神式葬儀の香典の書き方は?香典袋の選び方や金額相場についても解説

神式葬儀の香典の書き方は?香典袋の選び方や金額相場についても解説

神式葬儀に参列することになった場合、一般的な仏式葬儀と同じマナーというわけにはいきません。神式葬儀の場合は香典の書き方やマナーが仏式とは異なりますが、どのように書けばいいのでしょうか。ここでは神式葬儀の香典の書き方や香典に包む金額相場について紹介していきます。

最終更新日: 2020年12月15日

神式葬儀の香典について

葬儀

皆さんは葬儀と聞くと、僧侶の方がお経を唱えたり、参列者全員でお香を香炉の中につまんで入れたりするような仏式葬儀をイメージする方も多いでしょう。

しかし、日本で行われている葬儀は仏式葬儀に限りません。
神式葬儀やキリスト教式葬儀も仏式葬儀ほど多くはありませんが行われています。

さて、神式葬儀とは文字通り、神道の考え方に基づいて行われる葬儀ですが、香典については仏式葬儀やキリスト教式葬儀と同じように持ち寄るのが一般的です。

しかし、香典の書き方については仏式葬儀などと比べると若干の違いが見られるため、神式葬儀に参列する場合はこの点に注意する必要があります。

そこで今回「終活ねっと」では、神式葬儀で持参する香典の書き方について以下の項目を解説していきます。

  • 香典とはいったいどのようなものなのか?

    葬儀の際に持参することが多い香典について簡単にご紹介します。

  • 神式葬儀での香典の書き方とは?

    仏式葬儀の場合とは若干違いがある神式葬儀の香典の書き方について、詳しくご説明します。

  • 神式葬儀の香典に包む金額の相場はいくら?

    神式葬儀の場に持参する香典に包む金額相場について見ていきます。

  • 神式葬儀の香典の包み方とは?

    神式葬儀での香典の包み方を、香典袋と水引きの選び方から解説します。

  • 神式葬儀での香典返しのマナーとは?

    神式葬儀でも行われる香典返しにまつわるマナーをご紹介します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

神式葬儀の香典の書き方のご紹介だけではなく、香典の包み方や香典返しのマナーについても解説を行っておりますので、知識として頭に入れていただければ幸いです。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

香典とは

葬儀

最初に、葬儀でよく見かける香典がどのようなものであるのかを簡単に見ておきましょう。
香典とは、故人の葬儀を行う際に、故人のご親族や知人・友人の方などがご遺族に対してお渡しする金銭のことです。
香典の目的は、ご遺族が葬儀を行うのを財政的に援助するというものがあります。

漢字に「香」とつくことから、本来はご自分が葬儀の場であげるために持参したお線香を指していましたが、時代の変化とともにお金という形で持ち寄るようになりました。

「終活ねっと」では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

神式葬儀での香典の書き方

葬儀

香典の意味について触れたところで、ここからは神式葬儀で持参する香典の書き方について詳しく見ていきましょう。
神式葬儀に参列する際にぜひともお役立てください。

表書きは?

香典の中で一番目立つところが、香典をお供えする目的の役割がある表書きです。
表書きと聞くと、「御霊前(ご霊前)」や「御仏前(ご仏前)」をイメージする方が多いでしょうが、神式葬儀でも御霊前(ご霊前)の表書きを使うことができます。

これは、神道においても人は亡くなれば50日後に神様(その家の守護神)になるという考え方があるためです。
そして、神様になるまでの50日間は霊の状態でいるという立場にあるため、「御霊前(ご霊前)」を使うことができます。

また、神式独特の表書きとして、「玉串料」や「御玉串料」「御神饌料」「御榊料」というものが代表的です。
いずれも葬儀の際のお供え物のことを指し、言い換えれば「お供え物のためのお金」という意味合いで使われます。

名前の書き方

表書きの下には名前を書きますが、名前については神式葬儀の場合でも仏式葬儀などと同じ作法です。
このため、原則として香典を包んだ方の個人のフルネームを書きます。

夫婦で包む場合は、夫のフルネームを個人でお供えする場合と同じように書き、その左下に妻の下の名前を書きましょう。

また、複数人の連名で包む場合は、3人までであれば立場が上の方から順に右側からフルネームで書いていきます。
4人以上の場合は所属部署や有志の一同である旨(「○○一同」)と書いたうえで、お金とともに詳しい目録(包んだ方の名前と出した金額の内訳を記載)を入れておきましょう。

薄墨で書くの?

仏式葬儀の場合は表書きや名前などは薄墨で書くことが作法とされていますが、神式葬儀の場合はどうなのでしょうか?
神式葬儀の場合でも薄墨を使って書くのがマナーです。

これは、昔の筆と墨を使って書くのが主流だった時代に、故人のご不幸に接して涙で墨の濃さが薄くなったさまや墨をする間もなく急いで駆け付けたことからきています。
転じて、故人が亡くなったことへの悲しみの気持ちを示すために薄墨を使うことが作法とされるようになったためです。

神式葬儀の香典の金額相場は?

葬儀

仏式や神式などに関係なく、葬儀で持参する金額の相場は多くの方が気になるでしょう。
葬儀に持参する香典の金額相場は、生前の故人とどのような関係にあったかによって異なってきます。

ただ、故人が血縁関係にある方の場合は、血縁関係にない方に比べると高くなるのが一般的です。
また血縁関係にある方の中でも、特に両親や兄弟姉妹など比較的近い存在の方についてはより高い金額を包むことになります。
具体的な香典の金額相場は、以下の表に示す通りです。

故人 金額
3万円から10万円
兄弟姉妹 3万円から5万円
祖父・祖母 1万円から5万円
叔父・叔母など親戚 3千円から3万円
知人・友人 3千円から1万円

ただし、ご親族の方や知人・友人の方であっても、生前に親しい付き合いをしていた場合はやや多めに包むと良いでしょう。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、「終活ねっと」の以下の記事も併せてご覧ください。

神式葬儀の香典の包み方

葬儀

神式葬儀に持参する香典はどのように包めば良いのでしょうか?
ここでは、香典袋と水引きの選び方から、香典の選び方について見ていきましょう。

香典袋の選び方

神式葬儀の場合、香典袋を選ぶには大きく分けてコンビニなどで市販されている印字済みの香典袋を使うか、白い無地の封筒に水引きをかけ、表書きを書くという方法があります。
白い無地の封筒の場合は郵便番号欄などといった余計な印字がされていないかどうかを、購入前にチェックしましょう。

市販の香典袋については、表書きが先ほども触れたような神式葬儀の場に適したものであるかどうかという点が重要なポイントです。
香典袋の中には蓮の花やユリの花、十字架のデザインが入ったものもありますが、いずれも仏式またはキリスト教式専用であるため、神式葬儀の場合は選ばないようにしましょう。

水引きはどうする?

香典袋関係のマナーでは、水引きも重要なポイントとなります。
その際にチェックしておくべき点が、水引きの色と結び方です。

色については、神式葬儀の場合でも仏式葬儀などと同じように黒白のものが使われます
ただし、関西地方などでは黄白の水引きを使う慣習があるので、この点は注意すべきところです。
また、神式独特の作法として双白の水引きを使います。
ほかにも包んだ金額が高額の場合は双銀のものも使うのが作法です。

結び方については、結び切りか淡路結びのものが一般的です。
どちらも簡単にほどくことが非常に難しいことから、「再びほどいて使うことがないように=不幸が繰り返されないように」という願いを込めて使われます。

神式葬儀での香典返しマナー

葬儀

神式葬儀の場合でも葬儀が終わってひと段落したところで香典返しを行うのが一般的です。
ここでは、神式葬儀の場合の香典返しのマナーについて見ていきましょう。

返礼品にはのし紙をかける

香典返しをする際には、香典をいただいた方に対して返礼品を送るという形をとるのが一般的です。
そして、返礼品にはのし紙をかけるという作法があります。

香典返しの際の返礼品に限らず、贈答品へののし紙のかけ方については大きく内のしと外のしという方法があります。
内のしは贈答品にのし紙をかけた後、その上から包装紙で包むというやり方であるのに対し、外のしの場合はのし紙をかけた後は包装紙に包まないというやり方です。

さて、香典返しの場合は内のしのやり方が一般的とされています。
これは香典をいただいた方に対して、控えめにお返しをするという意味合いがあるためです。

のし紙の表書きは?

返礼品にかけるのし紙についても、香典袋と同じように表書きを書くのが作法です。
そして神式葬儀の場合、表書きは「志」や「偲び草(偲草)」という表書きが使われます。

ちなみに志の表書きは、仏式やキリスト教式といった他の宗教形式の香典返しの際にも使うことができます。

香典返しには挨拶状を添える

香典返しは香典をいただいた方のためにお送りする返礼品であるため、品物に挨拶状を添えるのがマナーです。
挨拶状の文例は以下のようなものにすると良いでしょう。

拝啓

先日は父○○の葬儀に際しましてご多用の中にもかかわらずご会葬を賜り
かつご丁重なるご厚志を賜りましたことに厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして〇月✕日に五十日祭を滞りなく相営むことができました
つきましては志(偲び草)のしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので
なにとぞご受納いただければ幸いです
まずは略儀ながら書中をもって謹んでご挨拶申し上げます

敬具

平成○○年✕月△日
喪主 ○○○○
親族一同

なお、挨拶状を作成するときは、句読点を使わないことや時節の挨拶を入れないことが重要なポイントです。

品物の選び方

神式の場合でも香典返しとして定番なのが消えもの(消費できるもの)や日用品です。
具体的にはお菓子やお茶・コーヒーセット、海苔、タオルセット、洗剤などです。

また最近では、商品券やカタログギフトを贈る場合もありますが、商品券についてはどこでも使えるものを選ぶこと、カタログギフトについては相手の事情を考慮することが大切といえます。

神式葬儀に参列する際のマナー

葬儀

最後に、神式葬儀に参列することになった場合にどんな点に気をつけるべきか、一般的な仏式の葬儀とはどんなところが違うのか、神式葬儀に参列する際のマナーについて紹介いたします。

神式葬儀では数珠はいらない?

一般的に、葬儀の場面では数珠を持参し、お焼香の際に必要になりますが、神式の葬儀では数珠は使いません
もともと、数珠は僧侶がお経をする際に回数を数えるために用いられたものなので、神道では使われないのです

神式の葬儀に参列する際には、持ち物として数珠を持っていく必要はないでしょう。

神式葬儀ではお悔やみの言葉が違う?

神道のお葬式では、一般的によく使われる「ご冥福をお祈りいたします」という言葉は使いません。
神式葬儀でのお悔やみの言葉は、「御霊(みたま)のご平安をお祈りいたします」や「御霊(みたま)安らかに祈ります」などを用いるのがいいでしょう。

一般的なお葬式でよく使われる、「ご冥福をお祈りいたします」や「御愁傷様でした」などの言葉は仏教の言葉なので神式の葬儀では使うことのないように注意しましょう。

神式葬儀の香典についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、神式葬儀で持参する香典の書き方について見ていきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 香典とは故人の葬儀の際に、故人のご親族や友人・知人の方がご遺族が葬儀を行うのを経済的に援助するために持ち寄るお金のことである。

  • 神式葬儀の香典で使われる表書きには「御霊前(ご霊前)」や「玉串料」、「御玉串料」、「御神饌料」、「御榊料」がある。

  • 名前は表書きの下に包んだ方個人のフルネームを書くのが一般的である。
    神式の場合も表書きなどは薄墨で書く。

  • 神式葬儀の香典の金額相場は、基本的に仏式葬儀と同じく故人が血縁関係にある方が高くなる傾向にある。
    また、血縁関係にある方の中でも両親や兄弟姉妹など近い存在の方は金額が高くなる。

  • 神式葬儀の香典の包み方のポイントは香典袋と水引きの選び方にある。
    香典袋は白い無地の封筒に水引きをかけるか、市販の香典袋を使い、白い無地の封筒の場合は余計な印字がないか確認する。
    また、市販の香典袋を選ぶ場合は、表書きが神式に適しているかをチェックする。

  • 神式葬儀での香典返しのマナーとして、返礼品にはのし紙をかけ、さらに上から包装紙で包む内のしのやり方が一般的である。

  • 返礼品の表書きは「志」や「偲び草(偲草)」を使い、挨拶状を添える。
    なお、品物はお菓子や海苔、洗剤などが定番である。

神式葬儀での香典の書き方は、表書きとして「御霊前(ご霊前)」のほか、神式独特のものが使えます。
また名前は包んだ方の個人名をフルネームで書くのが原則で、書くときは薄墨を使うというやり方です。

その他神式葬儀のマナーについてさらに詳しく知りたいという方は、「終活ねっと」の以下のリンクも併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事