葬儀に送るお花の金額相場は?種類ごとの相場や手配方法について解説

葬儀に送るお花の金額相場は?種類ごとの相場や手配方法について解説

葬儀にお花を送る際、どんなお花を選んだら良いのか迷ってしまいますよね?お花の種類や手配方法もご存じない方が多いでしょう。そこで今回は、葬儀に送るお花の種類とともに金額の相場や手配方法についてご説明します。相場を知って、恥ずかしくないお花を送りたいですね。

最終更新日: 2020年02月29日

葬儀に送る花の相場について

葬儀

お世話になった方の訃報を受けたとき、その方の葬儀にお花を送りたいと思いつくことがあるかもしれません。
葬儀に参列した経験があれば、葬儀の会場でお花が飾られていた記憶があるでしょう。
けれども、実際に自分が送る側になった際に、「どのように手配をしたら良いのか」、「送るお花の相場はどのくらいなのか」を知っている方は少数なのではないでしょうか?

そこで、今回「終活ねっと」では葬儀に送るお花の相場について、詳しく解説していきたいと思います。

  • 葬儀でのお花の種類と種類別の金額の相場はどうなっているの?

  • 葬儀への供花はどのように手配をしたら良いの?

  • お花にはどんな札名を添えるべきなの?

  • 葬儀でお花代を渡す場合、表書きはどのように書くの?

以上の4点を軸に話を進めていきます。

この記事を読んだら、葬儀の供花について詳しく知ることができます。
ぜひ最後までお読みくださいませ。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀での花の種類と金額相場

葬儀

あなたは葬儀に参列したことがありますか?
参列したことのある人であれば、斎場や祭壇の回りにお花がたくさん飾られていたのをご覧になったのではないでしょうか?

葬儀のお花にはいくつかの種類があり、種類ごとに金額の相場も異なります。
ここでは、葬儀で飾られるお花と金額の関係を説明していきます。

枕花

枕花(まくらばな)とは、亡くなった方の枕元に置く花のことです。
このお花は、故人と生前特に深い縁のあった家族や友人などから贈られるのが一般的です。
お通夜の前から故人のすぐそばに飾られ、葬儀が終わるまでご遺体のそばに寄り添います。

枕花の金額の相場としては、1万円~2万円程度になります。

供花

供花(きょうか)とは、故人にお供えするお花のことです。
供花にも種類があり、大きく分けるとアレンジメント供花とスタンド式供花と呼ばれるものがあります。

アレンジメント供花とは、そのまま置くことのできるお花で、祭壇の周りに飾られることが多いものです。
供花は1つを1基(いっき)と数えますが、アレンジメント供花は2基1対(いっつい)で用意して、祭壇の左右に置くのが一般的です。

一方のスタンド式供花は、そのまま自立できるスタンドがついている供花です。
こちらは祭壇に置くのではなく、会場の脇に立てられることが多く、会場全体の雰囲気を華やかにしてくれます。

祭壇に置くアレンジメント供花の場合、金額の相場は1基あたり8,000円から1万5,000円程度です。
1対を送るので、費用は2倍かかると考えておきましょう。

スタンド花の場合は?

スタンド式の供花の場合には、2基1対ではなく1基だけで送るのが一般的です。
このため、1基のみの金額で済みますが、スタンド式ではある程度の大きさになるので、その分アレンジメントの供花よりも1基あたりの金額は高い傾向にあります。

1基あたり、1万5,000円から2万円程度の相場になります。

花輪

花輪(はなわ)は、花環と書かれることもあります。
よくお店の開店祝いなどで店先に飾られることが多い花輪ですが、地域によっては葬儀の際の供花として花輪を送ることがあります。
斎場の都合で花輪を受け付けていないこともありますので、送る前には事前に確認する必要があります。

葬儀用の花輪では、白色を基調に造花で作られるのが一般的です。
金額の相場は、1万円から1万5,000円程度となっています。

献花

献花(けんか)とは、神様に捧げるお花のことを言います。
葬儀の中で献花というと、葬儀の参列者が祭壇や遺影にお花を1本1本供えていくことを指すのが一般的です。
これはキリスト教の葬儀で行われるもので、仏式の葬儀におけるお焼香にあたります。

献花で使われるお花はカーネーションやユリなどの生花が一般的です。
このお花は遺族が用意するもので、参列者が持参する必要はありません。

キリスト教の葬儀では、仏教の葬儀における御香典にあたるものを「献花費」と呼んでいて、参列者はそれぞれ持参します。
献花費の相場は御香典の相場と変わらず、両親の葬儀であれば10万円程度、知人や友人の場合であれば5,000円から1万円程度となっています。

また、供花の種類や金額相場については以下の記事でも解説しておりますので、合わせてお読みください。

葬儀への供花の手配方法

葬儀

それでは、実際に葬儀にお花を送る場合にはどのように手配をしたら良いのでしょうか?
ここでは葬儀への供花の手配方法や手配するタイミングについて解説していきます。

送るタイミングは?

葬儀のお花を手配するタイミングとしては、訃報を受けて葬儀にお花を送ることを決めたら、なるべく早めに行うようにしましょう。

なぜならば、葬儀の供花は、お通夜の前に祭壇の周りに飾り付けることになるからです。
一般的に、お通夜は故人が亡くなった当日か翌日の夕方から営まれます。
訃報を受けてからお通夜まではあまり時間がありませんので、早めに手配をすることが大切です。

お花の選び方は?

先ほどお話した通り、葬儀の供花は大きく分けてアレンジメント供花とスタンド式供花の2種類があります。
まずは、どちらの供花を送るのかを決めましょう。

アレンジメント供花は祭壇周りに置くことができるので、あまり大きくない会場であっても飾ることができます。
家族葬などの場合には、アレンジメント供花が適当でしょう。

一方スタンド式供花は、法人からの供花としてよく使われます。
会場が広い場合には、スタンド式供花があると会場全体が華やかな雰囲気になり、ご遺族からも喜ばれるでしょう。
ただし、会場の都合でスタンド式供花を置くスペースがない場合もあります。
斎場や葬祭業者に相談をして、どのようなお花を送るのが良いかを事前に確認しておくようにしましょう。

どこに依頼するの?

供花を注文する際は、斎場や葬祭業者に依頼すると安心です。
斎場によっては外部からのお花を受け付けないところもあるからです。

また、会場の広さや都合などを熟知しているので、そういったことを考慮して注文を受けてくれるでしょう。
葬儀のお花の手配方法については、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひご参照くださいませ。

お花に添える札名の書き方

葬儀

葬儀に送る供花には、1基ごとに送り主の氏名を書いた名札を添えます。
ここではそんな供花に添える札名の書き方についてご紹介します。

連名の場合

もし、複数人の連名で供花を送る場合には、どのように書いたら良いのでしょうか?

連名でお花を送る際は、最も左側に年長者、もしくは肩書きが上位の人の氏名を書きます。
右にいくほど若輩になるように、順番に書き連ねていきます。
大人数でお金を出し合って供花を送る場合には、「○○一同」と書き、全員の氏名を書いたものを別紙で添えることもあります。

会社として送る場合

会社として供花を送る場合には、会社名と代表者の名前をフルネームで記入します。
代表者とは、一般的にはその会社の社長になります。

葬儀で渡すお花代の書き方

葬儀

ここまで、葬儀で供花を送るときのお花の選び方やその相場、注文の仕方について説明してきました。
ここでは葬儀の際にお渡しする「お花代」について解説したいと思います。

お花代とは、葬儀に持参するお香典とは別に供花のための費用として包んで持参するものです。
相場は葬儀用の供花と同等の1万5,000円程度が一般的です。
包む際には、不祝儀袋か白い無地の封筒に「御花代」と表書きをして使います。

お花代に似ているものとして、キリスト教の葬儀での「御花料」というものがあります。
こちらは仏教の葬儀におけるお香典と同様のものなので、お香典と御花料を別々に包んで持参することはありません。

お花代については、以下の記事で詳しく解説しています。
お香典に加えてお花代も準備したいと考えている方は、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか?

葬儀に送るお花の金額相場まとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では葬儀に送るお花について、その種類や金額の相場を中心に解説してきました。

  • 葬儀でのお花の種類と金額の相場はどうなっているの?

    葬儀のためのお花としては、「枕花」・「供花」・「花輪」・「献花」の4つがあります。

    枕花は故人に縁の深い方が送る、故人の枕元にずっと寄り添うお花のことです。
    こちらは、1万円から2万円程度が金額の相場になっています。

    供花は、祭壇の周りや会場に飾られるお花のことです。
    供花には祭壇にそのまま置けるアレンジメント供花と、自立できるスタンド式供花があります。
    アレンジメント供花の1基あたりの相場は8,000円から1万5,000円ですが、祭壇の左右に2基1対で飾るのが一般的なので、かかる費用は1万6,000円から3万円が目安となります。
    スタンド式供花は1基で送ることも多く、こちらは1万5,000円から2万円程度が相場になっています。

    花輪は、白色を基調とした造花で作られたものです。
    金額の相場は、1万円から1万5,000円程度となっています。

    献花とは、キリスト教の葬儀で行われる儀式です。
    仏教の葬儀におけるお焼香と同じ要領で、参列者が祭壇や遺影に1本ずつお花を供えていきます。
    献花のためのお花は遺族が準備するもので、参列者が持参する必要はありません。

  • 葬儀への供花はどのように手配する?

    訃報を受け、葬儀に供花を送ろうと決めたら、すぐに供花の手配をします。
    供花はお通夜の前に飾られるものなので、早めに注文することが大切です。
    また、お花は斎場や葬祭業者に依頼すると良いでしょう。
    会場の都合などにより適当なお花の種類と相談しながら決めることができるからです。

  • お花に添える札名はどのように書いたら良い?

    葬儀に送るお花には、送り主の氏名を書いた名札をつけます。
    連名の場合には、最も左に年長者もしくは肩書きが上位の人の氏名を書き、右側に若輩者になるように書き連ねます。
    会社としてお花を送る場合には、会社名と社長の氏名をフルネームで書きます。

以上が、葬儀に送るお花の相場や注文方法についてのまとめです。

お世話になった方の訃報を受けたら、葬儀にお花を送りたいと考える方も多いでしょう。
葬儀の供花は、急いで手配をする必要があるため、どんなお花の種類や相場などを事前に知っておくと安心です。
いざというときに焦らないように、ぜひこの記事を参考にしてくださいませ。

また、「終活ねっと」では葬儀について他にも詳しい解説を掲載しています。
以下の記事もご参照してみてくださいませ。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事