葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

葬儀のマナーについて解説!服装・靴・言葉・香典はどうすべき?

時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。

2019-10-29

葬儀のマナーを知りたい方へ

葬儀

時代の変化にともなって、葬儀の形は少しずつ変化しています。
しかし、葬儀にまつわるしきたりやマナーは、時代が進んでも脈々と受け継がれています。

従来からの葬儀である一般葬・家族葬・社葬・直葬など、葬儀の形式にかかわらず、葬儀についてのマナーは大切な知識です。

そこで今回の終活ねっとでは、葬儀でのマナー全般についてを解説いたします。
今回の記事は次の項目ごとにご説明いたします。

  • 葬儀のマナー(ご香典・挨拶・服装などについて)

  • 家族葬のマナー

  • 会社の葬儀のマナー

  • 立場で変わる葬儀のマナー

  • 数珠のマナーについて

葬儀について考えることは、終活のテーマの一つです。
ぜひ今回の記事を、皆様の終活にお役立ていただければと思っております。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀のマナー

葬儀

葬儀におけるマナーでは、一般葬・家族葬・社葬といった葬儀の形式を問わず、常識とされるマナーがあります。
これらのマナーは、参列者側と喪主・ご遺族側のいずれの立場でも守らなければなりません。
まずは、社会人としての必須項目である葬儀についてのマナーを詳しくご説明いたします。

お金・香典について

ご香典の「香」とは、お香すなわちお線香を意味します。
また、「典」という字にはお供えという意味があります。

ご香典は、本来はお供えとして、亡くなった方にお花やお線香をたむけるところを、それらの代わりにお金をお渡しする風習です。
また、もともとご香典には、ご遺族の方がたの葬儀での負担を経済的に助けるといった意味もありました。

香典袋の表書きは、筆で薄い墨を使って書きます。
お札は、人物の顔を下向きにして、上下の向きをそろえて入れます。
悲しいお知らせを準備していたとされることから、ご香典には新札は使いません
すでに使われているお札を入れましょう。
もし手元に新札しかない場合は、二回ほど折って折り目を付けてから香典袋に入れるようにします。

葬儀に参列するときは、ご香典を持参して受付で係の方にお渡しします。
このとき、ご香典袋をそのまま持っていくのではなく、袱紗(ふくさ)に包んで持参し、受付で袱紗から取り出すのがマナーです。

袱紗はお祝いのためのものとお悔やみのためのものがあり、色によって分かれています。
お祝いのためのものは明るい色が用いられるのに対して、お悔やみのためのものには紫や藍色、鼠色などが用いられるので注意しましょう。

ご香典についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

言葉・挨拶について

葬儀に参列したときは、ご遺族の方がたにお悔やみの言葉をかけます。
お悔やみの言葉は、マナーに沿ってふさわしいタイミングでかけたいものです。

受付時の挨拶の文例

葬儀の会場に到着したら、まずは受付を済ませます。
受付では、近所の方や仕事関係の方などが受付係をしていて、複数の参列者で混み合うこともあります。
受付係の方に手短に挨拶を述べて、ご香典をお渡しします。

この度はご愁傷様(ごしゅうしょうさま)でございます。
謹んでお悔やみ申し上げます。
この度はご愁傷様です。
こちらを御霊前にお供えください。

お悔やみの言葉の文例

ご遺族の方にかけるお悔やみの言葉は、亡くなった方とご自分とがどのような関係にあったかによって、変わってきます。
生前の関係に感謝し、気落ちしているご遺族を励ます言葉で、ご自分の気持ちを伝えるとよいでしょう。
文例としては次のようになります。

このたびは、誠にご愁傷さまでございます。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
このたびは、思いもかけないことで本当に残念でなりません。
お慰めの言葉もございませんが、心からお悔やみ申し上げます。
ご家族の皆様、どうぞお力落としのございませんように。

忌み言葉について

葬儀に参列したときは、喪主の方をはじめご遺族の方にご自分の気持ちを伝えますが、そのときに不幸を連想させる言葉は使ってはいけません
葬儀での挨拶において、忌み言葉(いみことば)を使うことはマナー違反です。
常識のないふるまいとされるので、気をつけましょう。

主な忌み言葉には、次のようなものが挙げられます。

  • 重ね言葉

    わざわざ・たびたび・ますます・いろいろ・いよいよ・またまた・重ね重ね

  • 不幸を連想させる言葉

    数字の四と九(死と苦)・迷う・おしまい・落ちる・なくす・消える

  • 不幸が続くことを連想させる言葉

    続いて・再び・繰り返し・再度・次に

これらの忌み言葉は、あくまで一例です。
葬儀では、忌み言葉を別の言葉に言い換えて使うようにします。
たとえば、「生きていたころ」という言葉は、「ご生前・お元気でいらしたころ」というように言い換えます。

葬儀で使う挨拶についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

服装・持ち物について

葬儀での服装は、華美なものを避けて、地味な服装でお悔やみの気持ちを表わします。

これまで、お通夜は黒色を中心とした平服でよいとされてきましたが、お通夜だけに出席して告別式の参列は見送る方が増えるなか、お通夜にも喪服で参列する方が主流となりつつあります。

葬儀での服装と持ち物のマナーは次のとおりです。

衣服

参列者の場合は、準喪服の着用が一般的です。

男性の準喪服はブラックスーツ、女性の準喪服はブラックフォーマルです。
男性の上着はシングル・ダブルのいずれでもかまいません。
ズボンの裾は、折り目のないシングルにしましょう。

女性は黒いスーツやワンピースなどのブラックフォーマルで、ストッキングも黒にします。

喪主の場合

喪主は正式喪服を着用するのがマナーです。

男性はモーニングコート、女性はブラックフォーマルが喪主としての正式なマナーとなります。
また、和装喪服の場合、男性は黒羽二重の染抜き五つ紋付きに羽織袴を着用し、女性は黒無地に五つ紋の染め抜きの着物を着用します。
帯は黒無地にしましょう。

夏は半袖でもよい?

葬儀の場では肌を露出させるのはマナー違反です。

男性の場合、下に着るシャツは長袖が望ましいものの、半袖でもよいとされています。
しかし、葬儀の場では上着を脱ぐのは避けるように気を付けましょう。

女性の場合、喪服にワンピースタイプのものが存在します。
ワンピースであれば半袖でも問題ないでしょう。
ただし、肌の露出を抑えるのは鉄則であるのでミニスカートなどの露出が多くなる格好は避けましょう。

葬儀の服装では靴にも気を配りましょう。

男性は、ツヤのないシンプルな革靴、女性はツヤのない布製のパンプスを履きます。
女性の場合、ヒールの高さは3センチから5センチがふさわしいとされます。

靴と合わせて、男性用の靴下も黒の無地を履くようにします。

バッグ

女性の場合、ご香典や数珠を入れたバッグを持っていきます。
葬儀に持っていくバッグは黒が基本です。
靴と同様に、殺生を連想される革製を避けて、ツヤのない布製のバッグがふさわしいとされます。

ただし、最近ではシンプルで地味なデザインに限り、革製のバッグでもよいとする考えもあります。
その場合は、金具や飾りがついているバッグはマナー違反となるので気をつけましょう。

指輪などのアクセサリー(女性)

アクセサリーは結婚指輪以外はつけなくてもよいとされています。
ただ、喪服に何もアクセサリーをつけないと味気ない印象になると感じる人もいるでしょう。

そんなとき一点つけるとしたらネックレスがおすすめです。
特に、葬儀では涙を連想させる真珠のネックレスをつけるのが一般的です。
派手なものや光沢のあるものは失礼にあたるので控えるように気を付けましょう。

髪型について

急な訃報を受けて出向く葬儀では、髪型をカットしたりセットする時間はないことがほとんどです。
男女ともに、清潔感のある常識的な髪型で参列するようにします。

ふだん整髪料で髪をセットしている男性は、整髪料を控えめにしてすっきりとした髪型にします。
女性は、低い位置でのまとめ髪またはシニヨンで、顔に髪がかからないようにします。


また、葬儀に参列する際の髪形やメイクについては以下の記事で詳しく紹介されているので、ぜひご参考にしてください。

お焼香について

お焼香の正しいマナーは意外と知られていないものです。
葬儀では、前の列の方がお焼香をする真似をしてお焼香をするという方も多いのではないでしょうか。

お焼香は、清浄な気持ちで亡くなった方をお参りする大切なご供養です。
正しいマナーは次のとおりです。

  • ご自分の列の番が来たら、祭壇の前に進んでご遺族の方におじぎをする

  • 焼香台の前に立って、祭壇の遺影に向かっておじぎをする

  • 右手で抹香をつまむ
    親指・人差し指・中指の3本でつまんだら、右手を目の高さに持ち上げる

  • 右手を香炉に近づけて、抹香を落とす

  • 3と4を宗派によって1回から3回繰り返す

  • 祭壇の遺影に向かって合掌した後におじぎする

  • そのまま2歩下がって、ご遺族の方におじぎをする

終活ねっとでは、葬儀に参列するときのマナーについて、さらに詳しい記事を掲載しています。
よくある質問を解決できるわかりやすい記事となっております。
そちらの記事もご参照いただければ幸いです。

