先負に葬儀をしてもいいの?仏滅や友引の場合についても解説!

先負に葬儀をしてもいいの?仏滅や友引の場合についても解説!

六曜をご存知ですか?カレンダーに表記されている六曜を、行事の日程を決める際に参考にされる方は多いでしょう。この六曜の一つである先負の日に葬儀を執り行っても問題は無いのでしょうか?先負だけではなく、仏滅や友引など六曜と葬儀の関係について詳しく紹介します。

最終更新日: 2020年12月18日

先負の葬儀について

葬儀

先負という言葉をご存知ですか?
先負は、カレンダーやスケジュール帳などでよく目にすることができます。

この先負は六曜の一つであり、六曜には、先負の他に先勝・友引・仏滅・大安・赤口があります。
六曜とは、日々の吉凶を示すものですあり、中国が起源であると言われています。
六曜にはそれぞれに意味があり、特に冠婚葬祭に関しては六曜を考慮して日程が組まれるケースが多くあります。

今回は、この六曜の一つである先負の日に行われる葬儀について紹介します。

  • 先負とは?

  • 先負に葬儀をしても良いの?

  • 六曜と葬儀の関係とは?

今回「終活ねっと」では、先負だけではなく、その他の六曜と葬儀との関係も紹介していきます。
役に立つ情報となっていますので、ぜひ最後までお読み下さい。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

先負とは?

困った人々

そもそも先負とは、どのような意味があるのでしょうか?

先負とは、せんぷ・せんぶ・せんまけ・さきまけなどと読みます。
先負の字のごとく「先んずれば負ける」という意味で、午前中は凶、午後は吉となります。
用事はなるべく午後に済ませると良いとされており、挙式やお祝い事も午後から行うと良いと言われています。

先負に葬儀をしてもいいの?

葬儀

先程述べたように、先負は午前中は凶・午後からは吉と言われています。
お祝い事なども午後からが良いとされていますが、先負の日に葬儀を行うことは問題ないのでしょうか?

先負に通夜をしてもいいの?

六曜には下記のような順番があります。

  • 先勝

  • 友引

  • 先負

  • 仏滅

  • 大安

  • 赤口

日々この順番で繰り返されています。

後に詳しく紹介しますが、一般的に六曜の中でも友引の日には葬式を避けた方が良いと言われています。
そのため、友引の前日である先勝の日に通夜を執り行うことは良くないとされています。

一方先負に通夜が行われる場合、翌日の仏滅が葬式となります。
仏滅の日に葬式を執り行うことは良しとされていますので、このことからも先負に通夜を執り行うことは全く問題はありません

法事はしてもいいの?

先程、先負の日に通夜を執り行うことは問題がないことを紹介しました。
それでは、先負の日に法事を執り行うことには問題がないのでしょうか?

結論から言うと、先負の日に法事を執り行うことにも問題はありません
前にも述べたように、先負には「先んずれば負ける」という意味があり、午前中は凶・午後からは吉とされています。
何事も急がず、お祝い事も午後から行うと良いとされる日です。
また、訴訟や契約などといった事案も避けた方が良いと言われています。
法事においては急用でもお祝い事でもなく、勝ち負けも関係がないため、先負の日に法事を執り行うこと自体に全く問題はありません。

下の記事ではに友引・仏滅に葬儀をやっても良いかどうかついて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

カレンダーの暦(六曜)と葬儀の関係

困った人々

カレンダーでよく目にする六曜ですが、実際にスケジュールを立てる際に六曜を参考にするケース
は多くあります。
特に冠婚葬祭に関しては、六曜を考慮して日程を組まれる方が多いでしょう。

六曜それぞれの持つ意味と一緒に、暦(六曜)と葬儀との関係についてもみていきましょう。

友引

友引(ともびき)には、主に2つの意味があります。

  • 共に引き分けとし、勝負がつかない日。

  • 凶事が親しい人にも及ぶ日。

基本的に友引は吉日とされていますが、正午を挟む11時〜13時までの時間帯は凶とされています。
現代では、凶事が親しい人にも及ぶ日という認識の方が広く浸透しており、友引の日に葬儀を執り行うことは避けられています。
また、葬儀などの不幸事に関しては、11時〜13時という凶の時間帯は関係なく、友引の日自体が凶となります。

このように、友引の日に葬儀を執り行うケースが少ないことから、友引の日に休業している火葬場は多いようです。
しかしながら、必ずしも友引の日に葬儀を執り行ってはならないという決まりはないので、日程を組まれる際にはご遺族やご親戚の方の意見も考慮されると良いでしょう。

仏滅

あまり良いイメージのない仏滅(ぶつめつ)ですが、実際にはどのような意味があるのでしょうか?

