葬儀の代金の相場はいくら?代金の内訳や支払い方法についても解説!

葬儀の代金の相場はいくら?代金の内訳や支払い方法についても解説!

葬儀がいつ必要になるのかを予測できることは少なく、いざという時に慌てないためにも、葬儀の代金についてわかっていた方が安心です。こちらの記事では、終活や万が一に備えておきたい方を対象に葬儀の代金の相場、代金の内訳や支払い方法について解説していきます。

最終更新日: 2020年12月01日

葬儀の代金はいくらかかるの?

お金

葬儀をするとしたら、代金はいくらくらいかかるのか皆さんはご存知でしょうか。
喪主にでもならない限りは、なかなか調べる機会がない葬儀の代金ですが、わかっていた方がいざという時に冷静により良い葬儀プランを選択することができます。

今回の「終活ねっと」では、葬儀の代金について以下の内容を解説いたします。

  • 葬儀の代金の相場

  • 葬儀代金の内訳

  • 葬儀代金の支払い方法

  • 葬儀でのお花の代金相場

以上のような流れでわかりやすく解説していきます。

葬儀について考えることは、悲しいことではありますが、けっして避けることはできない現実でもあります。
皆さんの終活や緊急時に備えて、葬儀の代金について役に立つ情報をしっかり見ておかれて下さい。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀代金の相場は?

お金

大切なご家族の葬儀となれば、できる限り費用を気にせずにお見送りをしてあげたいと願うことでしょう。
しかし、実際には葬儀の代金はさまざまな費用が含まれ、思った以上に高額なものとなってしまうものです。

人それぞれ経済状況も異なる中、葬儀代金として妥当だと思われる金額にも違いがあります。
それぞれにとって、無理のない予算で葬儀を考えていくことが大切です。

提示された葬儀の金額が妥当かどうか判断するためにもまず知っておきたいのが、葬儀代金の相場です。
葬儀代金の相場は、お選び頂く葬儀形態によって大きく異なります。

それでは、それぞれ代金の相場が異なる葬儀形態を、安価なものから順番にご紹介していきましょう。

直葬

直葬の葬儀代金の相場は15万円~25万円くらいです。
葬儀社によっては10万円前後くらいの葬儀プランを組むことも可能です。

直葬とは、一般的な葬儀であるお通夜・告別式を行わずに、直接火葬・埋葬を行う葬儀形態のことをいいます。

直葬とは「火葬」とも呼ばれる葬儀プランで、様々な葬儀形態がある中で最も費用をかけずに安価に抑えることができる葬儀方法です。

直葬を希望される方の例は、

  • 費用を極力抑えたい

  • 故人の状況によって参列者が少ない

  • 故人の遺志によって葬儀を希望しない

といった方が多く、ご要望に応じて追加料金にてお経を読んでもらったり、火葬場にて簡易的なお別れ会を相談することも葬儀社によっては可能です。

直葬の費用や内訳、注意点など詳しくお調べになりたい方は下記の記事をご覧になって下さい。

一日葬

直葬の次に費用を抑えることができる葬儀形態が一日葬です。
一日葬の葬儀代金の相場は、30万円~70万円くらいです。

一日葬とは、お通夜を省き告別式だけを行う葬儀形態のことをいいます。
お通夜を行わないことで、お通夜で提供される飲食代金もかからず、会場の使用料金も一日分に抑えることができます。

告別式の準備などで、前日から祭壇の設置などが必要な場合には、2日分相当の会場使用料が課金されることがありますので、事前に確認するようにしましょう。

一日葬を希望される方の例は、

  • 家族の精神的・肉体的負担を減らしたい

  • きちんと告別式を行いたいが費用を抑えたい

  • 近親者のみでプライベートなお別れがしたい

といった内容となり、一日葬は家族葬として取り扱われる場合もあります。
また、一日葬の場合に遠方の参列者は宿泊せずに済むので助かるとの声も聞かれています。

一日葬にかかる費用や内訳など詳しくご覧になりたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

家族葬

家族葬の葬儀代金の相場は50万円~100万円くらいです。
家族葬では、お通夜をしない一日葬、少人数で行う家族葬の場合は30、40万円くらいの葬儀プランを探すことも可能です。

家族葬とはご親族やごく親しい間柄だけで行う葬儀形態のことをいいます。
その他の一般の参列者がいないことによって、内輪だけの親密なお別れの儀式が行えたり、会食代、返礼品などの費用を削減できます。

家族葬を希望される方の例は、

  • 近親者だけで小じんまりとした葬儀を行いたい

  • 家族だけでプライベートに葬儀を行いたい

  • お通夜・告別式をしながらも費用を抑えたい

といった内容になります。

最近では、家族葬を希望する人も増えてきており、自宅で家族葬を行うことによってさらに会場使用料を削減することができます。

家族葬の費用や内訳、支払い方法など具体的に調べたい方はこちらの記事をご覧ください。

一般葬

様々な葬儀形態がある中で、最も高額な費用がかかるのが一般葬です。
一般葬の葬儀代金の相場は80万円~150万円くらいです。

一般葬とは、従来のお通夜・告別式からなる葬儀形態で、親族や友人に加えて仕事上の付き合いや近所づきあいなどの関連から、幅広く参列者があつまる葬儀形態です。

想定される参列者の数によって、小ホール~大ホールと会場の大きさも様々で、会場が大きくなればなるほど会場の使用料金もかかってしまいます。

一般葬を希望される方の例は、

  • 故人の交友関係が広い

  • 故人の職業上、多くの参列者が見込まれる

  • 家族代々のしきたりに沿った葬儀を行いたい

といった内容になります。

一般葬をされる方の多くは、喪主だけの判断ではなく親戚一同の希望によってどうしても形式に沿った葬儀を行いたいという場合が多くなります。

多くの参列者が見込まれる場合は会場代や会食代、返礼品、人件費に多くの費用がかかり、200万以上になる場合もあります。

一般葬の費用や内訳、安くする方法などをもっと詳しくご覧になりたい方は下記のサイトを参考にしてみて下さい。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の登録割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀代金の内訳

葬儀

以上のように葬儀代金の相場はそれぞれ葬儀形態によって大きく異なることを見てみました。

これまで喪主の経験がない方にとっては、葬儀代金といってもどこからどこまでが料金に含まれているのだろうかと疑問に思ってしまうでしょう。

棺や霊柩車、お坊さんへの支払いはどうなるのでしょうか。

まず、葬儀代金の内訳は大きく3つに分けることができます。

  • 葬儀社にかかる費用

    葬儀一式料、祭壇料、飲食接待、車両など

  • 寺院にかかる費用

    お布施、御前料、車代

  • 斎場・会場にかかる費用

    式場やホールの使用料、火葬場の使用料など

葬儀社にかかる費用と斎場にかかる費用はまとめて葬儀社に支払うことが多くなります。

寺院に支払うお布施などは、直接お坊さんに支払う費用となり、もし、寺院手配を葬儀社に依頼した場合は寺院手配料を追加で葬儀社に払うことになります。

では、それぞれの葬儀代金の内訳を詳しく解説していきます。

葬儀一式の代金

利用する葬儀社や葬儀プランによって、料金は異なりますが、葬儀で基本的に必要となる道具、装飾、設備、サービスを葬儀一式としてセットで提供している葬儀社がほとんどです。

葬儀一式の内容は以下のようになります。

  • 祭壇、式場の設置、運営、司会進行

  • 棺、棺用布団、防水シーツ、骨壺、仏衣、枕飾り、遺影、ドライアイス

  • 死亡届、火葬場手続き代行

  • 寺院手配

  • 看板・案内板の作成や設置

  • 霊柩車

以上が基本的な葬儀一式の内訳です。
葬儀社にかかる費用として、お通夜の際の宿泊代、会食代、返礼品などがその他に追加で加算されることになります。

見積もりの際には、何がセット料金に含まれていて、何が追加料金になるのかをしっかり確認するようにして下さい。

祭壇の代金

祭壇と聞いてもピンとこない方もいるかもしれませんが、葬儀の式場にて、故人の写真などと一緒に正面に構えてある小ステージのようなものを祭壇といいます。

祭壇には、白木祭壇と生花祭壇の2種類があり、希望する祭壇を選ぶことができます。

この2つの祭壇の料金や特徴をご説明しておきましょう。

白木祭壇

白木祭壇は、従来の伝統的な葬儀の祭壇でもあり、シンプルな白い木目の祭壇になります。

公営の斎場や、民営の一部の斎場ではこの白木祭壇がもともと備え付けてあるところもあり、祭壇の費用が全くかからないケースもあります。
大きさやデザインなどによって料金が異なり、使用の際には祭壇のレンタル料として葬儀一式の中に組み込まれることになります。

祭壇のレンタル料は、5万円~100万円と幅広い種類から選ぶことができます。

生花祭壇

近年、希望する人が増えているのが色彩豊かな生花祭壇です。
葬儀社によっては、もともと生花祭壇がセットとなっている場合もあります。

生花祭壇の場合は使用する生花の数や種類、デザインなどによって料金が変わっていきます。
蘭やバラのように高級な生花を使うと高額になり、質素なで小ぶりの生花は費用を抑えることが可能です。

1m程度の小型の生花祭壇であれば5万円くらいからあり、大きく複雑なデザインになると100万円以上するものまであります。

費用を抑えたい人の中には、造花を交えることで安く済ませる人もいます。

飲食接待の代金

葬儀の際にかかる飲食接待の代金とは、お通夜・告別式の参列者に用意する飲食・人材などにかかる費用のことをいいます。
飲食接待の代金の相場は、ご要望に応じて1人当たり1,500円~5,000円くらいが目安となります。

通常は、お通夜式が終わったあとの会食、告別式・火葬が終わった後の会食に飲み物や食事が提供されます。
会食の内容はその葬儀の規模や喪主の意向に沿って様々ですが、お茶、お酒、軽食、洋食、懐石料理などと会食の内容によって高額になる場合もあります。

加えて、配膳や後片付けに必要な人材もその会食の内容によって変わることから、通常は人件費も含めた上で飲食接待の代金として換算されます。

車両の利用料

車両の利用料としてかかる代金の相場は、10㎞未満の場合で1万3千円~5万円くらいになります。
葬儀で利用する車両には寝台車と霊柩車の2種類がありますが、これらの車両の利用料は国土交通省の規定により定められています。

基本料金9,500円に対して走行距離に応じて追加料金が加算されていくシステムになっており、プラス10㎞毎に料金が変わります。

告別式から火葬場に移動するために利用するのが霊柩車で、病院やご自宅から斎場に移動するのが寝台車と呼ばれています。

寝台車・霊柩車の料金は葬儀一式の中にセットで組み込まれてある場合も多くなりますが、利用する車両の大きさや距離によって別で請求されることもあります。

その他にも参列者の送迎に利用するマイクロバスやバンなどを追加オプションとして付けることも可能です。

寺院への代金

お通夜・告別式ではお坊さんがお経をあげることが仏式の葬儀では一般的です。
お坊さんが来た場合の寺院への代金の相場は20万円~30万円くらいです。

一日葬や家族葬などで葬儀の規模が小さく、時間も短い場合は5万円~10万円くらいに抑えることもできます。

基本的に寺院への代金は、サービス料としてではなくお布施として渡すことが常識となっており、御前料やお車代も含めてトータルで「お布施」として渡す場合が多くなります。

お布施

お布施の代金とは、読経、繰り上げ初七日などの法要にかかる料金で、喪主の判断によって金額には差が出てきます。
目安としては一時間1万円~2万円で計算しますが、決まりはありません。

戒名を希望する場合のみ戒名料が別途でかかり、戒名の階位に応じて5万円~20万円くらいです。

御膳料

御前料とは、お坊さんが会食に参加されない場合に別で手渡す食事代のことです。

葬儀社と葬儀プランを立てる時に、会食の費用を1人3,000円に設定したとすれば同じ金額をお布施代に含めることができます。

もし、お坊さんが会食に参加された場合は御前料は不要です。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

お車代

お車代とはお坊さんの交通費のことをいいます。
お車代の相場は市内の移動であれば距離に応じて3,000円~5,000円くらいです。

不便な山道を原付バイクで来られたり、雨の中大変な思いをされた場合などは考慮するといいでしょう。

もし、お坊さんを家族が送り迎えする場合は、お車代は不要です。

式場利用の代金

葬儀にかかる費用として、斎場の利用料と火葬場の利用料があります。
斎場も火葬場も、公営と民営では利用料金が大きく異なり、それぞれの式場の利用料について解説します。

斎場利用料

斎場とは、お通夜・告別式など葬儀を行う場所である式場・ホールのことをいいます。
斎場の利用料の相場は民営の斎場で10万円~20万円公営の場合1万円~5万円くらいです。

基本的に立地条件や式場の広さ、宿泊の可否、入浴の設備、安置施設の有無などで斎場の利用料金も変わってきます。

火葬場利用料

火葬する時にかかる費用のことを火葬場利用料といい、全国的に火葬場のほとんどが公営になります。
火葬場利用料の相場は公営の火葬場であれば、無料のところも多く3万円前後くらいで利用することができますが、地域によって異なります。

葬儀の代金の支払い方法

お金

葬儀代金の相場や内訳の概要が大まかに把握できたら、次に気になるのが支払い方法です。

いつ、どのようにして葬儀の代金は支払うのでしょうか。
どのような支払い方法が可能なのでしょうか。

それでは、葬儀代金の支払い方法について解説いたします。

代金は喪主が支払うの?

葬儀の費用を支払うのは、喪主ではなく施主になった人ですが、施主が必ずしも全額を負担しなければならないという意味ではありません。

施主と喪主は似たような立場で、兼任されることが多いため、混同されがちですが、施主は「葬儀にかかる費用を支払う人」のことをいいます。

家族や親族を代表して代金を払う人という意味でもあり、それぞれの状況に応じて施主が全額を負担する場合もあれば、家族や親族で費用を分担したり、施主以外の1人が全額を負担したりと様々です。

喪主が施主も務める場合は結果として喪主が代金を支払いますが、喪主と施主が別々にいる場合は施主が代金を代表して支払います。

クレジットカードで支払える?

葬儀社にもよりますが、クレジットカードでの支払いは可能です。

クレジットカードの種類によっては、分割での支払える場合もあり、信販会社と提携している葬儀社であればクレジットカードを使わなくとも、ローンを組める場合もあります。

クレジットカードやローンの場合は、金額によって金融機関による審査がありますので、1週間~2週間ほど時間がかかる場合があります。

代金は前払い?

葬儀代金の支払いは基本的に後払いで、概ね葬儀後1週間程度で請求書が発行されます。

あえて、前払いにした方がいい場合は、葬儀社に相談してみることができます。
ですが参列者数や飲食接待費、返礼品やその他の変更によって最終的な請求額が変動する場合も多くなります。

その場合は差額調整をすることも可能です。

葬儀でのお花の代金相場

葬儀

それでは、最後に葬儀でのお花の代金相場について解説いたします。

お花の代金も、葬儀プランとセットになっているものや、追加料金がかかるものとありますので、事前に確認するようにしましょう。

供花

供花とは、祭壇の両脇にお供えする葬儀用の生花スタンドのことをいいます。
供花の代金相場は一基(1つ)1万円~2万円くらいで、選ぶ生花の種類や数によって異なります。

花輪

生花を大きな丸い円形状にデザインされた生花スタンドのことを花輪といいます。
花輪の代金相場は一基(1つ)1万円~2万円くらいで、地域によっては好まれないケースもありますので、注意しましょう。

枕花

枕花とは故人の枕元に飾る花のことをいいます。
枕花の代金相場は5千円~2万円くらいで、盛花、籠花と呼ばれるアレンジが施されるものが多くなります。

葬儀の代金についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では葬儀の代金の相場について解説いたしました。

いかがでしたでしょうか?
思った以上にいろんな事に費用がかかるものだと、驚かれる方もいるかもしれません。
しかし、葬儀・火葬が終わった後には、まだ埋葬・お墓のことが残っています。

葬儀の代金を検討する時には同時に埋葬・お墓の費用もかかることを注意しておく必要があります。

以上のように葬儀を行うにあたっては多額な費用が必要となりますが、葬儀形態によっては2、30万円以下で葬儀ができることもわかりました。

今回は解説した内容は、

  • 葬儀代金の相場は葬儀形態や人数によって異なる

  • 直葬や一日葬の代金相場は15万円~70万円くらい

  • 家族葬や一般葬の代金相場は50万円~150万円くらい

  • 葬儀代金の内訳には葬儀一式、寺院代金、斎場利用料などが含まれ、それぞれの代金の相場も葬儀形態によって異なる

  • 葬儀代金は、親族の代表として施主が基本的に後払いで支払う

  • 葬儀でのお花の代金は、供花・花輪・枕花とそれぞれ1万円くらいが相場

といった内容を解説してまいりました。

葬儀代金の相場や内訳がわかっていれば、いざ葬儀社の見積り書を見た時にも、それが高いの安いのかどうなのかの判断がつきやすくなります。

また、お花代はどうなっているのか?
というように、何が葬儀一式に込みで、何が別途でかかるのかをこちらから質問できるから安心です。

人生の最後を飾る「葬儀」は、その規模や形式にかかわらず、すべての人にとって大切な儀式となります。
それぞれの要望に合った、納得のいく葬儀プランを見つけるためにも今回の記事をどうぞお役立て頂ければ幸いです。

「終活ねっと」では、葬儀やお墓に関する様々な情報を公開しています。
ぜひ、その他の記事も読んで、葬儀に関する知識を深めていきましょう。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事