葬儀前に行う死化粧の流れとは?誰がするの?湯灌との違いも解説!

葬儀の際、ご遺体は綺麗に身だしなみが整えられています。みなさんはご遺体を清め、整える死化粧について知っていますか?また、死化粧とは誰が行うのもかわかりますか?今回はそんな葬儀に関する疑問を解決すべく、湯灌との違いとともに詳しい解説をしていきます。

目次

  1. 葬儀前に行う死化粧について
  2. 死化粧・エンゼルケアの流れ
  3. 葬儀における死化粧は誰がするの?
  4. 死化粧と湯灌・エンバーミングの違い
  5. 葬儀前に行う死化粧のまとめ

葬儀前に行う死化粧について

葬儀

葬儀とは、死者を弔うためのお別れの儀式です。
そんな大切な儀式において、ご遺体は、綺麗に清められ、死化粧というものを施されています。

葬儀においてご遺体を見たことがある方はわかると思いますが、ご遺体は非常に綺麗な表情,清潔な体をしています。

このような役割を果たしている死化粧について疑問を抱いたことはありませんか?
また、死化粧についての知識はありますか?

死化粧というと、真っ先にご遺体に化粧を施すことであると考える方もいるとは思いますが、実は死化粧とは、それだけではなく、故人が美しい状態で旅立てるようにするために、身だしなみを整えるという意味があります。

葬儀においては、このように様々な疑問や認知していない事が多くあると思います。
今回終活ねっとでは、この死化粧についての解説を詳しく行っていきます。

  • 死化粧・エンゼルケアの流れ

    死化粧・エンゼルケアの流れとして、遺体の清拭,髪型や髭の手入れ,薄化粧,服装について解説します。

  • 死化粧は誰がするのか

    死化粧をする業者,人物について説明します。

  • 死化粧と湯灌・エンバーミングの違い

    死化粧,湯灌,エンバーミングについて詳しく紹介します。

  • 葬儀前に行う死化粧のまとめ

    これまでのまとめです。

以上の項目を軸に詳しい解説を行っていきます。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

死化粧・エンゼルケアの流れ

葬儀

死化粧という言葉は多くの方が一度は耳にしたことがあるかと思います。
死化粧・エンゼルケアとは、簡単にいうと、ご遺体を清め整えることを指します。
しかし、非常に奥が深いものであり、容易に行えるものではありません。
ご遺族の方や、別れを惜しむ方々にとっても、葬儀の死化粧次第で、死者の生前の印象が大きく変わりうるものであり、非常に重要な過程なのです。

そんな死化粧やエンゼルケアについて知っている方でも、その過程について詳しく知っている方はほとんどいないと思います。
ここでは、その流れについて詳しく解説を行います。

遺体の清拭をする

まずはじめに行うのが、遺体の清拭(せいしき)です。
清拭とは、アルコールで遺体を拭き、清める事を指します。
この清拭という過程は、故人が生前に味わった苦しみや迷いなどを拭い去り、清めるという意味があるようです。

髪型・髭を整える

身だしなみを整える上で欠かせないものが、この髪型,髭を整える作業です。
故人がより美しい姿で旅立てるために、重要な工程となっています。
女性であれば、産毛を剃ったり、男性であれば髭を剃る、または、これらだけでなく、爪を切るなどの作業をする場合もあるようです。

薄化粧をする

死化粧というと、真っ先にこの化粧のことを思い浮かべる方もいると思います。
長い闘病の末に亡くなられた方や、事故などで亡くなられた方を可能な限り元気であった頃の姿に近づけるために、この化粧の工程も非常に重要です。

薄化粧においては、ファンデーション・コンシーラー・チーク・口紅といった一般的に使われている化粧道具を用います。
しかし、ファンデーションは粉状のものより液体状のもののほうが肌になじみ、口紅に関しては、赤系のものよりピンク系のものを用いるほうが良いとされています。

ご遺体は乾燥が進むのが非常に早いため、保湿する場合もあります。
この肌の乾燥は化粧に大きく影響するため、化粧を施すにあたっては、死者の肌の変化についての知識を得ておく必要があります。

また、女性だけでなく男性に関しても、ファンデーションを使用することがあります。

白装束や故人の好んだ服を着せる

白装束とは、あの世へと旅立つ個人が身にまとう衣装のことです。
以前までは、この衣装を着せて見送ることがほとんどであったのですが、現在はその決まりを厳密に守る事は少なくなり、故人が生前好んできていた服を着せることができます。

葬儀における死化粧は誰がするの?

葬儀

ここまで、死化粧の流れを詳しく紹介してきましたが、死化粧について以前より深い知識を身に着けていただけたでしょうか?
死化粧とは、以外にも多くの過程があることがおわかりいただけたかと思います。

ここで、死化粧とは誰がするのか、疑問に思いませんか?
一般人でもご遺体に触れる死化粧をすることはできるのでしょうか。

一見、ご遺体の取り扱いに従事している医療関係者が執り行うとも思われがちな死化粧は、実は遺族がすることも可能なのです。

故人が亡くなった場所が病院ですと、一般的に病院の看護師が行います。
しかし、死化粧を行うか行わないかは各病院によって異なるため、病院側が行ってくれない場合は、葬儀社や納棺師等の専門家に頼むことができます。
また、先ほども述べたように、遺族の希望で、遺族自身が死化粧を施すことができます。
病院の看護師や専門家が死化粧を行う際に遺族が希望するのであれば、同伴しても構いません。
さらに、故人の友人や、化粧技術が高い知人等にお願いして死化粧を施してもらうという場合もあるようです。

基本的に死化粧とは誰がするものかということは決められてはいないので、遺族の判断によるものだと考えればよいでしょう。

死化粧と湯灌・エンバーミングの違い

葬儀

ここまで、死化粧の流れ,死化粧をする者についての解説を詳しく行ってきました。
普段は知ることや聞くことのない死化粧について理解していただけたでしょうか?

死化粧という言葉は聞いたことがある方が多いとは思いますが、湯灌やエンバーミングという言葉を聞いたことはありますか?
この三つは、同じ意味であると思われがちなのですが、実は大きく異なり、まったくの別物なのです。

以下で、死化粧と湯灌,そしてエンバーミングの違いについて簡単に説明します。
ぜひご覧ください。

死化粧

死化粧とは、ここまで紹介してきた通り、死者を美しい状態であの世へ送り出すために、最後に体を清め、整えるためのものです。
綺麗に体を拭き、薄化粧を施したり、髪や髭を整えます。

死化粧は、遺族や故人の関係者,病院側や葬儀社等の専門家によって行われます。

湯灌

湯灌とは、ご遺体をお風呂に入れることで、清めることを指します。
死化粧の清拭くのように、ご遺体の体を拭くだけではなく、お湯をかけ流してあげたり、場合によってはシャンプー等を用いて洗ったりします。

最近では、葬儀において湯灌よりも、死化粧の清拭を代わりに行ることが多いようです。
また、近年では、湯灌は多くの場合、葬儀社や専門業者が行います。

エンバーミング

「死化粧」があくまでご遺体を綺麗に美しい状態にすることを目的として行うのに対し、エンバーミングというのは、ご遺体の腐敗を防止することを目的とし、防腐処理を行うことを指します。
つまり長期間の保存を可能にします。

ご遺体に防腐剤等を入れることもあるため、死化粧や湯灌とは大きく異なります。
また、エンバーミングは大事故等で体の損傷が激しい場合も、ある程度まで修復することが可能であるようです。
エンバーミングの工程に、ご遺体の体内に残る飲食物や血液を抜き取ることもあります。

また、死化粧とは異なり、専門の資格を持った者が行います。

葬儀前に行う死化粧のまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、故人を綺麗な状態で送り出すための過程である死化粧についての解説を詳しく行ってきました。
死化粧についておわかりいただけたでしょうか?

  • 葬儀における死化粧とは、故人が美しい状態で旅立てるようにするために、身だしなみを整えることである。
  • 死化粧,エンゼルケアの流れとしては、遺体の清拭,髪型や髭を整える,薄化粧をする,白装束や故人の好んだ服を着せる,というものである。
  • 死化粧は誰がしなくてはならないという明確な規定はなく、病院側や葬儀社,または専門家,遺族や故人の友人等が行うものである。
    また、遺族が希望すれば、他機関による死化粧に立ち会うことができる。
  • 死化粧と湯灌・エンバーミングは大きく異なる。
    湯灌は故人をお湯や石鹸等を用いて髪や体を洗い清める。
    エンバーミングは、ご遺体を清め美しくすることを目的とする死化粧や湯灌とは異なり、ご遺体の腐敗を防止することを目的として、防腐剤の注入等の処置が施されるものである。

以上のことを詳しく解説してきました。

死化粧とは、聞いたことがある方は多いとは思いますが、具体的な知識を持っている方は少ないのではないかと思います。

そこで今回、死化粧について学んだことで、いかに死化粧が死者の旅立ちにおいて重要な役割を果たしているかをお分かりいただけたのではないでしょうか。

人間だれしもが、自分の大切な人物や知人の葬儀に立ち会うことが人生のうちに数回あります。
そんな時、死化粧に立ち会う,または自身で施す,あるいは他機関にお願いする,という決断を迫られる機会があるかと思います。
死化粧とは前述でも何度も述べた通り、非常に重要なものです。
よって、葬儀においてそのような機会に直面した時は、よく考え、故人にとっても自分にとっても最善の判断をしていただければ幸いです。


最後までご覧くださり、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・死化粧」に関連する記事

  • 着物着用時の化粧の仕方教えます。年代別で違う?のサムネイル画像

    着物着用時の化粧の仕方教えます。年代別で違う?

    着物を着用する時、化粧はどうしていますか?着物着用時に普段着と同じ化粧はしていないですよね?今回は着物着用時の化粧の仕方を紹介します。年代別にも紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さいね。

  • 社会死ー状態次第で避けて通れない判断も。そのとき当事者は?のサムネイル画像

    社会死ー状態次第で避けて通れない判断も。そのとき当事者は?

    あまり聞かれませんが社会死と呼ばれる状態があります。一般に事故に遭った、死体を発見したとすると警察へ連絡するとともに救急車を呼びます。しかし救急車が被害者を置いて帰ってしまうとしたらどうでしょう、それが社会死の状態です。ここでは日本の社会死の状態を考察します

  • 舞妓のお化粧~美しさの秘訣とかわいらしさのサムネイル画像

    舞妓のお化粧~美しさの秘訣とかわいらしさ

    京都の花街に行くと、やはり華やかな舞妓姿に目がひかれます。舞妓独特のお化粧は、おぼこく見えて、可憐さがあります。お化粧の謎は何なのでしょうか。

  • お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

    お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

    女性の化粧は難しいですよね。化粧をしなくても汚いといわれるし、気を遣っても濃いといわれてしまいます。お通夜や葬儀の化粧であれば、尚更どこまで薄くするべきか悩むでしょう。今回は、通夜での化粧方法を紹介します。

  • お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

    お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

    お葬式に出席する時、服は喪服やブラックフォーマルなどと気を付ける方は多いでしょう。しかしお化粧はどうですか?お葬式に普段と同じお化粧で出席してはいませんか?お葬式にはお葬式にふさわしいお化粧があるんです。今回はお葬式でのお化粧について紹介していきます。

  • お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本のサムネイル画像

    お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本

    お葬式の時のお化粧ってどうしていますか?お葬式と普段のお化粧は重要ポイントが違います。お葬式に向いているお化粧をご紹介します。

  • 終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

    終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

    終活にとって実はとても大切なメイク!最近はやりの生前遺影撮影ではプロにヘアメイクをしてもらえる!若々しく生き生きとした遺影を撮影しよう!メイクだけじゃない死化粧とは?死化粧も希望どおりにしてもらえる?皆さまの知りたい終活におけるメイクについて解説いたします!

  • 孤独死したらお墓には入れるの?生前から出来る準備を紹介しますのサムネイル画像

    孤独死したらお墓には入れるの?生前から出来る準備を紹介します

    社会的に問題になっているものはいろいろとありますが、その中でも終活にまつわるものに孤独死があります。そして、孤独死した場合のことを考えた時に心配なことの1つがお墓の問題です。はたして、孤独死ということになった場合、お墓に入ることはできるのでしょうか?

  • 法事に化粧はしてもいいの?化粧のルールややり方をご紹介します!のサムネイル画像

    法事に化粧はしてもいいの?化粧のルールややり方をご紹介します!

    法事のお化粧のマナーをご存知でしょうか?普段とは異なり、法事のお化粧には決められたマナーがあります。そのため、知らずの内にマナー違反とならないよう正しい知識を知っておくと安心です。そこでこの記事では、お化粧のルールややり方について、詳細を解説していきます。

  • 葬儀用の化粧のマナーは?髪型や服装などの身だしなみのマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀用の化粧のマナーは?髪型や服装などの身だしなみのマナーも解説

    女性が葬儀に参列する場合、きちんとした身だしなみを心掛けるとともに化粧を施していくことが作法とされています。しかし、葬儀の場に適した化粧がどの程度のものなのかについて悩む方も多いのではないでしょうか?今回は葬儀の場に適した基本的な化粧について見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・死化粧」についてさらに知りたい方へ

着物着用時の化粧の仕方教えます。年代別で違う?のサムネイル画像

着物着用時の化粧の仕方教えます。年代別で違う?

社会死ー状態次第で避けて通れない判断も。そのとき当事者は?のサムネイル画像

社会死ー状態次第で避けて通れない判断も。そのとき当事者は?

舞妓のお化粧~美しさの秘訣とかわいらしさのサムネイル画像

舞妓のお化粧~美しさの秘訣とかわいらしさ

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本のサムネイル画像

お葬式のお化粧マナーは大丈夫?知っておきたい基本

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

孤独死したらお墓には入れるの?生前から出来る準備を紹介しますのサムネイル画像

孤独死したらお墓には入れるの?生前から出来る準備を紹介します

法事に化粧はしてもいいの?化粧のルールややり方をご紹介します!のサムネイル画像

法事に化粧はしてもいいの?化粧のルールややり方をご紹介します!

葬儀用の化粧のマナーは?髪型や服装などの身だしなみのマナーも解説のサムネイル画像

葬儀用の化粧のマナーは?髪型や服装などの身だしなみのマナーも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・死化粧」についてさらに知りたい方へ

着物着用時の化粧の仕方教えます。年代別で違う?のサムネイル画像

着物着用時の化粧の仕方教えます。年代別で違う?

社会死ー状態次第で避けて通れない判断も。そのとき当事者は?のサムネイル画像

社会死ー状態次第で避けて通れない判断も。そのとき当事者は?

舞妓のお化粧~美しさの秘訣とかわいらしさのサムネイル画像

舞妓のお化粧~美しさの秘訣とかわいらしさ

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?のサムネイル画像

お葬式に出席する時は普段通りのお化粧はNG?マナーはあるの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと