赤口に葬儀・通夜は行うべきではない?六曜と葬儀の関係について解説

赤口に葬儀・通夜は行うべきではない?六曜と葬儀の関係について解説

大安、仏滅などがある六曜ですが、このうち赤口という日があります。あまり聞きなれない赤口ですが、実は縁起の良くない日とされています。縁起の悪い日なら、葬儀・通夜は行うべきではないのでしょうか?赤口とその他六曜について、葬儀を行ってもいいのかどうか解説します。

最終更新日: 2020年12月18日

赤口に行う葬儀について

葬儀

六曜のなかでも大安、友引、仏滅などは意識する方も多いでしょう。
しかし、赤口はあまり会話に出てくることがない、という方も多いのではないでしょうか。

あまり耳馴染みのない赤口ですが、一般的にはあまり縁起の良くない日と言われています。
縁起の悪い日とすると、赤口の葬儀は避けた方がいいのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、赤口と葬儀との関係、その他の六曜それぞれと葬儀との関係について解説していきます。

  • 六曜とは?

    六曜の由来や今日の日本における影響について解説します。

  • 赤口に葬儀は行ってもいいの?

    赤口の葬儀は避けるべきかどうかについて解説します。

  • 六曜と葬儀の関係とは?

    赤口以外の六曜で葬儀を行うのに向く日、向かない日はあるかについて解説します。

  • 赤口と葬儀の関係についてまとめ

    葬儀と六曜の由来を交えて記事の内容をまとめます。

葬儀の日程でお悩みの方や、赤口や六曜と葬儀の関係について知っておきたいという方の一助になれば幸いです。
ぜひ、最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

六曜とは

葬儀

六曜とは中国で誕生した思想で、吉凶判断の基となる六つの日を暦に振り分けたものを言います。

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があり、それぞれの日に縁起の良し悪しが決まっています。
また、午前午後や正午など、特定の時間帯に良し悪しが決められている場合もあります。

六曜の考え方は、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて、中国から日本に伝来したとされています。
今日の日本においても、冠婚葬祭の日程を決める時に参考にされることが多く、強い影響力を持っていると言えます。

市販のカレンダーやスケジュール帳にも書かれていることが多いので、日常の中で目にする機会も多いのではないでしょうか。

以下の記事では、葬儀の日程と六曜の関係について解説しています。
気になる方はこちらもお読みください。

赤口に葬儀は行ってもいいの?

困った人々

今回主なテーマとなる赤口は、「しゃっこう」または「しゃっく」などと読みます。
六曜の中でも全てが大凶とされる日で、正午前後の各一時間のみ吉とされています。

また、赤という色が火や刃物(刃物による出血)などを連想させるため、火事や刃物などに注意をしなければならない日と言われています。

六曜で最も縁起の悪い日と言われる赤口ですが、それなら葬儀を行うのは避けた方がいいのでしょうか?

しかし縁起が悪いというのは、「お祝い事」や「新しいことを始める」ということに向かない、ということで凶日と言われています。
葬儀はお祝い事でも、新しいことを始める日でもありません。

赤口の日に葬儀を避けるべきということはなく、葬儀を行っても特に問題はありません。

通夜は行うべきではない?

葬儀と同様に、通夜についても赤口を避ける必要はありません。

赤口は「お祝い事」「新しいことを始めること」に向かないだけで、葬儀・通夜に悪い影響を与えるものではありません。

赤口に限らず、六曜で通夜に向かない日は特にありません。
ただ、先勝の通夜だけは避けておいたほうが都合のいい場合が多いと言われています。
その理由については、後に詳しくご説明します。

法事の場合は?

法事についても同様に、赤口を避ける必要はありません。

そもそも葬儀や通夜・法事・法要などは縁起を担ぐものではないので、吉凶の日柄が影響することはありません。
むしろ、赤口は法事に向くと言われることもあり、法事を行っても全く問題ないようです。

六曜と葬儀の関係について

葬儀

歴史を辿れば、赤口を含む六曜は中国由来の思想で、仏教はインド由来の宗教です。

「仏滅」という言葉など、六曜と仏教に関連があるものと考えられがちですが、そもそも由来が全く異なるものです。
多くが仏教葬で行われる日本で、六曜の日柄にとらわれ過ぎることはありません。

しかし、六曜も仏教も日本に伝来し長い年月が経過していることから、日本独自の考え方が根付いているのも確かです。
そこで、赤口以外の六曜と葬儀の関係についても見ていきたいと思います。

葬儀を行うのに縁起がいい日、または避けたほうがいい日などはあるのでしょうか。

大安

「大いに安し」と書く大安は、非常に縁起の良い日と言われています。

縁起の良い日に葬式を行うのは不謹慎でないかと気にされる方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

かつてはそういった考えから、大安の日に葬儀を避ける方が多かったようです。
しかし、近年ではこういった考えの方も減少傾向にあります。

一概に大安の日が良い、悪いといった線引きはありません。
大安の葬儀をどう感じるか、親族の意向を大切にされると良いでしょう。

先勝

先勝は「先んじればすなわち勝つ」と書きます。
一日を午前と午後の二つに割って、先の午前は吉、後の午後は凶とされています。

葬儀を行うには午前午後どちらが良いのか、気になるかもしれません。

これについては、どちらでも問題ないと言われています。

注意するところとしては、通常、先勝の翌日は友引になっています。
後述の理由から友引の葬儀が避けられているので、先勝の通夜は避けておいた方が良いでしょう。

先負

先負は「先んじればすなわち負ける」と書きます。
先勝とは反対に、先の午前は凶、後の午後は吉とされています。

考え方としては先勝と同様、午前午後どちらに葬儀を行っても問題ないと言われています。

友引

「凶事に友を引く」と書く友引は、葬儀を避けるべきとされることが多い日です。

故人が生前に親しかった友人を連れて行ってしまう、という縁起の悪い言い伝えが原因と言われています。

仏教と六曜は本来、由来の異なる宗教・思想です。
友引だから葬儀をやってはいけない、ということは決してありません。
ただ、「友引に葬儀は縁起が悪い」と信じている人は少なくはないでしょう。

親戚の方にはよく配慮して、日程を決めたいところです。

そもそも友引を休みにしている火葬場も多く、友引明けの火葬場は混雑することも多いようです。

仏滅

仏滅についても、赤口と同様に六曜の中では凶日に位置付けられています。

赤口と同様にお祝い事については避けた方がいい日とされ、結婚式などでは敬遠されることも多いようです。
しかしながら、葬儀は縁起を担ぐ日ではありませんので、仏滅の葬儀は特に問題ありません。

「仏滅の仏事はよし」とも言われ、葬儀に向いている日ととらえる考え方もあるようです。

仏滅の日の葬儀については、以下の記事でさらに詳しく解説していますので、気になる方はこちらもお読みください。

赤口と葬儀の関係についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回の「終活ねっと」では、赤口と葬儀の関係を中心に解説してきました。

記事の要点をまとめると、

  • 六曜とは

    中国由来の暦の吉凶を判断する思想で、今日の日本でも影響力がある。

  • 赤口に葬儀は行ってもいいの?

    赤口は祝い事には縁起が悪いが、葬儀には特に問題ない。

  • 六曜と葬儀の関係について

    概ねどの日も問題ないが、友引が敬遠されることが多い。

といった内容でした。

先に出てきた通り、六曜と仏教は由来が異なるものですが、日本独自の考え方が根付いています。
親族や参加者の方があっての葬儀なので、葬儀と六曜についてどんな考え方が根付いているのか知っておいて損はないでしょう。

葬儀と六曜の関係が話題に出た際には、今回の記事を思い出していただければ幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
また、「終活ねっと」では他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
以下の記事では葬儀の費用について解説していますので、こちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 先勝の日に葬儀を営んでもいいの?友引や赤口についても説明しますのサムネイル画像
    先勝の日に葬儀を営んでもいいの?友引や赤口についても説明します

    皆さんは六曜というものをご存知ですか?カレンダーや手帳などでよく目にする「大安」や「仏滅」といった記載事項です。その六曜の中に「先勝」という日がありますが、その先勝の日に葬儀を行なっても良いのでしょうか?六曜と葬儀の日程の関係について紹介します。

  • 葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像
    葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

    カレンダーで「仏滅」や「大安」の文字を見たことはありませんか。これらは六曜と言われており、中国が起源とされています。六曜は葬儀にも深く関係します。六曜を知れば、葬儀の際に役立つこと間違いなしです。今回は六曜と葬儀の関係について解説します。

  • 仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!のサムネイル画像
    仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!

    葬儀を友引に行ってはいけない、という話を聞いたことがある方は多いでしょう。では、仏滅に葬儀を行ってもいいのでしょうか?今回の記事では、葬儀と仏滅の関係を解説します。また、葬儀の一般的な日程や六曜についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像
    葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

    葬儀についてはさまざましきたりがあります。友引や仏滅といった暦は葬儀の日程とどのような関係があるのでしょうか。このほかに葬儀の日程を決める時に気をつけたいのはどのようなマナーでしょうか。葬儀と暦の切っても切れない関係についてわかりやすくご説明いたします。

  • 仏滅の通夜・葬儀は避けるべき?他の六曜やキリスト教の場合も解説!のサムネイル画像
    仏滅の通夜・葬儀は避けるべき?他の六曜やキリスト教の場合も解説!

    不幸にも家族が亡くなった場合、お通夜や告別式の日取りをすばやく決める必要があります。その時に仏滅や友引などのお日柄は大変気になりますね。仏滅に葬儀をおこなってもいいの?仏教以外の宗教でも関係ないの?など葬儀と仏滅に関する疑問を詳しく解説します。

  • 先負に葬儀をしてもいいの?仏滅や友引の場合についても解説!のサムネイル画像
    先負に葬儀をしてもいいの?仏滅や友引の場合についても解説!

    六曜をご存知ですか?カレンダーに表記されている六曜を、行事の日程を決める際に参考にされる方は多いでしょう。この六曜の一つである先負の日に葬儀を執り行っても問題は無いのでしょうか?先負だけではなく、仏滅や友引など六曜と葬儀の関係について詳しく紹介します。

  • 避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介のサムネイル画像
    避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介

    冠婚葬祭の日取りを決める場合は六曜カレンダーを気にすることがよくあります。六曜と葬儀の日程はどう関係あるのでしょうか。葬儀を行うべきではない日取りもあると聞きます。この記事では避けるべき葬儀の日取りを、六曜カレンダーと照らし合わせて解説します。

  • 葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介のサムネイル画像
    葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介

    葬儀の日程を決める際に友引の日は避けるべきとされています。今回終活ねっとでは葬儀の日程においてなぜ友引の日を避けるべきなのか、その理由と友引の意味について詳しく解説します。さらに通夜の日程においても避けるべき日があるのかについてもご紹介します。

  • 葬儀を避ける日はいつ?その理由とその他六曜と冠婚葬祭について解説のサムネイル画像
    葬儀を避ける日はいつ?その理由とその他六曜と冠婚葬祭について解説

    友引に葬儀をするのは縁起が悪いと聞きますが、なぜ友引のように葬儀を避ける日が存在するのでしょうか。また他にも葬儀を避ける日はあるとすればいつなのでしょうか。今回はそうした日に葬儀を避ける理由、六曜と冠婚葬祭との関係についても解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事