葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説

葬儀が終わったら、どのような手続きが必要になるかをご存知でしょうか?葬儀後はやらなくてはならない手続きが数多くあるため、いざという時に慌てないためにも必要な手続きについて知っておくと安心です。そこでこの記事では、葬儀が終わったら行う手続きについて解説します。

2019-10-22

葬儀が終わったら何をする?

困った人々

葬儀が終わったらどのような手続きを行えば良いのか、正しく把握できていますでしょうか?

お葬式の準備はとても大変ですが、実は葬儀後にもやらなくてはならないことがたくさんあります。
何も知らずにいるといざという時に慌ててしまうため、葬儀後に必要な手続きについて、あらかじめ把握しておくと安心です。

そこで今回の「終活ねっと」では、葬儀が終わったら行う手続きについて、詳細を解説していきます。
具体的には、

  • 葬儀費用を支払うタイミングは?

  • 葬儀が終わったら行う手続きについて

  • 葬儀後に行う遺族の作業とは?

  • 納骨・埋葬はいつまでに行う?

など、葬儀後に必要な手続きについて、様々な情報をお伝えしていきます。
いざという時に必要な知識が一通り身につきますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀費用は葬儀後に支払うの?

お金

葬儀費用は、葬儀が終わってから一週間以内を目安に支払うのが一般的です。
しかし葬儀社によっては、葬儀の前に支払いが必要な場合もあります。
支払いのタイミングは葬儀社によって異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

支払い方法も葬儀社によって異なりますが、現金一括払い・クレジットカード払い・ローンによる分割払いのいずれかで支払うのが一般的です。
ただし、お坊さんにお支払いする分に関しては、現金一択となるため注意しましょう。

尚、「終活ねっと」では、葬儀の費用に関するまとめの記事を用意しています。
葬儀費用に関して更に詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

葬儀が終わったらする手続き一覧

お金

葬儀が終わったら、すぐにでも取り掛からなくてはならない手続きがたくさんあります。

手続きにはそれぞれ期限があり、定められた期間の中ですべて対応しなければなりません。
必要な内容を整理して、一つずつ済ませるようにしましょう。

葬儀後に必要となる手続きの一覧と詳細については、以下の通りです。

年金受給停止手続き

年金を受給している方が亡くなられた場合、年金受給停止手続きを行う必要があります。
死亡した旨を届け出なければ不正受給となってしまうため、注意しましょう。

年金受給停止手続きは、年金事務所もしくは身近な年金相談センターで行うことができます。
「年金受給者死亡届」と呼ばれる専用の用紙があるため、必要事項を記入して提出します。

また、書類の提出時には、亡くなられた方の年金証書と、亡くなられたことを証明できる書類が必要です。
死亡診断書のコピーや戸籍抄本を持参するようにしましょう。

尚、年金受給停止手続きには定められた期限があります。
国民年金の場合は亡くなられた日から14日以内、厚生年金の場合は亡くなられた日から10日以内が期限であり、葬儀後に速やかに取り掛かる必要があります。

死亡届

死亡届は、記載されている人が亡くなられたことを証明するための書類です。
亡くなられてから7日以内に提出する必要があります。

正当な理由が無いまま届出が遅れてしまうと、戸籍法で定められている通り5万円以下の過料を支払う必要が出てきます。
死亡届に関しても、葬儀後すぐに届け出るようにしましょう。

尚、死亡届は提出にあたって届出人が必要ですが、届出人は誰でもなれるわけではありません。
親族・同居人・家主・住居管理人・地主・土地管理人・後見人・補助人・保佐人・任意後見人の関係に該当する人のみ、代理人になることができます。

また、死亡届の提出先は役場です。
届出人の所在地にある役場のほか、故人の本籍地や亡くなられた場所の役場でも提出することができます。

最近では、葬儀社が代行して役場に提出してくれる場合も多いため、前もって確認しておくと良いでしょう。

健康保険証の返却

健康保険には、健康保険・国民健康保険・共済組合など様々な種類がありますが、いずれも亡くなった場合は「被保険者」ではなくなります。
そのため、故人の健康保険証は、勤務先や市区町村などの発行元に返却する必要があります。

また、故人の扶養者になっている方が居れば、すぐに国民健康保険に加入するか、別の家族の被扶養者になる必要があります。
このことから、健康保険証の返却も速やかに行うようにしましょう。

世帯主の変更手続き

亡くなられた方が世帯主であった場合、世帯主の変更手続きを行う必要があります。
「世帯主変更届」を市区町村に提出するようにしましょう。

亡くなられた日から14日以内が提出期限であるため、早めの対応が必要です。

パスポート・運転免許証の返還

パスポートや運転免許証などの各種証明書は、亡くなられた場合に失効します。

失効した証明書であっても、万が一紛失したり盗難にあってしまうと、第三者に悪用されてしまう可能性があります。
そのため、できるだけ早く返還手続きを行うようにしましょう。

パスポートの返還手続きは、最寄りのパスポートセンターで行うことができます。
専用の申請書に記入を行い、提出するようにします。

手続きの際には、故人のパスポートと、亡くなられたことを証明する書類が必要です。
また、念のために届出人の身分証明書を持参するようにしましょう。

運転免許証の場合は、「運転免許証返納届」の記入を行い、最寄りの警察署もしくは運転免許センターに提出します。

持ち物は、故人の運転免許証・亡くなられたことを証明する書類・届出人の身分証明書・届出人の印鑑の4点です。
持ち物が用意できたら、速やかに手続きを済ませるようにしましょう。

公共サービスの名義変更

亡くなられた方が、電気・ガス・水道などの公共サービスの契約者であった場合、状況に応じた手続きが必要です。

同居人がいる場合は名義変更が必要ですし、亡くなられた方が一人で住んでいた場合は使用中止の手続きを行います。

各サービスの提供元に問い合わせ、速やかに必要な手続きを済ませるようにしましょう。

葬儀が終わったら行う遺族の作業

遺品整理

葬儀が終わったら行うことは、事務的な手続き以外にもたくさんあります。
葬儀後に特別急いで行う必要はありませんが、必要な時期を見計らって準備するようにしましょう。

香典返し

葬儀の際に香典を頂いた方には、香典返しを行います。

時期は四十九日の法要後、2週間以内を目安にお返しするのが一般的です。
一通りのことが落ち着いたタイミングで送るようにしましょう。

尚、「終活ねっと」では、香典返しの時期に関するまとめの記事を用意しています。
香典返しについて更に詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

形見分け

形見分けは、故人が大切にしていた品物などを近しい人々で分け合うものです。
遺品を通して、故人との思い出を共有します。

ただし、絶対に行わなければならないわけではありません。
最近では、形見分けを行わないご家庭も多くあります。

しかし一方で、昔からの風習を大切にしたいという方も中にはいらっしゃいます。
他の親族の気持ちにも配慮しながら、形見分けを行うか否かを決定すると良いでしょう。

形見分けを行う場合の時期について明確な決まりはありませんが、親族が多く集まる四十九日の法要とあわせて行われることが多くあります。

挨拶回り

葬儀が終わったら、お世話になった方々にお礼の意味を込めて挨拶回りに伺います。
僧侶や世話役をお願いした方、故人の職場の方やその他お世話になった方々を訪問し、お礼を伝えるようにしましょう。

挨拶回りは、葬儀の翌日や翌々日までに行うのが一般的で、遅くとも初七日までには済ませます。
特にご近所の方など近隣の方への挨拶は、葬儀が終わったら早めに行うようにしましょう。

服装は、葬儀の翌々日までであれば喪服が基本で、以降は平服で問題ありません。
お礼の品物などを用意する必要はありませんが、状況に応じて菓子折りなどを用意しても良いでしょう。

尚、親しい間柄であれば、電話やメールでお礼をお伝えする方法もあります。
とは言え正式なマナーはお礼状の送付であるため、略式のマナーであることを意識し、相手の方に対して失礼にならないよう注意しましょう。

回忌法要

回忌法要は、故人の命日に行われる法要のことです。
自宅や菩提寺で行い、故人の冥福をお祈りします

葬儀が終わったら一番初めに訪れる回忌法要は、亡くなられてから満一年となる一周忌です。
大きな節目でもあることから、親族だけでなく故人の友人・知人もお招きするのが基本です。

喪主側は参列者へ案内状を送ったり、お坊さんの手配、お供え物の手配、参列者に渡す引き出物の手配など様々な準備をする必要があります。

尚、「終活ねっと」では、回忌法要に関するまとめの記事を用意しています。
回忌法要についてより詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

葬儀後の納骨・埋葬はいつまでにする?

お墓

葬儀が終わったら、納骨・埋葬を行う必要があります。
納骨や埋葬の具体的な時期については明確な決まりがあるわけではありませんが、四十九日の法要と合わせて行うのが一般的です。

しかし、四十九日までにお墓の用意ができない場合もあります。
そのような場合は、一周忌など四十九日以降の法要と合わせて行われることもあります。

いずれにしても、納骨・埋葬を行う上では、お寺への連絡や石材店への依頼など様々な準備が必要です。
日程が決まったら、早めに準備を行うようにしましょう。

葬儀が終わったらすることまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回の「終活ねっと」では、葬儀が終わったら行う手続きについて、様々な情報をお伝えしてきました。
最後に、この記事の内容をまとめると次のようになります。

  • 葬儀費用は、葬儀が終わってから一週間以内を目安に支払うのが一般的。
    しかし葬儀社によっては、葬儀の前に支払いが必要な場合もある。

  • 葬儀が終わったら、年金受給停止手続き・死亡届の提出・健康保険証の返却・世帯主の変更手続き・パスポートや運転免許証の返還・公共サービスの名義変更などの手続きを、速やかに行う必要がある。

  • 葬儀後に行う遺族の作業には、香典返し・形見分け・挨拶回り・回忌法要などがある。
    それぞれ必要な時期を見計らって準備することが大切。

  • 葬儀後の納骨・埋葬の時期に明確な決まりはないが、四十九日の法要と合わせて行うのが一般的。
    お墓が用意できない場合などは、四十九日以降の法要と合わせて行うこともある。

葬儀後には、様々な手続きを行わなければならないことが分かりました。
短期間で済ませなくてはならない手続きが多くて大変ですが、行うべき内容を把握できていれば、いざという時でも冷静に対処しやすいのではないでしょうか。

この記事が、葬儀後の手続きについて不安を抱える方々の参考となりましたら幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・終わったら」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料