葬儀で渡す心付けの表書きは?心付けを包む袋や金額相場も解説します

葬儀ではお手伝いをしてくれる方へ心付けを渡します。チップのようにお札のままではなく袋に入れるため、表書きをどうするか悩む方もいらっしゃるでしょう。今回の記事では、葬儀での心付けの表書きや、包むための袋、渡す相手別の金額相場について、詳しく解説しています。

目次

  1. 葬儀で心付けは必要?
  2. 心付けを渡す相手と金額相場・タイミング
  3. 心付けを入れる袋について
  4. 心付けを渡す際のマナー
  5. 心付けを頂いた際のお礼は?
  6. 葬儀の際の心付けに関してまとめ

葬儀で心付けは必要?

葬儀

葬儀ではさまざまな方の手を借りることになります。
そのお手伝いへのお礼を「心付け」として渡す気遣いが、昔からの慣例として続いています。

必ず渡さなければならないものではありませんが、お礼の言葉だけよりも感謝の気持ちが伝わりやすいため、今でも心付けを用意する方が大勢います。

葬儀で忙しく立ち回る中でも、タクシーの運転手や火葬場の係員などたくさんの方へと心付けを渡す場面があります。

さらにそれぞれに表書きを書き、お手伝いの作業に見合った金額の心付けを用意する必要もあり、準備するだけでも大変なことと思います。

そこで今回の終活ねっとでは、葬儀で渡す心付けについて

  • 心付けは誰にどのように渡すのか?
  • 渡す相手によって金額は変わる?
  • 心付けはどんな袋に入れる?
  • 表書きや名前はどう書く?

以上のことを中心にして、心付けを渡す相手やタイミング、表書きの書き方や金額相場について、詳しく解説していきたいと思います。

心付けを渡すときのマナーについても紹介していますので、心付けを渡す際の参考にしていただけると幸いです。

ここまで葬儀の費用を誰が払うのかについて見てきましたが、葬儀後の法要の費用については誰が払うべきなのでしょうか。

ここでは、葬儀後の法要の費用も長男が払うべきなのかについて詳しく解説していきます。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

心付けを渡す相手と金額相場・タイミング

葬儀

心付けは誰に渡すかを前もって考えておく方が良いでしょう。

慣例として渡しておきたいのは、まず寝台車や霊柩車などの運転手です。
それから火葬場のスタッフ、さらに業者以外で葬儀を手伝ってくれる方です。

ただし、葬儀社から手配をしてくれている場合は、料金に心付け分が先に含まれていることもあります。
見積もりの際に心付けはどうすればいいのか、葬儀社に確認しておくことが必要です。

それでは、渡す相手によっての金額相場を紹介しながら、どのタイミングで心付けを渡せばスムーズなのか解説していきたいと思います。

運転手への心付け

葬儀では、葬儀場や火葬場へと何度も移動のために車に乗ることになります。
まずは運転手への心付けの金額相場や渡し方について見ていきましょう。

特に移動の前後は慌しくなってしまうので、心付けを渡すタイミングを逃さないように注意が必要です。

渡す際に丁寧にお礼を述べると、相手に感謝の気持ちがより伝わるでしょう。

寝台車の運転手

通夜の前に自宅から葬儀場へとご遺体を運んでもらうのが寝台車です。

寝台車の運転手への心付けは、3千円ほどが相場です。
ご遺体を車内に乗せたり、葬儀場で降ろしたりする作業をお任せしますので、お礼として少し多めに渡します。

渡すタイミングは、車内にご遺体を乗せてから葬儀場へ出発する頃がいいでしょう。
喪主は寝台車へ同乗しますので、車を発進させる前に車内で運転手へ渡すとスムーズです。

葬儀場に到着するとすぐにご遺体を降ろす作業が始まりますので、到着するまでには渡しておきましょう。

ハイヤーの運転手

葬儀の会場へ行く際には喪主以外は寝台車に乗れないため、ハイヤーを利用することがあります。

ハイヤーの運転手への心付けは、千円ほどが相場です。

渡すタイミングは、車内に乗り込む時がスムーズですが、目的地に着くまでには渡しましょう。
会場に着いて乗車料金を払うときに、一緒に渡しても構いません。

葬儀社にハイヤーを手配してもらう場合は、サービス料として費用に心付けの金額が含まれていることが多いので、前もって葬儀社に確認しておきましょう。

マイクロバスの運転手

葬儀の後に火葬場へ行く際や、火葬場から葬儀場へ戻る際には、大人数になるためマイクロバスで移動します。

マイクロバスの運転手への心付けは、2千円ほどが相場です。

渡すタイミングとしては、マイクロバスに乗ってから最後の目的地に到着するまでです。
後になるほど忘れがちになりますので、最初に乗る時に渡すといいでしょう。

マイクロバスは葬儀社が手配することがほとんどですので、運転手への心付けが葬儀代にふくまれているかどうか見積書を確認しておきます。

霊柩車の運転手

霊柩車は葬儀場から火葬場へ向かう際に、ご遺体を乗せて喪主が位牌を持ち同乗します。

霊柩車の運転手への心付けは、5千円ほどが相場です。
使用する霊柩車のグレードを高くする場合は、さらに金額を増やすこともあります。

渡すタイミングは、ご遺体を乗せてから霊柩車へ乗り込む時ですが、遅くとも火葬場へ着くまでには渡しましょう。

火葬場のスタッフ

葬儀が終わり火葬場へ到着すると、今度は火葬場のスタッフが手伝いをしてくれます。

人数が多いので一人一人渡へ渡すことが難しい場合は、代表者へまとめて心付けを渡して他の方へはお礼の言葉をかけるといいでしょう。

火葬場では、火葬を担当する係員と休憩室や会食の係員とで、作業の内容が大きく変わります。

それでは、それぞれの心付けの金額相場と渡すタイミングについて説明していきましょう。

火葬場の係員

火葬場では、ご遺体の火葬をしてもらい、骨壷に収めるお手伝いをお願いすることになります。

火葬場の係員への心付けは、5千円ほどが相場です。
ご遺体を直に扱ってもらう重労働ですので、金額相場が高くなっています。

渡すタイミングとしては、火葬場に到着してすぐに代表の方へ渡しましょう。
なるべく火葬が始まる前に渡しておきます。

ただし公営の火葬場の係員は公務員のため、心付けは賄賂とみなされてしまい、渡すことは出来ません。

休憩室係員

火葬場では、ご遺体を火葬するのに長時間待つことになり、その間お茶を飲んだり休憩をしたりするために休憩室を使います。

休憩室係員への心付けは、2千円ほどが相場です。

もし赤ちゃんの世話や足の悪い方の世話などを手伝ってもらう場合には、さらに多めに包むようにしましょう。

渡すタイミングは、休憩室に案内してもらう時がいいでしょう。

もし喫茶室のように飲み物を注文してお金を払うシステムであれば、サービス料が飲食代に含まれていますので、心付けは必要ありません。

料理配膳人

火葬が終わってご遺骨を骨壷に納めた後には、精進落しとして会食をします。

料理配膳人の心付けは、人数が多いので一人当たり1千円ほどが相場です。
人数が分からなければ、まとめて1万円ほどを代表の方へ渡しておくといいでしょう。

料理を配膳してくれる方は、料理の他にもビールやジュースなどの飲み物も持ってきてくれますし、小さい子供がいると何かとお世話を頼むことになります。

渡すタイミングは、席に案内された時がスムーズですが、タイミングが難しければ会食が終わるまでには渡しましょう。

葬儀を手伝ってくれた人

葬儀では、葬儀社だけではなく親戚や親しい知人、場合によっては勤めていた会社の方にも葬儀を手伝ってもらいます。

ごく身内であれば心付けを用意しないこともありますが、基本的には心付けに限らず必ずお礼をします。

もし心付けの受け取りを断られた場合には、葬儀が終わって落ち着いてから、菓子折りなどお礼の品を持って挨拶に伺います
遠方であれば郵送でも構いません。

それでは、手伝ってもらう内容ごとに解説しますので、心付けを渡す際の参考になさってください。

世話係

葬儀が大規模になれば、世話係を立てて案内役や司会などをお任せすることになります。

まとめ役として代表者を1名決めて、世話係代表者には1万円ほど、その他の世話係の方には3千円ほどお渡しするのが相場です。

通夜と告別式で違う方が世話係をすることもありますので、別々に心付けを用意するようにします。

渡すタイミングとしては、通夜と告別式のそれぞれの日に、世話係の方が会場へ着いてすぐがいいでしょう。
お互いの挨拶と当日の作業確認が済んでから、心付けを手渡します。

全員に渡すことが難しい場合は、代表者の方にまとめて渡しておくといいでしょう。

社葬では会社員が世話係になりますが、心付けについて決まりを設けている会社もありますので、前もって確認することをおすすめします。

受付

葬儀の受付では、頂いた香典の管理もしなければならないため、葬儀社ではなく身内や親戚、親しい知人などにお願いする場合が多いです。

受付の方への心付けは、身内や親戚なら3千円ほど、知人なら5千円ほどが相場です。
通夜と告別式の両方で受付を行いますので、心付けも両日渡しましょう。

渡すタイミングは、当日に受付の説明をする時がおすすめですが、遅くても葬儀が終わるまでには渡しておきます。

遠方から来てもらう場合には、別にお車代や宿泊費を渡すこともあります。

ご僧侶への心付け

ご僧侶への心付けは、お布施という名目でお渡しします。
金額相場は20万円ほどですが、地域によっては30万円ほどと相場が変わります。

葬儀社にご僧侶の手配をお願いする場合は、葬儀代に前もってお布施が含まれていることもありますので、見積書を確認しておきます。

葬儀が始まる前にご僧侶へ挨拶するタイミングがありますので、その際にお布施を小盆に載せてお渡ししましょう。
もし、お布施を受け取らずに小盆を押し戻してこられた場合は、受け取らないという意味なのでそのまま引き下げます。

心付けを入れる袋について

葬儀

心付けはお札をそのまま直接渡すのではなく、袋に入れて渡すのがマナーです。

お札を袋に入れるかどうかは、欧米でのチップとの大きな違いであり、日本人の心遣いの表れとも言えます。

それでは、心付けにはどのような袋がいいのか、また表書きはどう書けばいいのか、入れ方についても解説していきたいと思います。

封筒

心付けには、お札を折って入れる小さなポチ袋や、折らずにお札を入れられる無地の白封筒を使います。

ポチ袋を使うのは、1000円札を1,2枚だけ入れるといった小額の心付けを渡す場合です。
5000円や1万円といった少なくない金額では、白封筒に入れるのが一般的です。

ポチ袋に入れる際には、お札を三つ折にして縦向きに入れましょう。

表書き

ポチ袋には表書きは特に必要ありませんが、すでに表書きが印刷してある場合には「志」と書かれているポチ袋を選びましょう。

白封筒の表書きには、「志」もしくは「御礼」と書きます。

ご僧侶への心付けであるお布施には「御布施」と書くか、何も書かないままにします。

注意点として、似たような言葉で「寸志」がありますが、これは目上から目下への労わりという意味になりますので、葬儀では使わないようにしましょう。

薄墨で書くの?

表書きは、弔事であれば薄墨を使って書くのがマナーですが、心付けについては特に決まりがありません
薄墨でも構いませんし、普通の黒いサインペンでも問題ありません。

ただし、ご僧侶にお渡しするお布施の表書きには薄墨を使わずに、黒の筆ペンやサインペンで書きましょう。

名前の書き方は?

表書きを書かない場合でも、誰からの心付けなのか分かるように、裏に名前を書きます

フルネームである必要はないので、名字を裏の左下に縦書きしましょう。
もし連名になる際には、横に並べて記入します。

心付けを渡す際のマナー

葬儀

心付けを実際に準備する段階になると、お札はどうすればいいのか、また相手にはどう渡すのが失礼にならないか、悩まれることと思います。

ここではお札の用意の仕方や、渡し方についてのマナーを紹介していきます。

お札は新札?

お札を新札でそろえるかどうかは気になるところですが、厳密な決まりはありません

わざわざ新札を用意する必要はないですが、あまりにも使い古されたようなお札は失礼にあたりますので避けましょう。

かなりの枚数のお札を用意することになりますので、早めに銀行へ行き両替しておくことをおすすめします。

心付けは直接渡しましょう

心付けは直接相手へ手渡すのが基本です。

葬儀の段取りに気を取られがちですが、焦らずにお礼の言葉を添えて心付けを渡しましょう。

直接渡すことが難しい場合は、身内に預けたり、葬儀社の担当者へお願いして、代わりに渡してもらっても失礼ではありません。

しかし不要なトラブルを避けるためにも、心付けは直接渡すことをおすすめします。

心付けを頂いた際のお礼は?

葬儀

心付けを渡す側ではなく、受け取る側としてはどうすればいいかについては、あまり難しく考えなくて大丈夫です。

心付けを用意してくださっている側は、感謝の気持ちを形に表したいというのが根本にあるので、頂いた際には素直に受け取り、お礼を送り返す必要もありません

どうしてもお礼をしたい場合は、葬儀が終わってから手紙で一筆書くと丁寧です。

葬儀の際の心付けに関してまとめ

葬儀

葬儀でお渡しする心付けについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の終活ねっとの内容を、以下にまとめてみましょう。

  • 心付けとはお礼の気持ちを伝えるために渡すもの。
  • 運転手への心付けは、基本的に車内に乗り込む際に渡す。
    金額相場は1000円~5000円ほどと幅広く、車の種類によって変わる。
  • 火葬場の係員へ渡す心付けは、人数が多いときは代表者へまとめて渡す。
    金額相場は1000円~5000円ほど、作業内容によって変わる。
  • 受付などのお手伝いをしてくださる方への心付けは、3000円~5000円ほどの金額が相場となる。
  • 心付けを入れる袋は、小さなポチ袋や白封筒を用意し、入れる金額によって使い分ける。
  • 心付けの表書きには「志」や「御礼」と書く。
    「寸志」は使わないように注意する。
  • 心付けは相手に直接渡すのが基本である。
    難しい場合は代表者へまとめて渡したり、他の人にお願いしても構わない。

大切な方を亡くされてすぐの辛い時期に、葬儀を行うことは大変なことと思いますし、心付けは必ずしも必要なものではありません。

それでも、感謝を伝えるために心付けを渡すからには、相手にしっかりと伝わるように渡したいものです。

この記事をお読みになり、心を込めてスムーズに心付けを渡せるよう、参考にしてくだされば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・心付け」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・心付け」についてさらに知りたい方へ

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!

葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場は?渡し方やタイミングも解説のサムネイル画像

葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場は?渡し方やタイミングも解説

葬儀の手伝いのお礼の金額相場は?最適な品物や渡し方のマナーも解説のサムネイル画像

葬儀の手伝いのお礼の金額相場は?最適な品物や渡し方のマナーも解説

葬儀後の流れとは?納骨の時期と方法や忌中・喪中の過ごし方も紹介のサムネイル画像

葬儀後の流れとは?納骨の時期と方法や忌中・喪中の過ごし方も紹介

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

葬儀で渡す香典の表書きの書き方は?神式やキリスト教の表書きも解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きの書き方は?神式やキリスト教の表書きも解説

葬儀の受付の手伝いの流れって?マナーや挨拶、香典の扱い方も紹介!のサムネイル画像

葬儀の受付の手伝いの流れって?マナーや挨拶、香典の扱い方も紹介!

葬儀のお布施はいつ渡す?表書きの書き方や渡す際のマナーを紹介のサムネイル画像

葬儀のお布施はいつ渡す?表書きの書き方や渡す際のマナーを紹介

葬儀で渡す香典・お布施袋の書き方とは?表書きや金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典・お布施袋の書き方とは?表書きや金額相場も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・心付け」についてさらに知りたい方へ

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!

葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場は?渡し方やタイミングも解説のサムネイル画像

葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場は?渡し方やタイミングも解説

葬儀の手伝いのお礼の金額相場は?最適な品物や渡し方のマナーも解説のサムネイル画像

葬儀の手伝いのお礼の金額相場は?最適な品物や渡し方のマナーも解説

葬儀後の流れとは?納骨の時期と方法や忌中・喪中の過ごし方も紹介のサムネイル画像

葬儀後の流れとは?納骨の時期と方法や忌中・喪中の過ごし方も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと