親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

最近では親族のみで行う葬儀が増えてきているようです。これからもしかしたら親族のみの葬儀に関わる機会があるかもしれません。そんなときのためにマナーを知っておきたいですよね?今回は親族のみで行う葬儀のマナーについて、服装や香典、参列の可否を解説します。

最終更新日: 2020年02月09日

親族のみで行う葬儀のマナーについて

葬儀

葬儀も多様化してきている中で徐々に増えつつあるのが親族のみで行う葬儀ですが、まだあまり広まっていないのが現状です。

そのため、急に親族のみの葬儀に関わることになるとマナーなどが良くわからず困ってしまうかもしれません。
そうならないためにも、親族のみの葬儀のマナーについてちゃんと頭に入れておきたいですよね?

今回「終活ねっと」では、親族のみで行う葬儀のマナーについて、香典や服装、参列の可否についても詳しく解説していきます。

  • 親族のみで行う家族葬ってどんな葬儀なの?

  • 親族のみで行う葬儀のマナーにはどんなものがあるの?

  • 親族のみで行う葬儀には参列できるの?

  • 親族のみで行う葬儀のマナーについてまとめ

以上の項目に沿って解説していきます。

親族のみで行う葬儀のマナーについて知っておきたいという方や、家族葬の参列の可否について迷っているという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の親族のみで行う葬儀に関わる際の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

親族のみでおこなう家族葬とは

葬儀

親族のみで行う葬儀とは具体的にどのような葬儀なのでしょうか。
親族のみで行う葬儀は、一般的に家族葬とも言います。

一般葬では一般の参列者が参列しますが、家族葬では文字通り参列者は親しい親族のみとなります。
そのため、一般葬よりは規模の小さい葬儀となります。
葬儀の流れとしては、通夜式、葬儀告別式、火葬という流れで、葬儀の内容自体は省略されません。

親族のみで行う葬儀のマナー

葬儀

親族のみで行う葬儀とはいえ、最低限マナーが身についていないと、白い目でみられてしまうかもしれません。

そんなことにならないためにも、親族のみで行う葬儀のマナーについて確認しておきたいですよね?
ここでは、服装や香典など家族葬のマナーについて詳しく解説していきます。

服装に関して

まずは服装ですが、一般葬のときの服装と変わりません。
男性は白無地のシャツに礼服用のブラックスーツを着用します。
ネクタイ、ベルト、靴や靴下はすべて黒無地の光沢のないものとなります。

ネクタイピンは外していきます。
スーツはダブルかシングルどちらでも可能ですが、ズボンはシングルのみとなります。

女性の場合には、礼服用のワンピースか、スーツまたはアンサンブルとなります。
黒のストッキングを必ず履き、靴は黒の地味な靴、特にヒールが高すぎないこと、歩くときに音がしないことに気をつけましょう。

バッグ等の小物も全て黒の地味なものとなります。
ただし、爬虫類の革製品は殺生をイメージさせるので布製にしましょう。
また、胸元が開いていたり袖が短いものは肌の露出が多いためマナー違反となります。

もし葬儀の案内状に平服でお越しくださいとあれば、服装は平服となります。
平服についてですが、男性の場合は濃紺やダークグレーなど黒系のスーツなら可能となります。
ただし靴や靴下、ネクタイは黒です。

女性の場合も、服装は同じで色は黒系なら可能となります。
ただし、胸元が緩い服やノースリーブなどは肌の露出が高いので着ていくことはできません。
また、ストッキングも履いていきましょう。

平服でお越しくださいとは、かしこまらなくても良いですという意味であって、カジュアルでも良いという意味ではありませんので注意しましょう。

香典に関して

香典は基本的には普通の葬儀のときと変わらずに持っていくのがマナーです。
ただし、家族葬では香典を辞退する場合が多いです。
香典を辞退している場合には、素直に従って持っていかないのがマナーです。

辞退しているにもかかわらず、無理やり渡そうとすると、お返しを用意しなくてはならず逆に遺族にとっては迷惑となりますのでやめましょう。

香典の金額相場ですが、親族だけのため参列する人数が少ないので、一人当たりの香典の金額は一般葬のときよりも高くなります。
故人との関係別の金額相場は以下のようになっています。

故人 香典の金額相場
両親 5万円~10万円
兄弟姉妹 3万円~5万円
祖父母 2万円~5万円
親戚 1万円~5万円

基本的に金額相場に幅があるところは、自分の年齢が上がれば上がるほど高い金額になると考えましょう。
ただ、あくまで目安ですので無理をせず自分の経済状況に合わせて包めば大丈夫です。

使用してはいけない言葉

使用してはいけない言葉としては、葬儀ですから不幸の重なりを連想させるような忌み言葉は使えません。
「度々」「いよいよ」「しばしば」などの重ね言葉、また「死ぬ」「消える」「落ちる」などの死を想起させる言葉などです。

挨拶などの際には使わないように、特に気をつけましょう。

喪主の挨拶に関して

喪主の挨拶ですが、家族葬であっても喪主挨拶は必要です。
通夜式や、告別式、お坊さんなど、その場に応じて来てくれたことへのお礼や会食への案内などをします。

喪主挨拶のタイミングとしては、読経に来てくれた僧侶へのお礼、通夜式が終わった後、通夜振る舞いの開式・閉式、告別式の終わり、出棺前、精進落としの開式・閉式となります。

出棺の前には故人のエピソードと生前のお礼を話すのが一般的になっています。
このときに特に上の言葉を使わないように注意します。

通夜はおこなうの?

基本的に通夜式はたとえ親族だけであっても行います
焼香をしたりお坊さんにお経をあげてもらったりなど、参列者が親族なだけで後は一般葬の、通夜式と変わりません。

お寺にとっても通夜式は大切なので、通夜を省略したいと思っても、菩提寺によっては通夜式をやらないならば納骨はできない、などと断られることがあります。
もし通夜式をどうしても省略したい場合には、一日葬を検討してみると良いかもしれません。

お焼香のやりかた

焼香のやり方ですが、焼香は自分の宗派のやり方に合わせて行います。
ここでは、一般的な焼香のやり方を紹介します。
まず、お坊さんと遺族に礼をしてから、焼香台まで進み焼香台の前で一礼します。

左手に数珠を持ちながら、右手の親指、人差し指中指の三本指でお香をつまみ、額の高さまで持っていきます。
お香を指ですり合わせるようにして香炉の中に静かに落とします。
合掌か一礼をしたらその向きのまま少し下がり、遺族に一礼して焼香は終わりとなります。

自分の宗派がわからない場合には、お香をつまんで香炉に落とすのを1回~3回行えば大丈夫です。
なぜかというと多くの宗派が1回~3回行うからです。

ただし、時間の関係上などで焼香は一回のみにしてくださいとお願いされる場合もありますので、その場合は一回にしておきましょう。

親族のみの葬儀には参加していいの?

困った人々

親族のみの葬儀には参列しようかどうか微妙で迷うときもあるかもしれませんね。
行くべきなのに行かなかった、行くべきでないのに行ってしまってなんだか迷惑をかけたということのないように、しっかり判断したいところです。

ここでは、どのような場合に参列するべきで、どのような場合に参列するべきではないのかその判断基準について詳しく解説していきます。

訃報連絡のみ受けた場合

まずは訃報連絡のみを受けた場合ですが、参列するべき場合とそうでない場合に分かれます。
電話や直接訃報連絡を受けた場合には、参列するべきだと判断します。
連絡と共に葬儀に関しての情報も何かしら伝えられるはずです。

書面で訃報連絡のみが来た場合ですが、参列は遠慮します。
参列辞退について書かれている場合はもちろんのこと、参列の可否について書かれていないときにも、葬儀についての案内がない場合は参列は遠慮しましょう。

訃報連絡と葬儀案内を受けた場合

訃報連絡と共に葬儀案内の案内状を受けた場合は、葬儀に参列するべきだと判断します。
葬儀案内とは、具体的な葬儀会場の住所や葬儀の日時が書かれているということです。

ただ、記載がわかりにくかったり、生前あまり関わりのなかった親族からの案内状の場合など、不安なときもあるでしょうから、そのときには家族にどうするか聞くとより確実でしょう。

親族のみで行う葬儀のマナーのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、親族のみで行う葬儀のマナーについて、香典や服装、参列の可否についても詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。
何か参考になった点はありましたか?

この記事の内容をまとめると、主に以下のようなポイントが挙げられます。

  • 親族のみで行う葬儀は家族葬ともいい、参列者は親族だけだが、葬儀の内容は通夜式から火葬まで省略せずに行われる葬儀である。

  • 家族葬の服装マナーは、一般葬のときと変わらず、男性は礼服用のスーツ、女性は礼服用のワンピースやスーツ、アンサンブルとなる。

  • 平服でお越しくださいとの案内があった場合には、濃紺やダークグレ―など黒系の服装で参列するが、カジュアルで良いということではないので注意する。

  • 香典は香典辞退の案内が無いかぎり、持っていくのがマナーとなっており、金額は一般葬のときより高い相場となっている。

  • 重ね言葉や忌み言葉とされている言葉は、葬儀の場では使えないので十分注意する。

  • 喪主挨拶は家族葬であっても必要となるので、特に言葉には気を付ける。

  • 家族葬でも通夜は行うが、どうしても省略したい場合には一日葬として菩提寺などと相談してみると良い。

  • 焼香は自分の宗派に合わせて行い、宗派がわからない場合には1回~3回行えば良い。

  • 訃報連絡のみを受けた場合、直接や電話で訃報連絡を受けたときは参列し、書面で届いた場合には参列は遠慮する。

  • 訃報連絡とともに、具体的な葬儀の会場や日時などが記された葬儀案内を受け取った場合には、参列するべきだと判断する。

親族のみで行う葬儀について、知らなかったマナーなど新たな発見があったという方もいたかもしれませんね。

特に家族葬では参列するべきかどうか悩んでいる方が多いようなので、案内状や訃報連絡をよく読んで、それでもわからない場合には直接聞くと良いでしょう。

電話は迷惑だからと勝手に判断して参列しても、参列された側は電話より迷惑なので確実に確かめるようにした方が無難でしょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀の費用についても気になるという方は、以下に葬儀の費用について詳しく解説してある記事があるので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事