仏滅とは、字の通り「仏も滅亡する程の凶日」という意味があります。
旧暦ではお釈迦様が亡くなった2月15日が仏滅となるため一見仏教との関係を疑いますが、実際には仏教とは無関係と言われています。
万事において凶日とされ、特に婚礼などのお祝い事は避けられています。

万事において凶日とされる仏滅ですが、仏事には良いと言われており、葬儀などを執り行うのには良い日とされています。

また、仏滅はかつて物滅という文字だったことから、物を一度滅し(処分し)新たに始まるという引っ越しにも適した日という捉え方をされることもあるようです。

先勝

先勝とは、せんしょう・さきがちなどと読みます。
先負とは逆で「先んずれば勝ち」とされており、午前中が吉・午後から(14時〜18時)が凶となります。
このように、何事も急ぐことが吉とされる日です。

先勝の日に葬儀を執り行うこと自体は全く問題がありません。
しかしながら、先勝は友引の前日に当たります。
前にも述べたように、基本的に友引の日には葬儀を執り行うことは避けられています。
このことからも、先勝の日に通夜を執り行うことは少ないでしょう。

また、先勝の日は、午前中が吉・14時〜18時までを凶とされているという話をしましたが、先勝の日に葬儀を執り行う場合には、この吉凶の時間帯を気にする必要はありません。

大安

大安(たいあん)とは、仏滅と異なり良いイメージを持っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?
大安には、婚礼などのお祝い事の日程を調整される方は多くいらっしゃいます。
しかしながら、おめでたいイメージの強い大安に葬儀などを執り行うことに問題はないのでしょうか?

大安とは「大いに安し」という意味を持ち、万事において良い日であると言われています。
これは、皆さんよくご存知の四文字熟語「大安吉日」の語源とされています。
万事において良い日ということなので、婚礼などの祝い事だけではなく引越しや旅行、商談や新規事業など、全てにおいて成功するとされる吉日です。
大安はおめでたいイメージがあるため葬儀などの不幸事を避けた方が良いという意見もありますが、基本的に万事において良い日とのことなので、大安に葬儀を執り行う事に問題はないという見解が多いようです。

赤口

赤口とは、しゃっこう・せきぐちなどと呼びます。
赤口に関しては、仏滅や大安などに比べると意味を知らないという方は多いのではないでしょうか?

赤口とは、基本的に凶日とされており、正午頃(11時〜13時頃)のみ吉と言われています。
特に婚礼などのお祝い事においては大凶の日と言われています。
また、赤という言葉は火や血を連想させるため、特に家事や刃物などに気を付ける必要があると言われています。

先程も述べた通り赤口は、婚礼などのお祝い事においては大凶とされていますが、葬儀や法事に関しては執り行うことに問題はありません。

下の記事ではに大安の日に葬儀を行っても良いかどうかついて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

先負にする葬儀についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、先負にする葬儀について紹介をしてきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 先負(せんぷ・せんぶ・せんまけ・さきまけ)とは「先んずれば負ける」という意味で、午前中は凶・午後からは吉と言われている。

  • 先負に通夜を執り行う場合、翌日は仏滅となり葬式を執り行うことが可能であるため、先負の日に通夜を執り行うことに問題はない。

  • 先負の日に法事を執り行うことに問題はない。

  • 友引(ともびき)とは、凶事が親しい人にも及ぶ日とされ、友引の日に葬式を執り行うことは避けられている。

  • 仏滅(ぶつめつ)とは、万時において凶日とされており、特に婚礼などのお祝い事は避けられている。仏事に関しては良しとされており、葬儀を執り行うのには良い日とされる。

  • 先勝(せんしょう・さきがち)とは、午前中は吉・午後から(14時〜18時)が凶とされており、葬儀を執り行うことに特に問題はない。

  • 大安(たいあん)とは「大安吉日」の語源とされており、万事において良い日とされる。葬儀を執り行っても問題はない日である。

  • 赤口(しゃっこう・せきぐち)とは、基本的に凶日とされ、正午頃(11時〜13時頃)のみ吉と言われている。婚礼などのお祝い事においては大凶とされており、葬儀や法事に関しては執り行う事に問題はない。

普段何気なくカレンダーなどで目にする六曜ですが、それぞれにきちんとした意味を持っていることが分かりました。
六曜とは、あくまでもその日の吉凶を占う指標として用いられているものなので、きちんとした根拠があるものではありません。
そのため、現在ではあまり六曜を気にされない方も多くなってきています。

しかしながら、特に冠婚葬祭において、あまり良くないとされる日に行事を行うことを気にされる方が多いことも確かです。
六曜の意味をきちんと理解し、ご遺族や親戚の方の気持ちも十分に考慮して日程を決めることが大切なのではないでしょうか。

最後までお読み頂いてありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事