親族のみの葬儀の際の香典って?渡すタイミングや金額をご紹介!

親族のみの葬儀の際の香典って?渡すタイミングや金額をご紹介!

近年、親族や近親者のみで行う小さな葬儀(家族葬)を選ぶ方が増えています。参列する人が限定される家族葬では一般的な葬儀と異なる部分が少なくありません。特に香典については判断に迷うのではないでしょうか?そこで今回は、親族のみの葬儀の際の香典について紹介します。

最終更新日: 2020年12月18日

親族のみの葬儀の香典について

葬儀

近年、親族や近親者のみで行う小さな葬儀(家族葬)を選ぶ方が増えてきました。
しかし、参列する人が限定されるために、一般的な葬儀(一般葬)と様々な部分で異なることも少なくありません。

特に香典については、亡くなった方との関係によっても異なってきますし、香典を受け取る家族、香典を用意する参列者、それぞれの立場でも判断に迷うのではないでしょうか?

また、「いつ・どのように渡せばよいのか?」「金額の相場はいくらなのか?」など、悩むポイントは多いですよね。

今回「終活ねっと」では、親族のみの葬儀での香典マナーについて、以下の疑問にお答えします。

  • 家族葬とは?

  • 家族葬での香典はどうするのか?

  • 家族葬に参列する場合と参列しない場合、香典を渡すタイミングは?

  • 家族葬の香典の金額は?

今後は親族のみの葬儀を行うケースが増えることが予想されます。
正しい知識を身に付け、戸惑うことがないように、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

親族のみの家族葬とは

葬儀

一般的に家族葬は、家族及び親族やごく親しい縁故知人のみで行われるお葬式のことを言います。

「家族葬」と言っても、遺族に限るということではありません。
親族や親しい友人を案内することもできます。

逆に、親族ではあるが故人との関係が皆無であるなどの場合、案内を送らないことなどもあります。
家族葬への案内の範囲によるトラブルは少なくないため、よく遺族で話し合って決定しましょう。

家族葬について詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。
また、「終活ねっと」では様々な葬儀プランをご用意しております。
家族葬のプランの詳細は以下よりご確認いただけますので併せてご覧ください。

また、「終活ねっと」では様々な葬儀プランをご用意しております。
家族葬のプランの詳細は以下よりご確認いただけますので併せてご覧ください。



親族のみの葬儀の香典に関して

葬儀

親族のみの葬儀の場合の香典は一般葬とは異なり、細かいマナーが多くあります。
親族だけで行なっている関係上、香典を辞退していたり、様々です。

失礼に当たらないよう、ここでは親族のみでの葬儀の香典について整理して行きましょう。

親族のみの葬儀は香典を辞退する?

家族葬の場合、故人やご遺族の意図を汲み取り、香典を辞退するケースが増えています
その理由は親族のみで葬儀を行う選択をしたことに関係しています。

香典を受け取る場合、葬儀中に受付に人員を割く必要が発生し、ゆっくりと故人を偲ぶことができなくなります。
さらに香典返しの用意にも追われてしまいます。

家族葬を選んだ事情の多くが参列者への対応に追われずにゆっくりと故人を送ることですので、基本的には香典を渡すべきではないと思われます。

ところが、参列してみると香典を受けつけているとった場合もあります。
香典を受け取っているかどうか心配な場合には、とりあえず香典を持って参列するのがよいでしょう。

また、そこで会食が行われる場合には、会食の分の金額も香典の相場にプラスして用意しましょう。

香典の、のし袋や表書きは、一般的な葬儀の場合と同じで結構です。
ただし、家族葬の場合、香典について事前に親族同士で話し合い、香典を無しにするケースもありますので注意しましょう。

香典を渡す側のマナー

香典を渡す側のマナーは、一般的な葬儀を行う際とほとんど変わりません。
ここでは表書きなどの用意する際のマナーと渡す際のマナーに分け、香典を渡す側のマナーについて解説していきます。

香典を用意する際の注意点

香典には外袋と中袋を用意し、それぞれに以下の内容を書きます。

  • 外袋

    表書き・名前

  • 中袋表面

    金額

  • 中袋裏面

    郵便番号・住所・名前

それぞれの袋の選びかたや書き方にもマナーがあるため、以下で紹介していきます。

外袋の書き方

外袋とは一般的にのし袋と呼ばれているものです。
宗派によって異なりますが、一般的な仏教の葬儀では銀一色もしくは黒と白の水引がついたものを選びます。

仏教であれば以下のように「御霊前」もしくは「御仏前」と書くのが一般的ですが、他の宗教ではマナー違反になることもあるため気をつけましょう。

香典

水引の下には真ん中にフルネームで名前を書きます。

香典

連名で出す場合や、代理で出す場合についての書き方は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

中袋の書き方

中袋は表に金額、裏に郵便番号・住所・氏名を書きます。

金額は一般的に、簡単に改ざん出来ないように旧漢字(大字)で書きます。
「円」は大字では「圓」、そして数字の前に「金」をつけます。
10000円の香典を出す場合は、「金壱萬圓」となります。
「金壱萬円」でも問題ありません。
また、「金○○圓也」といった感じで「也」を付けることもあります。

裏には郵便番号・住所・氏名を書きますが、これは一般的に封筒に住所を書く際と同じです。
左側に寄せ、縦書きで郵便番号・住所・氏名の3行で書きましょう。

連名等で書く量が多くなってしまう際は別紙に書き、同封しましょう。

香典を渡す際のマナー

香典は袱紗に包んで持参します。
受付がある場合は済ませた後、袱紗から香典を取り出し、相手から読める向きにして両手で渡します。
この際、「御愁傷様です。
お供えください。
」などのお悔やみの言葉を語尾を濁して言う事を忘れないようにしましょう。

受付がない場合、拝礼の際に霊前にお供えするか、遺族に直接手渡しするのが一般的です。

参列しない場合の香典を渡すタイミング

一般葬ですと参列者が多く、遺族は受付などで参列者の対応に追われてしまいます。
家族葬を選択する意図には、費用を抑えて小規模で行うためだったり、故人をゆっくりと見送りたいためといった事情があると思われます。

そのため、家族葬に参列する場合は、参列の案内が明確にあった場合のみにするべきです。
呼ばれていないのに参列したり、参列させて欲しいと連絡をとったりすることはマナー違反に当たるので気をつけましょう。

家族葬の案内があり、参列することになった場合は、一般葬と同じように受付で香典を渡します。

しかし、参列しなかった場合の香典を渡す方法は難しいところです。
以下で、亡くなった方との関係別に渡すタイミングや方法を紹介します。

  • ご近所の方の家族葬

    町内会や自治会でのルールがある場合は従ってください。
    香典の金額や渡し方などは、できれば他のご近所の方と同じようにするのが良いでしょう。

    もし町内会長や自治会長といった方や親しい方が家族葬に参列する場合には、その方に香典を渡してもらうようお願いしても良いでしょう。
    ご遺族の方に直接訪問して渡す場合には、電話でご都合を確認し、訪問した際に香典を渡しましょう。

  • 上司・部下・職場の方の家族葬

    葬儀の後日、個人的に香典を渡します。
    香典返しの必要がないよう金額は3000円程度とし、「香典返しは必要ありません」という一言を付け加えるとよいでしょう。

  • 友人の家族葬

    特に親しい友人の場合は、家族葬に参列の案内がくる場合があります。
    明確な参列のお願いがあれば、参列し、香典をお渡しましょう。
    参列の案内がない場合は、後日、ご遺族の方に連絡してから、香典を持って訪問するようにします。

香典を葬儀後にお渡しする場合も不祝儀袋を用いるのがマナーです。

それから、家族葬では香典を辞退するケースが多いですが、もしお断りされた場合には、無理に渡さないようにするのがマナーです。

香典の金額

ここでは、それぞれの立場(故人との関係性)に立って、家族葬での香典の相場について見ていきます。
亡くなった方との関係によって金額の相場が変わってきます。

亡くなった方 香典の相場
両親の家族葬 5万円〜10万円
兄弟・姉妹の家族葬 3万円〜5万円
祖父母の家族葬 3万円〜5万円
親戚の家族葬 1万円〜3万円
孫の家族葬 1万円〜3万円
ご近所の方の家族葬 3000円〜5000円
仕事関連の方の家族葬 3000円〜5000円
親しい友人の家族葬 3000円〜5000円

年齢によっても香典の相場は変わってきます。
例えば両親の家族葬であれば、20代は5万円〜8万円ですが。
、30代、40代は7万円〜10万円、50代であれば10万円が相場と言えるでしょう

さらに、どのような場合にもあてはまることですが、4は「死」、9は「苦」を連想させるため、香典の金額に4や9という数字が含まれないよう注意します。

また、会食が行われる場合は、その食事代が一人5000円〜1万円程度ですので、その分を含めるようにしましょう。

香典に関するその他の知識

葬儀

香典のマナーについては、しきたり・風習・地域などによって異なる部分もあり、迷うことが多いものです。

そこで、香典に関して参考になるような、その他の知識をまとめました。

上司の親族の葬儀

上司の親族の葬儀の場合、香典を出すのは実親や配偶者が亡くなった場合だけと思ってよいでしょう。

ただし、会社の従業員が数名の規模ならば必要な場合もありますが、それは過去の慣習や周りを見て対応します。

上司が香典を辞退するという場合、特に親交のない方でしたら香典を渡す必要はありません。
本当にお世話になっている上司で、どうしても香典を渡したいという場合には、上司に直接手渡ししても差し支えありません。

例えば、上司の親が亡くなった場合の香典としては、5000円程度が相場のようです。

ただし、連名の場合やグループなどでまとめて出す場合は、一人3000円程度が多いようです。

周りに金額を合わせることも大事で、同僚の中で自分だけ極端に違うようなことがないようにしましょう。
また、自分より役職が上の方が出す金額より高くなってしまうことも避けるようにしてください。

社長の親族の葬儀

会社の規模が従業員数名の小さな会社でしたら、社長の親族の葬儀に個人で香典を出す場合もあるでしょう。
その場合は、5000円程度が相場のようです。

配偶者と連名で出す際は?

夫婦連名で香典を包むケースは、一般的にはあまり見られません。

夫婦ともに故人とおつきあいがあった場合や、妻側の親族の葬儀に夫婦で参列する場合には、夫婦連名で記入することもあります。

夫婦連名の時は、以下のように表書きの下段中央に夫の名前をフルネームで書き、夫の名前の左隣に妻の名前だけを書きます。

香典

また、地域などによっては夫婦連名を良く思わず、非常識とみなされてしまうこともあるため、もし迷う場合には、夫の名前だけにしておいた方が無難でしょう。

夫婦で参列する場合でも、香典の相場は1人で参列する時と変わりませんが、葬儀後の会食に出席する場合は、その金額を2人分プラスします。

会食の目安は1人5000円〜1万円程度と考えられますので、夫婦そろっての参列の場合、相場の金額に1万円〜2万円プラスする形になります。

香典は通夜のタイミングで出してもいいの?

基本的には、通夜・お葬式どちらで香典を出しても問題はありません

元来はお葬式の際にお渡しするものだったのですが、仕事の都合で通夜のみに参列されるという方が多くなってきており、現在では通夜にお渡しする方が多いようです。

ただし、地域の習慣で変わってくる場合もありますので、それぞれの地域の習慣やしきたりを確認する必要もあります。

例えば、首都圏では通夜にお渡しするケースが多く、西日本を中心とした地域ではお葬式にお渡しするケースが多いそうです。

親族のみの葬儀の香典のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、親族のみの葬儀の香典について以下のことを解説してきました。

  • 家族葬とは

    親族のみの葬儀は「家族葬」といい、家族及び親族やごく親しい縁故知人のみで行われるお葬式のことを言います。

  • 家族葬の香典について

    家族葬では香典を辞退する家族が増えていますが、香典を出す場合、のし袋やのし書きは一般的な葬儀の場合と同じです。

  • 家族葬への参列について

    家族葬には、参列の案内が明確にあった場合のみ参列するべきです。
    参列することになった場合は、一般葬と同じように受付で香典を渡します。

  • 家族葬に参列しない場合の香典について

    家族葬に参列しない場合は、亡くなった方との関係によって、いつ・どのように渡せばよいのかをご紹介しました。
    香典を葬儀後にお渡しする場合も不祝儀袋を用いるのがマナーです。

  • 家族葬の香典の金額について

    亡くなった方との関係によって金額の相場が変わってくることをご紹介しました。
    具体的な金額については、前述の表をご覧ください。

近年、家族葬専用の式場も用意されており、今後も家族葬を選択する方が増えてくるでしょう。
また、香典を渡すタイミングや金額については、多くの方が判断に迷う部分です。

家族葬で香典を出す際には、今回の知識をご活用ください。

「終活ねっと」では、この他にも香典に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。
また、以下の記事では葬儀にかかる費用について詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事