葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説

葬儀に参列したことはあっても、葬儀代の支払いに関してはよく知らない人も多いでしょう。葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法で行っているのでしょうか。この記事では葬儀代の支払いが誰の手によって、どのようにされているのかを葬儀の金額相場と共に解説します。

2019-10-30

葬儀代の支払いに関して

人々

葬儀を行うにはお金が必要です。
葬儀の形態によって費用は変動しますが、いずれの場合も高額であることには変わりありません。

そんな葬儀代の支払いは、誰がいつ、どのような方法で行っているのでしょうか。
葬儀を執り行う機会は多くもありませんし、誰もが葬儀代を支払うタイミングに遭遇するわけでもないので、深く理解している人は少ないのではないでしょうか。

人の死はいつやってくるかわからないものです。
葬儀代についても、支払いをする人やその方法を知っておくことは決して無駄なことではないのです。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法で行っているのかを葬儀費用の相場を交えながら以下の順に解説していきます。

  • 葬儀代はいくらかかるのでしょうか。

    一般的な葬儀費用と内訳を解説します。

  • 葬儀代の支払いについて

    葬儀代を支払うための具体的な方法と、誰がいつ払うのかを解説します。

  • 葬儀代の支払いができない場合はどうしたら良いのでしょうか。

    葬儀代が払えない時の対処法を解説します。

  • 葬儀の際の香典の相場は?

    一般的な香典の相場を解説します。

葬儀代の支払いについて予め知っておきたいと思う人は、ぜひ最後までご覧になっていただき、知識を深めていただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀代はどのくらいかかるの?

葬儀

葬儀代の支払いはどのくらいかかるのかは、葬儀の内容で大きく変わります。
一般的な葬儀では200万円前後の費用がかかります。

葬儀代を構成する三大費用は、葬儀一式費用、会食などの飲食接待費用、そして寺院などへの支払い費用になります。
祭壇などを豪華にする、飲食内容を豪勢にする、参列者を増やすなど、葬儀を大きくすればするほど葬儀代も比例してかさみます。

しかし葬儀の形態によっては一般的な葬儀の半額以下に抑えることのできる種類もあります。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく説明しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀代の支払いに関して

お金

葬儀代の支払い方法

葬儀は高額な費用が必要です。
それも支払うとなると、基本的にかかった費用を全額一度に支払うのが基本です。

一昔前ですと、現金で一括で支払うことが当然だったのですが、現代では現金以外にもいくつかの支払い方法が葬儀社では用意されていることが一般的です。

ここでは、葬儀代の支払の方法について、誰がいつ支払いをするのかも含めて解説します。

現金振込

一番一般的な葬儀代の支払い方法です。
現金を手渡しで渡すか、現金を一括で銀行振込をするという支払い方法です。
多額の現金をまとめて用意する必要性が生じます。

注意したいのは、葬儀代の中でも僧侶に渡すお布施や戒名料も基本的に現金での受け渡しになることです。
他にも思いがけない出費も葬儀後に予想されるので、総額を鑑みて現金による支払いが妥当なのかを確認することも大切です。

クレジットカード

最近では、葬儀代をクレジットカードで支払いが可能な葬儀社なども増えてきています。

クレジットカードは一括払いのほか、分割払いやボーナス払いなども選択できるので利便性が高いと言えます。
ただ、分割払いなどにすると金利手数料が別途かかってくるので考慮に入れる必要があります。

また、全ての葬儀社がクレジットカードに対応しているわけではありません。
クレジットカードでの支払いを検討している人は、予め確認しておくことが肝要です。

ローン

大きな葬儀社などですと、信販会社などと提携して葬儀ローンを提供している場合があります。
審査がありますので、誰でもが必ず利用できるというものではありません。

現金をすぐに準備できない時には利用を検討しても良いですが、クレジットカード利用の際と同様に分割払いになるので金利手数料がかかります。
返済の計画を立てた上での利用が求められます。

コンビニエンスストア

コンビニ後払いなど、コンビニでの決済に対応している葬儀社もあります。

コンビニ払いでの利点は、請求書の到着から支払期日までの期間が1週間や2週間先だと言うことです。
仕組み的には現金振込と変わりないように見えますが、時間があるのでお金の段取りを付けやすいというメリットとがあります。
また、コンビニなので夜間や休日でも支払いが可能だという点も便利です。

葬儀費用はいつ支払うの?

葬儀代の支払いはいつ行うのでしょうか。
葬儀社によって支払期日には違いがあります。

葬儀後即日での支払いとなっていることもありますが、多くの場合は葬儀後1週間以内となっています。
葬儀前に手付金的に総額の何割かが必要な場合もあります。

葬儀をどこで行うかを決める際には、葬儀代や支払期日などはしっかりと確認をしておく必要があります。

葬儀費用は誰が払うの?

葬儀は決して安くはない費用を要します。
そのため、誰が葬儀代を負担するのかは大切なことです。

一般的には、葬儀代は喪主が負担することが普通です。
喪主が相続人になることが多いためです。
喪主が経済的に余裕がない場合は、親や兄弟などが相談の上、相続人を中心に折半することが多いです。

また、故人が遺言などで相続財産の中から支払うように指定している場合は、財産の中から支払われます。
故人が遺言で葬儀費用の負担を特定の人物を指名している場合は、その人の負担になります。
ただし、故人が生前に指名された人と合意していることが前提です。

葬儀代が支払えない場合はどうすればいい?

お金

故人に敬意を表するためにも葬儀はしっかりと行いたいと思っても、経済的な理由などで葬儀代が支払えない場合はどうすればよいのでしょうか。

先ずは身内で立て替えてもらうことが出来ないか相談をしてみましょう。
それが無理なら、葬儀社が信販会社などと提携している葬儀ローンの利用を検討するのも良いでしょう。
ただし、金利手数料がかかることは忘れずにしておきましょう。

故人の保険金が入ってくる予定で、一時的な立て替えを要する時は手持ちのクレジットカードのキャシング枠の利用や即日融資が可能なキャッシングなどで一時的に用立てるのも一つの手です。

また、市役所にも相談が可能です。
場合によっては国の葬祭扶助制度の利用が可能な場合もあり、生活福祉資金貸付制度もあります。

葬儀における香典の支払い金額相場は?

葬儀

葬儀の際に迷うことの一つに香典があります。
香典の支払金額の相場は、故人との関係性で変わってきます。

香典の金額は少なすぎてもいけませんが、遺族が戸惑うような大きな金額も迷惑になります。
地域性もあるので、詳しい人などに確認の上、決めると良いでしょう。

以下は香典の平均的な金額相場です。
金額に幅がありますが、若い人は金額の少ない方に、年配の人は金額が多い方の額になる傾向があります。
なお、4と9が付く金額は死や苦を連想させることからお渡ししてはなりません。

故人との関係 両親 兄弟姉妹 祖父母 その他の親族
金額 5~10万円 3~5万円 1~3万円 1~5万円 5千~1万円
故人との関係 友人・知人 勤務先上司 勤務先同僚 取引先 近所
金額 5千~1万円 5千~1万円 5千~1万円 5千~1万円 3~5千円

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

葬儀代の支払いに関してのまとめ

人々

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法で行っているのか、おわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀代の支払いについて以下のことを解説してきました。

  • 葬儀代の費用は一般的な葬儀では200万円程度かかるということ。

  • 葬儀代の支払いは、現金振込の場合が一番多いが、クレジットカードやローン、コンビニ払いなどでも可能な葬儀社も増えてきているということ。

  • 葬儀費用の支払い期日は葬儀後即日から1週間以内の場合がほとんどで、喪主が支払うことが一般的であるということ。

  • 葬儀代が支払えない場合は、身内で相談して解決するのが理想だが、葬儀ローンやキャッシングの一時利用を検討したり、葬祭扶助制度の利用を検討することもできるということ。

  • 葬儀における香典の支払金額相場は故人との関係性で変わるということ。

葬儀代の支払いは喪主が支払い、葬儀後1週間以内に現金で納めるのが一般的です。
クレジットカードなどの利用がどの葬儀社でも利用できるようになると、もっと利便性は上がる気がします。

いずれにしても高額な支払いになるので、身内でしっかりと相談をして支払い方法は決めると良いのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀代・支払い」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料