葬儀での喪主の挨拶の内容って?参列者の挨拶や注意点・マナーを解説

一般的な葬儀では通夜と告別式で喪主は弔問客へ挨拶を行います。通夜の挨拶内容と葬儀の挨拶内容は一緒も構いませんが、両方に列席されている方もいるので少し変化をもたせたほうがよい挨拶になります。今回、葬儀での喪主の挨拶の内容や参列者の挨拶などについて解説します。

目次

  1. 葬儀の挨拶に関して
  2. 喪主の挨拶
  3. 参列者の挨拶
  4. 葬儀の挨拶の注意点・マナー
  5. 葬儀の挨拶に関してまとめ

葬儀の挨拶に関して

葬儀

葬儀ではいろいろな場面で挨拶するする必要があります。
特に喪主の挨拶の頻度が最も多くなります。

でも喪主になることなんか一生に一回あるかないかですよね。
いつどのような挨拶をすればよいか困ってしまいますよね。

一般的な葬儀は通夜を行った後で葬儀・告別式を行います。
通夜と葬儀・告別式、それぞれで喪主は弔問客へ挨拶を行います。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀での喪主の挨拶の内容をご紹介いたします。
また参列者の挨拶の内容と注意点やマナーもご説明いたします。

  • 喪主の挨拶はどのような場面でどんな挨拶するの?
  • 参列者の挨拶の挨拶はどのような場面でどんな挨拶するの?
  • 葬儀の挨拶はどんなことに注意点すればいいの?
  • 葬儀の挨拶に関してまとめ

以上を中心にしてご説明、ご紹介をしてまいります。
もし自分や親族、友人などが実際、葬儀に直面して挨拶に困っている方や弔問客として葬儀に出席しようとしている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

喪主の挨拶

葬儀

人の不幸は予告なしに突然訪れてきます。
もしその不幸が自分の身近な人で自分が喪主になった場合、葬儀のいろいろな場面で挨拶することになります。

喪主は故人の代理という立場ですので、悲しみのために取り乱すことなく、きちんと挨拶をする必要があります。

一回忌や三回忌などの年忌法要の場合は、前もって日時が分かっているため挨拶の準備ができますが、葬儀の場合はいつがその時かわかりません。

そのような「いざというとき」にマナーに沿った挨拶ができるように場面に応じた挨拶内容を下記にご紹介いたします。

挨拶に含めるべき内容

葬儀の挨拶はある程度話す順番が固定化されております。
喪主は固定化された順番に沿って挨拶するのが無難ですし、安心して挨拶を進めることができます。

安心することで気持ちを落ち着かせることができますので、しっかりとお礼の気持ちをこめて挨拶することができます。

喪主は故人の代理人の立場です。
故人になったつもりで、弔問者の方々へ故人を偲ばせることができるような、心のこもった挨拶をするように心がけてください。

以下の挨拶の定石をご紹介いたします。

自己紹介

喪主も弔問者もお互い初めてということがありますので、最初に自己紹介から入るのが無難な挨拶の方法です。

故人と自分の関係を紹介する、一般的な挨拶で結構です。

参列のお礼

次に弔問客へのお礼の言葉を述べます。
突然の出来事にも拘わらず弔問にきていただいたことへの感謝の挨拶となりまます。

生前の故人への感謝

そして生前に故人が弔問客に対してお世話になったことの感謝の言葉を述べます。
生前、故人に御世話になった内容を述べたほうが感謝の内容がより具体的になります。

生前のエピソード

最後に故人の印象に残っている言葉や生活ぶりなど、弔問客が知らないようなエピソードを紹介すると、より故人を偲ぶことができます。

そして最後に結びの挨拶として、もう一度弔問してもらったことへのお礼を述べて挨拶を締めくくります。

挨拶の簡単な例文

最近は葬儀も簡略化され、挨拶も省略される場合もありますが、下記の3つの挨拶は行われることが多いのでご紹介いたします。

  • 告別式での出棺時の挨拶
  • 通夜での挨拶
  • 精進振る舞いの際の挨拶

告別式・出棺時の挨拶

告別式の出棺時の挨拶が最後の挨拶となります。
必ず行われる告別式の出棺時の挨拶を、色々な立場で喪主になったときの挨拶内容を具体的にご紹介いたします。

喪主が妻の場合

例として、故人は一つの会社を定年まで勤めあげ、退職後5年で病気になり60才代で亡くなった場合です。
参列者は夫の元会社の社員や夫同様に退職した同期、上司が中心に集まって出棺を見送る妻の挨拶の例文です。

夫、正彦の妻、和歌子でございます。喪主として一言ご挨拶を申し上げます。

本日はお忙しい中、ご弔問に来ていただき本当にありがとうございました。亡き夫、正彦もきっと満足していると思います。

亡き夫を温かく支え、かつ時には励ましてくださったのは、ここに集まりいただいた皆様でございます。

長い会社勤めの中でのご支援や、退職後も幾度もゴルフや忘年会などに声かけをして誘っていただき大変おせわになりました。

亡き夫は機械に頼ることが嫌いで、夏でもエアコンはつけずに過ごすほどでした。
最後には仙人生活をしてみたい、と言っておりましたので、きっと黄泉の国で希望の仙人生活を送っていると思います。

本日は、最後までお見送りしていただき、夫も満足していると思います。
夫に成り代わりまして厚くお礼を申し上げます。

本日は本当にありがとうございました。
喪主が夫の場合

妻はまだ50才代の趣味の多い社交性のある性格であり、趣味のジャズや英会話など日々外にでて何か活動している設定です。

しかし二年前にステージ4の乳癌が見つかり余命一年の宣告をうけるが、持ち前の性格で余命以上を生き抜いて亡くなった背景があります。

弔問客は、妻のジャズや英会話仲間が中心に集まっている時の故人の妻としての例文です。

故人の夫の〇〇正彦でございます。
本日は妻のためにご会葬していただき誠にありがとうございます。

心からお礼を申し上げます。
ご存知の方もいらしゃるかもしれませんが、妻に二年前に乳癌が見つかり、余命一年の宣告を受けおりました。

しかし、宣告を受けたにもかかわらず、落ち込むことなく、それまで以上に一層、趣味のジャズや英会話に没頭し、余命年数を超えることができました。

余命年数を超えることができのも参列されているジャズのメンバーや英会話クラスの方々に支えられ、励まされた結果だと思います。

ジャズを聞かせると痛みが和らぐのか、耳元でジャズを聞かせておりました。
最後は苦しまずに逝きました。

妻らしい旅立ちでした。
本日は、最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。

妻も満足していると思います。
本日は誠にありがとうございました。
喪主が子供の場合

近所の方や所属している老人会の人にもうるさく言う性格の父は90才以上まで生きて大往生した設定です。

最後まで介護にかからず気丈に一人で歩いていたが、最後は人の手を借りるようになった背景があります。
参列者は近所と老人会の人が中心に集まっている時の故人の子供としての例文です。

私は、故○○夏彦の長男で〇〇春雄と申します。
喪主としてひと言ご挨拶を申し上げます。

本日はお忙しいところ、亡き父の葬儀にご参列していただきありがとうございました。
お陰さまで滞りなく式をすますことができました。

父は人の手を借りるのが嫌な性格で、たとえ足が悪くなっても家中に手すりをつけて、杖をもって一人で歩いてました。

手を貸そうか、と言うと「大丈夫じゃ」と言って、一人でゆっくりと時間をかけて歩いてました。
しかし、亡くなる20日前ぐらいから、全く歩けなくなり人の手を借りざる得ませんでした。

その時の父は子供ように素直に従っておりました。
父のそのときの姿をみて、「あぁ、最後は子供に戻るだなぁ」と思いました。

頑固者の父を温かく支えてくれたのは、ここの集まりの近所の方々や老人会の方々です。
本当に大変お世話になりました。

父は亡くなりましたが、今後とも父の生前と変わらぬお付き合いをお願いいたします。
本日は最後までお見送りしていただき、ありがとうございました。

父もきっと満足していると思います。
父に成り代わりましてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。
喪主が孫の場合

早くに両親を亡くし、祖母に育てられた孫が喪主の場合の挨拶です。
祖母は80才代でなくなったが、身体が弱くなる2年前まで書道教室を開いていた設定です。

弔問客は書道教室の生徒と自分の会社関係者が中心に集まっている時の故人の孫としての例文です。

本日は祖母〇〇リョウの葬儀にご会葬いただき、まことにありがとうございました。
祖母に成り代わりまして、心からお礼を申し上げます。

私は物心がつく前に両親を亡くし、以来ずっと祖母に育てられてきました。
祖母は孫だからと言って甘やかすことなく育ててくれました。

子供の頃は両親のいない寂しさのため、祖母に辛く当たったこともありました。
そんな時は決まって祖母は、晩御飯に好物のオデンを作ってくれました。

祖母が80才を超えてもキビキビと生活できたのは、今日お集まりの書道教室の生徒さんへ書道を教えなければ、という責任感と使命感が支えになっていたからだと思います。

長い間、祖母の教室に通っていただき、誠にありがとうございました。
祖母の書道教室のお蔭て、私は大学にも通うことができ、昨年大学を出て、無事就職することができました。

これから恩返しができると思った矢先に祖母がなくなり、大変ショックでしたが祖母は苦しまずに逝ったことがせめてもの救いです。

本日はご会葬していただきありがとうございました。
これまでご厚情いただきました皆様に感謝いたします。

本日は最後までおつき合いいただき、誠にありがとうございました。
喪主が親戚の場合

喪主は叔父の妻だが、妻は要介護4で施設におり葬儀には参列できず、代わりに故人の姪が喪主の代わりに挨拶を行います。

故人は一人住まいで、姪が叔父と祖母の施設へ見舞に行くために、叔父の家を訪問した時に叔父は亡くなっていた設定です。

参列者は近所の方々と叔父がデイケアなどでお世話になっていた福祉施設の方々の時の故人の親戚としての例文です。

本日はご多用の中、故○○洋一の葬儀にご列席していただき、誠にありがとうございました。
体調の崩している喪主に代わりまして、故人の姪である□□晶子より、皆様にご挨拶をさせていただきます。

三年前に祖母が施設に入って以来、叔父はずっと一人暮らしでした。
いとこ夫婦からの同居の誘いも、「一人暮らしのほうが気ままでいいや」と言って断っていたそうです。

叔父は料理などが得意でないため、インスタント物だけでは身体によくないから、外で定食などを食べることを勧めると、「近所の人が色々と持ってきてくれるので助かっているよ」と嬉しそうに言ってました。

生前、叔父に親切にしていただいた本日、ご参列されている方々には、なんとお礼を申したらよいか、感謝の言葉もありません。

本日はお集まりいただきありがとうございました。
これまでに叔父へご助力していただいた皆様に、心から感謝いたします。

本日はありがとうございました。

お通夜の際の挨拶

通夜の挨拶と告別式の出棺時の挨拶と同じでも基本的には問題ありません
しかし、通夜と告別式の両方へ出席される方もいらっしゃいます。

話しを被らないようにするため、通夜の時には死去の報告を入れるなど挨拶に少し変化を持たせたほうがより良い挨拶になりまいます。

例えば以下のような内容で挨拶されると出棺時の挨拶と被りません。
また、通夜の挨拶では、告別式の案内と結びに通夜ぶるまいの案内を入れてください。

  • 自己紹介

    出棺時の挨拶と同じでも構いません。

  • 参列のお礼

    出棺時の挨拶と同じでも構いません。

  • 死去の報告

    生々しい報告でなければ問題ありません。
    さしつかえない程度で死因なども述べても問題ありません。

  • 生前の故人への感謝と告別式の案内

    感謝の気持ちは出棺時の挨拶と同じで構いません。
    その後に告別式の案内をしてください。

  • 結びのことば

    通夜ぶるまいへの案内を述べて、結びのことばで締めてください。

私は、故○○冬彦の長男で〇〇秋雄と申します。
本日はお忙しい中、父○○冬彦の通夜に参列していただき、誠にありがとうございました。

本人に成り代わりまして心からお礼を申し上げます。
父は、一昨日の午前四時三分にすい臓がんのために〇〇病院で亡くなりました。

享年七十一才でした。
父の闘病生活は楽なものではありませんでしたが、病院の適切な鎮静治療で苦痛を和らげることができました。

また、入院後、長い闘病生活にならず比較的早く逝くことができたのが、私どもにとっては、せめてもの救いでした。

本日駆けつけてくださった皆様には、故人も心から感謝していると思います。
なお、葬儀・告別式は明日午前十一時より執り行います。

また、別室に気持ちばかりの食事の席を用意しておりますので、どうそ召しあがりください。
本日は誠にありがとうございました。

精進振る舞いの際の挨拶

精進落としは、喪主や遺族が通夜、葬儀・告別式でお世話になった方々をねぎらうための会食です。
誰もが通夜、葬儀・告別式で疲れております。

長々と挨拶せず心を込めて、簡潔、手短に済ませてください。
以下の流れで挨拶をしてください。

  • 通夜、葬儀・告別式でお世話になった感謝のことば
  • 精進落としの案内
  • むすびのことば
昨日、本日は大変お世話になりました。
皆様のおかげで、通夜から葬儀・告別式までを無事に終了することができました。

本当にありがとうございました。
気持ちばかりでございますが、精進落としの膳を用意いたしましたので、ぜひお召し上がりください。

簡単ではございますが、これで挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。

家族葬の場合の挨拶

家族葬と聞けば、なんとなく「小規模なお葬式」というイメージがありますが、人数が何人以下なら家族葬、という定義はありません。

50人程度で行う家族葬もありますし、3~4名で行う家族葬もあります。
一般葬との最も大きな違いは参列者に関する考え方です。

一般葬の場合は、ご遺族の家族みにならず、故人の友人や職場関係者など多くの方々が参列されますが、家族葬の場合はご遺族、ご親戚を中心に親しい人だけで執り行います。

お葬式の流れは一般葬と変わりません。
従って、家族葬での挨拶も一般葬の挨拶と変わりませんが、自己紹介などは不要です。

今まで紹介した挨拶内容を参考にして、ご遺族、ご親戚がすでに知っていることは省略して結構です。

それでも家族葬での具体的な挨拶内容や挨拶のタイミングなどもう少し詳しく知りたい方は、はこちらからどうぞ。

こちらも読まれています

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

家族葬は身内だけで簡単に行える葬儀ですが、喪主の挨拶は必要です。家族葬で喪主が挨拶するタイミングや内容は一般の葬儀と違うこともあります。今回は、家族葬で喪主が挨拶をするタイミングや文例について紹介します。

参列者の挨拶

葬儀

訃報を聞いて式場に駆けつけ遺族にお悔みの言葉を述べます。
お悔みの言葉は、遺族をいたわり、慰めるためのものです。

言葉は少なく静かに述べます。
故人や遺族との思い出を整理した上で、遺族二気持ちが伝わるような一言を整理して述べてください。

また遺族と面識がなければ、最初に自分の名前と故人との関係を述べてからお悔みの言葉を述べたほうがよいでしょう。

また、通夜、葬儀・告別式のいずれも出席できないときは弔電を打つか、電話でお悔みを告げます。
最近ではスマートフォン、携帯でのメールやSNSやLINEでお悔みのメッセージを出すことも一般的になってきております。

ただメールやメッセージは誰でも出してよいと言うわけではなく、目上の方や仕事関係は出さないほうが無難です。

あくまでも親しい間柄の人に限ってください。
それでは以下の具体的な例をご紹介いたします。

葬儀場での挨拶

葬儀場での挨拶を紹介いたします。
まず、故人がどのような亡くなり方でも使える挨拶と事故や病気で亡くなった場合の挨拶例をご紹介いたします。

一般的な挨拶

まずはどんな場合でも使えるお悔みの言葉です。
語尾まではっきりと伝え、遺族へお悔みの気持ちを伝えましょう。

このたびは、まことにご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます。
このたび訃報を聞き駆けつけてまいりました。いまだに亡くなったことが信じられません。心からお悔やみ申し上げます。
このたびは本当に残念です。少し気が動転してしまい、慰めの言葉も出てきません。心からご冥福をお祈り申し上げます。

故人が事故で亡くなられた際の挨拶

事故の場合は故人が突然亡くなったため、遺族はまだ事実を受けとめられていないことがあります。
遺族の悲しみを深めないように、冷静にお悔みの言葉を簡潔に述べてください。

このたびは、あまりにも突然のことでなんと申し上げてよいか言葉も出てきません。心からお悔やみ申し上げます。
突然のことで本当に驚いてます。〇〇さんのような方が突然亡くなるのは本当に残念です。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
〇日前に電話で話しをしたばかりでした。いまだに私も信じられません。お気持ちをお察しいたします。

故人が病気で亡くなられた際の挨拶

お見舞いに行けなかった場合は、一言おわびを伝えます
故人の病気が長かった場合には、看病生活が続いた遺族に、ねぎらいの言葉をかけます。

このたびは、まことに残念です。心からお悔やみ申し上げます。ご入院中はお見舞いに伺えず、失礼いたしました。安らかにお眠りになるようお祈り申し上げます。
懸命に看病されていましたのに、慰めの言葉もありません。必ず回復すると信じておりましたが、残念でした。ご冥福をお祈りいたします。どうか看病疲れがでないようにひとまず少し身体を休めてください。

葬儀場外での挨拶

訃報の連絡を電話で受領する場合があります。
その際は簡単でもお悔みの言葉を述べてください。

もし、通夜、葬儀・告別式に出席できない場合に、電話をかけて遺族にお悔みの言葉を述べるのは失礼にあたります。

弔電を打つか、代理人をたてて弔問にさせてください。
遺族は通夜、葬儀・告別式の準備で精神的にも時間的にも余裕がありません。

また最近ではほとんどの人がスマートフォン、携帯でメールやSNSやLINEで情報のやり取りを行っております。

訃報の連絡もメールやメッセージを使うのsが普通になってきました
メールやメッセージは電話と違い、受信側の都合がよいときに見ればよいので、遺族側の負担もありません。

お悔みの言葉を伝えるには便利なツールと思います。
ただメールやメッセージは誰でも出してよいと言うわけではなく、あくまでも親しい間柄の人に限ってください。

電話でお悔やみを伝える際の挨拶

遺族側から訃報の連絡を受けた場合は、簡単にお悔みの言葉を述べるだけで十分です。
逆に長いお悔みの言葉は、遺族側の負担になります。

但し、通夜、告別式の場所、時間はしっかりと聞いてください。
以下に具体的なお悔みを紹介いたします。

まことにご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます。
少し前に話しをしたばかりでした。いまだに信じられません。ご冥福をお祈りいたします。

メールでお悔やみを伝えるのはNG?

前にも記載しましたがスマートフォン、携帯でのメールやSNSやLINEでお悔みのメッセージを出すことも一般的になってきております。

逆に訃報の連絡がメールやメッセージで送られてくるのが一般的になってきております。
但し、お悔みのメールやメッセージは形式を守り、絵文字などを使わずにしてください。

また、件名も来たメールに返信せず、「お悔みも申し上げます」などに書き換えてください。
文面は一般的なお悔みで結構です。

以下、1つの例を紹介いたします。

件名:お悔み申し上げます(〇〇)
本文:このたび訃報を受領し驚いております。いまだに亡くなったことが信じられません。心からお悔やみ申し上げます。

葬儀の挨拶の注意点・マナー

困った人々

通夜、葬式告別式では使ってはいけない忌み言葉があります。
使ってはいけない言葉を覚えておかないと、相手に不快感を与えてしまいます。

不幸な言葉を使ってはいけないことは常識でわかりますが、つい普段では使ってしまう重ね言葉も使ってはいけない言葉ですので注意が必要です。

もしうっかり使ってしまったら、その場でお詫びを言って言い直せば問題ありません。
それでは忌み言葉についてご説明いたします。

また、挨拶で注意点すること以外の心配事についてご説明いたします。

喪主・参列者が挨拶で使用していけない言葉

使用してはいけない忌み言葉をご紹介いたします。
通夜、葬式・告別式で喪主、参列者が使ってはいけない忌み言葉の3種類を紹介いたします。

不吉な言葉

やはり葬儀場ですので不吉な言葉は使ってはいけません。
具体的には「終わる」「最後」「別れる」などがあります。

これらの言葉は不吉な言葉と言われております。

これらの言葉を使いたい時は言い換えて使ってください。
例えば通夜ぶるまいを終了させる時は「通夜ぶるまいを終わりにする」ではなく「通夜ぶるまいをお開きにする」のように言い換えて使ってください。

挨拶などで使う場合の「最後」は「結びに」で言い換えることができます。
このように不幸な言葉は言い換えて使うのがマナーです。

重ね言葉

同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」も不幸が重なる、ということが連想されますので、葬式ではふさわしくな言葉とされております。

現代では気にしない人が多くなりましたが、気にする人の存在は無視できません。
前章の「不吉な言葉」と同様に他の言葉に言い換えて使用は避けるようにしてください。

重ね言葉とは具体的には「返す返す」「重ね重ね」「いよいよ」「ますます」「たびたび」などの言葉です。

重ね言葉ではありませんが「また」「再三」「さらに」「ふたたび」も繰り返すことを連想させるために忌み言葉です。

言い換えの例としては、たとえば「返す返す」は「思い起こせば」、「重ね重ね」は「加えて」、「いよいよ」は「さらに」、「ますます」は「もっと」、「たびたび」は「より」で置き換えることができます。

ただ、その場ですぐに置き換えることは難しいので、事前に挨拶することがわかっている場合は、挨拶内容を下書きをして問題ないことを確認してください。

重ね言葉は日常でよく使っているため、つい出てしまいます。
その場合は、お詫びを言って言い直せば特に問題はありません。

不幸が続くことを連想させる言葉

不幸を連想させる言葉も避けてください。
具体的には「浮かばれない」「苦しい」「迷う」などがあります。

よく通夜の席で「このたびはとんだことで」と述べる人がいますが、「とんだこと」も忌み言葉になりますので、使用は避けるようにしてください。

連想言葉も普段使っておりますので、つい口から出てしまいそうのなります。
葬式では慎重に言葉を選んで話す意識を持つようにしてください。

また前章の「重ね言葉」と同様に、その場ですぐに置き換えることは難しいので、事前に挨拶することがわかっている場合は、挨拶内容を下書きをして問題ないことを確認してください。

喪主の挨拶などはカンペはNG?

喪主の挨拶は、たとえ短くても各場面であります。
喪主になることも恐らく初めての経験だと思います。

全て覚えるのは精神的にも時間的にも大きな負担となります。
挨拶を事前に書面して、見ながら挨拶することは失礼にはあたりません

ただ最初から最後まで目線を書面に落とさず、自己紹介や感謝の気持ちを述べるとき、そして結び挨拶は、しっかりと参列者のほうを向いて話すようにしてください。

御愁傷様の返事は?

弔問者から必ず言われる言葉が「この度は御愁傷様です」という言葉です。
御愁傷様の返事についてご説明いたします。

「御愁傷様」は相手へのねぎらいや気遣いの言葉です。
つまり、ねぎらいや気遣いに対する簡単な返事で結構です。

お気遣いありがとうございます。
お忙しい中、〇〇お弔問に来ていただきありがとうございました。

葬儀の挨拶に関してまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀での喪主の挨拶の内容や参列者の挨拶の内容と注意点やマナーについて詳しくご紹介、ご説明してきました。

  • 喪主の挨拶は葬儀の各場面であります

    告別式の出棺時の挨拶を挨拶、通夜での挨拶、それと精進振る舞いの開始前の挨拶が一般的です。

  • 参列者の挨拶は遺族を気遣って簡潔に手短に述べてください

    言葉は少なく静かに述べます。
    故人や遺族との思い出を整理した上で、遺族二気持ちが伝わるような一言を整理して述べてください。

  • 通夜と葬儀では使ってはいけない忌み言葉があります

    不吉な言葉、重ね言葉、不幸を連想させる言葉は忌み言葉ですので、使用しないようにしてください。

    また、どうしても使いたいときは、言い換えるようにしてください。

今回ご紹介した内容が、通夜や葬儀での挨拶で悩んでいた方へ少しでもお力になったなら非常にうれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・挨拶」についてさらに知りたい方へ

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介のサムネイル画像

17回忌の挨拶には何を話すの?挨拶のタイミングと例文をご紹介

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!のサムネイル画像

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・挨拶」についてさらに知りたい方へ

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと