葬儀でつける指輪の色は?適切な素材やその他のアクセサリーも解説!

葬儀でつける指輪の色は?適切な素材やその他のアクセサリーも解説!

葬儀に適切な指輪の色や素材をご存知ですか?厳かに行われる葬儀で非常識な人と思われないためにも葬儀での指輪やアクセサリのマナーを理解しておきましょう。こちらでは、葬儀のときの指輪の色、素材の他にアクセサリー、バッグ、服装についても詳しく説明します。

2019-09-29

葬儀で身に付ける指輪について

葬儀

葬儀のとき喪服を着ていくことは知られていますが、指輪などアクセサリー類のマナーに関してはどうでしょう?

葬儀で真珠を付けている人をよく見かけますが、自分でつけて行こうと思ったときに真珠の色の種類や大きさ、ネックレスの長さについて本当はどのようなものが良いのかわからない方が多いのではないでしょうか?

終活ねっとでは、葬儀で身につける指輪について、ふさわしい指輪やその他のアクセサリー、また葬儀の服装を以下の順に詳しく解説していきます。

  • 葬儀での指輪の色

  • 葬儀に適した指輪の素材

  • 葬儀に適した指輪以外のアクセサリー

  • 葬儀での服装

葬儀では遺族の方や故人を弔う気持ちを尊重することが大切です。
非常識な振る舞いはそんな気持ちを踏みにじることにもなり信頼関係を壊す原因にもなるので注意しましょう。

そのようなことにならないためにもぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀での指輪の色のマナー

困った人々

葬儀って結婚指輪は付けててもいいの?
そう思いながらそのままで葬儀に出る方が多いのではないでしょうか?

しかし、葬儀会場では目立つ存在になってはいけません。
女性は、黒い喪服に物足りなさを感じてアクセサリーをつけたい気持ちになりますが、ここはじっと我慢しましょう。

きらびやかな印象の指輪は、遺族の方の悲しい気持ちを逆なですると考えられていますから、葬儀会場で指輪のマナーを間違っては浮いてしまいます。

次は指輪の色に関するマナーを詳しく説明していきます。

銀色が無難です

葬儀で喪服を着るのは当たり前ですが、その理由をご存知ですか?
喪服を着るのは、喪に服し哀悼の意を表すためです。
そのため指輪やアクセサリーは必要ないのです。

結婚している方は普段から付けている結婚指輪をしたままで葬儀に行って良いのか、気になっている方もいるでしょう。
しかし、結婚指輪に関してはシンプルなデザインのものが多いためそれほど神経質になる必要はありません。

ただし、結婚指輪でもファッション性が高い派手な指輪は配慮が必要です。
外せるものなら外して参列したほうが良いでしょう。

そういった面から考慮すると葬儀で付けられる指輪の色は無難な銀色の指輪です。
デザインはシンプルなのものであれば全く問題ありません。

金色・ゴールドはNG?

お気に入りの指輪や大切な人からプレゼントされた指輪なら、肌身離さず付けていたいという方もいるのではありませんか?

しかし、18金など金色をした指輪はいくら大切な指輪だとしても葬儀会場では非常識と思われがちです。
ちなみに、ゴールド系の指輪のピンクゴールド、イエローゴールドも同様とみなして外したほうが良いでしょう。

ところで、結婚指輪を長年付けたままにしていると簡単に抜けないこともありますね。
指輪を外すために石鹸水や油などを使い試してみても抜けないときには、無理をせずに葬儀用の黒いレースの手袋を履くなどして隠してみてはいかがでしょう?

また、訃報はいつだって急なものですからネイルを取る時間がないようなときにも手袋があると便利ですよ。

葬儀で身に付ける指輪の素材

困った人々

葬儀に付けても良い指輪の素材を知っていますか?
指輪のデザインや付いている石についても気になるところですね。

次は、葬儀で身に付けても良いとされる指輪の素材を説明していきましょう。
葬儀に出ることが決まると指輪一つにしても「石は付いてて良いの?」「大きさは?石の色は?」など様々な疑問が湧いてくるものですが、葬儀で付ける指輪やアクセサリーは真珠が一般的です。

ここでは指輪の素材である真珠についてとダイヤモンド付きの指輪をつけて行くときの注意点について詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

真珠・黒真珠

葬儀でなぜ真珠を付けるのかというと、真珠は昔から涙の象徴であり悲しみを添えるという意味あいがあるためです。

真珠には白真珠や黒真珠がありますから悩む方もいるかもしれませんが、黒い喪服に白い真珠よりも黒い真珠やグレーの真珠が無難だといわれています。

しかし、白い真珠の指輪を付けても間違いというわけではありません。
目立たないことを前提に考えれば黒い真珠やグレーの真珠のほうが良いということです。

たくさんの人が集まる葬儀では、白い真珠はお祝いの席だけに付けるものと信じている人もいますからそういった人の目に留れば非常識な人となってしまうこともあるので注意が必要です。

ダイヤはNG?

葬儀では、基本的に真珠以外の装飾品はNGです。

しかし、結婚指輪の場合は極端に石が大きいとか、デザインが派手で目立つものでなければダイヤモンドが入っていても問題ないとされています。

それでもやはり、ダイヤモンドが入っている指輪は角度などで光る可能性がありきらびやかな印象を受けてしまうので、指輪の表面に小さなダイヤが埋まっているだけのような指輪でも石を手のひら側に回して隠すなどの配慮を忘れないようにしましょう。

葬儀での指輪以外のアクセサリー

葬儀

葬儀のときには指輪以外に時計やネックレスなど、付けて良いのか迷ってしまうアクセサリーや小物がありますね。

次では葬儀での小物やアクセサリーに関する疑問に触れていきましょう。
ここでは、葬儀のときに身に付けても良いその他のアクセサリーや小物について解説していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

時計

腕時計は、男性にとっては時刻を知るため以外におしゃれの一つとして、またはステータスとして好んで付けられていますね。

そんな腕時計は、葬儀では受付で記帳をするときや焼香のときに見られるため注意が必要です。
指輪と同様にキラキラした派手なものは印象が悪いため避けましょう。

基本的に喪服に合う落ち着いたデザインのものを付けるのがマナーです。
高級時計はそれだけで目立ちますから外していくか違う時計に変えてから行くと良いでしょう。

葬儀用にわざわざ時計を購入する必要はありませんが、この機会に一本用意しておこうというのであれば次の点に注意してください。

文字盤の色は白か黒、値段は安すぎず高級過ぎないものを選びましょう。
間違ってもダイヤがちりばめられているようなキラキラした文字盤の時計はNGです。

また、逆にカジュアルすぎるスタイルや、頑丈さが売りのアクティブタイプも見る人によっては失礼に感じる人もいるため注意が必要です。

ネックレス

葬儀では、アクセサリーを付ける場合は1個までとされています。
真珠以外はNGとされているので葬儀用に真珠のネックレスを一本持っていると重宝します。

真珠の色は黒またはグレーが黒い喪服になじんで無難とされていますが、もしもなければ白真珠でもかまいません。
ただし、ネックレスの長さは二重に巻くような長いものはお祝いの席で付けるのが一般的なので葬儀の席には向いていません。

ちなみに、お店では葬儀用は胸元がシンプルに見える一重のものが多く売られています。
これを機に、真珠のネックレスを葬儀用に購入したいとお考えの方は目立ちすぎず小さすぎない7~8ミリ粒の真珠を購入すると良いでしょう。

イヤリング

イヤリングも指輪やネックレスと同様、真珠のイヤリングを付ければ間違いありません。
それ以外の金色のものやキラキラと派手なデザインでおしゃれ性の高い物を付けるのはマナー違反ですから、真珠がない場合は何も付けないようにしましょう。

葬儀用に真珠のイヤリングを一つ持っているといざというときに安心です。
なお、真珠であればピアス、イヤリングどちらでも構いません。

ちなみに、小物の中で忘れがちなのが眼鏡です。
フレームの色が赤色や黄色など派手なものは葬儀に向いていません。
セルフレームよりも金属フレームのほうが良いでしょう。
サングラスはNGになります。

葬儀での服装

葬儀

葬儀会場での服装は喪服が一般的です。
喪に服する気持ちをあらわすためにも喪服を着て行くのが良いでしょう。

しかし、喪服でなければいけないという決まりはないようです。
いっけん複雑で難しそうな葬儀の服装ですが、その理由を理解すればマナー違反をして恥ずかしい思いをすることはありません。

ここでは葬儀での服装について男女別に解説していきます。

  • 男性編

    黒いスーツ、白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下、黒い靴

  • 女性編(洋装)

    黒いスーツかワンピース、黒いストッキング、黒い靴、
    アクセサリーは1個、光沢のない黒いバッグ

  • 女性編(和装)

    紋入りの黒い無地の着物、黒い帯揚げ、黒い帯締め、黒い草履
    黒いバッグ、白い半襟、白い足袋

終活ねっとでは、葬儀の服装について下記の記事でも詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。

葬儀での指輪についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?葬儀で身につける指輪やアクセサリー、葬儀での服装について見ていきました。
今回終活ねっとでは葬儀での指輪について解説しました。
本記事を以下にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 葬儀に適した指輪の色はシルバーなど光が鈍い銀色が無難。