家族葬のマナー

葬儀

シンプルが好まれる現代では、家族葬に注目が集まっています。
都市部を中心に、葬儀の形式で増えているのが家族葬です。

家族葬で迷いがちなのが、葬儀に参列するか、参列を辞退するかといった問題です。
これは、喪主の方から参列のお願いがあったかどうかで判断します。

喪主の方から参列のお願いがあった場合は、通常の葬儀と同様に参列します。
基本的には、家族葬でのマナーは、葬儀全般のマナーと変わりません。

なお終活ねっとでは、家族葬についての詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご覧いただければと思っております。

会社の葬儀のマナー

葬儀

会社の葬儀を社葬と呼び、通常はご遺族がつく喪主の立場に会社がつきます。
創業者や経営者など、会社にとって特別な功績を残した方が亡くなったときに、社葬が行われます。

社葬の参列する際のマナーは、基本的に通常の葬儀と同じで、葬儀全般のマナーと変わりません
ただし、取引先や社員など会社関係での参列となるため、受付で名刺を求められる場合がほとんどです。
受付では、ご香典と一緒に名刺をお渡しするようにします。

なお終活ねっとでは、社葬でのマナーについて、さらに詳しい記事を掲載しています。
そちらの記事もあわせてお読みいただけると幸いです。

立場で変わる葬儀マナー

葬儀

一般の葬儀・家族葬・社葬など、葬儀ではその形式を問わず、基本のマナーを守って参列することが大切です。
マナーの詳しい内容は、その葬儀にご自分がどの立場で参列するのかがポイントとなってきます。

親族として参列する場合

親族として葬儀に参列する場合に気になるのが、ご香典の額ではないでしょうか。

ご香典の額は、亡くなった方とご自分との続柄、生前の交流の関係、ご自分の年齢によって決まってきます。
たとえば両親や義理の両親の場合、10万円が相場です。
また、祖父母や兄弟姉妹の場合は5万円が相場で、それ以外の親族では3万円が相場と言われています。

親族としての立場で、ご遺族の事情と経済的な負担を考えてご香典の額を決めるとよいでしょう。

遺族側として参列する場合

遺族側ということは、喪主側の立場で葬儀に参列することとなります。
参列者の方がたに失礼のないように、また読経していただくお坊さんにも失礼のないようにふるまいます。

また、葬儀では、近所の方や会社関係の方などにお手伝いをお願いすることがあります。
遺族側の立場として、お手伝いの方がたにも目を配り、感謝の気持ちを持って接することが大切です。

葬儀で使う数珠について

葬儀

葬儀には、ご自分の数珠を持っていくのがマナーです。
数珠には男性用と女性用があり、持ち主のお守りの意味があるため、貸し借りができません

数珠は左手で持ち、葬儀の間は数珠を左の手首にかけておきます。
お焼香のときは、数珠を親指と人差し指にかけて使います。

なお終活ねっとでは、数珠についての詳しい解説を掲載しています。
そちらの記事もあわせてお読みいただけると幸いです。

葬儀のマナーのまとめ

お墓

葬儀でのマナー全般について、ご説明してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回の終活ねっとでは、次の点がポイントでした。

  • ご香典には新札は使わない、香典袋の表書きは薄い墨で筆書きする。

  • 受付で挨拶をしてご香典を渡す、ご遺族にはお悔やみの言葉をかける、不幸を連想させる言葉や重ね言葉などの忌み言葉は避ける。

  • 服装はブラックスーツ・ブラックフォーマルの喪服、靴とバッグは黒のシンプルなものにし、アクセサリーは派手なものは避ける。
    清潔感のある髪型を心掛け、女性は髪を低い位置でまとめる。

  • お焼香は遺影におじぎをしてから右手の三本の指で行う。

  • 家族葬のマナー・社葬でのマナーも、基本的には通常の葬儀と同じ葬儀全般のマナーと変わらない。

  • 親族として葬儀に参列するときは、ご遺族の事情と経済的な負担からご香典の額を決める。
    遺族側として葬儀に参列するときは、お坊さん・お手伝いさんにも気を配る。

葬儀のマナー全般は、社会人として必ず押さえておきたい知識です。
また、終活で葬儀について考える際に欠かせない知識でもあります。

終活ねっとでは、今回の記事のほかにも葬儀に関するさまざまな解説を掲載しています。
ぜひそれらの記事もご参照いただき、皆様の終活にお役立ていただければと思っております。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・マナー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料