葬儀での僧侶への挨拶のタイミングと文例は?お布施の渡し方も解説

葬儀を執り行う上での不安要素の一つに、僧侶への挨拶の仕方があると思います。葬儀の際に僧侶に対して「いつ・どのような言葉で」挨拶をしていいか悩まれるでしょう。葬儀での僧侶への挨拶をするのはどのようなタイミングか、例文を挙げて解説していきます。

目次

  1. 葬儀での僧侶への挨拶について
  2. 葬儀で僧侶へ挨拶するタイミング
  3. 葬儀で僧侶へ挨拶する際の例文
  4. 僧侶にお布施を渡す時のマナーは?
  5. 挨拶状について
  6. 葬儀での僧侶への挨拶まとめ

葬儀での僧侶への挨拶について

葬儀

お身内が亡くなった時、様々な手続きを進めたり、葬儀の段取りを組まなければならないなど大変忙しくなるかと思います。

葬儀を執り行う上で、とても重要になるのが宗教者に来ていただくということです。

仏式での葬儀を行う場合は、寺院から僧侶に来ていただくことになりますが、普段から寺院との交流がない方はどのように寺院の方とお話しをすればいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回終活ねっとでは葬儀での僧侶への挨拶について、次のような流れで解説していきます。

  • 葬儀で僧侶への挨拶をするタイミングはどんな時があるのか。

    葬儀で僧侶への挨拶をするタイミングにはどんな時があるのか解説します。

  • 葬儀で僧侶への挨拶をする際の例文

    挨拶をする場面別に、例文をご紹介します。

  • 僧侶にお布施を渡す時のマナーについて

    お布施の袋・金額・表書き・渡し方について解説します。

  • 挨拶状について

    参列者へお渡しする挨拶状の書き方について解説します。

葬儀に来ていただいた寺院とは、今後の法要や納骨でも関わっていくことになる場合が多いですので、失礼がないようにうまく付き合っていきたいものです。

葬儀での僧侶に対しての一般的なマナーを勉強しておくことで、葬儀での不安事項を少しでも減らしておきましょう。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で僧侶へ挨拶するタイミング

葬儀

葬儀に来ていただく僧侶が、菩提寺の僧侶である場合と、葬儀社から紹介された初めて顔合わせをするという寺院の僧侶である場合とがありますが、どちらの場合も挨拶をするタイミングに大差はありません。

葬儀で僧侶へ挨拶をするタイミングにはどのような場面があるのか解説していきます。

枕経をお願いする時

枕経とは、亡くなられた方を病院などから安置する場所に移動させた後、最初に僧侶に唱えていただくお経です。
そのため、枕経をお願いするご挨拶をする際には、どこの誰が亡くなったのかということをお伝えする必要があります。

菩提寺がない場合は、葬儀社から寺院を紹介してもらうなどして、枕経の時に初めての顔合わせとなります。

必要事項は僧侶側から尋ねてくれることが多いので、焦らずにご挨拶しましょう。

告別式で僧侶を迎えるとき

告別式当日の開式前に、僧侶の控え室にご挨拶に伺います。
ご挨拶に伺うタイミングは、葬儀社が案内してくれる場合が多いです。

この時に、お布施をお渡しすることになりますが、お布施についてはページの下の方で詳しく解説します。

告別式で僧侶をお送りするとき

葬儀が滞りなく終了できた事への感謝をお伝えしましょう。

また、今後も法要や納骨でお世話になる場合は、今後のお付き合いのお願いもしておきましょう。

告別式で僧侶を迎える際に、時間の問題などでご挨拶に伺えなかった、お布施が渡せなかったという場合は、この時にお布施をお渡ししても構いません。

葬儀で僧侶へ挨拶する際の例文

葬儀

上記で解説した、葬儀での僧侶へ挨拶をする3つの場面ごとの例文を見ていきましょう。

枕経をお願いするときの例文

菩提寺の僧侶の場合は以下のようになります。

例文
〇〇町の〇〇と申します。
本日、〇〇が亡くなりまして、ただいま病院より連れ戻りました。
つきましては、枕経をお願いしたく存じますが、ご都合のほどはいかがでしょうか?

初対面の寺院の僧侶の場合は以下のようになります。

例文
私は〇〇と申します。〇〇様からのご紹介をいただきましてご連絡させていただきました。
父〇〇の葬儀をお願いしたく思い、ご連絡させていただきました。
お通夜は○日の○時、お葬儀は○日の○時が希望ですが、ご都合はいかがでしょうか?
つきましては、枕経をいただきたいのですがいつ頃お越しいただけますでしょうか?

告別式で僧侶を迎えるときの例文

告別式で僧侶を迎える場合の例文は以下のようになります。

例文
本日はお忙しい中、ご足労いただき誠にありがとうございます。
何分にも不慣れですございますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

(お布施をお渡しして)

こちら些少ではありますが、お納めください。

告別式で僧侶をお送りするときの例文

告別式で僧侶をお送りする場合の例文は以下のようになります。

例文
本日はたいへんご丁寧なお勤め、誠にありがとうございました。
おかげさまで無事に葬儀を執り行うことができました。
〇〇も喜んでいることと思います。

なお、今後につきましてもお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

僧侶にお布施を渡す時のマナーは?

葬儀

お布施とは本来、故人の成仏を願い、仏様の教えに対する感謝の気持ちを、僧侶を通してご本尊に供えるというものです。

僧侶にお布施を渡す時のマナーについて解説していきます。

お布施の袋はどうしたらいい?

  • まず、半紙でお札を包み中包みを作ります。

    半紙がなければ、代わりに中袋に入れても構いません。

  • お札を包んだ中包みのまわりを奉書紙で包みます。

    慶事の上包みの折り方と同じく、上側の折り返しに下側を被せます。
    お布施自体は不祝儀ではありませんので、弔辞の折り方にする必要はありません。

奉書紙が用意できない場合は、市販の白の封筒でも構いません。
ただし、郵便番号などの印刷がない無地のものを選びましょう。

封筒に入れる場合は、中包みは特に必要ありません。

また、お布施に水引を付けるかどうかですが、地域によっても異なりますが不要と言われることが多いです。

お布施に水引を付ける風習の地域の方は、一般的に白黒や双銀、関西では黄色の水引をつけましょう。

お布施の相場金額は?

お布施の相場金額は、地域や宗派、寺院との関係性で変わってきますが、20万〜35万くらいであることが多いようです。

戒名料=お布施ではありませんので注意が必要になります。

葬儀をお願いした寺院が菩提寺の場合は、以前お願いした葬儀のお布施と同じ額を包む、同じ檀家にお布施の金額を知っている人がいないか聞いてみる、という方法もありますが、僧侶に直接お布施の金額を訪ねることは失礼には当たりませんのでご安心ください。

その際、「おいくらでしょうか」という聞き方をすると、僧侶側も「お気持ちで結構です」としか答えようがありませんので、「皆さんはおいくらくらい包まれる場合が多いですか」とお尋ねすれば、大体の目安を教えていただけることが多いようです。

お布施の表書きの書き方

お布施の表書きは、薄墨ではなく通常の黒墨で書きましょう。

表側に、「御布施」もしくは「お布施」と書きます。

中袋の裏側の左側に、住所・氏名を、表側の中央(もしくは裏側の右側)に金額を書きます。

金額を書く際、頭に「金」の文字を入れましょう。
また、数字は旧字体の漢数字を使うのが丁寧であるとされています。

2 3 4 5 6 7
8 9 10
5万円 伍萬圓
10万円 壱拾萬圓
20万円 弐拾萬圓

お布施の渡し方

お布施をお渡しする時は、お礼の言葉と共にお渡しましょう。

ページの上の方の、告別式で僧侶を迎える時の例文を参考にしてみてください。

もし、複数の僧侶で葬儀のお勤めをしていただいた場合は、一番地位が高い方に差し出すようにしましょう。

お盆にのせて渡す

お布施をお渡しする時は、手渡しをするのはマナー違反になるので気をつけましょう。

お布施を袱紗(ふくさ)に包んで持っていき、お渡しする時に袱紗から取り出してお盆に乗せ、文字の正面が僧侶に向くような向きで、僧侶の手の届くところに差し出します。

この時、置いたお盆を畳の上を滑らせるように押し出すのはマナーとしてふさわしくないので気をつけましょう。

できれば切手盆などがあれば良いですが、なければ小さめなお盆で大丈夫です。
葬儀社で貸していただける場合もありますので、お盆を準備するのが難しい場合は葬儀社に相談してみてもいいかもしれません。

袱紗に包んで渡す

お盆が準備できなかった場合は、袱紗をお盆代わりにしても構いません。

お布施を袱紗から取り出して、袱紗を綺麗に折った上にお布施を乗せて差し出します
お盆に乗せてお渡しする場合と同様、文字の正面が僧侶の方に向くように差し出し、畳やテーブルの上を滑らせないように気をつけます。

お布施を包む袱紗の色についてですが、弔辞の場合は落ち着いた色合いが好ましいとされています。
なお、紫は弔辞にも慶事にも使える色なので、これから購入するという方は紫の袱紗を一枚持っていると便利なのでおすすめです。

こちらも読まれています

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

挨拶状について

葬儀

参列していただいた方や香典・お供えをいただいた方には、口頭でのお礼以外にも挨拶状を出しましょう。

どのような挨拶状を送るのかについて、解説していきます。

葬儀参列者へのお礼

一般的に香典の有無に関わらず、一律でお渡しすることが多いようです。

葬儀参列者へのお礼の挨拶状は会葬礼状と呼ばれますが、忙しい中来ていただいたことへの感謝を伝えるための礼状です。
返礼の品物に挨拶状を添えてお渡しすることが多いようです。

例文
亡母 〇〇儀 葬儀に際しましてはご多忙のところをわざわざご会葬を賜り ご丁寧なご厚志を賜りまして 誠にありがとうございました
厚く御礼申し上げます
略式ながら書中にての御礼のご挨拶に代えさせていただきます

香典、供花、供物のお礼

香典や供花・供物のお礼は、四十九日の法要が終わった忌明け後に送るのが一般的とされていますが、最近では、葬儀の当日にお渡しする「当日返し」という方法も多くなってきています。

どちらの場合も、返礼の品物と一緒に挨拶状を送ることが多いようです。

例文
ご尊家益々ご清祥のこととお喜び申し上げます
先般 亡母 〇〇儀 永眠に際しましてはご丁重なるご厚志を賜りまして厚く御礼申し上げます
おかげさまをもちまして この度〇〇(戒名)四十九日法要を滞りなく営むことができました
つきましては追善の微意を表し心ばかりの品をお届けいたしますのでご受納くださいますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちまして謹んでご挨拶申し上げます

葬儀の挨拶状については、葬儀社が専門の業者を紹介してくれる場合もありますので、専門業者にまとめてお願いすることができれば負担はかなり減らせるでしょう。

葬儀に関する挨拶状については、通常の挨拶状とは違ったマナーがあります。
下記のページで、葬儀の挨拶状について詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

葬儀での僧侶への挨拶まとめ

葬儀

いかがでしょうか?

日頃、なかなか関わることの少ない僧侶との挨拶ですが、基本的なマナーやパターンを覚えておけば恐縮する必要はありません。

今回、終活ねっとでお伝えした内容をまとめると、

  • 葬儀で僧侶への挨拶をするタイミングは、枕経をお願いする時・告別式で僧侶を迎える時・告別式で僧侶をお送りする時の3つの場面
  • 枕経をお願いするご挨拶の時はどこの誰がなくなったのかをはっきりと伝える。告別式の挨拶の際にはお布施をお渡しするのを忘れないよう気をつける。
  • 僧侶にお渡しするお布施は、奉書紙・白い封筒に包み、黒墨で表書きをし、お盆もしくは袱紗に乗せてお渡しする。
    相場金額は20〜35万円ほどで、宗派・地域などで変わってくるので確認する。
  • 会葬のお礼や香典・お供えのお礼には口頭でのお礼以外に挨拶状を出す。
    葬儀での挨拶状特有のマナーもあるので注意する。

基本的なマナーをしっかり守れば、うまい言葉回しができなくても感謝の気持ちなどを精一杯述べようとしていることは伝わるはずです。

また、葬儀を執り行うには大きなお金がかかってきます。
少しでも費用を抑えたいという方は、下調べが重要になってきます。
知識があるのとないのとでは金額にかなりの差が出てくる場合があるので、下記のページで葬儀の費用について詳しく解説していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・僧侶・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・僧侶・挨拶」についてさらに知りたい方へ

葬儀に行けないことを伝える文例や弔意の表し方は?手段・注意点までのサムネイル画像

葬儀に行けないことを伝える文例や弔意の表し方は?手段・注意点まで

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!のサムネイル画像

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!のサムネイル画像

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀後の会食の挨拶や席順・お酌の対応は?目的・マナーも紹介しますのサムネイル画像

葬儀後の会食の挨拶や席順・お酌の対応は?目的・マナーも紹介します

葬儀のお布施はいつ渡す?表書きの書き方や渡す際のマナーを紹介のサムネイル画像

葬儀のお布施はいつ渡す?表書きの書き方や渡す際のマナーを紹介

葬儀に参列できない時の対応や文例は?当日・後日に分けて対応を解説のサムネイル画像

葬儀に参列できない時の対応や文例は?当日・後日に分けて対応を解説

葬儀でのお布施の正しい渡し方や渡すタイミングは?相場金額もご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお布施の正しい渡し方や渡すタイミングは?相場金額もご紹介

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介のサムネイル画像

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・僧侶・挨拶」についてさらに知りたい方へ

葬儀に行けないことを伝える文例や弔意の表し方は?手段・注意点までのサムネイル画像

葬儀に行けないことを伝える文例や弔意の表し方は?手段・注意点まで

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!のサムネイル画像

葬儀・通夜・告別式の流れや違いって?日程や持ち物・マナーを紹介!

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!のサムネイル画像

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀後の会食の挨拶や席順・お酌の対応は?目的・マナーも紹介しますのサムネイル画像

葬儀後の会食の挨拶や席順・お酌の対応は?目的・マナーも紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと