葬儀で使う花の名称って?葬儀に適した花の種類や手配方法も解説!

葬儀で使う花の名称って?葬儀に適した花の種類や手配方法も解説!

葬儀で用いる花にも種類があることをご存知でしょうか?今回は、故人との最後のお別れの舞台を彩る「花」に注目して、葬儀で飾られる花の種類をご紹介するとともに、葬儀に適したお花の種類や葬儀へのお花の手配方法なども解説してきます。

最終更新日: 2020年02月29日

葬儀に送る花の種類について

葬儀

葬儀の場に用いる花にも種類があることをご存知でしょうか?
故人との最後のお別れの舞台を彩る「花」には、「枕花」「供花」「花輪」などいくつかの種類がありますが、同じ花でも少し意味合いが違うのです。

今回「終活ねっと」では、葬儀で飾られる花の種類をご紹介したうえで、祭壇に使われる花の種類や葬儀で使われる花の種類のほか、葬儀へのお花の手配方法について解説していきます。

  • 葬儀で飾られる花の種類とは?

  • 祭壇に使われるお花の種類

  • 葬儀で使われるお花の種類

  • 葬儀へのお花の手配方法とは?

  • 葬儀で渡すお花代について

以上の項目について解説していきます。
葬儀で使われるお花について気になる方は、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀で飾られる花の種類

葬儀

葬儀を彩る花には「枕花」「供花」「花輪」「献花」など、いくつかの種類があります。
葬儀で飾られる花の種類について詳しくご紹介していきましょう。

枕花

枕花(まくらばな)とは、故人の枕元に飾る花のことを指します。

亡くなってすぐの通夜の前から飾りはじめ、葬儀が終わるまで故人の一番近くに飾るもので、故人の魂を慰め、ご遺族の気持ちに寄り添うという意味合いがあります。

枕元に飾る花であるため、大きすぎないものを贈るようにします。
一般的には、白い生花を用いたアレンジメントフラワーが良いでしょう。
親族など故人との関係性が深い人や、特に親しくしていた友人などが贈ることが多いようです。

供花

供花(きょうか)とは、故人の供養のためにお供えする花のことを指します。
故人の魂を慰め、お悔やみの気持ちを伝えるとともに、葬儀会場や祭壇を飾る意味合いをもっている花です。
祭壇の両側に対(2基)で飾られることが一般的となっています。

宗教によって供花のマナーが違うため、贈る際には注意が必要です。
宗教別の供花の選び方をご紹介しておきましょう。

  • 仏式・神式での供花のマナー

    白い菊やカーネーションなどを主に使用します。
    どちらの場合も、白い花を中心に淡い色合いの花を選ぶようにします。
    基本的には生花を使いますが、造花を使用する場合もあるようです。

  • キリスト教式での供花のマナー

    キリスト教式では、ユリやカーネーションなどを主に使用します。
    仏式や神式と違い、キリスト教式での供花は「生花のみ」となります。
    そのため、造花の供花を送ることはNGです。
    失礼に当たるだけでなく、飾ることもできませんので注意してください。

花輪

花輪(はなわ)とは、葬儀会場の入り口を飾る大型の花飾りを指します。
故人への哀悼の意を表すとともに、ご遺族の心を慰めるためという意味合いをもっています。

葬儀で使用される花輪は、白と黒をベースとした色合いが一般的です。
屋外に飾る花のため造花を使用しています。
造花を輪の形にした花飾りの下には、送り主の氏名や団体名などを記載して飾ります。

花輪を飾る順番は、故人との関係性の深さによって決まります。
親しかった人から順番に、入口近くに飾るのが一般的です。

ただ、地域や会場によっては、花輪を飾ることができないケースがあります。
花輪を送る際には、事前にご遺族や会場に確認を取るようにしてください。

キリスト教式の献花とは?

キリスト教式の「献花(けんか)」とは、葬儀の際、故人に対してお花を捧げる儀式のことを指します。
仏式の「お焼香」や神式の「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」と同じような意味合いをもち、参列者が一人一輪の生花を捧げる儀式です。

献花に用いる花は、茎がしっかりしていて持ちやすい花が選ばれます。
一般的には、白い花(カーネーションなど)が主流ですが、最近では故人が生前好んでいた花を使用するケースもあるようです。

献花の手順をご説明しておきましょう。

  • 献花用の花を両手で受け取ります。

  • ご遺族に一礼したあと、祭壇に向かって一礼します。

  • 花を両手で持ったまま祭壇まで進み一礼します。

  • 花を時計回りに回し、根元が祭壇側、花が自分側を向くようして丁寧に献花台の上に置きます。

  • 花を置いたら遺影を見て黙とうをしたあと一礼します。

  • 献花台から離れたら、喪主の方や親族の方々にも一礼し、席に戻ります。

一般的な献花の手順をご説明しましたが、地域の風習や葬儀会場によっても若干の違いがあるようです。

献花台に花を捧げる以外にも、故人のお棺の中に花を捧げるケースなどもあります。
会場の流れに従うようにしてください。

供花の種類や金額相場については以下の記事でも解説しておりますので、合わせてお読みください。

祭壇に使われるお花の種類は?

葬儀

葬儀で飾られる花の中でも、祭壇に使われる花の種類に特別な決まりはありません
花の種類だけでなく、花の色も自由に飾ることが可能です。

葬儀全体の雰囲気を作り上げる役目も果たす「花祭壇」には、どのような花を選ぶのがよいのでしょうか?
祭壇に使う花を選ぶポイントをみていきましょう。

  • 故人が生前好きだった花を選ぶ。

    祭壇に飾る花の種類に決まりはないため、故人が生前好きだった花を選ぶことができます。
    葬儀には棘のある花はNGとされていますが、棘のある薔薇であっても、棘を取れば飾ることが可能です。

  • 色味で選ぶ。

    少し前までは、白をベースとした花を飾ることが多かったようですが、最近は白い花以外にも、ピンクや黄色、青色などの花を用いるケースもあります。
    花の種類に詳しくない場合など、花を指定するのではなく「全体的に○○色で」というように手配することも可能です。

  • 生花・造花・プリザーブドフラワーから選ぶ。

    祭壇に飾る花は生花を選ぶのが一般的ですが、造花やプリザーブドフラワーを用いるケースもあるようです。
    季節によって価格が変動する生花と比べ、造花やプリザーブドフラワーは費用を抑えることができる場合もあります。
    ただ宗教によっては、造花の使用はNGというケースもあるため、事前に確認を取るなど注意が必要です。

葬儀で使われるお花の種類

葬儀

葬儀で使われる花の中でも「菊」「ユリ」「カーネーション」は定番とされています。
棺の中に入れられる「別れ花」としても用いられることの多いこれらの花について、花言葉などとともに詳しく解説していきましょう。

葬儀で使われることの多い花といえば、真っ先に思い浮かぶのが「菊」ではないでしょうか?
菊の花は、皇室や皇族の紋章としても用いられており、高貴で格調高い花としても知られています。


日本の葬儀の定番でもある菊の花に「和」のイメージをお持ちの方も多いことでしょう。
しかし意外なことに、ヨーロッパなど西洋でも墓前に菊を捧げる習慣があるようです。
日本の葬儀で菊を使うようになったのは、その影響があったともいわれています。

また、菊の花には、花持ちが良いという特徴があります。
長い期間飾っておけるという点も、菊の花が葬儀に使われるようになった理由のひとつです。

ちなみに、菊の花言葉は「真実」「誠実」です。

ユリ

ユリの花も葬儀で使われることの多い花のひとつです。

聖母マリアに捧げられた花と言われており「純潔のシンボル」とされています。
特にキリスト教式の葬儀で使用されることが多いユリの花ですが、中でも白いユリの花には「清浄」「無垢」「純白」という花言葉があり、故人の御霊を清め浄化するという意味合いもあるようです。

ユリの花の花粉は染料としても使用されるほど、一度つくと取れにくいという性質があります。
そのため、葬儀にユリの花を使う場合には、手配の際に花粉を取り除いてもらうようにお願いしておくのがよいでしょう。

ユリの花言葉は「清浄」「純白」「威厳」「無垢」「純粋」です。

カーネーション

カーネーションといえば、花の日を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、葬儀の際にもよく使用される花のひとつです。

ドイツ、ポーランド、スウェーデンでは、お葬式の花の定番となっており、日本でもキリスト教式の葬儀で行われる献花において、カーネーションを使用することが多いです。

カーネーションは茎が丈夫で長さがあるため持ちやすいという特徴があります。
そのような点が、献花によく使われるようになった理由と言えるでしょう。

カーネーションの中でも白いカーネーションの花言葉は「亡くなった母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」「純潔」「純粋な愛」「可愛くて愛らしい」「尊敬」です。

葬儀へのお花の手配方法は?

葬儀

葬儀にお花を贈る場合は、通夜の当日に届くように手配します。
葬儀社や花屋に手配する方法が一般的ですが、最近ではネットで注文する方法もあります。

ただ、宗教によっては飾ることのできない花があったり、地域の風習によっても飾れる花が限定されているケースもあるため、お花を贈る際には注意が必要です。

葬儀を取り仕切っている葬儀社なら、故人の宗教や地域の風習に関しても知り尽くしています。
そのため、葬儀にお花を贈るのならば、葬儀社に手配をお願いするのが一番確実で安心な方法といえるでしょう。

葬儀会場によっては、指定の業者以外からのお花(供花)は受け付けてくれないケースがあります。
故人を想いせっかくお花を送っても、飾ってもらうことができなければ意味がありません。

また、指定の業者以外からのお花の持ち込みがOKだったとしても、持ち込み料が発生するケースもあるようです。

葬儀のお花を花屋やネットで注文をする際には、事前に会場やご遺族の方などに以下の3点を確認しておくことをおすすめします。

  • 宗教や宗派によって飾れない花はないかを確認する。

    例えば、キリスト教では造花を飾ることはできません。

  • 地域の風習によって飾れない花はないかを確認する。

    地域によっては、飾れる花が決まっているケースもあります。

  • 他の業者からのお花を飾れるかどうかを確認する。

    持ち込み自体がNGの場合や、持ち込みがOKでも持ち込み料がかかる場合もあります。

「終活ねっと」では、葬儀への花の手配方法につてい詳しく解説した記事をご用意しております。
ぜひ、そちらの方もご覧ください。

葬儀で渡すお花代について

お金

「お花代」とは香典とは別に包むもので、葬儀を飾る生花(供花)のための費用を指します。
お花代の金額相場は、1万円~1万5千円ほどとされており、お供えするお花の価格によって様々です。

お花代を包む際には、白地の封筒か不祝儀袋を使用しますが、包む金額に見合ったものを選ぶのがマナーです。
金額が1万円程度までなら水引が印刷されているタイプを、1万円以上ならば黒白の水引が付いたタイプを選ぶのが良いとされています。

銀色の水引きが付いた豪華な不祝儀袋もありますが、使用する際には目安として3万円以上包んだ方がいいでしょう。
包む金額が不祝儀袋と見合っていない場合、失礼にあたりますので気をつけるようにしてください。

「終活ねっと」では、葬儀のお花代について詳しく解説した記事をご用意しております。
ぜひ、そちらの方もご覧ください。

葬儀に送る花の種類のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、葬儀に飾られる花の種類についてご紹介してきました。
葬儀で使われるお花について詳しく知るきっかけになったのではないでしょうか?

今回の記事をまとめると以下の様になります。

  • 葬儀で飾る花には「枕花」「供花」「花輪」「献花」などいくつかの種類があり、それぞれ意味合いが異なる。

  • 祭壇に使う花の種類に特別な決まりはない。
    花の種類だけでなく、花の色も自由に飾ることが可能である。

  • 葬儀で使われる花の定番は「菊」「ユリ」「カーネーション」の3種類である。

  • 葬儀にお花を贈る場合、葬儀社・花屋・ネットと方法は3種類あるが、葬儀社で手配するのが一番確実で安心である。

  • 「お花代」とは香典とは別に包むもので、葬儀を飾る生花のための費用を指す。

葬儀にお花を贈る際の参考になれば幸いです。

「終活ねっと」では、葬儀の費用について詳しく解説した記事をご用意しております。
ぜひ、そちらの方もご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事