葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

葬儀には最低どのくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀を執りおこなう際の最低限必要とされる費用相場を紹介します!また、家族葬や一般葬といった種類別の費用もくわしく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀の最低費用について

人々

最近では、子供に迷惑をかけたくないと葬儀費用を前もって貯蓄している方が増えています。
しかし、葬儀に最低どのくらいの費用がかかるかご存じない方もいるでしょう。

また葬儀には種類があり、主に「直葬」「家族葬」「一般葬」の3つあります。
それぞれ葬儀にかかる費用に違いはあるのでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では葬儀にかかる最低費用を種類別にし、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 葬儀にかかる費用の相場はいくら?

  • 直葬をした際にかかる最低費用は?

  • 一般葬をした際にかかる最低費用は?

  • 家族葬をした際にかかる最低費用は?

  • 葬儀を安くするポイントとは?

以上のことを詳しく解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の費用相場

お金

葬儀にかかる一般的な費用相場を種類別に解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

直葬

直葬(火葬式)とは、お通夜や告別式などはおこなわず、すぐに火葬する葬儀のことです。
家族や友人など限られた人たちだけで行うケースが多く、費用も抑えられます

だだし、亡くなられてから、24時間以内に火葬をしてはいけないと法律で定められているので、直葬をするにしてもご遺体を安置することになります。

直葬の費用は平均で、約17万円~30万円前後です。

直葬にかかる費用の内訳について更に詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧下さい。

一般葬

一般葬とは、お通夜や告別式をおこなう一般的な葬儀のことです。
参列した経験がある方も多くいらっしゃると思いますが、家族を含め、友人、知人、仕事関係など限定をしないで葬儀に参列してもらいます。

一昔前まで、自宅で葬儀を執りおこなうのが一般的でしたが、近年では葬儀会社に依頼して会館などでおこなうのが主流です。

一般葬の費用は葬儀の規模や式場の広さ、参列者の人数によって大きく変わります。
平均で約90万円~200万円と幅広いです。

家族葬

家族葬とは、家族や近親者など少人数で執りおこなう葬儀のことです。
人数に制限はありませんが、家族や近親者だけでも参列する人数が多い場合、式場も広くする必要があります。

広い式場になると、祭壇や生花などの装飾も式場に見合った規模のものでないと見栄えが悪くなります。
しかし、それでは一般葬の費用とあまり変わらないでしょう。

したがって家族葬を執りおこなう際は、家族葬向けの式場に合わせ、人数を制限することが大切です。
家族葬の費用は平均で、約55万円~80万円くらいになります。

家族葬の費用内訳について更に詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧下さい。

直葬の場合の最低費用と必要なもの

葬儀

近年、直葬を選ぶ方が増えているそうです。
その理由として、高齢化が進むにつれ参列する人数が減ったことや形式にこだわらない方が増えたことなどが挙げられます。

今後も増えることが予想される直葬ですが、どういった流れで執りおこなうのでしょうか?
直葬の一通りの流れについて説明します。

まず葬儀会社に連絡をし、亡くなられた場所からご遺体が安置できる場所まで寝台車で搬送してもらいます。
その後、葬儀会社のスタッフと火葬場やお坊さんの手配、葬儀の規模などの打合せをします。
故人に仏衣を着せてもらい棺へと納めますが、一緒に花や生前好きだった物なども納めましょう。

火葬場ではお坊さんにお経を読んでもらい、最後のお別れとなります。
火葬後は「骨上げ」をおこなって終了です。

ここでは、直葬を選んだ際に最低限必要なものとその費用相場を表にしました。
直葬を検討している方は参考にしてみてください。

項目 費用
車両 約25,000円~
約10,000円~60,000円
仏衣・布団 約15,000円~20,000円
ドライアイス 約10,000円~15,000円
火葬場利用料金 約10,000円~100,000円
骨壺・骨箱 約10,000円~30,000円

火葬場の運営は民営や公営がおこなっており、費用は地域によって異なります。
また葬儀会社によっては、安置保管料やスタッフの人件費なども請求される場合があるので、どういった内容の直葬を執りおこなうのか事前に調べておくと安心です。

一般葬の場合の最低費用と必要なもの

葬儀

家族葬や直葬に認知度がある程度高まってきたとはいえ、まだまだ一般葬は広く普及しています。
一般葬は家族や親族だけでなく、近所のかたや、故人の友人や会社関係者などを広くおよびするため比較的人数の規模として大きいです。
もちろん葬儀におよびする人数に下限も上限もありませんので、費用の目安の振れ幅は大きいですが、基本的に葬儀の費用は高くなる傾向があります。

また遺族にとっても顔見知りでない人もおとずれるため、おもてなしや葬儀のしきたりを正確にまもらなくてはなりません。

そのため葬儀を簡略化することがあまり適切ではなく、用意しなくてはいけないものが多いです。
そのため葬儀費用は高くなる傾向があります。

一般葬を選んだ際に最低限必要なものとその費用相場を表にしました。
一般葬をお考えの方は参考にしてみてください。

項目 費用
葬儀一式
(祭壇、焼香セット、遺影写真など)
約350,000円~650,000円
棺・納棺セット 約50,000円~110,000
車両費 約50,000円~
ドライアイス 約20,000円~40,000円
生花 約100,000円~
式場・控室(1泊)使用料 約130,000~160,000円
返礼費用 約10,000円~30,000円
飲食費用 約80,000円~300,000円
火葬場利用料 約10,000円~100,000円
寺院(お布施) 約150,000~500,000円

