キリスト教葬儀のマナーって?葬儀の流れや仏教葬儀との違いを解説

キリスト教葬儀のマナーって?葬儀の流れや仏教葬儀との違いを解説

日本では仏教以外に、キリスト教を信仰されている方もいらっしゃいます。キリスト教の葬儀に関するマナーはどのようになっているのでしょうか。今回の記事では、キリスト教の葬儀マナーをご紹介します。葬儀の流れや仏教の葬儀との違いも解説しますので、参考にしてください。

最終更新日: 2020年06月27日

キリスト教葬儀の流れとマナーって?

困った人々

日本では様々な宗教を信仰している方が生活をしています。
仏教だけでなくキリスト教を信仰されている方もいらっしゃり、キリスト教の葬儀も日本で行われています。

キリスト教の葬儀に関するマナーや流れはどのようになっているのでしょうか。
今回「終活ねっと」では、キリスト教の葬儀のマナーや流れについて以下の内容を中心にご紹介していきます。

  • キリスト教の葬儀での喪主のマナーはどうなっているの?

  • キリスト教の葬儀に参列する時のマナーは?

  • キリスト教の葬儀の流れはどうなっているの?

  • キリスト教の葬儀と仏式の葬儀の違いは?

ご自分のご家庭がキリスト教を信仰されている場合だけでなく、知人の方がキリスト教を信仰されている場合にも、キリスト教の葬儀に関わることがあります。
いざという時に正しく葬儀に参列することができるように、今回の記事を最後まで読んで参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

キリスト教葬儀での喪主のマナー

葬儀

喪主は葬儀やご遺族の代表者なので、マナーをしっかりと守る必要があります。
キリスト教の葬儀で喪主を務める場合、どういったマナーがあるのでしょうか。

ここでは、キリスト教の葬儀での喪主のマナーをご紹介していきます。
喪主を務める際の参考にしてください。

お礼のマナー

喪主を務める場合、葬儀に関わってくれた人に対してお礼をする必要があります。
例えば仏式であれば、僧侶の方に謝礼としてお布施をお渡しします。

キリスト教の葬儀の場合には、教会と教会のオルガン奏者の方にお礼を行う必要があります。
教会にお礼を渡す場合、白色無地の封筒に現金を包んで封筒に表書きをします。

表書きは以下のようになります。

  • カトリック

    御花料や御ミサ料

  • プロテスタント

    献金や忌慰料

御礼という表書きはカトリックとプロテスタントどちらでも使用することができます。

教会のオルガン奏者に対するお礼も、白色無地の封筒を使用します。
表書きは「御礼」と書き、水引きやのしは付けないようにします。

お礼の金額相場は数万円といわれていますが、教会によっては金額が決まっていることもあります。
事前に教会に確認をしておくといいでしょう。

聖歌、賛美歌の歌詞の準備

キリスト教の葬儀の特徴として、聖歌や讃美歌を斉唱するというものがあります。
キリスト教を信仰されている方であれば聖歌や讃美歌はなじみがあると思いますが、その他宗教を信仰されている方は慣れていません。

そのためキリスト教の葬儀を行う場合には、聖歌や讃美歌の歌詞を準備しておく必要があります。
歌詞を印刷しておき、葬儀が始まる前に参列者の方に配布するようにしましょう。

献花の準備

キリスト教の葬儀では献花を行います。
献花とは仏式の葬儀でいう焼香などにあたるもので、参列者の方がお花を献花台に捧げます。

献花で必要になるお花に関しては、参列者の方の分まで喪主側が用意することになっています。
参列者の人数などを把握して、葬儀社と打ち合わせをしておくようにしましょう。

また直葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



キリスト教葬儀の参列者のマナー

葬儀

ここまでは、キリスト教の葬儀での喪主のマナーについてご紹介をしてきました。
キリスト教の葬儀に関しては、当然ではありますが参列者のマナーも存在しています。

参列時にマナー違反をしてしまうとご遺族の方に不快な思いをさせる原因となります。
ここではキリスト教の葬儀での参列者のマナーをご紹介しますので、しっかりと内容を確認してください。

御花料のマナー

仏式の葬儀に参列する場合には、故人の方へのお供え物として香典をお渡しします。
キリスト教では香典という考え方はないので、元々は香典をご遺族の方にお渡しすることはありませんでした。

近年では香典の風習に合わせて、日本のキリスト教では献花料をお渡しするようになってきました。
以下に献花料に関するマナーをご紹介しますので、覚えておきましょう。

香典袋の選び方

献花料を包む香典袋は、どういったものを使用するといいのでしょうか。
仏式の葬儀で渡す香典の場合には、白色無地の封筒や蓮の絵が描かれている香典袋を使用します。

献花料に関しては、白色無地の封筒またはユリの花や十字架が描かれている香典袋を使用します。
蓮の絵が描かれているものは仏式専用なので、献花料に使用しないようにしましょう。

表書きは、御花代や献花料と書くようにしてください。
「御香典」や「御仏前」といった表書きは仏式のものになるので、使用しないよう注意しましょう。

金額

献花料に包む金額はいくらになっているのでしょうか。
献花料の金額相場に関しては、香典と同じく故人との関係性によって変わってきます。

以下に献花料の金額相場をご紹介します。

故人との関係性 金額相場
両親 5万~10万円
兄弟・姉妹 3万~5万円
祖父・祖母 1万~3万円
叔父・叔母 1万~3万円
会社関係 5000~1万円
友人 5000~1万円

献花料の金額相場は自分の年齢によっても変わるので、考慮してみるようにしましょう。
あくまで金額相場は目安ですので、故人と特に親しかった場合に相場より多めに包むこともできます。

また逆に金銭的に余裕がない場合には、相場よりすこし少ない金額でも問題はありません。
献花料は香典同様にお気持ちですので、無理のない範囲で用意するといいでしょう。

献花のマナー

キリスト教の葬儀では、献花を行うとご紹介しました。
献花は焼香などと同じく作法があるので、正しい方法で行う必要があります。

以下に献花のやり方と流れをご紹介しますので、覚えておきましょう。

  • 自分の順番になったら両手でお花を受け取り、ご遺族の方に一礼をしてから献花台の前に移動する。

  • お花の茎の方を祭壇の方へ向けて、献花台に捧げる。
    右手は花側を、左手は茎側を持つようにしましょう。

  • お花を献花台に捧げたら、一礼をしてから黙祷します。

  • 黙祷後、祭壇の方を見たまま後ろに少し下がりご遺族の方に一礼をしてから自分の席にもどります。

歌のマナー

キリスト教の葬儀は献花だけでなく、聖歌や讃美歌を斉唱するという特徴もあります。
喪主のマナーでご紹介しましたが、聖歌や讃美歌の歌詞が葬儀前に配られるので斉唱が始まった際にはなるべく歌うようにしてみましょう。

どうしても聖歌や讃美歌がわからない場合には、無理に歌わずに聴くだけでも問題ありません
その場合は他の人と同様に起立して、清聴するといいでしょう。

服装のマナー

葬儀に参列する場合には、服装も注意しなければいけません。
仏式の葬儀であれば、略式喪服などを着用して参列することがマナーでした。

キリスト教に関しても、仏式と同じく略式喪服などを着用することがマナーとなります。
キリスト教だからといって服装に違いがある訳でないので、注意しましょう。

カトリックの場合には、女性の信者の方は黒いベールがついた帽子を着用することが正装とされています。
ただ信者でないのであれば、黒いベールのついた帽子を着用する必要はありません。

アクセサリー類についても仏式と同じく、派手なものを付けているとマナー違反となります。

地味な格好になるように心がけましょう。

下記の記事では、より詳しくキリスト教の葬儀の服装マナーについて解説しています。
ぜひお読みください。

言葉のマナー

仏式の葬儀ですと、参列者の方はご遺族の方にお悔やみの言葉を述べます。
キリスト教の葬儀では、お悔やみの言葉をご遺族の方に述べてしまうとマナー違反となってしまいます。

これは仏式とキリスト教の考え方の違いが理由となっています。
キリスト教では故人の死は不幸と捉えておらず、永遠の命が始まることと考えられています。

こういったことから死を悔やむお悔やみの言葉をかけるのではなく、安寧をお祈りすることばを述べなければいけません。

故人様の安らかなお眠りをお祈りいたしますといった安寧をお祈りする言葉を、ご遺族の方に述べるようにしましょう。

キリスト教の葬儀の流れって?

困った人々

ここまでは、キリスト教の葬儀での参列者のマナーをご紹介してきました。
では、キリスト教の葬儀はどのような流れで進行をしていくのでしょうか。

ここからはキリスト教の葬儀の流れをご紹介していきます。
キリスト教の葬儀に参列する際の参考にしてください。

キリスト教の葬儀の意味

キリスト教では葬儀はどういった意味を持つのでしょうか。
仏式の葬儀では、故人の御霊を供養して弔う、冥福をお祈りするといった意味がありました。

これに対してキリスト教の葬儀は、神に故人が生涯を全うできたことを伝える意味や神に感謝して礼拝をする意味があるといわれています。

先程もご紹介した通り、キリスト教では故人の死を永遠の命の始まりと考えます。
仏式のように故人の死を不幸と捉えていないなど、キリスト教特有の考え方があるので覚えておきましょう。

宗派によって違いがある

キリスト教にはカトリックとプロテスタントという2種類の宗派が存在しています。
同じキリスト教でも宗派によって違いがあるので、こちらも理解しておく必要があります。

例えば葬儀の意味に関しても違いがあります。
カトリックでは故人の罪を祓って神から受け入れてもらえるように祈る意味や、罪から復活を祈る意味があります。

プロテスタントの場合には、神に感謝する意味や遺族を慰める意味が込められています。
葬儀の進行や世話役に関しても違いがあります。

カトリックでは司祭が葬儀の進行などを行いますが、プロテスタントでは牧師が進行などを担当しています。
宗派による違いも事前に確認しておくようにしましょう。

カトリック

カトリックの葬儀はどういった流れで行われるのでしょうか。
ここではカトリックの葬儀の流れをご紹介していきますので、参考にしてください。

通夜

本来キリスト教にはお通夜という考えはなく、お通夜は行われていませんでした。
ただ近年では日本の習慣に習って、お通夜に代わる式を行うようになりました。

カトリックの場合には、通夜の集いと呼ばれる式を行います。
通夜の集いの流れは、以下のようになっています。

  • 聖歌合唱

  • 聖書朗読

  • 神父の説教

  • 通夜の祈り

  • 献花

  • 喪主による挨拶

  • 茶話会

上記はあくまで基本的な通夜の集いの流れであり、地域や教会によっては流れが変わることもあります。
通夜の集いは喪主による挨拶で終了し、茶話会には司祭や故人の近親者が参加します。

茶話会は仏式のお通夜でいう所の通夜振る舞いに似たもので、お茶をしながら故人をしのぶ場となっています。

葬儀・告別式

通夜の集いの翌日には、葬儀と告別式が行われます。
カトリックの葬儀や告別式の流れは以下のようになります。

  • 祈祷

  • 聖歌合唱

  • 撒水

  • 撒香

  • 神父による追悼説教

  • 讃美歌合唱

  • 弔辞や弔電の拝読

  • 喪主挨拶

  • 撒水

  • 献花・讃美歌合唱

  • 出棺

葬儀や告別式の流れに関しても、地域や教会によって違いがあります。
不明な点がある場合には、葬儀社との打ち合わせを行う際に確認をしておくといいでしょう。

カトリックの葬儀の特徴として、撒水があります。
撒水は棺に聖水を注ぐ儀式で、プロテスタントでは行われません

プロテスタント

ここまでは、カトリックの葬儀の流れをご紹介してきました。
プロテスタントの場合は、どういった流れで葬儀が行われるのでしょうか。
以下にプロテスタントの葬儀の流れをご紹介します。

通夜

カトリックでは通夜の集いという式が行われていましたが、プロテスタントの場合は前夜式と呼ばれる式が行われます。
前夜式の流れは以下のようになっています。

  • 讃美歌合唱

  • 聖書朗読

  • 通夜の祈り

  • 讃美歌合唱

  • 説教・感話

  • 献花

  • 喪主挨拶

  • 茶話会

プロテスタントの前夜式に関しても、地域や教会で流れが異なることがあるので注意が必要です。
基本的な式の流れはカトリックの通夜の集いと変わりはありません。

献花を牧師から行うなど、若干違いがあるのでよく確認をしておくようにしましょう。

葬儀・告別式

前夜式の翌日には、葬儀と告別式が行われます。
プロテスタントの場合、葬儀と告別式が一連の流れで行われることが多いという特徴があります。
以下にプロテスタントの葬儀や告別式の流れをご紹介していきます。

  • 前奏

  • 讃美歌合唱・聖書朗読

  • 祈祷

  • 讃美歌斉唱

  • 故人の略歴の紹介

  • 説教(葬儀の辞)

  • 牧師による祈祷

  • 讃美歌斉唱

  • 弔辞や弔電の拝読

  • 後奏

  • 喪主挨拶

  • 献花

プロテスタントの葬儀の特徴として、黙祷をする際にオルガンが演奏されるというものがあります。

また参列者の方が先に式場に入場しており、前奏とともに牧師、ご遺族の順番で入場するという特徴もあります。

葬儀の流れが教会で変わることもあるので、事前に確認をしておくといいでしょう。
また、下記の記事では、キリスト教の葬儀にかかる費用も併せて解説しています。

ぜひご覧ください。

仏式葬儀との違い

葬儀

ここまでは、キリスト教の葬儀についてご紹介をしてきました。
仏式の葬儀とキリスト教の葬儀では、どういった違いがあるのでしょうか。

ここでは仏式の葬儀との違いをご紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

納棺の方法

仏式の葬儀とキリスト教の葬儀では、納棺方法に違いがあります
仏式の葬儀では故人の方に死装束を行うのですが、キリスト教では死装束は行いません。

以下にカトリックとプロテスタントの納棺の流れをご紹介しますので、覚えておきましょう。

カトリック

カトリックの納棺の流れは以下のようになっています。

  • 故人のご遺体を清めて、死に化粧を行い着替えさせる。

  • 神父をお呼びして、ご遺体を囲み納棺の言葉を捧げてもらう。

  • 納棺の言葉の後に、聖書の朗読、聖歌合唱、祈りを行う。

  • ご遺族の方が故人のご遺体を棺に納めて、ご遺体の周りに白い花を入れる。

カトリックの場合、納棺は通夜の集いの前に行われることが多いですが、通夜の集いの後に納棺をすることもあります。
故人のご遺体を棺に納めた後は、ご遺体の手を胸の上で組ませてから故人が使用されていたロザリオを持たせてあげましょう。

プロテスタント

プロテスタントの納棺の流れは以下のようになっています。

  • 臨十後、末期の水を故人に含ませ、ご遺体を清めて死に化粧を行う。
    死に化粧を行った後には、着替えを行う。

  • 牧師をお呼びして、故人の枕もとで祈りを捧げてもらう

  • 牧師が祈りを捧げているなかで、ご遺族の方はご遺体を棺に納める。

  • ご遺体に白い布をかけて、ご遺体の周りを白い花で埋める。

  • 棺は黒い布で覆い、前夜式の会場に安置する。

  • 棺の枕もとに祭壇を作り、讃美歌斉唱、聖書朗読を行う。

  • 祈りを捧げた後に、牧師の方に納棺の辞を述べてもらう。

  • 讃美歌斉唱をし、最後に祈りを捧げる。

プロテスタントの納棺は、故人の方が亡くなった当日または翌日に行われます。
プロテスタントでは、牧師の方が納棺に立ち会うようになります。

故人のご遺体に着せる服装は自由ですので、故人が愛用していた服などに着替えさせてあげましょう。

火葬の方法

仏式の場合、火葬後にご遺骨を拾う骨上げというしきたりがあります。
キリスト教に関しては骨上げのしきたりはないので、ご遺族の方が二人一組になってご遺骨を拾う必要はありません。

キリスト教の場合には、それぞれがご遺骨を拾い骨壺に納めるようになります。

法事、法要の違い

仏教の場合、故人の方が亡くなってから七日ごとに忌日法要を行います。
故人の方が亡くなってから四十九日目に行われる四十九日法要をもって忌明けとなります。

以下キリスト教の場合の法事、法要の時期について紹介しております。

  • カトリック

    亡くなってから三日目、七日目、三十日目に追悼ミサが行われます。
    三十日目に行う追悼ミサをもって忌明けと考えます。

  • プロテスタント

    故人の方が亡くなった日を昇天記念日とし、その日から七日目から十日目か一ヶ月目に昇天記念式を行います。
    プロテスタントの場合は、基本的に故人が亡くなってから一ヶ月経過すると忌明けとなります。

このように仏教とキリスト教では法要の時期や忌明けの時期が違うので、こちらも覚えておきましょう。

キリスト教葬儀での流れとマナーまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、キリスト教の葬儀の流れやマナーをご紹介してきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • キリスト教の葬儀を行う場合、喪主はお礼のマナーに気を付ける必要がある。
    また讃美歌や聖歌の歌詞を用意する、献花を用意するといったことも喪主が行うことになる。

  • キリスト教の葬儀に参列する場合、香典の代わりに献花料を持参する。
    献花料に関するマナーは存在しているので、気を付ける必要がある。
    献花料以外に、歌や服装、言葉に関するマナーもあるので注意する。

  • カトリックの場合は通夜の集い、プロテスタントの場合は前夜式と呼ばれるお通夜に代わる式を行う。
    葬儀の流れに関しては、カトリックとプロテスタントは似ている点が多いが若干違いがあるので確認をしておく。

  • 仏教とキリスト教の葬儀には様々な違いがある
    納棺の方法や、法要や忌明けの時期も違うので、確認する。
    仏教では火葬後に骨上げというしきたりがあるが、キリスト教には骨上げのしきたりはない。

キリスト教の葬儀の流れやマナーについてお分かりいただけましたでしょうか。
仏教や神道の葬儀に参列したことがあるが、キリスト教の葬儀に参列したことがないという方は少なくありません。

もしキリスト教の葬儀に参列することになった場合には、今回の記事の内容を思い出して失礼のないようにしましょう。
最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

また、葬儀のマナーについては下記の記事で詳しく解説しています。
併せてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法のサムネイル画像
    普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

    日本では多くの人が仏教式で葬儀を行い、その際のお悔やみも仏教の考え方に則ったものとなっています。しかし、日本で行われる葬式やお悔やみは仏教式だけでなく、キリスト教式や神道式、自由葬などもあります。今回はその中でもキリスト教式のお悔やみについてみていきます。

  • キリスト教葬儀の香典の書き方とは?金額相場やマナーについても解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀の香典の書き方とは?金額相場やマナーについても解説

    キリスト教の葬儀に参列する際に香典は持参するのでしょうか、またその際に袋はどういったものを使えばいいのでしょう。表書きはどうすればいいのでしょう?終活中の方でもほとんど知らないキリスト教のお葬儀、香典の準備、マナーについて解説します。

  • キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介しますのサムネイル画像
    キリスト教の葬儀での服装のマナーとは?仏教式との違いも紹介します

    キリスト教の葬儀の場合、どのような服装で参列すればよいのでしょうか?また、仏教式とどのような違いがあるのでしょうか?気になるキリスト教の葬儀での服装や参列マナーについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説のサムネイル画像
    キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説

    日本ではクリスマスが国民的行事にまでなっていますが、キリスト教の葬儀に出かける機会は少なく、宗派によって葬儀の流れに違いがあることもあまり知られていません。ここではキリスト教の宗派別の葬儀の流れの違いと、さらにマナーについても解説します。

  • キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像
    キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

    キリスト教を信仰する方が亡くなったときには、キリスト教式の葬儀が執り行われます。しかし、キリスト教式の葬儀のマナーや、仏式の葬儀との違いを詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか。葬儀マナー等を中心に、キリスト教式の葬儀について詳しく説明していきます。

  • キリスト教葬儀に弔電を送ってもいい?弔電マナーや例文や台紙も解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀に弔電を送ってもいい?弔電マナーや例文や台紙も解説

    葬儀と聞くと多くの方が仏式をイメージしますが、キリスト教式の葬儀も件数は少ないものの行われています。キリスト教の葬儀について疑問がたくさん出てくるでしょうが、中には弔電を送れるのかどうかというものもあります。今回はキリスト教の葬儀での弔電について見ていきます。

  • キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説

    葬儀の際に必ず持参するものの1つが香典袋ですが、宗教によってマナーが異なるという点では注意すべきといえます。もしキリスト教の葬儀に参列する場合、どのような香典袋を持参すれば良いのでしょうか?そこで今回はキリスト教の葬儀での香典袋のマナーなどを見ていきます。

  • カトリック式葬儀の香典マナーとは?キリスト教の葬儀の流れも解説のサムネイル画像
    カトリック式葬儀の香典マナーとは?キリスト教の葬儀の流れも解説

    カトリックの葬儀の香典のマナーについて詳しくご存知でしょうか?普段あまり馴染みのないカトリックの葬儀のことについて勝手がわからず困っている方もいらっしゃるかもしれません。今回はカトリックの葬儀の香典のマナーついて葬儀の流れと共に詳しくご紹介します。

  • カトリックの葬儀のマナーをご紹介!葬儀の流れとともに解説のサムネイル画像
    カトリックの葬儀のマナーをご紹介!葬儀の流れとともに解説

    カトリックの葬儀は全体から見ても少数派であり、参列した経験のある人というのは少ないのではないでしょうか。いざ参列することになったらどんなマナーに気を付けたら良いのか分からないですよね。ここでは押さえておきたいカトリックの葬儀のマナーについて詳しく解説します。

  • キリスト教の葬儀の流れや香典の書き方って?服装やマナーも紹介!のサムネイル画像
    キリスト教の葬儀の流れや香典の書き方って?服装やマナーも紹介!

    みなさんはクリスチャンの葬儀に参列したことはありますか。全世界ではキリスト教の人口は多いですが、日本では1%未満とも言われていますので葬儀に参列する機会は少ないものです。今回の記事ではキリスト教の葬儀の流れや香典の書き方や服装、マナーについて説明いたします。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事