葬儀の受付係が会計をする場合のやり方って?準備や注意点も解説!

葬儀の受付係が会計をする場合のやり方って?準備や注意点も解説!

急に葬儀の受付を頼まれ、会計も任されることになったら、なにをどう準備して、どんなことに気をつければいいのでしょうか?終活ねっとでは、葬儀における受付の役割、会計として準備すべきことや注意点などを詳しく説明します。ぜひ参考にしてください。

2019-09-28

葬儀の受付と会計について

葬儀

不幸の知らせは、いつも突然やってきます。
ただでさえ驚きや悲しみの最中にあるのに、葬儀の受付を頼まれたりすると緊張もして落ち着かないものです。
ときには受付だけでなく会計まで任されたりすることも、あるかもしれません。

今回終活ねっとでは、葬儀の際の受付と会計について以下の疑問を中心に説明していきます。

  • 葬儀での受付とは、どんな役割なの?

  • 葬儀での会計の役割とは?どんな流れで、なにを準備すればいいの?

  • 葬儀において会計が気をつけるべき点は?

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀における受付の役割

葬儀

そもそも葬儀において受付は、どんな役割を担当するのでしょうか?
どんな人が、受付を任されるのでしょうか?

葬儀における受付の役割について以下のように、説明していきます。

受付の役割

葬儀における受付は、いうまでもなく弔問客が葬儀会場に入って最初に立ち寄る場所です。
そういう意味では受付はご遺族の代理とも言えるので、とても重要な役割です。

受付の主な仕事は、弔問客に芳名帳に記帳をしていただき、香典をお預かりすることです。
その際に、改葬御礼などをお渡しする場合もあります。
また、供物や弔電を受け取ったり、弔問客の上着や帽子をお預かりすることもあります。

受付は、弔問客に告別式会場やお手洗い、駐車場などの場所をご案内することが多いので、事前にそれらの場所を頭に入れておく必要もあります。

受付は誰の役目?

葬儀で受付を任される人に、特に決まりはありません
故人の親族や知人・友人、近所の人、町内会の会員、故人が経営する会社の関係者が任されることもあります。

ただし、故人と近い関係の親族はお焼香のタイミングが関わってくるため、受付をすることはあまりないようです。

受付は葬儀会社に任せることができない?

前述のように、故人と何らかの関係のある人が受付を行う場合が多いです。
ですが、お願いする人が誰もいない場合、葬儀会社や人材派遣会社に依頼して受付をお願いすることも可能なようです。

葬儀の会計を受付がする場合

葬儀

葬儀の場では、往々にして受付が会計も兼ねる場合が見られます。
受付が会計を兼ねると、お預かりした香典を誰かに引き継ぐ必要がなく、スムーズに集計作業に移行できるというメリットがあります。

それでは、葬儀における会計の役割や流れ、必要となるものについて詳しく説明します。

会計の役割

葬儀における会計の役割は、いうまでもなくいただいた香典の計算と管理です。
香典袋の金額と中身を確認して合計額を計算し、喪主または喪主から指定された人にお渡しするまでの間、香典を管理します。

大事なお金を扱うという責任を負ううえに正確さと迅速さが必要となる役割ですので、受付と会計を兼ねる場合は、最低でも2人以上で担当するようにしましょう。

会計の流れ

おもな会計の流れは、以下に説明するとおりです。

  • 芳名帳に番号を振る

    弔問客に記帳していただく芳名帳にあらかじめ番号を振っておきます。
    香典袋の順番を一致させることで、後で照合しやすくするためです。

  • 香典袋に、芳名帳の番号を記入する

    香典をお預かりしたら、香典袋の隅などに芳名帳の番号を記入します。

  • 香典袋の中身を確認する

    香典袋に記入されている金額と中身が一致するか確認します。
    万一金額が違ったり中身が入っていなかったりした場合は、すみやかに弔問客にその旨を伝えます。

  • 番号と金額をメモ

    メモ帳またはノート(香典帳)に、芳名帳の番号(余裕があれば氏名)と金額を書いていきます。

  • お金と香典袋の束を整理

    香典袋をまとまった数(5件、10件など)ごとに、入っていたお金とともに輪ゴムで束ねます。
    その際、芳名帳の番号(No.〇~No. ●)と合計金額を書いたメモ用紙を一緒にはさみます。

  • 記載内容と金額をチェック

    弔問客のピークが過ぎて余裕ができたら、香典帳と金額を確認し、間違いがないかチェックします。

  • 喪主に香典をお渡しする

    チェックが済んだ香典と香典袋の束、香典帳が入った袋を喪主または喪主から指定された人にお渡しします。

会計で必要となるもの

会計を行ううえで、以下のようなものを準備しておきましょう。

  • 電卓

    会計の作業で必須のアイテムとなるのが電卓です。
    小型のものよりも、数字の表示が大きくボタンも押しやすい、比較的大型のものがよいでしょう。

  • 筆記用具

    芳名帳の番号と金額の記入、合計額のメモなどに、筆記用具も欠かせません。
    鉛筆と消しゴムのほか、ボールペンは会計の人数分に加えてインク切れの場合を考え、多めに用意しましょう。

  • メモ帳またはノート

    香典帳として使うため紛失の恐れがないよう、メモ帳の場合はある程度大きなサイズのものを準備しましょう。

  • 輪ゴム

    お金と香典袋をまとめるのに使います。

  • 大きめの袋

    香典や香典帳をまとめて入れて持ち運びするのに使います。

  • 付箋

    貼ってはがせるタイプの付箋があると、メモして香典袋の束に挟んだり、後で確認が必要な箇所に貼ったりできて便利です。

葬儀で受付・会計をする際の注意点

葬儀

葬儀の際に受付・会計をおこなう場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

なによりも警戒すべきは、いわゆる香典泥棒です。
「喪主から香典袋を預かるように頼まれた」などと言ってくるような人物が現れても、絶対に渡してはいけません。

万一そのような人物が声をかけてきても、「香典の管理については私がすべて喪主から任されております。
」と言って断り、すぐに不審人物についての情報を喪主に伝えるようにしましょう。

香典泥棒の被害を未然に防ぐためにも、計算を終えた香典を渡す相手(喪主本人あるいは喪主が指定した人など)を前もって決めておくことが肝心です。

また、泥棒の被害のみならず後々の金銭トラブルを防ぐためにも、たとえ他の場所からお手伝いを頼まれても、葬儀の間は会計が持ち場を離れるのはやめましょう。
そのためには必ず2人以上が担当し、少なくとも1人は持ち場にいる体制を守ることが必要です。

葬儀の受付と会計についてまとめ

葬儀

以上のとおり、今回終活ねっとでは、葬儀における受付と会計について役割や仕事の流れ、注意点などについて説明してきました。
内容をまとめると、以下のとおりとなります。

  • 葬儀における受付には、弔問客に芳名帳に記帳していただき香典をお預かりするほか、こまごまとした役割がある。

  • 葬儀の受付を任される人に特に決まりはなく、葬儀会社や人材派遣会社に依頼することも可能。

  • 葬儀における会計の役割は、香典袋の金額と中身を確認して集計し、香典と香典帳を喪主などにお渡しすること。

  • 香典泥棒対策として、集計を終えた香典を渡す相手をあらかじめ決めておき、その人以外には絶対に渡さないことが重要。

いかがでしたでしょうか?

葬儀は、ご遺族にとってはもちろんのこと、故人と親しい方々にとっても最後のお別れとなる大切なセレモニーです。
そのような場で受付・会計を任されるのも故人とのご縁のお導きといえるでしょう。
心をこめて、間違いのないようしっかりと務めたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀の費用について気になる方は、ぜひ下記の記事もご参照ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・受付・会計」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料