葬儀で渡す返礼品の選び方って?渡し方や挨拶文の文例とともに解説!

葬儀で渡す返礼品の選び方って?渡し方や挨拶文の文例とともに解説!

葬儀に参列してくださった方や香典を頂いた方への返礼の仕方はご存知でしょうか?品物や礼状をお渡しすることが一般的ですが、返礼品の選び方や礼状に書くべき内容まで知らないという人も多いのではないでしょうか。今回終活ねっとでは葬儀に関する返礼について解説します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀後に渡す返礼品について

人々

忙しい時間のなか、通夜や葬儀に参列していただいた方にはお礼の気持ちを示すことが大切なマナーです。

葬儀の返礼品を頂いた経験がある方はいると思いますが、渡す立場となるとあらゆる疑問がわいてくるでしょう。

返礼品は通夜や葬儀にお越しいただいた方に渡す品物で、種類やタイミング、お礼の方法は色々ありますので、どのようにして対処するべきか大変不安になりませんか?

今回「終活ねっと」では葬儀の返礼品の選び方を中心に、渡し方やのしについてなどの大切な点をご説明します。

解説する内容は以下の通りです。

  • 返礼品の種類について

    返礼品には異なる種類がありますのでそれぞれの特徴をご説明します。

  • 返礼品の選び方

    相場金額を知り適切な返礼品の選び方をご紹介します。

  • 返礼品の渡し方について

    葬儀当日と後日郵送する際の方法についてご説明します。

  • 返礼品ののしについて

    のしの表書きや水引きについてご説明します。

  • 返礼品を辞退する場合

    返礼品を辞退する際のマナーと方法についてご紹介します。

返礼品におすすめな商品や、返礼品の金額相場以外にも、返礼品ののしの書き方や、返礼品を辞退する場合についても詳しく紹介しておりますので最後までぜひご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀で渡す返礼品の種類

葬儀

葬儀で渡す返礼品は種類が色々あり、どんな方にどのようなものを渡すか判断するのがとても難しい場面があります。
またお葬式という特別なシチュエーションで失敗は許されないため、基本マナーはまず身につけておきたいところです。

葬儀の返礼品は大別すると会葬御礼品と香典返しの2種類に分けられます。
このふたつはまったく違うもので、葬儀に出席したことがない方にとっては意味の違いが分からないかもしれません。

ではそれぞれの意味について、どのような違いがあるのかご説明いたします。

会葬御礼品

通夜や告別式にお越しいただいた方に感謝の気持ちを示すためにお渡しするものが会葬御礼品です。
会葬御礼品は香典をいただいていない方も含め、弔問客のすべてにお渡しするものです。

香典返し

香典をいただいた方に後日感謝の気持ちを示すものとして渡すのが香典返しです。
香典返しは当日でなく一般的には四十九日の法要後にお礼を兼ねて渡すことが多くなっています。

葬儀で渡す返礼品の選び方

葬儀

返礼品の選び方は感謝の気持ちを込めることがまず大切なポイントになります。
しかし品物を実際に選ぶとなると、どのようなものがふさわしいか見極めるのはかなり難しいところでしょう。

品物によってはタブーとされているものがありますので、慎重に判断して選ばないといけません。
ではおすすめの品物や気になる相場金額について、事前に知っておきたい大切なポイントをご説明します。

おすすめの品物

葬儀の返礼品は選ぶのがとても大変に感じる方は多いのではないでしょうか。
そこでそれぞれのケースに合わせておすすめの品物をご説明したいと思います。

会葬御礼品におすすめの品

まずは会葬御礼品、通夜に来てくれた方にお渡しする品物で一般的には一律に同じものにすることが多くなっています。
そのためどんな方にも無難である種類の品物が選ばれることが多く、通夜の当日にそのまま持ち帰っていただくため、小さくてかさばらないものを選ぶことが多くなります。

おすすめの品物は、無難なタオルハンカチ、誰にでも喜ばれるお茶ギフトセットなどの飲みもの、焼き菓子のクッキーや羊羹などの日持ちがする和菓子も人気があります。
また最近はギフトカードでもらった人が色々な使い方ができるように配慮することも増え、持ち帰りが楽なアイテムも好まれています。

香典返しにおすすめの品

香典返しは故人にお供えしてもらった香典に対してのお返しとなり、香典で頂いた金額に合わせてお返しする品物を選ぶ点が大切です。

香典返しは不幸が後々に残ることのないように、手元に残らないものを選ぶことがマナーです。
そのため食べ物なら食べた後は形が消えますので香典返しに最適なアイテムとして選ばれています。

また個人の年齢や人柄なども合わせて品物選びにプラスすることもよいでしょう。
後に形が残ってしまう品物でも陶器などは香典返しで選ばれることがあります。

返礼品の金額相場は?

葬儀の返礼品を選ぶ際に気になるのが金額です。
まず会葬御礼品ですが、通夜に来てくれた全員にお渡しするものなので高価なものではなく金額相場は500円~1000円が多くなっています。

難しいのは香典返しの金額について判断することで、一般的な相場としては3000円~2万円と大変幅があります。

その理由として香典返しはいただいた香典の金額に合わせて品物を選ぶことが基本的なマナーとなるので、香典返しは一律で同じ品物になるとは限りません。

目安として一般的にいわれるのが香典の金額の半分をお返しにする半返しです。
昔は葬儀が終わると香典の半分ぐらいの金額が残り、お世話になった方々にその分を使いお返しや菩提寺に渡すといったことが半返しの由来ともいわれています。

また地域によっても香典返しの考え方は異なり、関東では半返しで関西では3分の1返しが目安とされていたこともあるようです。
現在は全国的に香典は半返しという意識が高く、一番無難な相場金額となっています。

たとえば半返しの場合、香典を1万円だったときはその半分の額にあたる5000円相当の香典返しを選ぶことになります。
返礼品の金額を間違えてしまうと失礼にもなりますので、どのように判断するか困ったときには親族や地域の方に相談して決めることも必要です。

そもそも香典とは相互扶助の考えが基盤となっていますので、家族がなくなり急な葬儀を助けたいという気持ちが込められたお金です。
渡す側、いただく側、どちらにもなることがありますので、大切なことは香典をいただいた場合にはしっかり感謝の気持ちを伝えることなのです。

一般的な香典の相場 香典の半返し
一家の主がなくなった場合 3分の1返し
未成年の子供がいる場合 3分の1返し
親族からの高額な香典 3分の1返し

以下の記事では、葬儀後の返礼品にカタログギフトを選ぶことについて詳しく紹介しております。
葬儀後の返礼品選びにお困りの方は、ぜひあわせてご確認ください。

葬儀当日の返礼品の渡し方

葬儀

葬儀に来てくれた方には、その場で感謝の気持ちを込めた返礼品を渡すことがマナーとされています。

しかし葬儀を経験することすら滅多にないことなので、いつどうやってどのタイミングで渡すべきか困ってしまうでしょう。

またどのような言葉をかけて渡すべきなのか、失敗しないために事前に知っておきたい返礼品の渡し方のポイントについてご説明します。

挨拶をして渡す

葬儀当日に返礼品を渡す場合は、葬儀参列者が焼香をした後のタイミングとなります。
宗派によっては品物と一緒にお清め塩を渡すこともありますので事前に確認しておきましょう。

通夜の際は参列者に向けて会葬礼状と一緒に品物を渡しますが、この場合は食事をする機会を設けることがあり本来は会食がお礼としてふるまわれる意味があります。

近年では、葬儀を小規模に行う傾向が強くなってきており、通夜に参列しても会食をしないケースも増えています。
そのため参列するすべての方に返礼品をお渡することが一般的となっています。

その際は無言でいきなり品物を渡すことはできませんので、挨拶の言葉を一緒に伝えることが必要です。

相手に充分聞き取れるぐらいの声の大きさを意識して、あまり大声にならないようにマナーを守ってください。
品物を手渡しするときの言葉は次のような挨拶をするとよいでしょう。

・ありがとうございます。どうぞこちらをお持ち帰りください。
・ご弔問ありがとうございます。
・お忙しい中ご回向いただきありがとうございました。

会葬礼状を添える

会葬礼状とは通夜や葬儀に参列していただいた方に渡すお礼状のことです。
渡すのは葬儀の当日、本来ならば喪主がひとりひとりに対してお礼を述べるべきところですが、忙しいなか時間を割くことは難しい面があります。

そこで喪主に変わってお礼として参列者にお渡しするものが会葬礼状です。
一般的には会葬礼状とお清め塩の袋をセットにした状態でお渡しします。

会葬礼状の構成はまず故人の名前、次にお礼の言葉、略儀であることをを示す文章、最後に喪主の名前となります。

会葬礼状には季節や時候の挨拶分は不要で頭語と結語については両方入れるか、もしくは両方無しにしましょう。

最近では慣習にそこまでこだわらず、遺族が自由にお礼状を作るというケースも増えているようですが、ここでは一般的な会葬礼状の例文をご紹介します。

拝啓 

亡父○○儀 葬儀に際しましてはご多忙のなかわざわざご会葬を賜りご芳情のほど誠にありがたくお礼申し上げます

ここに生前のご厚誼を深謝し書中をもって心よりお礼申し上げます

敬具
平成○○年○○月○○日
喪主○○

供花を送った人にも渡す?

供花は故人の供養のためのお花で仕事関係や親しい間柄の方、葬儀に参列できない方から届く場合があります。
このような場合は葬儀後にひと段落したときにお礼状を出すことが一般的になっています。

供花のお礼状の構成としては、まず拝啓や敬具などの頭語と結語を使い、時候の挨拶、供花へのお礼、葬儀が無事終了したことを報告します。
その後締めの挨拶を書いてお礼状を締めくくります。
締めの挨拶の後に送付日と自分の名前、及び住所を書くのを忘れないようにしましょう。

葬儀に参列しない方からお供花をいただいた場合は香典返しにお礼状を添えておきましょう。
供花のお礼は基本的に手書きにすることがマナー、通夜や葬儀の会葬礼状は印刷したものでも構いません。

供花のお礼状は黒やグレーのはがきやカードを使うか、葬儀社で準備しれくれるお礼用カードを使うことも方法です。

葬儀の後日に返礼品を郵送する場合

人々

葬儀の後に返礼品を郵送する場合のマナーについてご説明します。
それぞれの方に合わせたお礼のポイントがありますので、どのような手紙を添えるか、またお礼のタイミングについても解説いたしましょう。

挨拶状・手紙を添える

本来ならば直接訪ねてお礼をするべきところですが、遠方の方や忙しい葬儀の後では難しいですよね。

葬儀の返礼品を郵送する場合は必ず挨拶状や手紙を添えることが基本です。
故人に代わり皆様に感謝の気持ちを込めてご挨拶する意味がありますので、礼儀を欠くことがないように正しくお礼状を作成しましょう。

しかしこのような場合の文章は普段考えることがないため、すぐに頭に浮かばないものです。
手紙の構成はお香典のお礼や葬儀の報告、生前故人がお世話になったお礼、略儀で済ませるお詫びとなります。

文面で注意するべき点は句読点を使わないこと、繰り返す言葉「ますます」などは使わないことが大切です。

挨拶状は遺族があまり親しくない故人の会社関係などもありますので、印刷した文面を使うこともあります。
とても親しい方には故人の思い出も書き添えてお礼状を準備するとよいでしょう。

挨拶文の例文

では返礼品を郵送する際の挨拶状の例文をご紹介します。

拝啓

先日は母○○永眠の際は過分なお心配りを頂き厚く御礼申し上げます

おかげさまで本日○○四十九日法要を相営みました

感謝の気持ちをこめてささやかですが心ばかりの品をお届けさせていただきました

書面にて失礼ではこざいますが
お礼かたがたご挨拶申し上げます

敬具

メールでお礼をしてもいい?

お礼は手書きの手紙を送ることがマナーとしてすべきことですが、ごく親しい方や普段メールがコミュニケーションのツールになっている方に対してはメールでお礼を述べることもあります。

しかし手紙と比較するととても簡易的な手段となるため、目上の方や年配の方には失礼な方法だと思われる可能性があります。

メールを使ったお礼は会社の同僚や友達など相手との付き合い方を考えて判断しましょう。

仲が良い人に対しても気軽な文章は避けて、一定のマナーを守りですます調を使うなど丁寧な文面で書いてください
必ずメールの最後には「メールで失礼させていただきます」という内容を一筆添えておきましょう。

会社に送る場合はどうする?

会社や同僚から香典をいただくことがありますが、会社に返礼品を送る場合は方法が相手によって異なる場合があります。

大企業の場合は経費で香典が賄われることもあり香典返しが不要になるケースもありますので、会社の総務や葬儀担当の部署に問い合わせておくとよいでしょう。

会社関係の方から個人名で香典をいただいた場合には、通常と同じく香典の半返しを目安にお礼をしてください。
職場一同の場合はお菓子など皆さんで分けて食べられるものをお礼として送ることが一般的です。

その際も必ずお礼状を添え、葬儀に参列してくれたことへの感謝、休みをいただいたお詫びなどを書いておきます。

返礼品を送る時期はいつまで?

葬儀の返礼品は弔事が無事に終わったことを報告する意味合いもありますので、忌明け後に送ることが一般的です。
その時期は宗教や宗派によって若干異なりますが、亡くなられてから30日~50日後となります。

最も多い仏式の場合は亡くなられてから35日目、もしくは四十九日から1か月後が一般的です。
神式は仏式の四十九日にあたる五十日祭を行った1か月以内が目安となります。

キリスト教の場合、カトリックは30日目の追悼ミサのタイミング、プロテスタントは1か月後にある召天記念日に送ることが一般的です。

以下の記事では、葬儀後の香典返しの挨拶状のテンプレートについて詳しく紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

返礼品を包むのしについて

葬儀

返礼品を包むのしはどうしたらいいのか迷ってしまうポイントです。
失礼にあたらないように注意したい点をご説明します。

のし紙の表書きは?

返礼品ののし紙の表書きですが仏式の場合、関東ではおもに「志」関西では「満中陰志」が用いられています。

このほかには「粗供養(そくよう)」という表書きもありますが、香典返し以外も含め弔事全般のお返しののしに用いられています。

神式やキリスト教では「偲草(しのぶくさ)」が使われることもあります。
のしの下段は喪主のフルネーム、またま喪主の名前に並べて遺族一同と書く、もしくは○○家と喪家の名前にする場合もあります。

水引きの選び方

一般的な水引は黒白か黄色の結び切りで、注意したいのは仏式以外では蓮の絵が入ったのしは使えない点です。

そもそも水引は弔事が何度も続かないように結びなおせない意味を込めて結び切りにします。

「あわじ結び」は今後も末永くお付き合いをしたい意味を込めて慶弔のどちらにも使われています。

葬儀後の返礼品を辞退の仕方

人々

葬儀の返礼品は感謝やお礼の気持ちを伝えるものですが、場合によっては辞退することもあります。
喪主の方に失礼にならないように気を配り辞退することが必要です。

辞退する理由としては大変な時期に遺族に負担をかけたくない葬儀の費用のために役立ててほしいという思いやりを込めたものです。

また連名で香典を渡した人たちが少額なので返礼品を辞退する場合、公的機関で香典返しを禁止されている場合なども辞退することがあります。

辞退の旨をはがきで伝える

香典返しは持参した不祝儀袋の裏面に辞退の旨を一筆書いておいたり、一筆箋を使い袋に入れることもあります。

この場合は香典袋と同じく薄墨を使うか、万年筆やボールペンを使ってもよいでしょう。

また逆に遺族側が喪中はがきを使い、あらかじめ香典を辞退することを伝える場合もあります
返礼品を辞退された方に対しては後日お礼状や手紙などを使い感謝の気持ちを伝えてください。

事前に香典返しを辞退された方に対しても、四十九日後には挨拶状だけを送ることがマナーとなっています。

辞退を伝える際の文例

辞退を伝えるのは相手の気持ちを理解して丁寧な文面を考えないといけません。
そこで一般的に使われる辞退を伝える文章は、次の文例を参考にしてください。

○○様

心よりお悔やみ申し上げます。

誠に勝手ではございますが、お返しなどのご配慮は遠慮させていただきたくお願い申し上げます。

略儀ながら書中をもちまして故人の冥福を心よりお祈り申し上げます。

葬儀後に渡す返礼品のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では葬儀の返礼品の種類や送る方法などについて解説してきました。

説明した内容は次の通りです。

  • 返礼品について

    葬儀に参列した方に感謝の気持ちを込めて渡す品物です。

  • 返礼品の選び方

    日持ちがするお菓子や日用品、カタログギフトなどがおすすめです。香典返しの場合は半返しを目安にします。

  • 葬儀当日の返礼品の渡し方

    返礼品を渡す際にはお礼の言葉を告げ、会葬礼状と一緒にお焼香の後に品物を渡します。

  • 後日返礼品を郵送する場合

    返礼品を郵送タイミングは亡くなってから30日~50日後、お礼状を必ずつけて郵送します。

  • 返礼品ののしについて

    のしの表書きは「志」が一般的、水引は黒白か黄色の結び切りを使います。

  • 返礼品を辞退する場合について

    事情により辞退する場合は丁寧に感謝の気持ちを示した手紙を送ります。

今回ご説明した葬儀の返礼品に関する内容が、今後の葬儀の際に役立てていただけると幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数紹介してます。

以下の記事では、葬儀の費用について費用を抑える方法や地域別に葬儀の費用について紹介しておりますのでぜひ合わせてお読みください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事