葬儀に参列する人の範囲はどこまで?訃報の送り方や参列マナーも解説

葬儀に参列する範囲は個人との間柄がどの程度だったかによっても違ってきますね。葬儀のマナーは分かりにくい点も多々あるので失礼になったらどうしようと不安も多いのではないでしょうか。今回は、参列の範囲から計報の送り方、数珠、香典などについて詳しくご紹介します。

目次

  1. 葬儀に参列する範囲について
  2. 葬儀に参列する範囲に決まりはない
  3. 一般的な葬儀に参列する範囲
  4. 葬儀の参列者へ送る訃報
  5. 葬儀に参列する際のマナー
  6. 葬儀に参列する範囲についてまとめ

葬儀に参列する範囲について

葬儀

親い人が亡くなった折、通夜と告別式のどちらに出席するべきかなど迷いますね。
近年は家族葬などのこじんまりとした葬儀も多く行われています。
故人との関係性や葬儀の様式など、多様なシチュエーションがありますが、それに対して確信を持って行動することが望ましいです。
そこで今回、葬儀に参列する範囲について以下の項目について詳細を解説します。

  • 会社関係者の葬儀に参列する一般的な範囲
  • 親族の葬儀に参列する範囲
  • 友人などの葬儀に参列する範囲
  • 参列のマナー

などの項目についてぜひ理解を深めるのにお役立てください。
最後までお読みいただければ、葬儀の参列や立ち振る舞いについてきっと安心感を得ることに繋がるでしょう。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀に参列する範囲に決まりはない

葬儀

葬儀に参列するかしないか、範囲に厳密なマナーはありません。
地域性や、個人の価値観によって失礼に当たらないマナーは多少異なるでしょう。
重要なのは喪主の意見を伺うことです。
それは葬儀のお知らせなどからも推し量ることができるかもしれません。

家族葬などひっそりと親しかった者たちのみで見送りたいという人もいるかもしれませんし、会社の関係者とはいえ話したこともない、面識のない方から香典をもらって非常に恐縮してしまい居心地が悪い思いをなさる方もいるかもしれません。
ですから地域や個人による思想、マナーなどがありますから絶対ということはありませんが一般論として最適な参列の範囲を確認しておきましょう。

一般的な葬儀に参列する範囲

葬儀

社員が多い会社で仕事に従事している人ほど、関係者の親族などの訃報を聞く機会は多くなりますが、個人とは面識がなく参列したらいいのか迷うことも度々あります。
曖昧な部分はどうしてもありますが、とはいえ一般的には会社の同僚や上司だったらどうか、親戚だったら参列するかなどの目安はあります。
故人との関係性によるそれぞれの事例を確認しておきましょう。

故人が会社関係者の場合

近年は家族葬などのこじんまりとした葬儀も行われています。
参列が許可されていない場合もあるかもしれません。
ですから参列したい場合でも必ず葬儀社や遺族に確認する必要があります。

逆に参列したくないけど失礼に当たらないか不安という人が判断する目安は、面識はあってもあまり話したことのない人なら、参列しなくても構いません。
香典のみ後で渡す、またはお悔やみのメールを送信するなどすれば良いでしょう。

香典の受け取りも辞退する人がいますから、無難にお悔やみのメッセージのみにしておけば良いかもしれません。
上司の場合は、本人が亡くなったらもちろん参列しますが、上司の親御さん、奥さん又は旦那さん、お子さんが亡くなった場合も参列した方が良いです。
それ以外の、例えば上司の配偶者の両親や兄弟などの葬儀の場合は参列しなくても構わないのが一般的です。

同僚、部下の場合も同様に、本人と両親、配偶者、子のいずれかがお亡くなりになった場合は参列します。
取引き先の場合は、個人の判断で動くより会社として参列するか決めるので上司などに聞いてみましょう。

故人が親族の場合

祖父、祖母までは参列するのが一般的ですが、やはり生前あまりお世話になっていないとか、面識がない場合はその必要はないでしょう。
ただ、血縁関係から参列しないのが非常識のように言われたり、葬儀の進行を頼まれたりしたらその限りではありません。
親の再婚により血の繋がりがない祖父母が亡くなったとか、叔父、叔母などに引き取られて育てられたなど特殊な環境にある人もいることでしょう。

例え本来なら2親等に相当する祖父母の葬儀にも行きたくないという人もいるかもしれません。
逆に、本来だったらあまり関わりのない3親等から6親等くらいの親族にもお世話になったから参列したいとなる場合もあるのではないかと考えられます。

親等について解説しますと、親と子のように一番近いものが1親等です。
自分から見て祖父母は2親等にあたります。
そして兄弟や姉妹も2親等になります。

3親等は曽祖父母・曾孫・叔父叔母・姪や甥が当てはまります。
祖父母の兄弟姉妹、つまり大叔父や大叔母、そして自分の従兄弟は4親等になります。
よく「親族」という言葉で大雑把に表されるのはどの程度の血縁関係者かといえば、6親等までで婚姻関係なら伴侶の3親等までがそれにあたります。

故人が知人・友人の場合

参列したい場合は故人の葬儀に関わる人への確認が必要です。
家族葬なら、特別親しかった場合を除き参列は遠慮した方が良いかもしれません。
もし葬儀に行って最後のお別れをしてくるのならお通夜と告別式がありますが、一般的にはお通夜が親族中心に、告別式で一般の方達も参列するのが昔は主流でした。

しかし現在では仕事のことを気にして通夜に参列する人が増えています。
逆に告別式で親類ばかりだったので浮いてしまったという報告もありますから、もし知人や友人のご遺族にお悔やみを言いに行くなら通夜にしたほうが無難かもしれません。

葬儀の参列者へ送る訃報

葬儀

誰かが亡くなり遺族になったら、故人のお世話になった会社の人や親戚などに訃報を送ります。
訃報はその死因によって文面が変わってきます。
文章の表現のみならず肝心なのはその内容です。

葬儀の形式についても明記する必要があります。
特に家族葬である場合は、親族以外の人の参列をお断りすることになるからです。
間違って参列されることのないように、日時を記載しないなどの工夫をすると良いでしょう。

また、誰がどのタイミングで伝えるのが一般的かということも分からない点が多いのではないでしょうか。
喪主が行うべき作業ではありますが、例外もあります。
会社関係者などはすぐに訃報を出した方が良いですが、遅くても支障がない人もいます。
訃報については以下の記事にてご確認ください。

こちらも読まれています

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

葬儀に関する訃報を伝えるとき、どのようなことに気をつける必要があるでしょうか?誰がいつ、どの範囲まで伝えるのか、また伝える葬儀の内容や言葉遣いにも注意が必要です。この記事では訃報を伝える際に知っておきたいことを整理します。

葬儀に参列する際のマナー

葬儀

葬儀には、昔からのマナーがあります。
特にこれと言って誰からも教育を受けない部分ではありますが、社会人にもなったら完璧にマナーを守れて当然なのがあるべき姿です。
マナーを守れていないと故人に不愉快な思いをさせてしまう可能性もありますから気を付けたいところです。
服装、香典、数珠などについて確認していきましょう。

服装

服装については、最も基本といえるかもしれませんが故人や遺族への配慮や敬意を表すために、細かいマナーがあります。
季節によっては長袖が辛いと感じるかもしれませんが、半袖は腕を露出させてしまうので失礼ですから上着は必須です。
ブラックフォーマルや喪服ではなく、グレーのスーツなど非常識な格好で来て驚いたなんていう話も時々聞きます。

ダークグレーや紺色については問題なしという意見もありますが、やはりそれは調べて初めて知ったという人もおり、詳しくない人からはマナーを守れていないのではないかと疑問に思わせてしまうので、なるべく定番のブラックカラーで出向きましょう。
失礼に当たらないために、他にもシャツの色など服装に関する細かな決まりは以下の記事をぜひ参照してみてください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

香典

香典は、どのくらいの金額を包むのが正当なのでしょうか。
日本人は「お気持ち」などという表現で曖昧にするのが昔からの美学として伝わっていますが、正直なところ迷う人も多いのではないでしょうか。
多いと気を遣わせてしまうのではないかと心配になったり、少なかったら失礼に当たるのではないかと困ることが多いのが金額についてです。
また、香典袋にどう書いたらいいのかなどもマナーがありますね。

白黒はっきりしない部分が多くて冠婚葬祭は大変ですが疑問に思っていることがあれば些細なことでも確認していきましょう。
香典についての詳しくは下記をご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

数珠

数珠は、葬儀に欠かせないアイテムです。
念仏を数えるのに珠を指で移動させながら使うというのが数珠を葬儀に用いるようになった理由だといわれています。
色や長さなどバリエーションがありますが、マナーとしては自分の宗派の数珠を選ぶことがまず一つ目です。
宗派によって数珠には違いがあるようですが、故人の葬儀の宗派の真似をしなくていいということですね。

そして本格的なものは数珠の珠が多くて二重にするタイプです。
しかし省略して一連の数珠でも大丈夫です。
こちらは宗派にこだわらず誰でも用いることができます。
男性は大きめの珠、女性は華奢な珠の数珠が見ていて違和感なく良いでしょう。

葬儀が行われる地域によっては、無色透明な数珠を使うことがマナーてあったりするようなのでもし気になるようでしたら地域のことについて調べてみてはいかがでしょうか。
また、キリスト教など一部の宗派では数珠そのものが禁止というか、持っていくのがマナー違反なので気を付けましょう。

数珠の使い方は、席などに置いていかないことです。
置くとしてもハンカチを敷いてからにするかポケットなどに入れておきましょう。
基本的に他人に借りたり貸してはいけないものです。
数珠は家族間だとしても使い回さずに一人一つ数珠を持つのが良いでしょう。

葬儀に参列する範囲についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
葬儀に参列するかどうかは各自の自由ではありますが、相手の迷惑にならないように控えた方が良い時もあります。
葬儀に参列する範囲について改めてまとめてみると以下のようになります。

  • 葬儀の参列は各自の自由で範囲には決まりがない

    近年は家族葬など参列を辞退されることもあるので、柔軟に対応しましょう。

  • 会社関係者の場合は本人と本人の1親等と配偶者のご不幸まで

    会社の関係者なら、本人の親と子供、奥さんあるいは旦那さんまでなら参列してもおかしくない範囲です。
    取引先の場合は会社を代表して誰かが参列するかもしれませんが、偉い立場の人に判断を任せましょう。

  • 故人が親族の場合に参列する範囲

    自分の血族なら6親等まで、婚姻関係なら3親等までが一般的です。

  • 故人が知人とか友人の場合に参列する範囲

    家族葬など遠慮した方が良い場合は控えるとして、そうでないならお通夜に行くのが良いでしょう。
    告別式は親戚ばかりが集まっていることが近年では多いようです。

以上、参列の範囲に関する一般的な認識をご紹介しました。
終活ねっとでは他にも終活に役立つ情報を詳しくまとめています。
疑問なことがあるようでしたらぜひ他の記事もチェックしてみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・参列・範囲」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・参列・範囲」についてさらに知りたい方へ

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!のサムネイル画像

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

会社関係の葬儀には参列する?参列する方の範囲や必要な作法も解説のサムネイル画像

会社関係の葬儀には参列する?参列する方の範囲や必要な作法も解説

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?のサムネイル画像

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?出席する際のマナーや準備も解説!

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説

遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介のサムネイル画像

遠方での葬儀はどこまで参列すべき?参列できない場合のマナーも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・参列・範囲」についてさらに知りたい方へ

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介のサムネイル画像

家族葬の通夜には参列すべき?参列者の範囲やマナーについてもご紹介

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!のサムネイル画像

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

会社関係の葬儀には参列する?参列する方の範囲や必要な作法も解説のサムネイル画像

会社関係の葬儀には参列する?参列する方の範囲や必要な作法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと