葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

一般的な葬儀は通夜のあと告別式を行います。通夜と告別式で喪主は弔問客へ挨拶を行います。通夜の挨拶内容と葬儀の挨拶内容は一緒でよいのかどうかなど、喪主の経験ないので分からないと思います。そこで今回、葬儀と通夜の挨拶内容や注意点、また参列者の挨拶も説明いたします。

目次

  1. 葬儀と通夜の挨拶は同じ?
  2. 葬儀での喪主の挨拶内容
  3. 葬儀と通夜の挨拶の具体例
  4. 挨拶で使ってはいけない言葉
  5. 参列者が受付でする挨拶
  6. 葬儀と通夜の挨拶の違いのまとめ

葬儀と通夜の挨拶は同じ?

困った人々

一般的な葬儀は通夜を行った後で葬儀・告別式を行います。
通夜と葬儀・告別式、それぞれで喪主は弔問客へ挨拶を行います。

弔問客への挨拶は、通夜のときは通夜振る舞いに先だって行う場合と、お開きの際に行う場合があります。

また告別式は、出棺時の棺を霊柩車に安置したところで挨拶を行います。
通夜の挨拶の内容と葬儀の挨拶内容は一緒でもいいのか、別にしないといけないのか分かりませんよね。

喪主になること自体、ほとんど経験がないので、どうすればよいのかわかりませんよね。
そこで今回終活ねっとでは、葬儀と通夜の挨拶について説明いたします。

また挨拶の内容、注意点や参列者の挨拶についても詳しくご紹介、ご説明いたします。
今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • 葬儀での喪主の挨拶はどのように言えばいいの?

  • 葬儀と通夜の挨拶の具体例ってどんなの?

  • 挨拶で使ってはいけない言葉ってどんな言葉なの?

  • 弔問客が受付でどのように挨拶すればいいの?

  • 葬儀と通夜の挨拶の違いのまとめ

以上を軸にしてご説明、ご紹介をしてまいります。
もし自分や親族、友人などが実際、葬儀に直面して挨拶に困っている方や弔問客として葬儀に出席しようとしている方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀費用の相場や内訳、誰が負担するのかなど、葬儀にかかる費用についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

葬儀での喪主の挨拶内容

困った人々

葬儀の挨拶も通夜の挨拶も基本は同じです。
喪主が弔問客に対して、故人に代わって感謝の述べることには変わりません。

感謝の内容は同じでも構いませんが、挨拶の構成が少し異なりますので以下にご説明いたします。
また通夜と葬儀の両方に出席してくだる方には同じ話しを聞かせることになるので、エピソードを変えるなどして、挨拶に少し変化を持たせたほうがより良い挨拶になります。

通夜の挨拶

通夜で行う挨拶は、告別式後の出棺で行う挨拶と基本は同じです。
しかし通夜は告別式ほど厳粛な儀式ではありませんので、それほど形式にこだわらなくても大丈夫です。

通夜の挨拶は流れが決まっておりますので、流れに従って落ち着いて挨拶すれば問題はありません。
重要なことは、忙しい中に駆けつけてくれた弔問客に対する感謝の気持ちを伝えることです。

  • まず自己紹介をします

    故人の付き合い範囲が広い場合は、喪主とあまり面識がない方が参列している場合がありますので、最初に自己紹介をします。

    故人と喪主の関係を簡単に説明するだけで結構です。
    例えば故人が父親で長男が喪主の場合は次のような自己紹介で結構です。

    「私は、故〇〇の長男で〇〇と申します。喪主として一言ご挨拶を申し上げます」のような簡単な紹介で結構です。

  • そのあと弔問へのお礼を述べます

    自己紹介のあとに弔問へきていただいたことのお礼を述べます。

    「本日は、お忙しいところを亡き父の通夜にご参列していただきまして、まことにありがとうございました。」のようなお礼の言葉で結構です。

  • そして故人のエピソードを言います

    参列者へ故人の人柄を披露することで、より故人を偲ぶことができます。
    何か印象に残るエピソードを披露してはいかがでしょうか。

    難しく考えずいちばん印象に残っている故人の言葉や生活ぶりなどを紹介してください。

    例えば足が悪い故人が、人の手を借りるのが嫌で声を出して気合いを入れて立ち上がっていた、のような参列者が知らないエピソードを話すことで、より故人との距離が近くなってきます。

  • その後、通夜振る舞いの案内をします

    通夜振る舞いが準備できていることを伝えます。
    「別室にささやかではありますが、お席を用意させていただきました。時間のある方はぜひお立ち寄りくださいまいようお願い申し上げます。」のように出席を促してください。

  • 最後に葬儀告別式の案内を言って挨拶をしめます

    最後に葬儀告別式の日時と場所を伝えお礼の言葉で締めくくります。
    「本日は、まことにありがとうございました」

葬儀の挨拶

葬儀も挨拶も通夜の挨拶とほぼ同じです。
但し通夜に参列していない弔問客もいらっしゃるので、省略しないで挨拶してください。

通夜の挨拶に対して故人の最後の様子、生前の厚誼へのお礼、今後の指導のお願いを付け加えて、結びのお礼を述べて挨拶を終えてください。

  • まず自己紹介をします

    通夜の挨拶と同じで問題ありません。

  • そのあと弔問へのお礼を述べます

    ここも通夜の挨拶と同じで問題ありません。

  • 次に故人の最後の様子を簡単に述べます

    亡くなった日時と年齢を報告します。
    さしつかえなければ死因や闘病の状況も簡単に報告します。

  • そして生前の厚誼へのお礼を述べます

    故人が生前にお世話になったことへの感謝をのべます。

  • 次に今後の指導のお願いを述べます

    今後の遺族に対する支援をお願いする言葉は欠かせません。
    「今後とも父の生前同様に、変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。」

  • 最後に結びのお礼の言葉でしめます

    もう一度、弔問してもらったことへのお礼を述べて葬儀を締めくくります。

葬儀と通夜の挨拶の具体例

困った人々

葬儀での挨拶は各場面であります。
喪主は、故人の代理として弔問を受ける立場にあります。

従って、挨拶も故人に代わって行うものなので、悲しみのあまり言葉にならないこともあるかもしれませんが、できるだけ落ち着いて挨拶をしてください。
葬儀と通夜の挨拶の具体例を細かく場面別に提示していきます。

葬儀の挨拶の具体例

葬儀の順番は大体決まっており、場面別に挨拶をすることになります。
以下に具体例をあげて説明いたします。
ただ、最近は葬儀・告別式での挨拶と出棺時の挨拶をまとめて一回にする傾向にあります。

僧侶への挨拶

僧侶は通夜のときと葬儀・告別式のときの2回登場いたします。
通夜の時に僧侶控室があれば、控室に行って迎えの挨拶を行います。

僧侶を見送るときは読経のお礼を言ってください。

僧侶をお迎えする際の挨拶

通夜で出迎えるときは一般的なお礼で問題ありません。
僧侶が待機している控え室に行って挨拶を述べます。

お忙しい中、故人のためにご足労いただきまして誠にありがとうございます。本日は宜しくお願いします。

また葬儀・告別式のときも、昨日の読経のお礼を伝えて、本日の読経の挨拶を述べます。

昨日は故人けの読経ありがとうございました。本日も宜しくお願いいたします。
僧侶を見送る時の挨拶

お見送りの言葉に読経のお礼を付け加えてください。

本日は足労いただきまして誠にありがとうございました。本日は亡き〇〇への読経ありがとうございました。

参列者への挨拶

時間を割いて弔問にきていただいた感謝をこめて挨拶をしてください。
内容は一般的なお礼の挨拶で問題ありません。

本日はありがとうございます。〇〇に代わりまして厚くお礼を申し上げます。本日は宜しくお願いいたします。

告別式

葬儀・告別式での挨拶は内容的には通夜の挨拶と重複する内容となりますが、通夜に参列していない弔問客もいますので、省略しないで丁寧にお礼を述べてください。

また、告別式を開会するときは簡単な挨拶でよいです。

告別式を開会するとき

告別式の開会を簡単に述べる程度で問題ありません。
参列者の方を見て、落ち着いて述べてください。

本日は、お忙しいところを亡き父の葬儀に多数ご参列くださいまして、まことにありがとうございます。ただいまから告別式を執り行います。
告別式を閉会するとき

出棺の前で帰る弔問客もいらっしゃいます。
挨拶は「葬儀での喪主の挨拶内容」の章の「葬儀の挨拶」の内容で挨拶してください。

また告別式の閉会で挨拶せず出棺時に挨拶する場合が多くなってきております。
その場合は簡単に告別式の閉会の挨拶を行います。

本日は皆さまのおかげで、滞りなく葬式を終えることができました。本日の葬式は故人を偲ぶことができ、とてもよい葬式になりました。喪主としてお礼を申し上げます。本日はありがとうございました。

出棺時

出棺時で葬儀・告別式の挨拶を兼ねることが多くあります。
挨拶は「葬儀での喪主の挨拶内容」の章の「葬儀の挨拶」の内容で挨拶してください。

ただ弔問者を外で立たせているので、2~3分で終えるようにしてください。
また、挨拶の自己紹介を述べる前に、立って待っている弔問者への感謝の言葉を先に述べるようにしてください。

最近では、告別式の閉会時の挨拶と重なるため、もし告別式で挨拶した場合は、下記の弔問者への感謝の言葉だけで済ます場合が一般的です。

本日はお寒い中、〇〇のためにお集りいただき、ありがとうございました。

精進落としの際の挨拶

精進落としの挨拶は、参列者全員が着席したところで、喪主か親族代表がお礼を述べます
参列者は、通夜から葬儀告別式までずっと一緒にいてくれた人たちですので、感謝の気持ちを込めて挨拶してください。

精進落としの始まる前

精進落としの挨拶は、通夜から葬儀告別式までずっと一緒にいてくれた人たちへのお礼の言葉を中心に、開宴の案内、そして今後のお願いと結びのことばで終えてください。

  • お礼のことばを述べます

    「本日は、皆様には大変お世話になりました。おかげさまで葬儀告別式を無事にすませることができました。」

  • 開宴の案内をします

    「ささやかではございますが、精進落としの酒肴を用意いたしましたので、疲れを穂木していただければと存じます。」

  • 今後への願い・結びを述べます

    父は彼岸へと旅立ってしまいましたが、残された私どもへも父の生前と同様のご厚誼を賜りますよう、なにとぞ宜しくお願いいたします。」

    「本日は、まことにありがとうございました。」

精進落としの終了時

精進落としは1~2時間で切り上げるのが一般的です。
どの人も疲れていますし、翌日の仕事もありますので、引き止めたりせずに、頃合いを見計らってお開きの挨拶をしてください。

お開きの言葉は、長い挨拶は避けてお礼の気持ちを込めて簡単にすませてください。

  • 精進落としの終了を告げます

    「本日はまことにありがとうございました。もう少しゆっくりとしていただきたいのですが、このあたりでお開きとさせていただきます。長い間お引止めいたしまして申し訳ございませんだした。」

  • 不行き届きのお詫をび述べます

    「本日は、皆様に大変お世話になりながら、何かと行き届かぬ点が多く、申しわけございませんでした。」

  • 結びのことばを述べます

    「本日は最後までおつきあいをいただき、本当にありがとうございました。」

通夜の挨拶の具体例

通夜振る舞いは故人との最後の晩餐です。
挨拶は終わりだけでも構いません。

通夜振る舞いの最初に挨拶した場合は、通夜振る舞い後の挨拶は簡単で結構です。
また、弔問客は各自、きりがよいところで帰っても構いません。

しかしタイミングを計りかねている人もいるので、通夜振る舞いが開始され1時間程度で通夜振る舞いを終える挨拶をしましょう。

通夜振る舞い前

通夜振る舞い開始前に最初に弔問客へのお礼の挨拶を述べます。

皆様、本日はご多用の中をご参集いただきまして、本当にありがとうございました。お陰さまで、〇〇の通夜を滞りなく済ませることができました。

その後、通夜振る舞いの案内をして通夜振る舞いへの出席を促します。

食事の席の準備もできておりますので、ぜひ故人を偲びながら召し上がってください。

通夜振る舞い後

通夜振る舞い前に挨拶をしなかった場合は、通夜振る舞い後に挨拶を述べます。
最初に弔問客へお礼の挨拶を述べます。

本日はありがとうございました。故人に代わりましてご挨拶をさせていただきます。まだまだ故人のお話しを伺いたいところですが、明日の葬儀もありますので本日はこれでお開きとさせていただきます。

次に翌日の葬儀・告別式の案内を述べます。

なお、葬儀・告別式は明日、〇〇時から〇〇で執り行いますので、お時間がございましたら、ぜひご会葬ください。

そして最後にもう一度、弔問への感謝の言葉を述べて結びのことばとします。

時間も遅くなり足元が暗くなっておりますので、どうか気をつけてお帰りください。本日は、まことにありがとうございました。

挨拶で使ってはいけない言葉

葬儀

通夜、葬式・告別式では使ってはいけない忌み言葉があります。
使ってはいけない言葉を覚えておかないと、相手に不快感を与えてしまいます。

不幸な言葉を使ってはいけないことは常識でわかりますが、つい普段では使ってしまう重ね言葉も使ってはいけない言葉ですので注意が必要です。

もしうっかり使ってしまったら、その場でお詫びを言って言い直せば問題ありません。
それでは忌み言葉についてご説明いたします。

使用してはいけない忌み言葉

通夜、葬式・告別式告別式で使ってはいけない忌み言葉は4種類あります。
「不幸な言葉」「重ね言葉」「不幸を連想させる言葉」の他に、生死に関する表現も避けるようにしてください。

不吉な言葉

やはり不吉な言葉は使ってはいけません。
具体的には「終わる」「最後」「別れる」などがあります。

これらの言葉を使いたい時は別のことばに言い換えてください。
通夜振る舞いを終える時に使う場合の「通夜振る舞いを終わる」は「通夜振る舞いをお開きにする」で言い換えることができます。

挨拶などで使う場合の「最後」は「結びに」で言い換えることができます。
このように不幸な言葉は言い換えて使うのがマナーです。

重ね言葉

重ね言葉とは同じ言葉を繰り返すことを意味します。
具体的には「返す返す」「重ね重ね」「いよいよ」「ますます」「たびたび」などの言葉です。

これらは不幸を繰り返すことを連想させるために使うことが避けられてます。
重ね言葉ではありませんが「また」「再三」「さらに」「ふたたび」も繰り返すことを連想させるために忌み言葉です。

現代では気にしない人が多くなりましたが、気にする人の存在は無視できません。
他の言葉に言い換えるようにして、使用は避けるようにしてください。

たとえば「返す返す」は「思い起こせば」、「重ね重ね」は「加えて」、「いよいよ」は「さらに」、「ますます」は「もっと」、「たびたび」は「より」で置き換えることができます。

ただ、その場ですぐに置き換えることは難しいので、事前に挨拶することがわかっている場合は、挨拶内容を下書きをして問題ないことを確認してください。

不幸を連想させる言葉

不幸を連想させる言葉も避けてください。
具体的には「浮かばれない」「苦しい」「迷う」などがあります。

よく通夜の席で「このたびはとんだことで」と述べる人がいますが、「とんだこと」も忌み言葉になりますので、使用は避けるようにしてください。

連想言葉も普段使っておりますので、つい口から出てしまいそうのなります。
葬式では慎重に言葉を選んで話す意識を持つようにしてください。

生死に関する表現は避ける

生死に関わる表現も避けてください。
具体的には「死ぬ」「泣く」「生きていたこと」などの言葉です。

これらの言葉も使うときは言い換えてください。
たとえば「死ぬ」は「ご逝去する」、「泣く」は「涙する」、「生きていたこと」は「お元気なころ」に置き換えることができます。

参列者が受付でする挨拶

葬儀

弔問客は通夜や葬儀に参列する場合、最初に受付に寄って挨拶を行います。
遺族の胸中を推し量りながら、お悔みの言葉を受付で述べます。

受付での挨拶の内容と具体的な挨拶の例をご説明いたします。

挨拶の内容

挨拶の内容は手短にお悔みの言葉を述べてください。
前章の忌み言葉は避けるようにしてください。

挨拶の具体例

どんなケースにも使えるお悔みの言葉を紹介します。
以下の例文を参考にしてください。

「このたびは、まことにご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げます。」
「急なお知らせで、本当に驚きました。心からお悔やみ申し上げます。」
「悲しいお知らせをいただき、大変驚きました。心からお悔やみ申し上げます。」

葬儀と通夜の挨拶の違いのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀と通夜の挨拶、および挨拶の内容、注意点や参列者の挨拶についても詳しくご紹介してきました。

  • 喪主の通夜と葬儀での挨拶内容は基本は同じで問題ありません

    ただ、葬儀・告別式だけに参列される方もいらっしゃいますので、通夜で挨拶した内容を省略して挨拶しないようにしてください。

    また、全く同じ挨拶にしないように、たとえば葬儀・告別式ではエピソードをいれるように、話しを少し変えるほうが好ましいです。

  • 通夜と葬儀・告別式では挨拶する場面が決まってます

    僧侶への挨拶、参列者への挨拶、告別式の挨拶、出棺時の挨拶、精進落としの際の挨拶
    、通夜の挨拶があります。

    ただ、最近では告別式の挨拶を省略して出棺時の挨拶だけにするなど、時代の流れに沿って変わってきております。

  • 通夜と葬儀では使ってはいけない忌み言葉があります

    不吉な言葉、重ね言葉、不幸を連想させる言葉、生死に関する表現は忌み言葉ですので、使用しないようにしてください。

    どうしても使いたいときは、言い換えるようにしてください。

  • 参列者は受付でお悔みのことばを述べてください

    手短にお悔みの言葉を述べるようにしてください。

今回ご紹介した内容が、通夜や葬儀・告別式での挨拶で悩んでいた方へ少しでもお力になったなら非常にうれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
また、実際に葬儀について検討されている方はこちらからどうぞ。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・通夜・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・通夜・挨拶」についてさらに知りたい方へ

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!のサムネイル画像

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介します

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・通夜・挨拶」についてさらに知りたい方へ

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと