葬儀が終わった後の香典の渡し方とは?相場や書き方も解説!

葬儀が終わった後の香典の渡し方とは?相場や書き方も解説!

一般的に香典は葬儀に参列した際、持参して渡すものです。しかし葬儀が終わった後に香典を渡す場合、どんな方法があるのでしょうか。この記事では、葬儀が終わった後の香典の渡し方や金額相場などについて解説しています。

最終更新日: 2019年09月28日

葬儀が終わった後の香典について

葬儀

葬儀に参列する際、持って行くものの1つが香典です。
一般的に考えて香典は葬儀に参列した際、受付やご遺族側に直接渡すものとなっています。
そのため、参列する多くの人が香典を持参してきます。

しかし、なんらかの事情から香典を葬儀中に渡すことができなかった場合、葬儀が終わった後に香典を渡す必要があります。

葬儀が終わった後と限定した場合、どのような渡し方が考えられるでしょうか。
葬儀後の渡し方のほかにも「香典の金額相場はどれくらいなのか」「香典の書き方はどんなもの?」など、香典に関する疑問は数多くあることとおもいます。

今回の「終活ねっと」では、葬儀が終わった後の香典の渡し方について、

  • 香典の意味

  • 葬儀後に香典を渡す時のやり方

  • 香典はいくら包めばいいのか

  • 香典には何をどう書くのか

  • 葬儀後に行う弔問のマナー

以上のことを解説していきます。
葬儀が終わった後に弔問する際の服装についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典とは

葬儀

香典とは、お線香やお花の代わりに霊前にお供えするお金です。
仏教において、良い香りは仏様にとって素晴らしい食べ物になるという考えがあります。
そのため、昔はお香を焚いていました。

しかし、葬儀にはお金がかかることから、ご遺族の負担を軽減するために香典を渡すようになったとされています。
香典について、より詳細に知りたいという人は、以下の記事も合わせてご覧ください。

葬儀が終わった後の香典の渡し方

葬儀

葬儀で香典を渡せなかった理由はさまざまです。

「どうしても外せない用事があった」「葬儀が終わってから故人が亡くなっていたことを知った」など、人によって事情は違うことでしょう。
しかし、葬儀が終わった後でもせめて香典だけは渡したいと考える人は多いとおもいます。

ここでは、葬儀が終わった後の香典の渡し方についてご紹介します。

郵送で送る

葬儀が終わった後の香典の渡し方として、郵送で送る方法が挙げられます。
香典を送るタイミングは葬儀が終わってから早くて1週間、遅くても1か月以内です。

香典はできる限り早く郵送した方が良いと言われていますが、葬儀の直後はお金の清算や香典返しなど、ご遺族はやるべきことがたくさんあって忙しいのです。

そのため、上記の期間を目安に香典を郵送しましょう。

現金書留でいいの?

現金書留は配達過程が記録され、万が一相手に届かなかった場合は損害補償も受けられます。
香典の金額によっては大金になるので、現金書留で送った方が良いでしょう。

現金書留で送る前に用意するものは、香典を包んだ不祝儀袋とご遺族に宛てたメッセージを書いた便箋です。

現金書留用の封筒の大きさは、不祝儀袋を折らずにそのまま入れられるサイズを選んでください。
現金書留用の封筒と不祝儀袋には、住所や名前などを省略せずにそれぞれきちんと書きましょう。

便箋にはお悔やみの言葉や葬儀を欠席したことへの謝罪などを記入します。
ご遺族と会ったことがない場合は、自分と故人との関係もしっかり説明しておきます。

弔問の際に渡す

葬儀が終わった後の香典の渡し方として、喪家に弔問して直接渡す方法もあります。
弔問をする時間がない場合は、わざわざ行かなくても香典を郵送するだけで弔意は十分に伝わります。

しかし、ご遺族に会って香典を直接渡し、お悔やみの言葉を述べたいという人は、服装や時間帯などマナーを守って弔問しましょう。

弔問における注意点は後述します。
葬儀が終わった後もご遺族は忙しく、やるべきことを済ませた後は疲れや悲しみを癒やしていることでしょう。
そのため、弔問をしても必要以上に長く留まることは避けてください。

ご遺族にお悔やみの言葉を伝え、香典やお供え物などを渡したら、すぐに帰るようにします。

葬儀が終わった後の香典の金額相場は?

葬儀

香典の金額相場は地域や故人との関係性、香典を出す側の年齢などによって大きく変わってきます。
以下の表をご覧いただければわかるように、故人との関係性が近く、年齢が高いほどに金額相場は上がっています。

ご両親や兄弟姉妹は近しい関係だけあって、金額はかなり高いです。

祖父母に関しては孫がまだ未成年で社会人として働いていない場合、ご両親が香典を出すことが多いです。

しかし祖父母と深い交流があり、どうしても自分で香典を出したい人は、ほかの孫たちと手持ちのお金を出し合って包む方法もあります。

ご友人や近所の人たちは血縁関係者よりもさらに低い金額ですが、もっと包みたい人は相場より増やしてもかまいません。

ご両親 兄弟姉妹 祖父母 ご友人 近所の人
20代 3~10万円 3~5万円 1万円 5千円 3~5千円
30代 5~10万円 5万円 1~3万円 5千~1万円 3千~1万円
40代 5~10万円 5万円 3~5万円 5千~1万円 3千~1万円

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

葬儀後に渡す香典の書き方

葬儀

香典を包む時に用意するお札として、新札は避けましょう
「前から用意していたのではないか」と人から思われないようにするためです。

しかしあまりにも汚れてたり、破れていたりするお札も相手に失礼なので、できるだけ綺麗なお札を選びます。

新札しかない場合は、あえて折り目をいくつか作ってから香典として包みます。
香典の中袋には表面に金額、裏面に住所とフルネームを書いてください。

中袋がない場合は、不祝儀袋の裏面に直接記入します。

表書きは?

香典の表書きは「御香料」「御香典」「御仏前」「御霊前」などが挙げられます。
表書きは上部の中央に縦書きで記入しましょう。

御仏前とご霊前については、喪家の宗派と渡す時期によって大きな違いがあります。

仏教では人が亡くなった後、霊になって1週間ごとに仏様となるための試練が課せられます。
それを7回繰り返した四十九日後、故人は仏様となるのです。

試練中は霊になっているため、香典を渡す時期が四十九日前の場合はご霊前、四十九日後の場合は御仏前となります。

しかし喪家の宗派が浄土真宗の場合、人が亡くなった後はすぐに浄土へ行って成仏すると考えられているため、四十九日前でも御仏前となります。

名前の書き方は?

香典の名前の書き方は基本的にフルネームで、下部の中央に縦書きで記入します。
1人が出すだけなら上記の書き方で問題ありませんが、複数で香典を出す場合は書き方が変わってきます。
ご夫婦で香典を出す場合は、夫のフルネームを記入した後、名前部分の左横に妻の名前だけを書いてください。

複数人で1つの香典を出す場合は、3人までなら目上の人を先にして、右から順にフルネームで記入します。
3人以上の場合は、まず代表者を選出してフルネームを書きましょう。
フルネームの左下には「他一同」や「他〇名」などと記入してください。

別紙に他の人のフルネームや住所、出した金額などを書いて香典に同封します。

薄墨で書くの?

香典に表書きや名前を記入する際、墨の色で戸惑われる人は多いこととおもいます。
結論から申し上げますと、香典に関しては薄墨を使用するのがおすすめです。

理由は「突然の訃報に墨をする時間がとれず、慌てて駆け付けた」「あまりの悲しみに涙がすずりへと落ちてしまい、墨が薄くなってしまった」などの意味が込められています。

しかし、近年では筆とすずりを使う人はあまりおらず、上記の意味に適さないことが多いため、墨の色を気にされない人も増えてきているようです。

筆とすずりがない人は筆ペンを使うと良いでしょう。
また、雑に書いたように見えるため、シャープペンシルやボールペンで香典を書くのは避けてください。

葬儀後に弔問する際の注意点

困った人々

先述したように、ご遺族は葬儀が終わった後で疲れている状態です。
そのため、弔問する際はマナーを守り、できるだけご遺族に負担をかけないように振る舞う必要があります。

ここでは弔問の際に注意すべき点をご紹介します。

服装は?

葬儀に参列する際の服装のマナーは厳しいですが、弔問で喪服を着ていく必要はありません。
派手な服装や装飾品などは避け、落ち着いた色の服装を選ぶようにしましょう。

遊びに行くわけではないので、ジーンズなどのラフな格好も避けてください。

供物は持参していいの?

お供え物は香典と別に用意する人もいれば、お供え物だけ持って行く人もいます。

弔問するタイミングによっては、香典返しなどでご遺族に負担をかける可能性があるため、香典をあえて持参しないという弔問の仕方もあります。

お供え物を持って行く場合は、故人の好物やお花、お菓子や果物などがおすすめです。

事前に連絡してから弔問する

ご遺族の貴重な時間を割いていただくわけですから、必ず事前に連絡を取ります。
弔問したいことを伝え、許可をもらった後、ご遺族にとって都合の良い日付や時間帯を確認し、約束通りの時間に伺います。

弔問を断られた場合は、無理に食い下がろうとせず、素直に諦めましょう。

葬儀が終わった後の香典まとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の「終活ねっと」の記事では、葬儀が終わった後の香典の渡し方について解説してきました。

  • 香典はお線香やお花の代わりに霊前にお供えするお金

  • 葬儀後の香典の渡し方は郵送と弔問の2つ
    郵送は1週間~1か月以内に香典とご遺族宛のメッセージを現金書留で送る
    弔問は長居を避け、必要なことを済ませたらすぐに帰る

  • 香典の金額相場はご両親が5~10万円、兄弟姉妹が5万円、祖父母が1~5万円、ご友人が5千~1万円、近所の人が3千~1万円
    故人との関係性が近く、年齢が高いほどに金額も上がる

  • 香典の表書きは上部の中央に「御香料」「御香典」「御仏前」「御霊前」
    浄土真宗は御仏前、薄墨で記入
    名前は下部の中央にフルネーム

  • 夫婦で出すなら夫のフルネームの左横に妻の名前、複数で出すなら3人までは目上の人優先で右から順番に、3人以上なら代表者のフルネームの横に「他一同」別紙に全員のフルネームと住所と金額を記入して同封

  • 弔問する時は落ち着いた色合いの服装、お供え物は故人の好物やお花など、事前に連絡を取って時間帯の確認

香典の渡し方は弔問と郵送の2通りあることがわかりました。
郵送は時間が取れない人だけでなく、遠方に住んでいる人にとっても便利な渡し方と言えるでしょう。
本来は葬儀で直接香典を渡すのが1番良い方法です。

しかし、何らかの事情でそれが叶わなかった場合、郵送か弔問で香典と一緒にお悔やみの気持ちを伝えましょう。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀や香典に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、葬儀にかかる費用をテーマに具体的な解説をしていますので、こちらも合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事