葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?

葬儀にはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか。葬儀を実施することとなった場合、多くの方が一番気になることではないでしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の平均について、種類別の平均や全国の費用平均についても解説していきます。

2020-02-09

葬儀にかかる費用の平均について

お金

どのくらいの費用が葬儀にはかかっているのでしょうか。

葬儀にかかる費用については、その相場を把握していらっしゃる方は少ないでしょう。
いざ葬儀を執り行わなければならなくなったとき、費用の相場を事前に把握しておくだけでも心の準備ができます。

今回は葬儀にかかる費用の平均について、以下のようなポイントを中心にまとめていきます。

  • 葬儀の種類によって異なる葬儀費用の平均について

  • 葬儀費用の全国平均や地方ごとの平均はどのくらいなのか

  • 宗教によって異なる葬儀費用の平均について

  • 葬儀にかかる費用の内訳とそれぞれの費用の平均について

  • 葬儀費用について更に詳しく解説

今回の記事を参考に、葬儀にかかる費用は平均としてはどのくらいかかるのか、葬儀の種類ごとや宗教ごとの違い、葬儀費用の内訳ごとの平均をそれぞれ把握しましょう。

また、お住いの地域ではどのような葬儀を実施すると、どのくらいの費用がかかってくるのか、費用を見積もる際の目安にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の種類ごとの費用平均

葬儀

葬儀にどのくらいの費用がかかるのか、その相場を把握している方は多くはないのではないでしょうか。

一般的に、葬儀を執り行う際に必要となる費用は、平均的に200万円前後とされています。
しかし、どのような葬儀を執り行うか、また、宗教の違いによっても葬儀に必要となる費用は異なってきます。

では、まず葬儀の種類ごとに必要となる費用の平均はどのようになっているのかについて、以下で解説していきます。

一般葬の場合

一般葬は一般的な葬儀であり、ご遺族やご家族のみならず、故人と縁のある友人や知人、場合によっては会社の関係者など、多くの方が参列する葬儀です。

多くのかたが参列一般葬では、どのくらいの方が参列するのか、参列する方の人数によって費用が異なってきます。

一般葬にかかる費用としては、通夜・告別式や火葬にかかる費用のみならず、参列者への返礼品や会食代、参列者の送迎にかかる費用など、さまざまな項目に費用がかかってきます。

費用相場としては、葬儀の種類の中でも最も高く、100万円〜200万円ほどとされています。

家族葬の場合

家族葬は家族のみで執り行う葬儀や家族のみならず親しい友人や知人など、一般葬より規模を小さくした葬儀となります。

家族葬にかかる費用は、上述した一般葬と同じ項目の費用が発生しますが、一般葬ほど参列者を呼びませんので、その分費用は安く抑えられます。
参列者の人数としては、10人〜30人規模のものが一般的です。

上記の人数に応じて費用は違ってきますが、費用相場としては60万円〜150万円ほどとされています。

終活ねっとでは家族葬について、以下のリンクから詳しく書いた記事を参照できますので併せて参考にしてみてください。

直葬の場合

一般葬や家族葬は、通夜・告別式などをしっかり行う葬儀であるのに対し、直葬は、通夜や告別式などは行わず、火葬や埋葬のみを行って葬儀とする形式です。

通夜や告別式を行いませんので、当然、一般葬や家族葬に発生するような費用はかかりません。
直葬でかかる費用は、火葬にかかる費用のみとなりますので、地域などによって火葬場の費用に違いは出てきますが、費用を一番安く抑えられる葬儀の種類となります。

費用相場としては、20万円〜40万円ほどとされています。

終活ねっとでは直葬について、以下のリンクから詳しく書いた記事を参照できますので併せて参考にしてみてください。

社葬の場合

社葬は会社で大きな功績をあげた方の葬儀を、会社が執り行う儀式です。
一般の葬儀と異なり、葬儀の施主は故人の所属していた会社となります。

社葬にかかる費用は参列者がどのくらい参加するかによって大きく異なってきます。

費用相場としては300万円くらいから1千万円を超える場合もあります。

終活ねっとでは、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、税込613,000円よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



全国の葬儀費用の平均はいくら?

お金

葬儀にかかる費用の全国平均はどのくらいの金額になってくるのでしょうか。

平均の費用額を把握しておくことで、実際に葬儀を実施する際にかかる費用が高いのか安いのか、平均的な額なのかを把握することができます。

いざ葬儀を執り行わなければならなくなった際に、葬儀に必要となる実際の葬儀費用を比較するためにも、全国の平均を把握してみてください。

なお、以下では全国の葬儀費用の平均のみならず、関東地方、東北地方、関西地方、九州地方における葬儀の特徴や葬儀費用の平均についてもご紹介していきます。

全国の平均

葬儀にかかる費用の全国の平均金額としては、約195万円とされています。

これは、葬儀一式にかかる費用、お寺などにお支払いする寺院関連費用、参列者への返礼品や会食(お斎)にかかる費用である接待関連費用で構成されています。

斎場にかかる費用や火葬場を使用するための費用などで構成される葬儀一式にかかる費用が一番大きく、葬儀一式にかかる費用だけの平均としては約121万円とされています。

関東地方の平均

次に、関東地方での葬儀にかかる費用の平均額についてですが、関東地方の平均額は約212万円とされています。

特に、北関東を中心に費用が高くなっており、南関東の平均の方が低い傾向にあります。
都内を中心として南関東においては大きな葬儀ではなく、家族葬などで小さく済ます傾向があることから、斎場にかかる費用や接待関連費用が抑えられていることが原因と考えられます。

東北地方の平均

東北地方の葬儀にかかる費用の平均は約170万円とされています。

東北地方の葬儀の特徴としては、骨葬が挙げられます。
一般的な葬儀としては、葬儀を執り行った後に火葬をし、ご遺骨を埋葬するという流れですが、東北地方では、火葬を先に行った後に葬儀を行うという流れになっています。

関西地方の平均

関西地方の葬儀にかかる費用の平均は約176万円程度となっています。

関西地方の葬儀の特徴としては、関東地方では当たり前のように実施している「通夜振る舞い」という慣習が無い点が挙げられます。

関東地方では通夜のあと、「通夜振る舞い」として一般の参列者にも食事を振る舞いますが、関西地方では食事をする場合でも一般の参列者には食事を出さず、家族や親族のみで食事をすることが一般的です。

九州地方の平均

九州地方では、葬儀にかかる費用は平均で190万円程度となっています。

九州地方の特徴的な葬儀の習わしとしては、三度回し茶碗割りが挙げられます。
「三度回し」は出棺の時に、故人が入っている棺を三度回して故人の戻る自宅への方向感覚を狂わせて、安心してあの世へ行ってもらうために行う儀式です。

また「茶碗割り」とは、出棺時に故人の茶碗を割ることで故人の現世への未練を断ち、安心してあの世へ行ってもらうための儀式です。

九州地方独特の習わしです。

葬儀費用の平均については、以下の記事でより詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

宗教ごとの葬儀費用の平均

葬儀

上記では全国の平均や地方別の葬儀費用の平均を紹介していきました。
上記の平均額は全て仏教を前提とした費用となり、仏教に基づく費用の地方による平均額を紹介してきました。

葬儀と呼ばれる儀式は、仏教だけでなくキリスト教や神道でも実施されます。

では、キリスト教や神道による葬儀の場合、葬儀にかかる費用の平均額はどのくらいになるのでしょうか。

以下では、キリスト教と神道による葬儀費用の平均額をご紹介していきます。

キリスト教葬儀費用の平均

キリスト教の葬儀にかかる費用は仏教による葬儀にかかる費用よりも一般的に安く済みます

仏教による葬儀については、上記でもご紹介した通り地方によっても異なってきますが、約200万円程度が平均とされています。

これに対してキリスト教による葬儀の場合は、約70万円〜80万円とされています。
装飾などにこだわって実施する場合でも120万円程度となりますので、仏教による葬儀と比較してもその費用が安いことがわかります。

神道の葬儀費用の平均

次に神道による葬儀費用についてご紹介します。

神道による葬儀費用も、仏式と比較して安くなっており、神道による葬儀費用の平均は30万円〜50万円となっています。

仏式の場合、戒名料が高くなっており戒名料だけで場合によっては100万円ほどかかる場合もありますが、神道の場合はその費用がかからない分、仏式と比較して安くなっています

以下の記事では、無宗教葬儀の費用についてくわしく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

葬儀費用の内訳の平均

お金

葬儀費用といってもその内訳は様々な事柄に費用がかかってきています。

葬儀費用の内訳としては、「葬儀自体にかかる費用」、「寺院に関する費用」、「飲食代などの費用」、「返礼品の費用」に大きく分けられます。

それぞれの項目の費用の平均について、以下で解説していきます。

葬儀自体にかかる費用

葬儀自体にかかる費用は、病院からご遺体を搬送する際に必要となる費用や通夜や告別式、火葬などを執り行うための施設の使用料など、葬儀を一通り執り行う場合に必要となる費用のことです。

葬儀自体にかかる費用は平均として120万円程度とされています。
葬儀自体にかかる費用の内訳の項目としては、以下のようにあげられます。

  • 祭壇費

  • 会場利用料

  • 人件費

  • お棺代や骨壷などの費用

  • 車の利用料

これ以外にも、オプションでエンバーミングを行う場合や祭壇のランクで費用がかかる場合もあります。

寺院に関する費用

寺院に関する費用は、葬儀に際して僧侶に依頼する事項に関連して発生する費用です。

寺院に関する費用を細かく分けると、読経料や戒名料、御膳料などに必要となる費用に大きく分けられ、それぞれにかかる費用の総額を寺院に関する費用としてお支払いすることとなります。

寺院に関する費用の平均は、47万円程度とされています。

飲食代などの費用

精進落としや通夜ぶるまいといった名目で、葬儀や通夜の後に参列者を招いて会食を行うことが一般的です。

その際に参列者へ振る舞う食事や飲みものに必要となる費用が飲食代となります。
参列者の人数分の食事と飲み物を用意する必要があるため、参列者が多くなればなるほど、飲食代の費用は高くなります。

食事代とアルコールなどの飲み物代を含めて、参列者一人あたり約2,000円程度が平均的な金額となっていきます。

返礼品の費用

返礼品は、参列者の香典に対するお返しとして用意する品物で、その品物を用意するために必要となる費用です。

主な返礼品としては、お茶やコーヒー、石鹸や海苔などが一般的で、参列者一人あたり500円〜1,000円程度が平均的な金額となっています。

葬儀にかかる費用について詳しく解説

お金

ここまで葬儀費用について、地方別や宗教別で平均の費用が異なることや葬儀費用の内訳についてご紹介してきました。

葬儀費用については、葬儀を行う前にどのような項目にどのくらいの費用がかかるのか、見積もっている予算が妥当なのかどうか、葬儀を行う際には誰もが気になるところではないでしょうか。

また、地域の習慣や宗派などによっても金額が異なってきたり、どのような葬儀を行うかによっても金額が異なってきます。

今回の記事では、葬儀費用の平均という視点から解説してきました。
就活ねっとでは、葬儀費用についてさらに詳しく書いている記事も用意しています。

葬儀にはどのくらいの費用がかかり、その内訳はどうなっているのか、また、葬儀費用を安くする方法についても解説していますので、今回の記事と併わせて以下のリンクから参照してみてください。

葬儀費用の平均に関するまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀費用の平均についてまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀にかかる費用は、葬儀の種類によって異なる。一般葬が最も葬儀費用のかかる葬儀であり、平均として100万円〜200万円程度となっている。一般葬に比べて参列者の少ない家族葬の場合、60万円〜150万円程度が費用の平均となっている。

  • 全国での葬儀費用は、一般層の場合、平均として195万円程度となっている。関東地方は比較的高い傾向にあり、212万円程度となっている。東北地方では骨葬がメインとなっており、比較的盛大に葬儀は行われるが、費用の平均としては170万円程度となっている。

  • 葬儀費用は地方別だけでなく宗教によっても違ってくる。キリスト教における葬儀の費用の平均としては、70万円〜80万円程度となっている。神道における葬儀の費用の平均としては、30万円〜50万円程度となっている。他の宗教の葬儀費用より仏式の葬儀の費用が高くなるのは、戒名料が高いためである。

  • 葬儀費用の内訳としては、「葬儀自体にかかる費用」、「寺院に関する費用」、「飲食代などの費用」、「返礼品の費用」に分けられる。「葬儀自体にかかる費用」としては、葬儀全般に必要となる費用で120万円程度となっている。

  • 葬儀にかかる費用は、実施する葬儀の種類や宗教によって異なるため事前に調べておくと良い。

今回の記事を参考に、葬儀費用の平均を把握して、葬儀に必要となる費用の目安を把握してみてください。

終活ねっとではこの他にも葬儀に関する記事を多数紹介しております。
以下の記事では、葬儀代のクレジットカードについて紹介しておりますので、あわせてご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・費用・平均」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料