葬儀後の法要にはどんなものがあるの?香典やお布施の金額もご紹介!

葬儀後の法要にはどんなものがあるの?香典やお布施の金額もご紹介!

葬儀では、故人のご不幸に対して悲しむ暇もないほどやるべきことが非常に多いです。ようやく葬儀が終わって心の整理を付ける時間も持てるようになりますが、実は葬儀後にもさまざまな法要があります。今回は葬儀後に行う法要についていろいろと見ていきましょう。

最終更新日: 2020年03月07日

葬儀後の法要について

葬儀

大切な方を亡くした際に葬儀が行われますが、喪主をはじめご遺族の方は葬儀が行われている間にやるべきことが非常に多いため、故人のご不幸を悲しむような余裕がありません。

ようやく葬儀が終わって故人が亡くなったことに向き合い、気持ちの整理を付けることができるようになりますが、実は葬儀後にも法要と呼ばれる儀式を行う必要があります。

法要はご遺族や故人にゆかりのある方が、故人の成仏や冥福を祈って行われる儀式であるため、葬儀ほどでないにせよ、きちんと準備を行ったうえで開催することが必要です。

しかし、法要には具体的にどのようなものがあるのかがよくわからないという方も多いでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、故人の葬儀後に行う法要について見ていきます。

  • 法要とはどのような儀式なのか?

  • 葬儀後に行う法要にはどのようなものがあるのか?

  • 葬儀後に行う法要の香典の金額相場はいくら?

  • 葬儀後に行う法要にはどんな服装がいい?

  • 葬儀後に行う法要のお布施の金額相場はいくら?

葬儀後の法要について詳しく知っておきたいという方や故人の供養の方法がよくわからないという方にとって非常に有益な情報が載っています。

ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

法要とは

葬儀

よく法要という言葉を耳にする方も多いでしょう。
この「法要」とはいったいどのような儀式なのでしょうか?

法要とは、亡くなった方が極楽浄土で生まれ変わり、成仏できるように願って行われる儀式です。
仏教のほとんどの宗派では、亡くなった方は六道(仏教の世界観で存在する6つの煩悩に満ちた世界のこと)のどれかに生まれ変わるとされています。

そして、六道で生まれ変わり続ける宿命(六道輪廻)が続く限り、本当の意味で救いはないという考え方があることから、法要を行って善行を積むことで故人が救われるようにするのが目的です。

このような目的があることから、法要は「追善法要」とも呼ばれます。

ちなみに、似た言葉に「法事」がありますが、こちらは故人の冥福を祈るための儀式である法要に、法要後に故人をしのぶために行われる会食まで含めたもののことです。

葬儀後の法要一覧

お墓

法要の意味などについて見てきましたが、それでは葬儀後の法要にはどのような種類があるのでしょうか?

実は葬儀後の法要には大きく分けて、忌日法要と回忌法要とに分けられます。

忌日法要

最初に挙げられるのが忌日(きにち)法要です。

忌日法要とは、故人が亡くなって7日目(初七日)から四十九日(七七日)を迎えるまで7日ごとに行う法要のことを指します。
なお、ご自宅に設けた仮の祭壇(中陰壇:仏壇ではない)の前で行うのが一般的です。

忌日法要が行われる期間は、閻魔大王が亡くなった方に対して生前の行いをもとに生まれ変わり先を決めている段階とされています。
このため、故人が極楽浄土に行くことができるように、ご遺族が7日ごとに法要を行って供養することが忌日法要の持つ意味です。

忌日法要の中で最も重要なのが四十九日法要で、これは四十九日が閻魔大王の裁きが下って、故人の生まれ変わり先が決まる節目とされているためです。
なお、故人を悼むための期間を「忌中」といいますが、四十九日法要を行った段階で、忌中の期間の終わり(忌明け)となります。

ただし、現代では初七日法要四十九日法要を行うだけという場合も多いです。
中には本来の四十九日よりも少し早い三十五日(五七日)に法要を行うケースもあります。

一方で、故人が亡くなって100日目に行う百箇日法要が行われる場合もありますが、最近では省略する場合も多いです。

回忌法要

回忌法要は故人が亡くなってちょうど1年の節目に当たる一周忌以降に行う法要を指します。

毎年ではなく、仏教の考え方に基づいて決まった年に行われるのが一般的です。

七回忌まで

回忌法要は一周忌法要から始まり、その後三回忌、七回忌、十三回忌と3と7がつく数え年に続いていきます。

ただし、そのうち一周忌と三回忌、七回忌に行われる回忌法要は、故人が亡くなってから比較的間もないため、故人のご遺族やご親族が多く集まって行われる場合が多いです。

なお、回忌法要についてよくある誤解として三回忌の場合が故人が亡くなって3年後、七回忌の場合が7年後に行うといった、数字そのままの年後に行うと考えられている点が挙げられます。

実は回忌法要は故人の命日を一回忌としているため、三回忌は2年後に、七回忌は6年後に法要を行うのが、正確なタイミングです。

このため、故人が亡くなってちょうど1年の節目に迎える一周忌も二回忌という扱いとされています。

弔い上げ

七回忌の次が十三回忌となりますが、十三回忌以降になると故人が亡くなってからかなり時間が経ち、故人を直接知る方が徐々に減っていくため、参列者も少なくなる傾向です。

このため、三十三回忌(故人没後32年に迎える)となった段階で、故人への供養はここで終わりとする意味で弔い上げにする場合が多く見られます。

弔い上げが三十三回忌法要のタイミングに行われる理由は、日本独自の考え方で三十三回忌の段階がすべての仏様の審判が終わったタイミング(十三王信仰)に基づくためです。

かつて五十回忌が弔い上げとされていましたが、現代では五十回忌を行わないケースが増えているためともいわれています。

ただし、回忌法要を行うタイミングやどの段階で弔い上げとするかについては、宗派や地方によってさまざまですので、事前にご近所の方や菩提寺の方に確認しておくと無難でしょう。

ちなみに、宗派によっては百回忌や百五十回忌を行う慣習もあります。

初七日法要を葬儀と同じ日に行う

先ほど説明しましたが、初七日法要は故人が亡くなって七日目に行う法要です。
ただし近年では、繰り上げ法要といって火葬が終わった後に葬儀場に戻り法要を行うことが多くなっています。

また、繰り込み法要といって初七日法要を葬儀・告別式のなかに繰り込み、火葬の前に行うという形もあります。

葬儀を行う日はご逝去後早くても三日目以降であり、初七日法要とほとんど間隔が空かない場合が多いため、繰り上げ法要や繰り込み法要が行われることが増えているようです。

下の記事では四十九日法要について詳しく紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀後の法要の香典の金額

葬儀

葬儀の場合と同じように、法要に参列する場合も故人にお供えするという意味で香典を持参することになります。

ただし、法要の香典の金額は葬儀の場合に比べると少ない場合もありますので、ここで理解していくと良いでしょう。

忌日法要

初七日法要から四十九日法要までの忌日法要については、葬儀の場合と同じように生前の故人とどのような関係にあったかよって金額の相場も変わってきます。

特に故人と血縁関係にあった場合は、血縁関係にない故人の場合よりも多く包むのが一般的な傾向です。

具体的な金額を挙げますと、故人が親の場合で1万円から5万円、兄弟姉妹の場合で1万円から3万円、知人や友人の場合で5000円から1万円が一般的とされています。

ただし、初七日法要については、近年葬儀と同じ日に行うケースも多いです。
このため、葬儀と同日に行う場合は別の日に行う場合の半額程度包んでおけば問題はないでしょう。

回忌法要

一方、一周忌法要以降に行われる回忌法要の場合は、忌日法要の場合に比べるとより香典の金額は少なめです。
一般的には、故人が血縁関係にある場合は1万円から3万円、血縁関係にない場合は5000円から1万円包むものとされています。

ただし、回忌法要の後には会食の時間が持たれることが一般的であるため、もし会食に参加するということであれば1万円から2万円ほど多めに包むと良いでしょう。

また、夫婦で一緒に香典を用意する場合も2人分の金額を包みます。

下の記事では香典の表書きなどのマナーについて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀後の法要の服装

葬儀

葬儀後の法要の服装は厳密には決まっていません。
ただ、ご遺族は三回忌までは正喪服や準喪服を着用するべきとされています。

一般の参列者の服装は、一般的には一周忌までは葬儀と同じ準喪服、一周忌以降は略喪服でよいとされています。

準喪服とは、男性であれば、ブラックスーツ、女性であれば黒や濃紺のワンピースやスーツ、アンサンブルです。
略喪服とは、男性であれば、黒に近い色のダークスーツ、女性であれば地味な色合いのワンピースやスーツ、アンサンブルです。

ただし、服装に関する考え方は施主によって変わるので、略喪服でよいのか確信が持てない場合は施主に確認するようにしましょう、

「平服でお越しください」と伝えられた際には略喪服を着用していくようにしましょう。

葬儀の法要のお布施の金額

お金

葬儀の場合と同じように法要では僧侶の読経が不可欠です。
そして、僧侶に対して読経をしていただいた感謝の気持ちとして謝礼であるお布施をお渡しします。

ここでは、法要の際に僧侶にお渡しするお布施の金額相場についても見ていきましょう。

忌日法要

まず、忌日法要については葬儀が終わって間もないことと、故人の生まれ変わり先が決まるまでの期間ということもあるため、僧侶へのお布施の金額は3万円から5万円が一般的な相場です。

ただし、初七日法要を葬儀と同じ日に行う場合は、葬儀の分と一緒に包んでお渡しします。

回忌法要

一方、回忌法要の場合は三回忌までの場合と三回忌以降の場合とでお布施の金額相場が異なります。

まず一周忌や三回忌の場合は、故人が亡くなってまだそれほど時間が経っていないことや参列者も多めであるから、忌日法要の場合と同じように3万円から5万円を包むのが一般的です。

七回忌以降は故人が亡くなってからある程度時間が経ち参列者も少なくなるため、お布施の金額も三回忌までに比べると少なめになります。
一般的には1万円から3万円が相場です。

御車代

なお、忌日法要を菩提寺など寺院ではなくご自宅など寺院以外の場所で行う場合は、別にお車代を5000円から1万円の相場で用意しましょう。

ただし、付き合いが長かったり、比較的遠路から駆け付けたりする場合などは上記の相場よりも多めに包むという配慮も必要です。

御膳料

このほか、法要後の会食に僧侶が参加できない場合は会食代わりとなる御膳料を用意します。
御膳料の相場は5000円から1万円が一般的です。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

葬儀後の法要についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀の後に行われる法要について、その種類を中心に見てきました。
内容をまとめますと、以下の各ポイントの通りです。

  • 法要とは、故人が極楽浄土に生まれ変わり成仏することを願ってご遺族が行うための儀式で、「追善法要」とも呼ばれる。
    葬儀後の法要は大きく分けて、忌日法要と回忌法要とがある。

  • 忌日法要は初七日から四十九日にかけて7日ごとに行われるものであるが、近年では初七日法要と四十九日法要のみ行うことが多い。
    近年では初七日法要を葬儀と同じ日に行うことが多い。

  • 回忌法要は一周忌など決まった年の命日に行う法要である。
    なお、回忌法要は三十三回忌や五十回忌の段階で故人の供養を完了する意味で弔い上げとする。

  • 葬儀後に行う法要で持参する香典は、葬儀の場合と同じように生前の故人との関係の深さによって決まってきて、忌日法要の場合は、故人が親の場合であれば3万円か5万円、兄弟姉妹の場合であれば1万円から3万円、知人や友人の場合は5000円から1万円である。
    回忌法要の場合は忌日法要の場合よりも少なく、故人が血縁関係にある場合は1万円から3万円、血縁関係にない場合は5000円から1万円である。

  • ご遺族は三回忌までは正喪服や準喪服を、一般の参列者は一周忌までは準喪服を着用し、それ以降は略喪服を着用するのが一般的である。
    ただ、施主の考え方次第なので、分からなければ確認するのが無難。

  • 葬儀後の法要でのお布施の金額については、忌日法要の場合で3万円から5万円、回忌法要の場合で1万円から3万円というのが一般的である。
    なお、場合によってお車代や御膳料を包むが、それぞれ5000円から1万円が一般的な相場となっている。

葬儀後に行う法要は、故人の冥福を祈って、極楽浄土にて成仏できるような願いを込めて行われるものです。
このため、故人が死後の世界でも安らかに生きることができるように心を込めて行うと良いでしょう。

法要でも、また葬儀でもお金の問題は大きなポイントとなりますが、もし葬儀費用のことでお悩みがあるようでしたら、以下の記事も参考になりますのでぜひともご活用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事