葬儀案内の伝達手段や例文って?連絡の内容や挨拶文、マナーを紹介!

もしものことは突然やってくるものです。いざ訃報や葬儀の案内をしなければならないとなっても、日頃から準備しているものであるはずがなく、分からないことだらけです。そこで、終活ねっとでは、葬儀の案内について、例文を交えて、一般的なマナーを丁寧にご紹介します。

目次

  1. 葬儀の案内について
  2. 葬儀の案内ってどうすればいい?
  3. 葬儀の案内状の挨拶文を紹介
  4. 葬儀の案内状の返信マナー
  5. 葬儀当日の案内は看板を使用しよう
  6. 葬儀の案内に関するまとめ

葬儀の案内について

人々

日頃からお通夜・葬儀の案内を準備している方はあまりいないでしょう。
しかし、もしもの事は突然やってくるものです。

いざ訃報や葬儀の案内をしなければならないとなっても、何をどのように伝えれば良いのか分からないものですよね。

そこで、今回、終活ねっとでは、葬儀の案内について次の事項をご説明します。

  • 訃報の方法・内容
  • 葬儀案内状の例文やマナー
  • 葬儀当日の案内方法

葬儀案内は葬儀社などにお任せすれば足りることもありますが、訃報に関してはそうもいかないこともあります。
そこで、以下では、訃報について特に詳しく丁寧にご説明します。

葬儀案内一般に関してもご説明するので、ぜひ最後までお読みになりご参考にして頂ければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の案内ってどうすればいい?

葬儀

葬儀の案内といっても様々あります。
特に重要なのは故人が亡くなったことをお知らせする訃報です。

まず、訃報は誰に対してすれば良いのでしょうか?
訃報は故人の逝去を報せるものですが、訃報を受け取ったお相手は、故人の逝去を知ると同時に、来るべき葬儀への心構えをします。

つまり、訃報は、実際上、葬儀の事前案内としての役割も果たすことに注意が必要です。

そこで、訃報を出すお相手は、基本的に、お葬式の案内を出す人と考えておけば良いでしょう。

また、訃報で重要なのは、まずは「故人と関係が深かった方」から順にお報せをすることです。
ただ、そもそも誰をお葬式にお呼びすべきかは故人の交友関係などにも左右され一概には言えません。
そのため、可能であれば、本人から事前に直接聞き取ったうえで連絡先リストを作成しておくと良いでしょう。

以下では、さらに、訃報の具体的な方法・内容をご紹介します。

訃報を知らせる方法

訃報を出すには、ハガキ・電話・メール・faxなどを利用することが考えられます。
しかし、電話以外の方法では、いずれも到達までに時間がかかったり、お相手に確実に確認してもらえるか不明確です。

したがって、訃報は基本的に電話で伝えるべきと言われます。

しかし、夜分遅くなど時間帯によっては電話での連絡は失礼になってしまいます。
そうとはいっても、親族など身内の者ならそれほど気兼ねすることもないかもしれません。

それにしても、訃報を出さなければいけないお相手が多数であれば、何度も電話をかけ直したりすることは、連絡する側にとっても負担となります。

身内の者以外のお相手に対して、葬儀までに多少時間の余裕があれば、電話以外の方法でご連絡差し上げるのが適しているでしょう。

以下では、電話の他、ハガキ・メール・faxで伝える方法をさらに具体的にご紹介します。
なお、以下で紹介する手段の他にも、関係者が多数に上る場合には、死亡広告・町内会報・町内放送などで訃報を出すこともできます。

ハガキで伝える

到達に時間がかかる郵便ハガキは、基本的に訃報の手段としては相応しくありません。

ただし、訃報を伝える場合もなくはありません。
もっぱら、葬儀などが一通り終わった後に、故人と縁の浅い方々への事後連絡をする場合や、家族葬・密葬など身内だけで葬儀を執り行った場合です。

そのような場合には、丁寧な印象も与え、お相手に確実に届くハガキは訃報に相応しい手段といえるでしょう。

電話で伝える

先にご紹介した通り、訃報は、原則的には電話でお伝えするようにすると良いでしょう。

ただし、お相手の時と場所を選ばない電話で訃報を伝えるお相手は、故人の家族・親族その他特に縁の深い方に限るべきでしょう。

メールで伝える

近頃では電子メールで訃報を出すことも珍しくないようです。

そもそも、訃報の手段に特にこれといった決まりはありません
メールでの連絡は、はがきよりも早く、文章で正確に伝えることができるというメリットもあります。

その反面、連絡先のメールアドレスによっては、そもそも迷惑メールフィルターによって送信を妨げられてしまうおそれもあります。

また、仮に無事に送信できたとしても、他の仕事関係のメールに埋もれてしまったりして、確実に訃報を受け取ってもらえるかには不安が残ります。

さらに、年配の方の中には、そうした重要な連絡をメールで済ませてしまうことに強い心理的な抵抗感を持つ方も少なくありません。

お相手との具体的な関係に照らして失礼にならないのであればメールでの訃報も構わないでしょうが、出来れば避けるか、他の手段と併せた念のためのご連絡として利用したほうが良いでしょう。

faxで伝える

ハガキよりも早くお相手に到達し、文章で正確に案内を伝えることができるfaxは、訃報の手段として電話に次いで便利な手段です。

ですが、faxもメールと同様にお相手に気付いてもらえない可能性があります。
メールと同様に、電話その他の手段と併せて利用するようにするといいでしょう。

訃報で伝えるべき内容

訃報で伝えるべき内容は、訃報を伝えるだけの場合と具体的な葬儀予定の連絡も兼ねる場合とで多少異なります。

訃報は故人との関係が親密だった方から順にするのがマナーです。
しかし、特に最初にする訃報の時点では、具体的な葬儀日程などまだ取りまとまっていないことも少なくありません。

そのため、故人の親族や縁の深い方には、故人が亡くなった事実だけを伝え、具体的な葬儀日程などは追って伝えるのが一般的です。

葬儀予定の他、訃報では具体的には以下のような要点を押さえるようにしましょう。

  • 連絡者と故人との関係性

    「○○の長女」「○○の姉」など、故人との間柄を伝えます。

  • 誰がいつ亡くなったか

    「先日から入院していた○○がXXに亡くなりました」など伝えます。
    ここでは亡くなった事実だけを手短に伝え、亡くなった理由は必ずしも伝える必要はありません。

  • 連絡先

    連絡者の連絡先の他、病院の住所・電話番号など。
    入院先などにお相手に参じてもらう場合には場所も伝えておく必要があります。

  • お通夜・葬儀日程

    具体的な日程が決まっていない場合には、「具体的な日時場所は追ってご連絡します」と断っておきましょう。
    すでに決まっている場合には以下の案内状例文をご参考にしてください。

葬儀の案内状の挨拶文を紹介

葬儀

これまでご紹介してきたことを踏まえ、以下では、ハガキ・faxで訃報と葬祭の案内とを同時にする場合の挨拶文をご紹介します。

ぜひご参考にしてください。

例文

葬儀での案内状の挨拶文は以下の通りです。

訃報

父 ○○儀 病気療養中でございましたが
去る○月○日に永眠いたしました

故人生前中はひとかたならぬご交情にあずかり
まことにありがとうごとうございました
なお次のとおり 通夜 葬儀 を執り行います

一、日時 通夜 ○月○日(○曜) 午後○時から
     葬儀 ○月○日(○曜) 午後○時から
一、場所 ○○葬祭斎場
    ○○市○○町○−○−○
    電話・・○○○−○○○−○○○○

平成○○年○○月○○日
〒○○○−○○○○
  ○○県○○市○○町○○番○○号
喪主 ○○ ○○

会社にも連絡は必要?

葬儀のために職場を欠勤する場合には当然連絡が必要です

職場によっては忌引休暇制度が設けられている場合もあり、そうした制度のメリットを受けるのであればいずれにしても申請が必要です。

なお、労働基準法上の労働者であった故人の死因が業務上の負傷に由来する場合には、使用者には葬祭料の一部を負担する義務があります(同法80条)。

会社への忌引きの連絡について更に詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧下さい。

こちらも読まれています

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

葬儀をすることになったときに、勤務先の会社には通夜や葬儀のことを誰にどのように連絡したらよいのでしょうか。また葬儀のために忌引きをどのくらいとれるのかも気になりますね。この記事では、葬儀のときの会社への連絡について、文例や、連絡方法・注意点も含めて解説します。

葬儀の案内状の返信マナー

人々

これまで葬儀の案内について主にご説明してきました。
以下では、それとは逆に、葬儀の案内を受け取った際の返信マナーをご紹介します。

使用すべきでない言葉

葬儀・弔事では避けるべき忌み言葉があります。

そういった言葉には様々ありますが、以下では特に案内状の返信で用いりがちで注意を要する言葉をご紹介します。

  • 重ね言葉

    重ね言葉とは、「しばしば」「ふたたび「たびたび」といった言葉のことです。
    弔事が重なることを連想させるので避けるべきとされています。

  • 生死に関係する言葉

    ご遺族の精神的な負担に配慮して、生死に直接関わる言葉も避けるべきとされます。
    特に、「亡くなる」や「死去」といった言葉も丁寧語のつもりで誤って使ってしまうことがあるため注意が必要です。

  • 安易な励まし

    生死に関係する言葉と同様に、ご遺族の精神的な負担に配慮するために安易な励ましの言葉は避けましょう。
    「頑張れ」「元気だそう」などは絶対に禁句です。
    ご遺族のご心痛に寄り添うようにしましょう。

その他に、宗教的な理由で使用を避けるべき言葉もあります。

  • 「ご冥福をお祈りします」

    「冥福」という言葉は神道・キリスト教では用いません。
    その場合は「哀悼」や「安らかなお眠り」といった言葉に置き換えると良いでしょう。

    「冥福」は仏教用語なためです。
    さらに、仏教であっても浄土真宗の場合は教義上避けられています。

  • その他の仏教用語

    日常生活にも浸透しており意識していないと気付きにくいですが、「供養」「往生」や「成仏」といった言葉も仏教用語です。
    その他の宗教でのお葬式では口にしないようにしましょう。

返信の例文

以上を踏まえ、葬儀の案内への返信をする際のポイントを例文と共に簡潔にご紹介します。

  • 冒頭にはお悔やみの言葉を書く

    「この度は○○のご訃報を伺い、大変驚いております。○○様の安らかなお眠りを心からお祈り申し上げます」など。

    頭語(「拝啓」など)や時候のあいさつは書かないことに注意が必要です。

  • 励まし・気遣いの言葉を書く

    「ご心痛お察し致します。どうぞお気持ちを強くお持ちになり、くれぐれもご自愛ください」など。

    ここでもやはり安易な励ましや応援にならないように避けましょう。

  • 告別式・葬儀への参加の意思を明らかにする

葬儀当日の案内は看板を使用しよう

お墓

特に葬儀に遠方の方をお呼びしたりした場合、慣れない土地で目立たない葬儀場にたどり着くのは大変なことです。

そこで、葬儀当日は案内看板を立て葬祭場まで道案内をすることが一般的です。
「○○家式場」と書かれた看板を設置しておけば、会葬者を会場へと誘導してくれます。

案内看板は通常は葬儀社が用意してくれます。
ただし、地域によっては近隣住民の取り決めで案内看板を出せないこともあります。
案内看板を出せない場合には、最寄りの駅までの迎えを手配したりすると良いでしょう。

葬儀の案内に関するまとめ

葬儀

いかかでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀の案内について解説しました。
最後に今回ご紹介した事柄をまとめます。

  • 訃報の方法

    基本的には電話を用い、縁の遠い方に対する連絡や葬儀の事後報告に留める場合を除き、ハガキ・メール・faxは補助的な手段にとどめましょう。

  • 葬儀の案内状の挨拶文のポイント

    誰がいつ亡くなったか、連絡者と故人との関係、葬祭日程、連絡先、という4つのポイントを抑えることが重要です。

  • 葬儀の案内状の返信マナー

    忌み言葉を用いないこと、安易な励ましや応援を避けること、といったマナーに注意が必要です。

終活ねっとでは、この他に、葬儀費用の相場や葬儀社に依頼する際に知っておくとお得な豆知識などもご紹介しています。

気になる方は是非以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・案内」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・案内」についてさらに知りたい方へ

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!のサムネイル画像

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!のサムネイル画像

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!のサムネイル画像

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

訃報連絡や葬儀案内の文例やタイミングは?受け取った際の注意点までのサムネイル画像

訃報連絡や葬儀案内の文例やタイミングは?受け取った際の注意点まで

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!のサムネイル画像

親族のみで行う葬儀のマナーって?服装や香典、参列の可否をご紹介!

葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説のサムネイル画像

葬儀に出席する範囲はどこまで?親族・会社・友人の葬儀の場合を解説

葬儀の案内の文例やタイミングって?返信の文例や手段もご紹介!のサムネイル画像

葬儀の案内の文例やタイミングって?返信の文例や手段もご紹介!

訃報・葬儀の報告は誰にすべき?連絡方法や例文、タイミングをご紹介のサムネイル画像

訃報・葬儀の報告は誰にすべき?連絡方法や例文、タイミングをご紹介

訃報の連絡とは?送るタイミング連絡手段・送る人別の例文を解説!のサムネイル画像

訃報の連絡とは?送るタイミング連絡手段・送る人別の例文を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・案内」についてさらに知りたい方へ

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!のサムネイル画像

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!のサムネイル画像

葬儀に関する訃報の知らせ方とは?訃報の文例や流れもあわせて解説!

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!のサムネイル画像

葬儀の時会社への連絡の文例は?連絡方法や注意点についても解説!

訃報連絡や葬儀案内の文例やタイミングは?受け取った際の注意点までのサムネイル画像

訃報連絡や葬儀案内の文例やタイミングは?受け取った際の注意点まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと