葬儀で渡すお布施の書き方は?金額相場や渡し方・包み方まで解説!

葬儀が始まるまでにご遺族が準備することは山のようにあります。葬儀の準備の1つとしてお布施がありますが、書き方についてはご存知でしょうか。この記事では、葬儀で渡すお布施の書き方や金額相場などを解説していきます。

目次

  1. 葬儀でのお布施の書き方について
  2. お寺に渡すお布施とは?
  3. 葬儀でのお布施の書き方
  4. 葬儀で渡すお布施の金額相場
  5. お布施の渡し方
  6. お布施の包み方
  7. 葬儀でのお布施の書き方まとめ

葬儀でのお布施の書き方について

葬儀

故人がお亡くなりになってから葬儀が始まるまでの間、ご遺族が準備すべきことは山のようにあります。
お坊さんの手配や参列者への案内状、葬儀を行う上で必要になる色々な手続きなど、内容は多岐にわたります。
こういった葬儀の準備の1つとして挙げられるのがお布施です。

葬儀で渡すお布施については知っているけれど、書き方がよくわからないという人は多いのではないでしょうか。
「お布施には何をどう書けばいいのか」「お布施はどれくらい包めばいいのか」など、疑問は尽きないこととおもいます。
事前に知っておけば、準備にかける時間を短縮できることでしょう。

今回の終活ねっとでは、葬儀で渡すお布施の書き方について、

  • お布施の意味
  • お布施に書く内容と書き方について
  • お布施はいくら包めばいいのか
  • お布施を渡す方法
  • お布施を包む方法

以上の内容を解説していきます。
金額相場の項目では宗派別に説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お寺に渡すお布施とは?

葬儀

お布施とは、故人の供養していただいたことに対する感謝の気持ちとして、お坊さんに渡す謝礼のことです。
また、お坊さんを通してお寺のご本尊へ供えるものという考え方もされています。
気持ちで渡すものと考えられているため、明確な金額設定はされていません。

葬儀でのお布施の書き方

葬儀

故人の供養をしていただくため、お坊さんの存在は欠かせないものです。
そのため、感謝の気持ちを伝えるためにも、お布施は必ず用意しておかなければいけません。
ここでは葬儀で渡すお布施の書き方についてご紹介します。

お布施に表書きなどを記入する際、葬儀だから薄墨と考える人もいますが、お布施の場合は普通の墨でも問題はないとされています。

香典はご遺族に渡すものなので薄墨が推奨されていますが、お布施はお坊さんに渡すものです。
お坊さんに不幸があったわけではないので、普通の墨を使ってもマナー違反にはなりません。

また、同じ理由でお布施を不祝儀袋に包むのは避けてください。

表書きは?

葬儀で渡すお布施の表書きの書き方は「御布施」「御回向料」「御経料」「御礼」などが挙げられます。

感謝の気持ちを示すものなので「料」とついた表書きは失礼とする考えもあります。
そのため、御経料などでも間違いではないですが、御布施と書くのが無難です。

お布施のほかにも、状況によっては「御車代」「御膳料」を渡す場合があります。
御車代は簡単に言うとお坊さんの交通費で、葬儀会場がお寺、または徒歩圏内だったりした場合は用意する必要はありません。

御膳料は法要の後に開かれる会食にお坊さんが欠席する場合に渡すものです。

会食に出席する、会食の代わりに弁当を渡したなどの場合、御膳料は必要なくなります。

名前の書き方

葬儀で渡すお布施の名前の書き方についてですが、名前は「○○家」、もしくは喪主のフルネームを記入します。

書く場所はお布施の表面下部の中央です。
縦書き一列に収めた方が見栄えは良いですが、姓名が長い場合は中央より少し右側に名字を記入後、左側に書いて二列に収めるようにしましょう。

お布施で裏面に書くことはなにもありませんが、地域によっては住所と名前を記入する必要があります。
お寺との交流があまりないご家庭がお布施の表面に「○○家」と記入した場合、名字だけでどこの世帯からいただいたお布施なのかという判断ができないためとされています。
これはお寺に対する配慮なので、書かなくても問題ありません。

金額の書き方

葬儀で渡すお布施の金額の書き方は、基本的に漢数字で記入します。
ただ、一般的に使われている漢数字ではなく、旧字体を使用します。
旧字体については以下の表をご参照ください。

お布施の金額に漢数字の旧字体が推奨されている理由は、改ざん防止のためです。
一般的な漢数字の場合、第三者が後から棒線を書き足しやすく、数字を改ざんされても気付かれにくくなっています。
しかし漢数字の旧字体は画数が多く、改ざんがしにくい構成になっています。

また、金額の頭には「金」、圓の後には「~也」と書きましょう。
也は包んだ金額が10万円以上の際につけますが、必須というわけではありません。

一般的な漢数字
漢数字の旧字体

中袋の書き方は?

葬儀で渡すお布施の中袋の書き方についてですが、まずは中袋の表面の中央に金額を縦書きで記入します。
中袋の裏面の左側に住所と名前を書いてください。
名前はフルネームで記入し、住所とともに裏面の左側へ二列で収めるようにしましょう。

住所やフルネームが長い場合、多少右側にずれても問題ありません。
中袋がない場合はなにも記入しない、必要な場合はお布施袋の裏面に直接書きます。
中袋がない状態で金額を記入するなら、住所と名前を書いた右横に縦書きです。

住所やフルネームを書く欄があらかじめ印刷されているお布施袋なら、その指示に従って記入してください。
金額欄がある場合はアラビア数字(1、2)で書きます。

葬儀で渡すお布施の金額相場

葬儀

お布施は先述したように、あくまでも感謝の気持ちから渡すものです。
しかし、金額がまったくわからない状態では、お布施の準備がしにくいこととおもいます。
ここでは宗派別に葬儀で渡すお布施の金額相場についてご紹介します。

ただ、地域やお寺によって金額は変わってくるため、より具体的な金額を聞きたい人はお坊さんに直接聞いてみるのが良いでしょう。

その場合、ストレートに尋ねてしまうとお坊さんは「お気持ちで」と答え、具体的な金額を教えてくれない可能性が高いです。

そのため質問の仕方としては「ほかの人たちはどれくらい包んでいるのでしょうか」という言い回しの方がお坊さんも答えやすくなります。

浄土真宗の場合

浄土真宗は鎌倉時代に親鸞を教祖として開かれた宗派です。
浄土真宗でもお布施に明確な金額設定はされていません。
葬儀で渡すお布施の金額相場は宗派を問わず、比較的高額になっています。

浄土真宗のお布施の金額相場は10~30万円くらいです。
地域によって金額相場は変わり、東北や九州地方は約15万円、関東や近畿地方は20万円前後となっています。
さらに、葬儀の規模やお寺との交流の深さによっても金額相場は変動します。

また、浄土真宗ではお布施をお寺やお坊さんへの謝礼と考えていないため、表書きは必ず「御布施」にしておきましょう。
以下の記事でさらに詳しい解説をしていますので合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

浄土真宗の場合お布施はいくら包む?お布施の包み方や渡し方もご紹介

自分の家は浄土真宗だという方は多いと思います。 しかし、お布施を払ったことのある方は、余りおられないでしょう。 お布施はどの位がよいのか、どのように渡すのか、分からない方も多いでしょう。 浄土真宗のお布施について、包み方や渡し方などを含めて分かりやすく解説します。

曹洞宗の場合

曹洞宗は禅宗といわれている宗派のうちの1つで、寺院の数は全国で1万以上にのぼっています。
曹洞宗はほかの宗派と同じように、お布施はお坊さんやお寺に対する感謝の気持ちを示すものと考えられていますので、先述した御布施以外の表書きでもかまいません。

曹洞宗のお布施の金額相場は20~60万円と幅が広いです
戒名をする場合は、お布施に戒名料金を追加するため、さらに金額が高くなります。
戒名の文字数や格式でも金額相場は変動し、居士・大姉がつく場合は50~80万円くらいです。

さらに詳しい内容を知りたいという人は、以下の記事でより詳細にご説明しています。
こちらの記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

曹洞宗の場合にお布施はいくら包むの?書き方や金額相場をご紹介

お布施を納めるとき、その金額相場や宛名の書き方は宗派ごとに違いがあります。曹洞宗のお布施には、様々な慣例やルールがあるのです。そこで、曹洞宗のお布施はいくら包めばいいのか、他の宗派との違いにも触れながら、詳しく解説してまいります。

お布施の渡し方

困った人々

葬儀で渡すお布施の渡し方は2通りあります。
1つ目が小さめのお盆に乗せて渡す方法、2つ目がふくさで渡す方法です。
お盆の場合はお坊さんから見て、表書きが読める向きに置いた状態でお盆ごと差し出します。

ふくさの場合はお坊さんに渡す直前まで、お布施をふくさに包んでおきましょう。
そして時間になったらふくさの包みをほどき、ふくさの上にお布施を乗せた状態のまま差し出します。
より詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があります。そこで今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきましょう。

お布施の包み方

困った人々

お布施の包み方は2通りあって、奉書紙もしくは封筒で包みます。
奉書紙で包むのが正式なマナーで、包み方は半紙でお札を包んだ後、さらに奉書紙で包むという手順です。

奉書紙を用意する時間がない場合や手間を省きたいなどの理由から、封筒を選ぶ人も多いです。
なにも印刷されていない白色の無地を選び、お札の向きは揃えてから入れましょう。

より具体的なことを知りたいという人は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

みなさんは正しいお布施の包み方を知っていますか?お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すことは知っていても、お布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介いたします。

葬儀でのお布施の書き方まとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとでは、葬儀で渡すお布施の書き方について、以下の内容を解説してきました。

  • お布施は故人の供養をしたお坊さんに渡す謝礼で、明確な金額設定はない
  • お布施の表書きは「御布施」「御回向料」「御経料」「御礼」
    ほかにもお坊さんの交通費として「御車代」、お坊さんが会食を欠席した場合に料理の代わりとして「御膳料」をそれぞれ渡す
  • お布施の名前の書き方は、下部の中央に「○○家」もしくは施主の「フルネーム」
    裏面はなにも書かないが、地域によってはお寺に対する配慮で住所と名前を記入する
  • お布施の金額を書く時は改ざん防止のため、漢数字の旧字体(壱・弐)を使う
    金額の頭には「金」、10万円以上の場合は圓の後に「也」をつけるが必須ではない、金額欄が印刷されている場合はアラビア数字(1・2)で記入
  • 中袋の書き方は表面の中央に金額を縦書き、裏面の左側に住所とフルネーム
    お布施袋の裏面に直接金額を記入する場合は、住所とフルネームの右横に書く
  • 浄土真宗のお布施の金額相場は10~30万円
    浄土真宗はお布施を謝礼と考えていないため、表書きは必ず「御布施」と記入する
    曹洞宗のお布施の金額相場は20~60万円、戒名で居士・大姉がつく場合は50~80万円
  • お布施の渡し方はお盆に乗せる方法とふくさに乗せる方法の2通り
    お布施の包み方は奉書紙もしくは封筒で包む
    奉書紙で包むのが正式なマナーだが、封筒で包む人が多い

お布施の金額相場は、地域やお寺との関係性などで大きく変わってくることがわかりました。
明確な金額設定がない故に、お布施は用意する上で悩みの種になりやすいです。

先述したように、地域のお坊さんに直接尋ねてみるというのも1つの方法と言えるでしょう。

終活ねっとでは、ほかにも葬儀やお布施に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用に関することをテーマに具体的な解説をしていますので、ぜひご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・お布施・書き方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・お布施・書き方」についてさらに知りたい方へ

檀家のお寺に渡すお布施の相場は?包み方や渡し方についても解説!のサムネイル画像

檀家のお寺に渡すお布施の相場は?包み方や渡し方についても解説!

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

葬儀でのお布施の正しい渡し方や渡すタイミングは?相場金額もご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお布施の正しい渡し方や渡すタイミングは?相場金額もご紹介

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・お布施・書き方」についてさらに知りたい方へ

檀家のお寺に渡すお布施の相場は?包み方や渡し方についても解説!のサムネイル画像

檀家のお寺に渡すお布施の相場は?包み方や渡し方についても解説!

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

葬儀でのお布施の正しい渡し方や渡すタイミングは?相場金額もご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお布施の正しい渡し方や渡すタイミングは?相場金額もご紹介

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引