葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについても解説!

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについても解説!

人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀の準備について

葬儀

葬儀は参列する側でも大変ですが、喪主側としての葬儀はさらに大変そうだというイメージがありませんか?
そんな葬儀の準備や流れについて、あまり細かく知らないという方もいると思います。

今回「終活ねっと」では、そんな方のために葬儀の準備で何をしたらよいのか、葬儀の流れから参列するときの服装マナーまで、以下の項目を中心に解説していきたいと思います。

  • 葬儀で準備するべきことってどんなことがある?

  • 葬儀の準備っていつから始めれば良いの?

  • 葬儀の当日の流れはどんな感じなの?

  • 葬儀に参列する際のマナーはどんなものがある?

いつか経験するかもしれない葬儀について、いざというときに慌てないように、一度頭に入れておきたいという方、実際に葬儀を控えていて具体的な準備や流れについて知りたいという方へ。

ぜひ最後までご覧いただき参考にしていただけると幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の準備はいつから?チェックリスト

困った人々

葬儀の際に準備するべきことは何となく想像できるけれど、実際自分が準備するとなると困ってしまう、なんていう方もいるかもしれませんね。

ここでは葬儀を行うときに、どのような準備をして進めていくのか、具体的に解説していきます。

葬儀の準備はいつから始めれば良いの?

葬儀の準備には、いつ始めるべきだというような決まりはありません。
それでもできるだけ早く始めるに越したことはないでしょう。

まだ誰も亡くなっていないのに縁起が悪いと思われる方もいるでしょう。
しかしいざ誰かが亡くなってしまったら、誰もが慌ててしまいます
ただでさえ亡くなった悲しみで大変なのに、その状況で葬儀の準備をイチから始めることは困難だと思います。

物理的な準備よりも先に、決めなければならないことがいくつかあります。
これらは金銭が関わるため、より早めに話し合っておく必要があるのです。

喪主を決める

まずは葬儀の喪主を決めなくてはなりません。
喪主というのは、葬儀の代表者のことです。
喪主に選ばれるのは配偶者が一般的とされています。

配偶者がいない場合は、血縁関係の近い順番で選ばれるのが普通です。
例外として、故人が生前に喪主を他の人に頼んでいた場合には、その通りにします。

また、血縁関係から見て一番近くても、年齢が低すぎる・高すぎて喪主が務まらないような場合には柔軟に対応する必要があります。
喪主はお通夜の前には決めておく必要があります。

葬儀社を決める

葬儀を行うときの、葬儀の会社を決めます。
基本的に葬儀は葬儀社が主体となって行われるので、慎重に選ぶ必要があります。
相談がしやすく、車の手配も簡単なので、喪家から近い距離にある葬儀社に頼む方が多いようです。

自分たちで決められない場合には、市町村の役所に相談するとその地域の葬儀社や、安く済む葬儀の会社などを教えてもらうことができます。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
葬儀社を選ぶ際には、ぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。

葬儀の費用を見積もる

葬儀にはお金がかかるので無理のない範囲で費用を決める必要があります。
規模によって費用は変わってきますので、亡くなられた方が希望していた葬儀をできるだけ実現させることを考えながら、検討すると良いでしょう。

ただ接待費用や仏式の場合は、お布施代などはまた別にかかってきますので、注意して費用を決めた方が良いでしょう。
一般的な葬儀の費用の目安としては、およそ200万円と言われています。

葬儀の形式や葬儀内容によって費用は大きく変わるので目安としてお考え下さい。
ときに葬儀はご遺族にとって大きな負担となることもありますので、無理のないようにした方が良いかもしれません。

最近では、積み立てによって葬儀費用を抑えることのできる冠婚葬祭互助会という会に加入している方もいるようです。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
葬儀の費用の内訳や、費用を安く済ませる方法などについて詳しく知りたい方は、以下にわかりやすい記事がありますのでぜひご覧ください。

また、「終活ねっと」では様々な葬儀のセットプランをご用意しているので、葬儀の形態や費用のことでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

葬儀社との打ち合わせ

葬儀を行うときには、葬儀社と打ち合わせをしてどのような葬儀にするのか決めていきます。
しきたりなど、葬儀に関してわからない点は葬儀社に相談することができます。

具体的に何を打ち合わせるかは以下で解説していきます。

宗教を決める

まずは、葬儀をどの宗教を基にして行うかを決めましょう。
同じ家族であっても信仰する宗教が違うということもあるので、トラブルの発生を防ぐためにも打ち合わせの際には一人ではなく、何人かで相談しながら打ち合わせをするとスムーズにいきます。

最近では無宗教の葬儀もありますので、どうしても決められない場合は考えてみてもいいかもしれません。

規模を決める

次に葬儀の規模を決めます。
葬儀の規模は葬儀の費用に大きく関わってきますので、亡くなられた方の希望だけでなく費用も頭に入れて決める必要があります。

一般的には、家族葬と一般葬の二つに分けられます。
家族葬は身内のみで行う規模の小さい葬儀なので、参列者への引き出物などの費用がかからず、また自由なスタイルで、落ち着いて葬儀を行えるという点で最近注目を集めています。

一般葬は、昔からのいわゆるお葬式で、身内だけではなく、友人や会社の関係者など参列者を呼んで行う葬儀です。

お香典返しや食事代、式場によっては駐車場の準備など、家族葬に比べると時間と費用がかかり、参列者の人々に失礼のないようにと気を遣う必要があります。
一方で、その分規模も大きくなり、色々な人々に見送ってもらえるというメリットがあります。

日程・会場を決める

日程と共に、規模に合わせて葬儀の会場を決めます。
遠くから来る人達の事や死亡通知者が手元に届く時間、また火葬場やお坊さんなどの都合も考慮して日程を考えます。

一般的に友引の日には葬儀はしないのが基本となっているようです。
昔から「死者が親しい人を引き寄せる」と考えられているからです。
そのため、友引の日には火葬場が休みであることが多いです。

また、火葬や埋葬は亡くなった後24時間経過しないと行えないと法律に定められていますので注意しましょう。

葬儀会場は自宅が難しい場合、葬儀社の葬祭会館や寺院、また地域の公民館などでも行えます。
最近では、葬儀社にまかせることができるという理由から、葬祭会館を選ぶ方が増えてきているようです。

寺院への依頼

戒名についてや読経を何人のお坊さんにしてもらうか、火葬場にはついてきてもらうのかなど、寺院への依頼と相談が必要になります。
葬儀の日取りと時間なども調整しましょう。

このときの寺院は、菩提寺(ぼだいじ)があるところに相談するのが基本です。
菩提寺とは先祖代々のお墓があるお寺の事です。

以下で菩提寺がある場合とない場合について解説していきます。

菩提寺がある場合

菩提寺がある場合は、故人の名前や生年月日、死亡日時などを伝えます。
このときに葬儀社との調整や、戒名について打ち合わせをします。

注意点として、僧侶の人数と戒名ははっきりと決めておかないと、宗派によって金額がかなり高額になることがありますので、はっきり決めておきましょう。

遠くに菩提寺がある場合には、近くの同じ系列の菩提寺を紹介してもらえることもあるので、菩提寺がある場合にはまず連絡してみましょう。

菩提寺がない場合

菩提寺がない場合、つまり付き合いのあるお寺がないときは、葬儀社に僧侶の手配サービスがあるのでこれを利用すると良いでしょう。

注意点としては、宗派が違うと納骨の際に戒名を変更しなくてはならなかったり、納骨を断られてし
まうケースがあります。
事前に宗派などを調べておくと良いでしょう。

返礼品・会葬礼状の手配

葬儀の際は、お通夜や告別式に参列してくれた人のお礼をするのがマナーです。
一人一人にお礼を伝えるのは難しいため、参列者全員に返礼品を渡すことでそのお礼とします。

返礼品の箱には会葬礼状というお礼状を添える場所があるので、そこにお礼状を差し込みます。
返礼品は持ち帰りやすいものにするのがマナーで、お通夜ではコーヒーやお茶やクッキー、告別式ではタオルやハンカチが一般的なようです。

最近では図書カードなど金券類を渡すこともあるそうですが、地域によっては使えなかったり、またマナー違反となることもありますので調べておいた方がいいかもしれません。

納棺と通夜の準備

納棺と通夜の準備は、葬儀社に手伝ってもらいます。
納棺は、亡くなられた方に直接触れられる最後の機会です。

納棺は難しいので葬儀社に任せがちになりますが、ご遺族の方も亡くなられた方を一緒に送り出してあげましょう。
亡くなられた方の周囲には生け花を飾り、愛用品等も入れることができます。

火葬で燃えにくいものは入れないようにします。
通夜の準備には、式場の準備や祭壇の飾りつけ、また遺影の準備や喪服の準備などがあります。

飾りつけなどは葬儀社がやってくれるので、ご遺族側としては弔問客を迎える準備をします。
親しい人はお通夜の前に弔問に来る場合がありますので、そのための準備です。

葬儀当日の流れ

葬儀

ここまでは、葬儀までの準備について詳しく解説してきました。
この段落では葬儀はどういった流れで行われるのか、ここでは葬儀当日の流れを簡単に解説していきます。

  • 喪主・遺族が受付準備をする

    通夜開始の1時間前には準備を始めます。
    段取りや会場図などを再確認します。

  • 受付開始

    葬儀の始まる20分前には着席できるようします。

  • 開式

    僧侶が入場したら開始です。

  • 読経・弔電等の奉読

    僧侶による読経が行われます。
    その後弔辞・弔電が行われます。

  • 焼香

    僧侶の焼香の後、喪主・遺族・参列者の順に行います。

  • 閉式・出棺

    司会者の閉式の宣言の後、出棺を準備します。
    喪主から順にくぎ打ちし、寝台車に載せます。

  • 火葬

    納めの式の後、火葬をします。

  • 骨上げ

    喪主から順に遺骨を骨壺に納めます。

  • 還骨法要

    火葬後に自宅や斎場で僧侶による読経があります。

  • 精進落とし

    お世話になった人などを集めて会食を行います。

以上が葬儀の流れです。
色々な都合によって多少前後する場合もあるので注意しましょう。

葬儀後に喪主が準備すること

ここまで、亡くなってから葬儀当日までの流れについて解説してきました。
そしてここからは、葬儀後に喪主がやることについて説明していきます。

葬儀後に行うことは、亡くなられた方だけでなく、ご遺族のこれからにも関わる大事なことです。
ぜひ参考にしてみてください。

お墓

宗教的な慣習

まずは、古くから葬儀が終わった後に行われている宗教的な慣習があります。
これらは亡くなられた方のご冥福を祈り、ご遺族でその痛みを分かち合うために行われています。

香典返し

香典返し[とは、いただいた香典に対してお返しをすることです。
また、無事に法要を終えられたこととその感謝を伝えるためのものでもあります。

それゆえに香典返しは四十九日を過ぎてから行うのがマナーです。
注意が必要な点としては、いただいたものの金額によってどんなものをお返しするかが変わってきます。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
香典返しについてお考えの際には、こちらの記事もあわせてご覧ください。

法要・供養

葬儀が終わってしまっても、それが全てではありません。
法要を行って亡くなられた方のご冥福を祈り、きちんと供養しましょう。

よく聞くものでいうと、四十九日や一周忌があります。
このときには僧侶の読経やお焼香が行われます。

現実的な手続き

次に、やらなければならない手続きについてご紹介します。
これらは、ご遺族の生活に直接的に関わってくるものですので、注意が必要です。

保険の手続き

生命保険の死亡保険金や、国民年金の一次死亡金など、金銭の請求ができます
期限が設けられているものが多いため、なるべく早く調べ把握しておく必要があります。

名義・権利の変更手続き

こちらは主に相続が確定した際に行わなければならないものです。
不動産名義や携帯電話の名義、また自動車所有権など多くの名義・権利の移転手続きが必要です。

細かいものが多いため、これらもよく調べてみましょう。
「終活ねっと」では、こういった手続きの詳細をまとめた記事をご紹介しています。

やらなければならないことが多く、ややこしく感じてしまうこともあるでしょう。
こちらの記事もあわせてご覧いただければ幸いです。

葬儀に参列する際のマナー

葬儀

葬儀に参列する際には、マナーを守る必要があります。
ここでは参列者側としてのマナーについて簡単に解説していきます。

服装

葬儀に参列する際の服装は喪服です。
基本的に男性の場合は、葬儀用のブラックスーツ、女性の場合は黒いスーツ、又はワンピースです。

いずれの場合も派手な時計やアクセサリーなどはつけません。
ネクタイ、靴下、靴、かばんは全て黒無地でキラキラとした金具や模様などが無いものにします。

メイクは控えめにし、シャツは模様のない白を着ます。
また、ブラックスーツはビジネススーツとは違うので注意しましょう。

また「終活ねっと」では、他にも様々な記事をご紹介しています。
葬儀の服装について以下にわかりやすくまとめた記事があるので、ぜひご覧になって参考にしてみてください。

香典

葬儀の際は香典を渡すのがマナーです。
金額については、故人との関係によって決めます
友人や会社関係の人は5000円、親類は1万円が目安とされているようです。

香典には宗教によって表書きの書き方が違ったり、包み方などのマナーがあります。
宗教がわからない場合は御霊前と書けば大丈夫です。
渡すときには一言お悔やみの言葉を述べて渡しましょう。

以下に、詳しい香典のマナーをまとめた記事がありますので、こちらもぜひ一度ご覧ください。

焼香

焼香は宗教によって回数ややり方が違います
ここでは最も多いやり方を紹介します。

まず、遺族と僧侶に一礼、遺影を仰いで一礼し合唱の後焼香という流れになります。
そして数珠を左手にもちます。
そして右手の中指、人差し指、親指で抹香をつまみます。

そのまま目の高さまで持ちあげ、香炉の中に静かに落とします。
基本は3回繰り返しますが、宗派によっては1回の場合もあります。

再び遺影に合唱、一礼しそのまま下がり、遺族に一礼して戻ります。
わからない場合は自分の宗派の焼香回数で行えば大丈夫です。

以下に詳しい記事がありますので、知りたい方はぜひご覧になってみてください。

孫ができる葬儀の準備

葬儀

祖父母がお亡くなりになり、両親が忙しい場合、孫の立場にある人も準備に入ることがあります。
その場合、孫のやるべきことは何があるでしょうか。

まず、葬儀の前の準備では供花の手配をする必要があります。
供花は2対で1組なので注意しましょう。

葬儀当日では、会場の受付や案内、お茶出しを手伝う場合があります。
また葬儀会場に子供連れで来られる参列者の方が多い場合は、子供の相手をすることもあります。

以下の記事では、祖父の葬儀について詳しい情報がご覧になれます。
祖父母の葬儀の準備に疑問をお持ちの方はぜひご一読ください。

葬儀の準備まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、葬儀の準備から葬儀の流れを中心に解説してきました。

この記事をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀の準備はいつ始めても良いが、早ければ早いほど良い。
    最も理想的なのが、誰も亡くなっていないうちに始めること。

  • 葬儀の前にはまず喪主を決める必要がある。

  • 葬儀の費用は葬儀の規模と大きく関係する。

  • 混乱しないように葬儀社としっかり打ち合わせをする。

  • 葬儀社の手配サービスを利用するときは寺院の宗派をしっかり確認する。

  • 葬儀が終わった後も法要を行って亡くなられた方を供養する。

葬儀の準備について、知らなかったことを知ることができたという方はいたでしょうか。
葬儀は何かとバタバタしがちですが、しっかりと準備すれば落ち着いて葬儀を行えるでしょう。

故人をしっかりと見送ることができるように、葬儀社や寺院と打ち合わせをして故人の望むような葬儀かつ、遺族の負担も大きくならないような葬儀になると良いですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お葬式に必要な準備とは?お通夜やお葬式後の準備についても解説のサムネイル画像
    お葬式に必要な準備とは?お通夜やお葬式後の準備についても解説

    お葬式のスタイルが多様化している近年、その準備も葬儀のスタイルごとに変化しています。ではそれぞれのお葬式にはどのような準備が必要になるのでしょうか。今回は一般的にお葬式に必要となる準備をはじめとして、お通夜や葬式後の準備についてもご紹介します。

  • 葬儀の流れ|ご臨終から告別式まで・必要な手続きや日数も解説!のサムネイル画像
    葬儀の流れ|ご臨終から告別式まで・必要な手続きや日数も解説!

    親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!

  • 無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像
    無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    最近では無宗教の葬儀について聞く機会も増えているのではないでしょうか。そんな無宗教の葬儀について、実際に何を決めればいいのかわからないといった疑問もあるのではないでしょうか。今回は、無宗教の葬儀に関する様々な疑問について解説していきます。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像
    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 葬儀社を選ぶタイミングは?選び方や費用見積もりの注意点を解説のサムネイル画像
    葬儀社を選ぶタイミングは?選び方や費用見積もりの注意点を解説

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像
    葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

    身近な方が亡くなるとまず葬儀のことを考えなければいけません。葬儀というものはそんなに何度も経験するものではないので、段取りが良くわからないという方も多いでしょう。そこで、今回は葬儀までの段取りをわかりやすく解説いたします。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像
    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介のサムネイル画像
    自宅で葬儀をする際のメリット・デメリットを解説!注意点もご紹介

    葬儀は葬儀場で行うだけではなく、自宅で行うこともできるんです。自宅での葬儀について検討してみたいという方は、色々知っておきたいこともあるのではないでしょうか?今回は葬儀を自宅で行う際のメリットやデメリット、また注意点についても解説していきます。

  • 葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説のサムネイル画像
    葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

    最近では終活として、ご自身の葬儀について考え始める人も増えているようですが、ご家族に万が一のことが起きた際にも葬儀方法などわかっていた方が安心です。今回は、意外と知らない人も多い葬儀方法や良い葬儀会社の選び方、合わせて数珠や遺影写真の選び方も解説していきます。

  • 葬儀費用が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と価格を抑える方法のサムネイル画像
    葬儀費用が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と価格を抑える方法

    人が亡くなると葬儀を行うことになります。思いがけないタイミングで亡くなってしまうと葬儀代を払えないことも起こり得る話です。そんな時はどうすればよいのでしょうか?この記事では、葬儀代が払えない場合の解決方法を葬儀代の相場と低価格に抑える方法と併せて解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事