葬儀の際の香典の金額相場って?香典を出す際のマナーや表書きを解説

葬儀の際の香典の金額相場は、いくらぐらいなのでしょうか?香典を包むときには、マナーや表書きの書き方にも注意しなければなりません。この記事では、葬儀の際の香典の金額相場を中心に、香典を出す際のマナーや表書きについて詳しく解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

目次

  1. 葬儀における香典の金額相場について
  2. 葬儀における香典の相場金額
  3. 香典に関するマナー
  4. 香典の表書きについて
  5. 葬儀における香典の金額相場のまとめ

葬儀における香典の金額相場について

葬儀

葬儀における香典の金額相場は、いくらぐらいなのでしょうか?

香典は、線香や花の代わりに故人様への供養の気持ちを表すものであり、金銭面でご遺族を助けるという意味合いもあります。
そのため、香典の金額は故人との関係性によって変わってくるというのは、なんとなく想像できますよね。

ですが、いざ葬儀に参列することになったとき、いくら包めばいいのかと悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。
香典は、少なすぎると失礼に当たってしまいますし、マナー違反ですよね。
かと言って、多すぎても気を遣わせてしまい、ご遺族の負担になってしまいます。

そこで今回、終活ねっとの記事では、葬儀の際の香典の金額相場について、以下の疑問点を中心に解説していきます。

  • 葬儀における香典の金額相場は?
  • 香典に関するマナーは?
  • 香典の表書きの書き方は?

この記事では、香典の金額相場を故人との関係性毎にご紹介していきます。
また、夫婦連盟で香典を出す場合や、未成年の孫の香典についてなど、香典に関するマナーを詳しく解説していきます。
ぜひ、最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

葬儀における香典の相場金額

お金

それでは、葬儀における香典の金額相場を、故人との関係性毎にご紹介していきましょう。

祖父母・配偶者の祖父母

祖父母が亡くなられた場合、1~5万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
未成年の孫であれば、香典は両親が負担することになりますので、包む必要はありません。
これについては、後ほど詳しくご説明させて頂きます。

20代の孫であれば、香典は1万円程度が相場です。
ただし、同じく20代の社会人であっても結婚している孫の場合、相場は2~3万円程度に変わってきます。
これは「結婚して家庭を持っている=社会的な立場が確立されている」と見なされるためですね。
妻もしくは夫の分のお悔やみも含まれますので、独身の孫より多めに包みましょう。

30代の孫であれば、香典は1~3万円程度が相場です。
金額に幅がありますが、各自の収入に合わせた金額で失礼に当たることはありません。
ですが、結婚している場合はやはり多めに包むのが一般的ですので、3万円程度と考えましょう。

40代以上の孫であれば、香典は3~5万円程度が相場です。
こちらも金額に幅がありますが、各自の収入に合わせた金額を包みましょう。

また、年代に関係なく祖父母と同居していた場合には、香典を包む側でなく受け取る側であると考えるのが一般的です。
ただし、孫夫婦で同居していた場合には、やはり家庭を持つ立場として香典を出す必要があります。

配偶者の祖父母が亡くなられた場合も同様です。
夫の祖父母と妻の祖父母に、金額の差が出ないように注意しましょう。

父母・配偶者の父母

自身の父母あっても、喪主以外の家族は香典を包む必要があります。
父母が亡くなられた場合、3~10万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
ただし長男など、自身が喪主である場合には、葬儀を催す側であり香典を受け取る立場ですので、用意する必要はありません。

20代の子であれば3~10万円、30代の子であれば5〜10万円程度が相場です。
40代以上の子であれば10万円以上が相場ですが、収入に応じた金額を包みましょう。

また、配偶者の父母が亡くなられた場合も同様の金額を包みます。
自身の父母が亡くなられたときと同じように考えることが大事です。

兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹

兄弟姉妹が亡くなられた場合、5万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
20代の方でしたら、収入に応じて3万円でもマナー違反にはなりません。
40代以上の方は少し多めに包む風潮がありますので、収入や立場を考慮し金額を決めるといいでしょう。
配偶者の兄弟姉妹であっても、香典の相場は変わりません。
自分の兄弟姉妹と同じように考え、差をつけないのがマナーです。

また、兄弟姉妹であっても不仲であったり、疎遠であったりすることもあるかもしれません。
そのような場合でも、やはり冠婚葬祭は別であると考え、一般的な金額を包むようにしましょう。

叔父・叔母

叔父・叔母(伯父・伯母)が亡くなられた場合、1~3万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
20代であれば1万円、30代であれば1~2万円程度が相場です。
40代以上であれば1~3万円程度が相場ですので、交流の有無や親しさによって金額を決めるといいでしょう。

普段から付き合いのあった叔父や叔母であれば、故人への感謝の気持ちや、残された叔父や叔母への労わりの気持ちもあるかと思います。
仲の良かった叔父や叔母には、常識の範囲内であれば、多少多めに包んでも問題ないでしょう。

親戚

いとこなどの親戚が亡くなられた場合、3千円~3万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
20代であれば3千円~1万円、30代であれば3千円~2万円程度が相場です。
40代以上であれば3千円~3万円程度が相場ですので、親戚付き合いの有無によって金額を決めるといいでしょう。

多く包みすぎることは失礼に当たってしまいますが、親交の深さを加味することはマナー違反ではありません。
仲の良かった親戚には、周りとのバランスも考えながら、多少多めに包んでも問題はないでしょう。

友人・知人

友人・知人が亡くなられた場合、5千円~1万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
20代であれば5千円、30代であれば5千円~1万円、40代以上であれば1万円程度が相場です。

ですが、とても仲の良い友人が亡くなられた場合、5千円じゃ少ないと感じる方も多いですよね。
親交の深さによっては、年齢に関係なく1万円包んでもマナー違反にはなりません。
ただし注意点として、1万円以上包むのは一般的には親族です。
どんなに仲が良かった場合でも、上限は1万円と覚えておきましょう。

友人・知人の家族

友人や知人の家族が亡くなられた場合、3千円~1万円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
20代であれば3千円~5千円、30代であれば3千円~1万円、40代以上であれば3千円~1万円程度が相場です。

友人や知人の家族ですと、ほとんど顔を合わせたことがない場合も多いですよね。
そのため、一般的には3千円か5千円のどちらかを選択することが多いです。
古くからの親友のご家族や、親御さんとも面識がある場合は1万円を包むといいでしょう。

葬儀は故人を見送るだけでなく、遺族を慰めたり、労わるという意味もあります。
仲の良い友人が連絡をくれたのであれば、やはり葬儀に参列し、香典を包まれるのが良いでしょう。

会社関係者

会社関係者への香典は、包む相手や自身の立場によって金額相場が変わります。
詳しくは、以下の表を参考にしてみてくださいね。

年代/相手 同僚・部下 同僚・部下の家族 上司 上司の家族
20代 5千円 3千円~5千円 5千円~1万円 3千円~5千円
30代 5千円~1万円 3千円~1万円 5千円~1万円 3千円~1万円
40代以上 1万円以上 3千円~1万円 1万円以上 5千円~1万円

また、取引先の担当者への香典は、個人として包んだ場合、1万円程度が金額相場です。
ですが、取引先への香典は、会社として出す場合がほとんどですよね。

親しい間柄であれば、有志でお金を出し合うこともあるでしょう。
会社の規定や慣習などもあるかもしれませんので、まずは上司に相談することが大事です。

隣人

隣人など近所の方が亡くなられた場合、3千円~5千円程度を包むのが香典の一般的な金額相場です。
普段からご近所付き合いがあり、お世話になった方であれば、5千円~1万円程度を包みましょう。

あまり親しくない顔見知り程度であっても、葬儀に参列し香典を包むのであれば、香典返しを頂くことになります。
あまり低い金額では喪主の負担になってしまいますので、下限は3千円と考えましょう。

香典に関するマナー

葬儀

ここからは、香典に関するマナーをご紹介していきましょう。

持参した香典が少ないと気づいたら?

持参した香典が少ないと気づいたら、どうすればいいのでしょうか。
香典袋にも金額を書いてしまっているので、その場でお金を追加、というのは恐らく難しいですよね。

あとから気づいて後悔した場合、四十九日でお金を包むという手もあります。
ですが、またそれに対してのお返しを頂いてしまったり、喪主の負担になってしまう可能性があります。
堂々巡りにならないように、お菓子やお花など送り、お供え頂くのがベストでしょう。
いずれにせよ、失礼をしてしまったというお詫びの電話を一本入れることが大事ですね。

お札の枚数は「1・3・5・10」

香典に包むお札の枚数は、奇数を使うのがマナーとされています。
なぜ偶数はダメなのかというと「割り切れる数字=故人との繋がりが切れてしまう」と考えられているからです。
同じように「死」や「苦」を連想させるため、4・9も避けるべきとされています。

また、偶数でも2だけは特別という考え方もあります。
1万円では少ないけれど3万円では多いという場合に、2万円の香典を包むことがありますね。
近年ではあまり気にする方も少なく、偶数でも2万円なら大丈夫と考える人が増えてきました。
ですが、地域によってはやはり古くからのしきたりや風習を大事にしている方もいます。
やはり、偶数は避けておいた方が無難と言えるでしょう。

ピン札はNG?

香典にピン札を包むのはマナー違反だという声をよく耳にしますよね。
ピン札は「予め用意していた」という印象をご遺族に与えてしまい、好ましくないとされています。
「急な訃報に驚いて飛んできました」という意味で、綺麗なお札ではなく、敢えて古いお札を包むのです。

現在では昔ほど気にする方も少なくなってきましたが、やはりピン札は非常識と捉われてしまう場合もあります。
軽く折り目をつけるだけでも大丈夫ですので、香典を包む際にはピン札を避けるのが無難です。

香典は多すぎてもよくない

香典に包む金額は、多すぎてもよくありません。
これは、ピン札がNGであるのと同様に「予めお金を用意していた」という印象をご遺族に与えないためです。

香典には、ご遺族を金銭面で助けるという意味合いもありますので、気持ち多めに包む分には問題ありません。
ですが、ご祝儀と違っておめでたいことではありませんので、包みすぎは逆にマナー違反になってしまうのです。

夫婦連盟で出すときのマナーや金額は?

香典は、夫婦連盟で出さないのが一般的なマナーです。
夫婦揃って葬儀に参列する場合であっても、基本的には夫の名前だけを書きます
香典は家単位で用意するものと考えられているため、地域によっては非常識だと思われてしまう場合もあるので注意しましょう。
悩まれるようであれば夫の名前だけを書いた方が無難ですので、まずは夫婦でよく話し合ってから決めることが大事です。

夫婦連盟で記入する例として、夫婦共に故人と親交が深かった場合や、妻側の親族の葬儀に夫婦揃って参列する場合が挙げられます。
夫婦連盟で香典を出す場合でも、金額相場は一人で出すときと同じと考えましょう。
注意しなければならないのは、葬儀を終えたあとに会食がある場合です。
会食に出席するときは、5千円もしくは1万円の会食代を、香典に二人分プラスしましょう。

未成年の孫は香典をだす?

祖父母が亡くなられた場合、未成年の孫であれば、香典を包む必要はありません
同居の有無に関わらず、親から独立していない孫は香典は出さないのが一般的です。

社会人の孫の場合、同世代の孫が多ければ「孫一同」として香典を包む形もあります。
ただし、結婚して家庭を持っている孫であれば、やはり単独で出すのがいいでしょう。
事前に相談するなどして、他の孫たちとのバランスにも気をつけましょう。

香典の表書きについて

葬儀

葬儀に香典を持参する場合、表書きは「御霊前」を用いるのが一般的です。
また、四十九日の法要を過ぎたあとは「御仏前」を使います。

ただし、浄土真宗ではこのような使い分けはせず、葬儀でも「御仏前」を使います。
このように、香典の表書きはお相手の宗教や宗派によって変わります。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
香典の表書きについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回はその中で香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの事を中心に解説していきます。

葬儀における香典の金額相場のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとの記事では、葬儀の際の香典の金額相場を中心に、香典のマナーについて以下のことを説明しました。

  • 祖父母・配偶者の祖父母が亡くなられた場合、香典の金額相場は1万円~5万円程度である。
  • 父母・配偶者の父母が亡くなられた場合、香典の金額相場は3万円~10万円程度である。
  • 兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹が亡くなられた場合、香典の金額相場は5万円程度である。
  • 叔父・叔母が亡くなられた場合、香典の金額相場は1万円~3万円程度である。
  • いとこなどの親戚が亡くなられた場合、香典の金額相場は3千円~3万円程度である。
  • 友人・知人が亡くなられた場合、香典の金額相場は5千円~1万円程度である。
  • 友人・知人の家族が亡くなられた場合、香典の金額相場は3千円~1万円程度である。
  • 会社関係者が亡くなられた場合、会社として香典を出すことが多く、会社の規定や慣習があるため、まずは上司に確認する。
  • 隣人など近所の方が亡くなられた場合、香典の金額相場は3千円~5千円程度、親交が深ければ5千円~1万円程度である。
  • 香典に包むお金は偶数やピン札を避け、出しすぎにも注意する。

香典の金額にはこれが正解という答えがないため、適切な金額を包むのはなかなか難しいですよね。
まずは自身の年代、収入や立場を基に、常識の範囲内で親交の深さを考慮するように心がけましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
葬儀の費用について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・香典・相場」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・香典・相場」についてさらに知りたい方へ

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょうのサムネイル画像

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょう

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについてものサムネイル画像

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについても

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

一周忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別・地域別にご紹介!のサムネイル画像

一周忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別・地域別にご紹介!

初盆で渡す香典の金額相場はいくら?香典の書き方についても解説!のサムネイル画像

初盆で渡す香典の金額相場はいくら?香典の書き方についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・香典・相場」についてさらに知りたい方へ

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょうのサムネイル画像

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょう

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと