葬儀にスリーピースは着てもいいの?注意点や喪服についても解説!

葬儀にスリーピースは着てもいいの?注意点や喪服についても解説!

葬儀に参列する男性の服装は、ジャケットとズボンのブラックスーツがほとんどです。ではベストを着用するスリーピースはどうでしょうか?終活ねっとではスリーピースについての説明と、葬儀で着用する際のマナーや注意点について解説します。

最終更新日: 2020年12月18日

葬儀ではスリーピースを着るべき?

葬儀

ビジネスシーンでスーツといえばジャケットとパンツのツーピースであることが一般的です。
慶事でスリーピースを着用することはありますが、葬儀の時はどうでしょうか?

ブラックスーツといわれる喪服で参列するのが一般的になっているのが日本の葬儀です。
スリーピースを着るならば注意が必要です。

葬儀ではスリーピースを着るべき時と、そうでない時があります。
それは葬儀に参列する側か、参列される喪主や遺族の立場かによって変わります。

今回「終活ねっと」では、葬儀でのスリーピース着用について次の項目で解説します。

  • スリーピースとは?

  • スリーピースを着ると格が上がる

  • スリーピースを葬儀で着る時の注意点

読んでいる方が、葬儀でどんな立場で参列されても活かせるようになればと思います。
格が上がるという言葉で身構えてしまうかもしれませんが、難しいことはありませんので、是非とも最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

スリーピースとは?

人々

スリーピースとはジャケット、ズボン、ベストの三点を指したスーツのことです。
ベストはウェストコートともいわれます。

また日本では「三つ揃え」スーツと呼ばれます。
ジャケット、ズボンのみでベストがないものをツーピースと言います。

イギリスで誕生したスーツは、本来スリーピースが基本形であり、紳士の礼服といわれます。
スリーピースの時はベルトではなくサスペンダーをします。

イギリス本来の着こなしではネクタイピンはしません。
ベストがネクタイピンの代わりとなっているためです。

スリーピースを葬儀で着る際の注意点

葬儀

スリーピースについて理解いただけましたら、次は実際に葬儀でスリーピースを着る時の注意点を説明します。

喪主より格式が高くならないようにする

遺族が喪に服すという意味で着用する正装が、喪服の由来といわれます。
また喪服には格式が設けられており、順に正喪服、準喪服、略喪服があります。

葬儀に出られる方の立場と、通夜や法要などによって変わります。
さらに準喪服、略喪服でもスリーピースの方が、ベストがないツーピースより正式な装いとなります。

ところが戦後の日本では喪主や遺族の方でも準喪服であるブラックスーツが慣習化しました。
近年では核家族化で多様化しており、家族葬や一日葬などシンプルなスタイルが多くなっています。
そこで服装マナーもさほど厳格ではなくなってます。

喪主や遺族の方が準喪服であるブラックスーツで、しかもベストのないツーピースを着用されるのであれば、参列者は喪主や遺族より格が上の装いはしないというのがマナーとなります。
ですからスリーピースを着用するのは避けた方が無難ということになります。

また葬儀では喪主や家族の方より地味な服装をするというのも参列者のマナーです。
最近ではベストをファッションのひとつとして楽しまれる方もいます。

葬儀におしゃれをしてきたと誤解されないためにも、スリーピースは着用しない方がよいという考え方もあります。

葬儀の喪主や遺族の方であるならば、スリーピースを着用することで格が上がりますので問題はありません。

一部は日本独特のマナーになっています。
海外で葬儀に参列する場合のドレスコードとは違いますので注意が必要です。
では次に葬儀でベストを着る時の詳細について説明します。

ベストは無地の黒色にする

葬儀でスリーピースを着用する場合は、ジャケット・ズボンの共布を使った黒色にします。
白襟はふさわしくないので外します。

礼服の場合、結婚式を想定してベストがグレーや明るめの色が用意されていることがあります。
しかし葬儀では着用できませんので注意下さい。
ネクタイや靴下、そして小物類も全て黒でまとめます。

現代ではサスペンダーでなくベルトで構いません。
ベストはベルトが見えないサイズを選びましょう。

平常時にスリーピースを着るならばジャケットのボタンは開けていても、ベストを着用しているので、着方として問題ありません。
しかし葬儀の場合はベストがあっても、ジャケットのボタンは閉めておくのがマナーです。

ただしスーツには「アンボタンマナー」というものがあります。
これはジャケットの一番下のボタンは閉めないというものです。

これは葬儀の喪服でも同様となります。
ベストも同じく一番下のボタンを閉めません。

下記の記事では、男性の葬儀の服装について詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

スリーピース以外の喪服

人々

スリーピース以外の喪服には和装の紋付羽織袴やモーニング、燕尾服が正喪服となります。
しかし先にも述べましたように、日本では準喪服であるブラックスーツが一般化されています。

正喪服は大きな葬儀や社葬を取り仕切る葬儀委員長のような方が着用されることが多く、一般的な葬儀で着用されることはありません。

略喪服はブラックスーツ以外の黒や紺、グレーなど地味な色のスーツのことを言います。

「平服でお越しください」と指定があった場合には、この略喪服のことを指しています。
通夜の場合も略喪服で参列します。

喪服や葬儀での身だしなみやマナーについて更に詳しく知りたい方のために、「終活ねっと」では次の説明に詳しく記載していますので是非ご覧ください。

葬儀でのスリーピースについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
葬儀でのスリーピース着用について確認しますと、次のようになります。

  • ジャケット・スラックスにベストを追加したものをスリーピースといいます。

  • スリーピースはツーピースより格が上になるので、葬儀の格式を意識した用意が必要です。

  • 葬儀でスリーピースを着用するのは喪主や遺族ならば問題ありません。

  • 葬儀に参列する方はスリーピースを着るのは避けた方が無難です。

  • スリーピースを着る時はベストの色は黒のみ、それ以外の色のベストは慶事用なので葬儀では使えませんので注意が必要です。

スリーピースについて葬儀の時に迷わないよう理解いただけたら幸いです。

下記の記事では、葬儀のマナーについてより詳しく解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
 

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説のサムネイル画像
    喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説

    葬儀や告別式で着用する喪服。喪服は知っているけれど喪服用のバックや小物についてもマナーがあるということを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は喪服はもちろん、喪服用バックについても詳しく説明していきます。

  • 女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみのサムネイル画像
    女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみ

    女性の喪服選びは種類がたくさんあって難しいものです。スーツがいいかワンピースがいいか、また、パンツルックは許されるかなど、喪服選びの悩みは多いのではないでしょうか。ここでは、女性の喪服の選び方はもちろん、葬儀での靴やバッグについてのマナーも紹介します。

  • 葬儀のスーツと普段のスーツは違う?葬儀の際のスーツマナーを解説!のサムネイル画像
    葬儀のスーツと普段のスーツは違う?葬儀の際のスーツマナーを解説!

    葬儀の際にはスーツを着ていくものですが、この場合には注意しなければならない事が多く、それらはなかなかすぐに理解しきれるものではありません。そこで本記事では、葬儀の際に着るスーツに関する注意点等についてまとめましたので、皆様の事前の勉強に役立てば幸いです。

  • 完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像
    完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

    急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像
    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。今回この終活ねっとの記事では、お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのようなものを指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

  • 葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!のサムネイル画像
    葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!

    葬儀に参列する際には決まって礼服を着用しなければなりません。メンズ用の礼服は種類も多く、どんな葬儀の場面にどんな礼服を着るべきか分からない方は多いのではないでしょうか?今回は、葬儀で着用するメンズ用の礼服の選び方を、スーツでの参列の可否と共に解説します。

  • 通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介のサムネイル画像
    通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装についてご解説します。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しておきましょう。

  • 礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説のサムネイル画像
    礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか?主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像
    葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

    急な葬儀の際、喪服は持っていないけれど、着ていく服はスーツでもいいの?そんな疑問をお持ちの方はいませんか?最近ではスーツのお店で冠婚葬祭の文字を目にすることが増えてきていますが、実際どうなのでしょうか。今回は葬儀の際の正しい服装やマナーについて解説します。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事