葬儀の際の祭壇は種類や大きさによって費用が異なり、祭壇に飾る生花も量によって費用に差がでます。
また、返礼品や飲食費用は、参列者が多ければその分費用もかかります。

このように一般葬は、参列する人数や葬儀の仕様によってかかる費用の幅が大きくなるので、生前にどのような規模の葬儀にするのかをあらかじめ決めておくほうが無難です。

葬儀費用の詳細については、以下の記事で詳しく説明しておりますので、あわせてご覧ください。

家族葬の場合の最低費用と必要なもの

葬儀

家族葬は、ごく近しい人達だけでおこなう葬儀なので、気兼ねなくゆっくり故人を見送ることができるとあって、近年増えている葬儀の形です。
人数に制限はありませんが、人数が多いと費用もかかりますので、費用を抑えたい方は葬儀をおこなう人数も減らしたほうがいいでしょう。

家族葬の流れは一般葬と変わりませんが、少人数で葬儀をおこなう場合、控室でそのままお通夜と告別式を執りおこなう方もいます。

故人とゆっくりお別れができる家族葬ですが、生前故人と仲が良かった人達は参列できなかったことが心残りだと思うケースもあります。
このようなことを無くすため、生前に仲が良かった友人やお世話になった人などをエンディングノートに書いておくといいでしょう。

予算の関係で葬儀に参列するのを断ったとしても、訃報を伝えることはできます。

家族葬を選んだ際に最低限必要なものとその費用相場を表にしました。
家族葬をお考えの方は参考にしてみてください。

項目 費用
葬儀一式
(祭壇、焼香セット、遺影写真など)
約200,000円~500,000円
棺・納棺セット 約50,000円~110,000
車両費 約50,000円~
ドライアイス 約20,000円~40,000円
生花 約50,000円~
式場・控室(1泊)使用料 約50,000~130,000円
返礼費用 約3,000円~10,000円
飲食費用 約20,000円~50,000円
火葬場利用料 約10,000円~100,000円
寺院(お布施) 約150,000円~500,000円

一般葬と比べ家族葬では、葬儀の規模が小さいので葬儀一式の費用が減り、返礼品や飲食費用が少なくなります。
式場・控室の使用料金も人数が少なければ抑えられます。
家族葬と一般葬の違いは、葬儀の規模(参列する人数含め)の大きさだとわかります。

しかし、このことが分かったとはいえ、「葬儀の規模」というのがよくわからないですよね。
葬儀会社によっては生前にどのぐらいの葬儀費用を用意すればいいのかわかるように、生前見積りをしてくれるところもありますので利用してみてください。

葬儀費用をさらに安くする方法

人々

なにも知らず葬儀を執りおこなった場合、葬儀会社によっては必要のないオプションを追加され、費用が予算よりオーバーすることもあります。

そうならないために葬儀の費用を安く抑える方法を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

葬儀会社のリサーチ

葬儀会社の中には、葬儀のセットプランを用意している場合があります。
それをうまく利用することで、通常よりも費用を抑えることができるでしょう。

ただし、その葬儀のプランには含まれていないものもあり、プラン以外の費用を請求せれることもありますので、どのようなプラン内容なのかを事前に確かめておきましょう。

また、「終活ねっと」では葬儀会社の選び方について解説している記事を掲載しています。
参考に読んでみてください。

給付金を申請する

国民健康保険に加入している場合、亡くなられて2年以内に申請すれば、1万円~5万円の葬祭費が支給されます。
また、社会保険の方は、5万円の埋葬料が受け取れます。

くわしい手続きは、地域によって異なりますので、問い合わせて確認してみてください。

葬儀の最低費用についてまとめ

介護

葬儀にかかる最低費用について詳しく解説しましたが、いかがでしたか。
今回の葬儀の最低費用についてまとめると以下のようになります。

  • 葬儀にかかる費用の相場は平均で、直葬が約17万円~30万円前後、一般葬が約90万円~200万円、家族葬が約55万円~80万円くらいかかる

  • 直葬をした際にかかる最低費用は、車両、棺、仏衣・布団、ドライアイス、火葬費用、骨壺が必要なもので、費用は最低が約8万円くらいである。

  • 一般葬をした際にかかる費用は、お通夜式や告別式、火葬をおこなって最低約95万円くらいで、参列者が多いほど費用もかかる

  • 家族葬をした際にかかる費用は、お通夜式や告別式、火葬おこなって最低約55万円くらいで、少人数で葬儀をおこなう場合、控室でそのままお通夜と告別式を執りおこなう方もいる。

  • 葬儀を安くするポイントは、「葬儀会社のセットプランを上手く利用する」「給付金を申請する」の2点ある

葬儀の費用は高いイメージがありますが、上記のポイントを利用することで抑えることもできます。
また、住んでいる地域の葬儀会社をリサーチして比較することで、どのような内容で葬儀を執りおこなうかが明確になるでしょう。

故人との最後のお別れになる葬儀ですので、落ち着いてお見送りができるように、前もって準備しておくと安心ですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また、「終活ねっと」では葬儀に関連した記事を多数掲載しています。
ぜひ参考に読んでみてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事