、両者の違いをはっきりさせておきましょう。

葬儀

葬儀には、故人をそれぞれの宗教のやり方によって弔うという宗教的儀式という意味があります。

一般的には通夜や一周忌などの宗教的儀式のことを葬儀ともいいますが、最近では区別がなくなってきており、告別式や葬式のことを葬儀というように言う方もいるようなので、混同しないようにしましょう。

告別式

告別式には宗教的儀式といった意味合いはなく、故人と故人が生前親しかった人たちとのお別れの式のことを指します。
基本的に告別式は通夜の次の日に行われます。

葬儀・告別式の喪主のマナー

葬儀

葬儀や告別式の経験がないという方や、葬儀や告別式には参列したことがあるけれども喪主側になったことは無いという方の中には、喪主のマナーについても知りたいという方もいらっしゃると思います。

ここでは葬儀と告別式の喪主のマナーについて解説していきます。

服装のマナー

まずは服装についてです。
喪服には正喪服・準喪服・略喪服の三種類があります。
このうち、喪主の方は基本的には正喪服もしくは準喪服を着るのが決まりです。

以下にて、男性と女性と子供の場合のそれぞれ服装のマナーについて解説していきたいと思います。

男性の服装のマナー

和装の場合の正喪服は黒羽二重の染め抜き五つ紋の羽織袴となります。
足袋は基本的に白色で、衿は白かグレーです。

準喪服の場合は黒無地の着物に3つ紋か1つ紋の羽織と袴を着用します。

洋装の場合の正喪服はモーニングコートとなります。
ベストはシングルのもので、ズボンもシングルで縞柄のズボンを着用します。

準喪服の場合は礼服用のブラックスーツとなります。
靴や靴下、ネクタイは全て黒になります。
シングルでもダブルでも問題ありません。

女性の服装のマナー

和装の場合の正喪服は黒無地の染め抜き五つ紋のついた羽二重になります。
帯は基本的に黒無地です。
足袋は白で草履は黒となります。

洋装の場合の正喪服は、黒無地のアフタヌーンドレスワンピース、アンサンブルを着用します。
スカート丈はひざ下で、必ず黒のストッキングをはきます。
靴は黒の地味なものとなります。

洋装の場合の準喪服は、ブラックフォーマルとなります。
アクセサリーは結婚指輪と真珠のアクセサリー1点だけとなります。

子供の服装のマナー

子供の服装は、制服が正式な礼装になります。
そのため、制服を持っていれば制服を着用するようにしましょう。

制服を持っていない方や未就学児の場合は、黒色の服がベストです。
しかし、黒色の服がない場合はグレーなどの派手ではない色を選ぶようにしましょう。

挨拶のマナー

葬儀や告別式では喪主挨拶をすることもあります。
喪主挨拶は出棺前、精進落としの前後となります。

出棺の際には、まず参列して頂いたことへの感謝の気持ちと、故人と親しくしてくれたことへの感謝、故人のエピソードを話すのが一般的です。

精進落としの際のあいさつでは、これまでの感謝とこれからも親交を続けていきたいという気持ちを入れて話します。
どちらの場合にも、不幸を繰り返さないという意味で重ね言葉や忌み言葉は避けましょう

また、「死んだ」など死に関しての直接的な表現は使ってはいけません。
「眠った」など表現を変えて話すようにしましょう。

葬儀での喪主挨拶についてより詳しく知りたいという方は、以下に喪主挨拶についてまとめた記事がありますので、こちらもお読みになってみてください。

お布施のマナー

喪主はお経をあげてくれたり戒名を付けてくれたお坊さんに対して、お布施を払うことになりますが、お布施には色々なマナーがあります。
お布施はまず、郵便番号の欄の無い白い封筒に入れて渡すのがマナーです。

お布施にも表書きがあり、筆か筆ペンで書きます。
このとき、普通の墨を使うことに注意しましょう。
上に「御布施」と書き、下に喪主の名前をフルネームで書きます。

お札は新札でなくてはならないという決まりはありません。
向きも特に決まりはありませんが、向きはそろえるようにするといいでしょう。
お布施の渡し方ですが、手渡しではなく切手盆というお盆の上に載せて渡します

お布施について細かい情報が必要な方は、以下にお布施の金額などに関してまとめた記事がありますので、こちらもご覧になってみてください。

返礼品のマナー

葬儀や告別式に出てくれたことへのお礼として、喪主側は返礼品を渡すのがマナーとなっています。
返礼品は、本来は会葬へのお礼という意味でしたが、最近では香典返しを含めて渡すことが多くなっています。

香典をくれた人にその場で渡すため、手で持ちやすいものを用意するのがマナーとなっています。
具体的には軽い食品やタオル、カタログギフトなどになります。
また、返礼品には必ず会葬礼状を添えるのがマナーですので、忘れないようにしましょう。

返礼品の準備は葬儀社に任せることができますので、慌ただしくて手が回らないときには葬儀社に頼むのが無難でしょう。

以下に返礼品について細かくまとめた記事がありますので、詳しく知りたいという方は、一度お読みになってみてください。

葬儀・告別式の参列者のマナー

葬儀

葬儀や告別式についてマナーを知らないという方の中には、いざというときに困らないようにきちんと知っておきたいと考える方もいると思います。

ここでは、葬儀や告別式に参列する際のマナ―について解説していきます。

服装のマナー

まずは服装についてです。

参列者の服装は、準喪服を着るのが決まりとなっています。
先ほど紹介した喪服の種類の中で二番目に格式の高い喪服です。
もっとも格式の高い正喪服は喪主側の方々が着るため、喪主よりも格式の高い服装はマナー違反です。

以下で、男性と女性と子供のそれぞれの場合における準喪服について解説していきます。

男性の服装のマナー

男性の場合は礼服用のブラックスーツを着用します。
勘違いされがちですが、黒のビジネス用のスーツのことではないので注意してください。
ネクタイ、ベルト、靴、靴下は全て黒で地味なもの、ワイシャツは白無地のものとなります。

黒で地味でも、光沢のあるものは避けましょう。
ネクタイピンはせず、下着は透けないようにベージュが良いでしょう。
時計はしても構いませんが、派手なものはやめましょう。

女性の服装のマナー

女性の場合には、礼服用の黒いスーツかワンピースとなります。
必ず黒いストッキングをはき、胸元がゆるくないものや肘程度までの袖のものを選び、過度な肌の露出に気を付けます。
ストッキングは透けないようなものを選びましょう。

バッグは金具が外に出ていないもの、靴は黒でヒールの高すぎないもの、歩くときに音がしない靴を選びます。

何かわからないことがあれば、服を買うお店で相談すれば色々答えてくれますので、遠慮せずに聞きましょう。

子供の服装のマナー

子供が葬儀や告別式に参列する場合は、制服を着用します。

制服がない場合には、喪服や制服に準ずる服装にしましょう。
具体的には、襟のある白いシャツ・黒や紺の地味な色の上着・地味な色のズボンまたはスカートを準備しましょう。

以下に葬儀の服装についてまとめた記事がありますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

香典のマナー

香典は香典袋に入れ、表書きは薄墨で書くのがマナーです。
宗教や宗派によって表書きの種類が変わるので調べてから書くようにしましょう。

水引は黒白か双銀のものを選び、水引の上に「御霊前」などの表書き、下に名前をフルネームで書きます。
あらかじめ水引が印刷されているものでも大丈夫です。

香典を持っていくときには袱紗に包んで持っていきます。
お札は向きをそろえて入れてください。
また、あらかじめ葬儀の準備をしていたかのような印象を与えてしまうため、新札を使ってはいけません。

香典を渡すときには、「このたびはご愁傷様です」など一言添えて渡すようにしましょう。
通夜と葬儀・告別式の両方に出る場合には、香典を渡すのはどちらかにします。
香典を辞退された場合には押し付けず、渡さないのがマナーとなります。

以下に香典についてまとめた記事がありますので、詳しく知りたいという方はぜひこちらもご覧になってみてください。

焼香のマナー

焼香をする際のマナーですが、焼香のやり方や回数は宗派によって変わってきます。
基本的には1回から3回とになっています。
焼香は自分の宗派に合わせてやります。

焼香の前にはお坊さんと遺族に礼をして、祭壇にも礼をします。
その後親指、人差し指、中指でお香をつまんで額の高さまで持っていきます。
香炉にお香を静かに落とします。

祭壇に再び礼、合掌をしその向きのまま下がってお坊さんと遺族に礼をして終わりです。
事前にアナウンスで焼香は一回までなどと言われる場合もありますので、注意して聞くようにしましょう。

以下に、焼香について詳しくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧ください。

アクセサリーのマナー

葬儀の際のアクセサリーのマナーについてですが、基本的にアクセサリーはつけません。
ただし、派手ではない結婚指輪や真珠のネックレス、イヤリングはつけても大丈夫です。

ネックレスは鎖骨あたりの長さで二連のものは避けましょう。
二連のものは不幸が連鎖するといった意味合いを持つため必ず一連のものを着用します。

また、金具が派手ではないもの、イヤリングは耳からぶら下がるようなデザインのものは避け、留め具が派手なものもマナー違反となります。

真珠が黄色がかったものなどもダメです。
真珠のアクセサリーはあくまでつけて行っても良いものと覚えておきましょう。

葬儀への持ち物のマナー

葬儀へ持っていく数珠などの持ち物のマナーについても紹介していきます。
持ち物に関しても様々なマナーがあるため、しっかりと把握しておきましょう。

数珠

数珠は略式のものでも構いませんが、ブレスレットの物はだめです。
数珠の持ち方はふさを下にして左手で持ちます。

焼香など合掌の際は、短いものなら両手の人差し指と親指で挟むようにして、残りの指を輪に通して持ちます。
長い場合には両手の中指にかけてそのまま合掌します。

袱紗(ふくさ)

香典は袱紗に包んで持っていくのがマナーです。
袱紗の色は紫や緑、灰色など地味な色の袱紗を選びましょう。

袱紗は慶事用と弔事用で包み方が違うので注意しましょう。

バッグ

葬儀に持っていくときのバッグは黒で地味なデザインのもの、さらに光沢のないものとなります。
革の物は殺生をイメージさせるので、葬儀では布製のバッグを持っていくのがマナーとなっています。

また、持ち手や留め具が金具の物は派手な印象を与えるので葬儀の場にはふさわしくありません。
一つでおさまりきらない場合には、サブバッグを持って行っても構いませんが、このときのマナーも同じです。

葬儀・告別式のマナーまとめ

葬儀

葬儀や告別式には多くのマナーがあることがお分り頂けたかと思います。
これらを葬儀直前にすべて覚えるのは大変なので、あらかじめ頭に入れておくと良いでしょう。

今回終活ねっとでは、葬儀や告別式でのマナーについて、服装や持ち物についても解説してきましたがいかがだったでしょうか?
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀は宗教的儀式という意味合いがあり、告別式は故人と故人との関係者とのお別れという意味がある。

  • お布施の表書きは薄墨ではなく、普通の墨で書くことに注意する。

  • 喪主挨拶の際は葬儀や告別式に来てくれたことへの感謝の気持ちを必ず述べる。

  • 葬儀や告別式のときの参列者の男性の服装はビジネススーツではないので注意する。

  • 女性の参列者は、必ずストッキングを履く。

  • 香典は袱紗に包んで持っていくのがマナーである。

  • バッグは革製の物は避け、布製のものにする。

葬儀や告別式を経験したことのない方は、マナーの多さに驚かれたかと思います。
訃報は思いがけないときに来る急な知らせなので、焦らないように少しでもマナーを頭に入れておくと良いでしょう。

喪主になると緊張するかもしれませんが、知識があれば慌てずに済みますし、参列者側でもマナーがしっかりできていれば、葬儀や告別式でも焦ることなく落ち着いて故人を送り出すことができるようになります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下に葬儀の費用についてわかりやすくまとめた記事がありますので、あわせてご覧になってみてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・告別式・マナー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料