葬儀委員長の挨拶の文例って?挨拶の内容やタイミングをご紹介!

葬儀を執り行う際の役割の一つに葬儀委員長があります。葬儀の最高責任者にあたる葬儀委員長ですが、挨拶の文例ってどういうものかご存知でしょうか?今回の記事では、葬儀委員長が行う挨拶の文例やタイミングについて詳しくご紹介していきます。

目次

  1. 葬儀委員長の挨拶の文例について
  2. 葬儀委員長とは
  3. 葬儀委員長の挨拶に関して
  4. 葬儀委員長の挨拶の文例
  5. 葬儀委員長の挨拶の文例のまとめ

葬儀委員長の挨拶の文例について

葬儀

葬儀を行う際の役割の一つとして、葬儀の最高責任者にあたる葬儀委員長があります。

葬儀委員長になった場合に、どのように挨拶をすればいいかを存じ上げない方も多くいるでしょう。

今回終活ねっとでは、葬儀委員長とはどんなものかを説明し、挨拶の内容やタイミング、場合ごとの文例などを以下のような流れでご紹介していきます。

  • 葬儀委員長とは

    葬儀委員長の定義をご紹介

  • 葬儀委員長の挨拶に関して

    葬儀委員長は誰がするか、挨拶の内容、挨拶のタイミングをご紹介

  • 葬儀委員長の挨拶の文例

    「通夜の文例」「告別式の文例」「お別れ会の文例」をそれぞれご紹介

挨拶の文例も3種類用意してありますので、ぜひ最後までお読みください。
は、さっそく見ていきましょう。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀委員長とは

葬儀

葬儀委員長とは、葬儀の役割のひとつで、葬儀進行の最高責任者のことを指します。
「最高責任者」なので喪主よりも葬儀の進行に責任を持っていることになります。

最近は葬儀屋に仕事を依頼することが多いため、葬儀委員長がいない場合が多くなってきています。
葬儀屋に依頼したとしても葬儀委員長に置かれる場合もあります。
ですが、その場合は「挨拶だけ」というケースがあります。

葬儀委員長の挨拶に関して

葬儀

葬儀委員長は葬儀において重要な役割なので、誰が担うのかは大きなポイントとなってきます。
また、葬儀委員長は葬儀の進行を務めます。
厳粛な場ではマナーが重要視されますので、挨拶には当然気を遣わなければなりません。

ここでは主に、葬儀委員長の挨拶に関して解説していきます。

葬儀委員長は誰がするの?

葬儀委員長は「誰の」葬儀を行うかで変わってきます。
社長の葬儀を行う場合は、会長や社長候補がつとめます。
役員や社員といった社長以外の方の葬儀を行う場合は、社長がつとめるのが一般的になっています。

しかし、最近では葬儀屋が司会進行などを請け負うことが多くなり、葬儀委員長がいない場合が多くなってきました。

挨拶で話す内容

葬儀委員長挨拶は、故人の功績を称えたり、人柄などをご紹介するものが基本になってます。
社葬や団体葬である場合は、故人の意志を引き継ぐ表明を入れることも重要な要素になってきます。

挨拶で話す内容は、主に以下のような内容を入れるとよいです。

  • 名前、生年月日、家族構成

    故人の名前や両親、いつどこで生まれたかなど

  • 生い立ち

    学歴、職歴、結婚など

  • 病歴

    他界するまでに患った大きな病気の内容や治療歴など

  • 他界の原因

    原因となる病気の内容など

これらの内容に加え、葬儀委員長の方とのエピソードや思い出話のような内容をいれるのもよいでしょう。

挨拶をするタイミング

挨拶をするタイミングは、基本的には、僧侶の方に読経をいただいた後に葬儀委員長の挨拶を入れることになります。
通夜や告別式、お別れ会の際にも挨拶することがあるので、これらの文例については次で説明していきます。

葬儀委員長の挨拶の文例

葬儀

通夜と告別式の挨拶の内容について基本的に大きな内容に変化はありません。
お別れ会については、主催者によって言い回しを変えることもできるので、この記事では硬い文章を文例としております。

では実際に「通夜の文例」「告別式の文例」「お別れ会の文例」をそれぞれ以下でご紹介していきます。

通夜の際

以下は通夜での葬儀委員長の挨拶の文例です。

葬儀委員長の○○○○と申します。
葬儀委員長として、ご遺族、ご親族になり代わり一言ご挨拶を申し上げます。
本日は、ご多様にもかかわらず故○○○○様の葬儀に際し、大勢の皆様方にご会葬いただき、誠にありがとうございました。
加えまして、ご香料、ご供花、ご供物を頂きましたことに厚く御礼申し上げます。
生前は、格別のご厚情をたまわりまして、本人も大変感謝しておりました。
深く御礼申し上げます。

(氏名、年齢など故人のことを述べる。)
○○○○様は享年○○歳で生涯の幕を閉じられました。
長い生涯を通して大きな病気をされたことがなくご壮健でした。

(生い立ちや趣味などを述べる。)
定年後はご友人とカラオケやゲートボールに出かけるなど悠々自適の生活を過ごしてこられました。

(ほかにも、人柄や功績などを入れることも良いかと思います。)

ところが、○月○日に体調を崩し、○月○日に容態が悪化し、○○で逝去されました。
ただただご冥福をお祈り申し上げる次第でございます。
皆様から生前故人に賜りましたご厚情に感謝申し上げますとともに、ご遺族に対しましても故人同様変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

お陰をもちまして、お通夜は滞りなく終了いたしました。
明日は、午前○時読経開始となっております。
午前○時出棺の予定でご葬儀を執り行いますので、お忙しいところ恐縮とは存じますが、今一度、ご参拝、ご焼香頂ければ幸いでございます。
ささやかではございますが、別室に粗茶を用意してあります。お時間の許す限り故人の思い出話などをお聞かせいただきながらおくつろぎお願いします。
本日は誠に有難うございました。

通夜の際は、最後に葬儀の時間などの案内や、別室の案内などを入れることでより丁寧になります。

告別式の際

以下は告別式での葬儀委員長の挨拶の文例です。
生い立ちや略歴などのエピソードはお通夜の文例と同じものを使用しております。

葬儀委員長の○○○○と申します。
葬儀委員長として、ご遺族、ご親族になり代わり一言ご挨拶を申し上げます。
皆様、ご多様にもかかわらず故○○○○様の葬儀、告別式にあたり、ご列席下さいまして誠にありがとうございました。
ご遺族、ならびにご親族一同に代わりまして厚くお礼申し上げます。

(氏名、年齢など故人のことを述べる。)
○○○○様は享年○○歳で生涯の幕を閉じられました。
長い生涯を通して大きな病気をされたことがなくご壮健でした。

(生い立ちや趣味などを述べる。)
定年後はご友人とカラオケやゲートボールに出かけるなど悠々自適の生活を過ごしてこられました。

(ほかにも、人柄や功績などを入れることも良いかと思います。)

ところが、○月○日に体調を崩し、○月○日に容態が悪化し、○○で逝去されました。
簡単に病状を申し上げますとともに生前のご厚誼に対して深く御礼申し上げます。
本日はご列席いただきまして誠に有難うございました。

お別れ会の際

お別れ会には宗教的な儀礼などによる制約がないため、進行の仕方や、演出方法については決まりがなく、主催者が自由に決めることができます。

またご遺族だけではなく、友人や知人が主催することもできるため、告別式などと比べると柔らかい言い回しの挨拶になることもあります。

以下はお別れ会での葬儀委員長の挨拶の文例です。
生い立ちや略歴などのエピソードはお通夜の文例と同じものを使用しております。

葬儀委員長の○○○○と申します。
本日はご多忙にもかかわらず、故○○○○様のお別れの会に大勢の皆様にご臨席を賜りまことにありがとうございます。
○○○○様は享年○○歳で生涯の幕を閉じられました。

(氏名、年齢など故人のことを述べる。)
○○○○様は享年○○歳で生涯の幕を閉じられました。
長い生涯を通して大きな病気をされたことがなくご壮健でした。

(生い立ちや趣味などを述べる。)
定年後はご友人とカラオケやゲートボールに出かけるなど悠々自適の生活を過ごしてこられました。

(故人が社長などの場合は、故人の意志を引き継ぐ表明を入れることもあります。)


皆様には生前のご厚誼に対して深く御礼申し上げますとともに、今後とも変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
本日はお時間の許す限り故人の思い出話などをお聞かせいただきながらおくつろぎお願いします。

友人や知人が主催で行う場合は、もう少し軽く崩した内容にしても良いかと思います。

葬儀委員長の挨拶の文例のまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは葬儀委員長のことや挨拶の文例について紹介してきました。
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀委員長は葬儀の進行を執り行う上での最高責任者である。
  • 葬儀委員長は社長が行う場合が多く、故人が社長の場合は社長候補や役員が行う。
  • 挨拶の内容は、故人の功績を称えたり、人柄などをご紹介することが基本である。
  • 挨拶をするタイミングは僧侶に読経を頂いた後。

最近では葬儀屋が進行を行うことが多いので、葬儀委員長の役割がなくなっていることが多いですが、もし葬儀委員長をお願いされた場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

終活ねっとでは、他の終活に関する情報を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀委員長・挨拶・文例」に関連する記事

  • 訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!のサムネイル画像

    訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!

    電話や書面でのお知らせが一般的だった訃報ですが、社内に広く通知する際など、メールで訃報をお伝えすることも多くなっています。メールではどのような点に留意するべきなのでしょう?文例などはあるのでしょうか?メールで訃報をお伝えする際のマナーや文例をまとめました。

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

    葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

    通夜や葬儀で喪主を務めるときに挨拶を行いますが、どのようなことを話せばよいのか悩みますよね。喪主として挨拶を行うタイミングや、使ってはいけない忌み言葉など知らないことがあると不安になります。今回は、葬儀で喪主として挨拶する時の例文なども含めて紹介します。

  • 葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

    葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

    葬儀後に行う挨拶を「いつ、どんな方法で行えばいいの?」という声を多く聞きます。葬儀そのものに関わることは人生においてそう多くありません。葬儀の度に葬儀後の挨拶に悩む方は多いようです。今回は、葬儀後に行う挨拶のタイミングや方法について解説します。

  • 葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

    葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

    葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

  • 通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

    通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

    愛する身内の方が亡くなった場合、日を置くことなく通夜や葬儀が行われます。いずれも故人とのお別れや見送りをするうえでは欠かせません。ところで皆さんは通夜と葬儀の違いはわかりますか?今回はぜひ知っておきたい通夜や葬儀との違いや、マナーや費用も含めて見ていきます。

  • 葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

    葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

    葬儀において喪主を務めないといけなくなった場合、忘れてはいけないのが挨拶です。喪主の挨拶は葬儀において必ず必要なものであり、悲しい気持ちを堪えながらも挨拶の言葉と参列者へのお礼を述べないといけません。今回は喪主が葬儀で行う挨拶について解説をさせていただきます。

  • 葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介のサムネイル画像

    葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介

    葬儀委員長とはどういうことをする人なのでしょうか。 葬儀で挨拶をすることが多いようですが、何を話すのでしょうか。 葬儀委員長は誰がするのかを含めて分からないことも多いですね。 この記事では、葬儀委員長の挨拶に関して、葬儀委員長の選び方や挨拶の文例を含めて解説します。

  • 葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像

    葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

    一般的な葬儀は通夜のあと告別式を行います。通夜と告別式で喪主は弔問客へ挨拶を行います。通夜の挨拶内容と葬儀の挨拶内容は一緒でよいのかどうかなど、喪主の経験ないので分からないと思います。そこで今回、葬儀と通夜の挨拶内容や注意点、また参列者の挨拶も説明いたします。

  • 葬儀の礼状の文例をご紹介!礼状に書く内容やマナーについても解説のサムネイル画像

    葬儀の礼状の文例をご紹介!礼状に書く内容やマナーについても解説

    葬儀が終わったら葬儀でお世話になった方々にお礼状を出します。 お礼状にはどんなことを書くのか、誰が出すのか、文例や書き方のマナ―などがよく分からないという方も多いでしょう。 この記事では、葬儀に関する礼状の文例について、内容や文例、マナーを含めてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀委員長・挨拶・文例」についてさらに知りたい方へ

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!のサムネイル画像

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介のサムネイル画像

葬儀委員長の挨拶では何を話す?葬儀委員長の選び方や文例をご紹介

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

葬儀の礼状の文例をご紹介!礼状に書く内容やマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀の礼状の文例をご紹介!礼状に書く内容やマナーについても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀委員長・挨拶・文例」についてさらに知りたい方へ

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!のサムネイル画像

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと