葬儀の礼服の選び方って?靴の選び方までマナーとともにご紹介します

葬儀の礼服の選び方って?靴の選び方までマナーとともにご紹介します

突然の葬儀、礼服や靴選びで慌ててしまったことはありませんか?葬儀は大切な儀式ですので、きちんとした格好で参列したいですよね。今回終活ねっとでは、男性・女性・子供の場合に分けた礼服の選び方とそのマナー、さらに靴の選び方についてもご説明していきます。

2020-02-09

葬儀の際の礼服について

葬儀

皆さまは、葬儀にふさわしい礼服についてきちんとご存知でしょうか?
訃報は突然にやってくるものですが、その際に礼服の用意や礼服についての知識がないと困ってしまいます。

家族での参列となると、子供の礼服についても知っておかなくてはなりません。
靴やアクセサリーにおいてもマナーは存在し、気をつけなければならない点がたくさんあります。

今回終活ねっとでは、そんな葬儀の際の礼服について、マナーやレンタルのことも解説しながら、以下の通りに紹介していきます。

  • 葬儀の際の礼服の選び方

  • 葬儀の際の礼服のマナー

  • 葬儀に適切な靴

礼服に関して必要な知識を詳しく解説してありますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の際の礼服の選び方

葬儀

まずはじめに、葬儀の際の礼服の選び方について、男性の場合・女性の場合・子供の場合ごとに解説していきます。

男性の場合

さて、まずは男性の適切な礼服についてご説明します。
スーツであれば何でもいいのではと思うところですが、葬儀のスーツには、いろいろな細かいルールがあります

スーツ・ネクタイ・ワイシャツ・靴下それぞれについて、詳しくご説明していきます。

スーツ

喪服は、正喪服・準喪服・略喪服という3つの格式に分かれています。

参列する人の立場によってどの格式の喪服を着用するかは異なり、正喪服は故人に近い遺族・親族、準喪服はその他一般の参列客、略喪服は一般の参列客がお通夜の際に着用します。

  • 正喪服

    モーニングコートもしくは和装が男性の場合の正喪服となります。
    モーニングコートを着用する場合は、黒とグレーのストライプ柄のズボンを着用します。
    慶事ではベストに白衿をつけますが、弔事の際はつけてはいけません。

  • 準喪服

    男性の準喪服はブラックスーツです。
    喪服のブラックスーツとビジネス用のブラックスーツとでは、黒の色の濃さが異なっていますので、ビジネススーツを着ていかないように注意してください。

    黒色のビジネススーツは喪服の黒のスーツより黒の色が薄く、太陽の下や明るいところではその違いが周りからもわかってしまいます。

    喪服では、光沢のある生地はNGだとされていますが、黒色のビジネススーツには光沢があります。

  • 略喪服

    喪服ではない黒のスーツや、紺・茶・グレーなどの暗い色で地味なスーツが略喪服です。
    お通夜の際には「急いで駆け付けたため、喪服の用意ができなかった」ということを示すため、略喪服を着用することがマナーだとされています。

ネクタイ

ネクタイも黒色が適切です。
無地で光沢のないタイプのネクタイを選びましょう。

ビジネススーツの場合も、ネクタイだけは黒色にしましょう。
そして、結び方は「結び下げ」が適切です。

ネクタイぐらいは黒色じゃなくても、と思ってしまうかもしれませんが、体の真ん中に見える物であるため非常に目立ってしまいます。
小さいアイテムでもしっかり注意することが必要です。

ワイシャツ

ワイシャツは白色のものが適しています。

カラ―シャツはNGです。
柄のあるシャツや黒色のシャツ、襟が開いているようなワイシャツも好ましくありません。

ボタンの色やボタンを縫い付けている糸の色も、白のものを選びましょう。
また、光沢のある素材が使われているシャツも避けるべきです。

靴下

靴下も黒色が適切です。
白色などの目立つ色、また柄ものはNGだとされています。

また、短い靴下は肌が見えてしまい目立ちますので、座っても肌が見えない、くるぶしが隠れるぐらいの長い靴下が望ましいです。

シングルとダブルのどちらが適切?

男性のスーツには、シングルスーツとダブルスーツの2種類があります。
シングルスーツは前ボタンが縦1列に、ダブルスーツは前ボタンが縦2列に並んでいるスーツのことを指しています。

礼服を買いに行った際に、迷った方もいたのではないでしょうか。
結論からお話ししますと、どちらでも構いません。

しかし、シングルスーツの方が会社でも着用してる方がいますし、一般的だと言えます。
ダブルスーツはご年配の方が着用してることが多いです。

女性の場合

さて、次に女性の礼服についてご説明します。

女性の場合、アンサンブルやワンピースを着る方が多くいらっしゃいます。
その他に和服を着る方もいらっしゃるため、男性とガラッと違った服装になります。

ここからは、ワンピースやアンサンブル・ストッキング・和服のマナーについて説明していきます。

ワンピース・アンサンブルが基本

女性の場合、男性と同じくスーツで参列される方もいますが、基本的にはワンピース、もしくはアンサンブルが適しているとされています。

ワンピース、アンサンブルともに黒色のものを選びましょう。
黒色のワンピースは一着もっていると、色々な場面に使うことができます。
ワンピースは若い方が着用していることが多いですが、アンサンブルはとても落ち着いた印象があり、ご年配の方から若い方まで着用することができます。

ワンピース・アンサンブルそれぞれ、膝が隠れるぐらいの丈にしましょう。

ストッキングに関して

ストッキングに関しては、男性の靴下と同じく黒色が基本です。

肌がうっすら見える程度の濃さが適しています。
デニールの数値でいうと30デニール程度が適切とされています

また、予備のストッキングを用意しておきましょう。
葬儀の時は歩くことが多く、破れてしまうことがありますので、予備を持っておくと安心できます。

ペディキュアには注意が必要です。
会食などで靴を脱いだ際に、ストッキングから透けて派手なペディキュアが見えてしまうとマナー違反になってしまいますので、落としていくとよいでしょう。

和服の場合は

基本的に、和服は故人の親族だけが着用しています。

色は、他の礼装と同じく黒色の着物が適切です。
家紋を白色の糸で縫っている着物もありますが、着物の黒色部分は男性礼服と同じく光沢のない無地のものを着用しましょう。
帯や帯締めも黒色が基本です。

半衿や襦袢、足袋は白色の無地のものにしましょう。
衿は深めに合わせて、肌の露出は少なめがベストです。

子供の場合

最後に子供の礼服についてご説明しましょう。
子供のための礼服を持っている方は少ないのではないでしょうか。

学校の制服がある場合には制服でいいのか、また制服がない場合にはどのような服を着るべきなのでしょうか。
それぞれの場合について詳しく説明していきます。

制服がある場合

就学している子供の場合で、学校指定の制服があるときは、制服が正式礼服になります。
元々の制服のカラーやデザインなどは、派手過ぎなければ問題ありません。

そのため特に礼服を準備する事もありませんが、汚れが目立っていたり、裾や手首などがほつれている部分は少し綺麗にしておくと良いですね。

それでは、制服が無い場合にはどのようにすべきなのでしょうか。

制服がない場合

次に、制服が無い場合の礼服についてご説明します。

抱っこしないといけないような赤ちゃんの場合と、男の子の場合・女の子の場合と分けて詳しくお話していきます。

  • 赤ちゃんの場合

    葬儀の礼服といえば基本的には黒色とされています。

    しかし、ベビー用品のお店にはなかなか黒色の洋服はいないため、白色や明るい色を避けた落ち着いた色であれば、失礼にはあたりません。

    基本的に赤ちゃんは葬儀に連れて行かないのが一般的ともされています。
    しかし親族の葬儀の場合等では、そういうわけにもいきませんよね。
    いざという時のために、落ち着いたよ色の服を持っておくといいかもしれません。

  • 男の子の場合

    男の子の場合は、白色のシャツに黒色のジャケットもしくはブレザー、黒色のズボンといった制服風の服が適切とされています。

    靴下は黒色が無ければ、白色でも構いません。大人の男性礼服の章でもご説明しましたが、くるぶしが見えるような丈はNGです。
    座っても肌が見えないような、少し長めの丈が適切とされています。

  • 女の子の場合

    女の子の場合にも、白色のブラウス、黒色のジャケット、もしくはブレザー、そして黒色のスカートが一般的です。
    黒やグレーのワンピースも適切ですが、光沢のあるワンピースなどは避けましょう。

    靴下は男の子の場合同様、くるぶしが隠れるぐらいの長めのものが良いでしょう。
    ただし、膝上までの二―ハイソックスや、ルーズソックスのような靴下は避けましょう。

葬儀の際の礼服のマナー

葬儀

次は、葬儀のマナーについてご説明します。

礼服のレンタルについて、またネクタイピン・ベスト・ボタンダウンシャツ・半袖のマナーについて、それぞれ詳しく解説していきます。

礼服ってレンタルできる?

全国的に礼服のレンタルが普及していて、即日もしくは翌日に配達をしてくれるようです。
急ぎの場合は店頭受け取りが可能であったり、24時間ネットからの注文を受け付けていたりと、非常に利用しやすい工夫がなされています。

礼服だけでなくバッグやアクセサリーまでレンタル可能で、相場は、4日間~5日間のレンタルで5000円~1万5000円程度です。

また、紳士服店などでも礼服レンタルは実施されています。

礼服にネクタイピンはNG?

さて、次はネクタイピンについてご説明します。
結論からお話しますと、原則的にはNGです。

葬儀において光物の着用は不適切であると紹介しましたが、ネクタイピンも同様にキラキラと目立ってしまいまうため、着用は避けましょう。

しかし、どうしてもネクタイピンを付ける必要がある場合は、葬儀用のネクタイピンをつけることができます。
葬儀用のネクタイピンには、黒い無地で光沢のないネクタイピンや、真珠が1粒がついたネクタイピンがあります。

真珠は、涙の形を表すと言われており、葬儀の際に女性が身に着けるべきだとされているものですので、男性のネクタイピンに真珠がついていても問題ありません。
その他のアクセサリーですが、結婚指輪と腕時計以外を身に着けることはマナー違反だとされています。

ベストの着用は?

礼服を購入した際には、ベストもセットになっている事がありますが、実は葬儀にはあまり適切ではありません。
マナー違反といういうことではありませんが、着用している人はほとんどいないです。

正喪服のモーニングコートを着用する際にはベストを着用しますが、白衿をつけないように気を付けてください。

慶事ではよく着用されるので、葬儀の時だけ注意が必要です。

葬儀の際にボタンダウンはあり?

さて、最後はボタンダウンシャツについてご説明します。
ボタンダウンシャツとは、ワイシャツの襟の先にボタンがついているシャツのことを言います。

ボタンダウンシャツはカジュアルと捉えられてしまうため、葬儀ではNGだとされています。
ボタンダウンシャツは慶事においても適切ではありませんので、フォーマルとしてワイシャツを購入する場合には、ボタンダウンシャツは選ばないように気を付けましょう。

半袖はあり?夏の礼服って?

夏場であれば、半袖の喪服で参列したいですよね。

男性の場合も女性の場合も、葬儀中は基本的にジャケットを羽織ることになりますから、半袖を着ていたとしても問題ありません。
葬儀中にジャケットを脱がないように、気をつけてください。

夏用の喪服については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀に適切な靴

葬儀

さて、最後に葬儀に適切な靴についてです。
靴はあまり見えないと思ってしまいますが、そんなことはありません。
足もとまでしっかり気を遣う必要があります。

色は洋服同様、基本的には黒色です。
金具がついているようなものは、出来るだけ避けましょう。

また、長時間立ちっぱなしという場合もありますので、女性はヒールは低いものをおすすめします。
ピンヒールやウェッジソールはカジュアルな雰囲気があるため喪服には適していません。

葬儀用の靴については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀の際の礼服に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀の礼服について以下の通りに紹介していきました。

  • 男性は、無地で光沢のない黒色の喪服用のスーツと白いワイシャツが礼服として適している。
    ネクタイや靴下は黒色、靴下の丈はくるぶし以上のものがよい。

  • 女性は、黒のワンピースやアンサンブル、また着物が礼服として適している。
    ストッキングは30デニール程度のものにし、予備を持参するとよい。

  • 子供は、制服がある場合は制服を着用し、ない場合は白色のワイシャツやブラウスに黒のジャケットやブレザー、スカート・ズボンといったような、制服風の服装が適している。

  • 礼服はレンタルすることができ、カバンやアクセサリーも借りることができるため、レンタルでトータルコーディネートをすることも可能である。

  • 葬儀での靴は、黒色で光沢がなく、金具ができるだけ使われていないものがよい。
    女性の場合は、ヒールが低めのものが適している。

葬儀は故人にとっても、みなさんにとっても、とても重要な儀式となります。
ご冥福を祈る気持ちを表すためにも、きちんとした服装とマナーで参列しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも、葬儀に関する記事を多数紹介しております。
ぜひ以下の記事もご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・礼服」に関連する記事

  • 葬式はどんな服装で行けばいいの?夏や冬にしていくべき服装も解説のサムネイル画像
    葬式はどんな服装で行けばいいの?夏や冬にしていくべき服装も解説

    葬式の際の服装は、決められたマナーがあります。しかし葬式の場になると、どんな服装をすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?正式な場でマナーを守ることは、人間関係を保つ上でも重要です。この記事では、葬式に参列する際の服装についてご紹介します。

  • お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像
    お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

    お通夜に着ていく服装は、親族の場合と一般会葬者の場合で異なります。親族は礼服を着用し、一般会葬者は、親族よりも格を上げないよう、通夜には、略礼服を着用するのが一般的です。最近では親族も略礼服を着ることが増えてきました。

  • 葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!のサムネイル画像
    葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!

    葬儀に参列する際には決まって礼服を着用しなければなりません。メンズ用の礼服は種類も多く、どんな葬儀の場面にどんな礼服を着るべきか分からない方は多いのではないでしょうか?今回は、葬儀で着用するメンズ用の礼服の選び方を、スーツでの参列の可否と共に解説します。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介のサムネイル画像
    通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装についてご解説します。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しておきましょう。

  • 礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説のサムネイル画像
    礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか?主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像
    葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

    急な葬儀の際、喪服は持っていないけれど、着ていく服はスーツでもいいの?そんな疑問をお持ちの方はいませんか?最近ではスーツのお店で冠婚葬祭の文字を目にすることが増えてきていますが、実際どうなのでしょうか。今回は葬儀の際の正しい服装やマナーについて解説します。

  • 葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説のサムネイル画像
    葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説

    急に葬儀に行かなければならなくなった時、服装や靴はもちろんですが案外忘れがちなのが靴下です。葬儀に適した靴下とは具体的にどういうものなのでしょうか。今回、終活ねっとでは葬儀に適した靴下について、男性や女性、子供の靴下について紹介します。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

  • 葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめる?服装などのマナーも紹介のサムネイル画像
    葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめる?服装などのマナーも紹介

    葬儀で着るスーツの色を気にされる方は多いと思いますが、葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめるかご存知ですか?ビジネススーツと同じでいいのでしょうか?そこで今回は、葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめるのかについて、服装などのマナーとあわせてご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料