  • 金は光るのでNGだがホワイトゴールドは銀色に近いので付けても良い。

  • 葬儀に適した素材は真珠でデザインはシンプルなものが好ましい。

  • 指輪が指から抜けないときは黒い手袋で隠しても良い。

  • 葬儀での女性のアクセサリーは1個まで。

  • 和装にはアクセサリーを付けない。

  • 時計の文字盤は黒か白いもので高級なものやカジュアルなものは避ける。

  • 葬儀ではメガネフレームの色や形にも気づかいする。

  • 葬儀の服装は喪服以外でも良いが常識的なものにする。

  • 葬儀での服装は男性はスーツに黒ネクタイ、黒靴下、黒靴。

  • 葬儀での服装は女性は黒いスーツかワンピースまたは和装。

葬儀は故人を忍び、また遺族の悲しみに寄り添う気持ちで出席するものです。
上記の点のように配慮すれば葬儀の服装や指輪、アクセサリーに失礼のない服装で行くことができるでしょう。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事が他にもたくさんあります。
この機会にぜひ読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・指輪」に関連する記事

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像
    喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

    葬儀は喪服を着て参列するものですが、それに合わせるアクセサリーはどのようなものを身に付ければよいか知っていますか。知らない方が多いのが事実です。そこで今回は、喪服に合わせるアクセサリーごとのマナーや適したもの、バッグについても解説します。

  • 葬儀用ネックレスの選び方とは?真珠の理由や選ぶ時の注意点も解説!のサムネイル画像
    葬儀用ネックレスの選び方とは?真珠の理由や選ぶ時の注意点も解説!

    葬儀には喪服を着ていきます。お葬式やお通夜などで喪服を着ている女性は、真珠のネックレスを着用している人が多いですよね。葬儀用のネックレスはなぜ真珠が多いのでしょうか。今回は、喪服にネックレスは必要なのか、葬儀用のネックレスの選び方や注意点を詳しく解説します。

  • 葬儀でイヤリングは必要?葬儀でのアクセサリーや服装マナーを解説のサムネイル画像
    葬儀でイヤリングは必要?葬儀でのアクセサリーや服装マナーを解説

    葬儀でイヤリングをつけるのは、マナー違反なのでしょうか?女性は、葬儀時にどのようなアクセサリーを選んだらよいのか悩みますよね。そこで、今回は葬儀におけるアクセサリーのマナーについて解説します。一緒に、葬儀にふさわしいアクセサリー選びについて学びましょう。

  • 葬儀の際に真珠のアクセサリーはNG?真珠の選び方やマナーをご紹介のサムネイル画像
    葬儀の際に真珠のアクセサリーはNG?真珠の選び方やマナーをご紹介

    葬儀のとき、アクセサリーは付けたほうが良いものなのか悩んだ経験はありませんか?アクセサリーは全般的に付けないという説と真珠なら付けたほうが良いという説があり、判断に迷うかもしれません。そこで今回は、葬儀の際にふさわしい真珠のアクセサリーについて徹底解説します。

  • 葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介のサムネイル画像
    葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

    葬儀には、どのようなアクセサリーがふさわしいのでしょうか?葬儀の場のアクセサリーには適したものとそうでないものがあります。マナー違反とならないためにも、正しい知識を身につけておくと安心です。この記事では、葬儀に適したアクセサリーについて解説していきます。

  • 葬儀に結婚指輪は付けてもいいの?注意点やNGな指輪を解説しますのサムネイル画像
    葬儀に結婚指輪は付けてもいいの?注意点やNGな指輪を解説します

    葬儀では喪服を着てアクセサリーなど派手なものは控えるのが普通ですが、結婚指輪はどうなのでしょうか?自分の結婚指輪はデザインが派手だけど、葬儀につけて行ってもいいの?という方もいますよね?今回は葬儀の結婚指輪について、注意点や良くない指輪について解説します。

  • 葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!のサムネイル画像
    葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!

    葬儀のときのネイルのマナーはどうなっているのでしょうか。ネイルを塗ったばかりだろうが、葬儀は急にやってくるものですので困ってしまいますよね?今回はそんな葬儀でのネイルのマナーについて、またネイルの色や隠す方法についても解説していきます。

  • 葬儀用の真珠の大きさ・色のルールは?NGアクセサリーも解説しますのサムネイル画像
    葬儀用の真珠の大きさ・色のルールは?NGアクセサリーも解説します

    葬儀の準備をするときに、葬儀用のネックレスとして真珠を選ぶという方が大半ではないでしょうか。しかし真珠であってもものによっては葬儀の場に適さないネックレスもあるのです。今回はそんな葬儀用の真珠の大きさ・色のルールについて、またNGアクセサリーも解説します。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料