ペット葬儀・ペット火葬とは?葬儀の流れや供養方法についても解説

ペット葬儀・ペット火葬とは?葬儀の流れや供養方法についても解説

近年では、ペット人間と同じように家族の一員であるということから、ペットが亡くなった際に葬儀を行う家庭が増えてきています。ペット葬儀やペット火葬と。ペット葬儀の火葬方法やペットが亡くなってしまった際の対応について紹介します。

最終更新日: 2021年01月18日

ペット葬儀について

葬儀

最近では、ご家庭でペットを飼われているという方は珍しくありません。
ペットも人間と同様に大事な家族と考える方も多く、亡くなった際にはしっかりと弔ってあげたいと思われる方は増えています。

ペットを弔う方法として、ペット葬儀という方法がありますが、ペット葬儀とは一体どのような葬儀なのでしょうか?
私たち人間の葬儀とはどのような違いがあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、ペット葬儀の流れや供養方法などについて以下の内容を中心にご紹介をしていきます。

  • ペット葬儀の種類は?

  • ペットが亡くなった場合はどうすればいいの?

  • ペット葬儀やペット火葬の流れはどうなっているの?

  • ペット葬儀の後はどうやって供養するの?

  • ペット葬儀の費用はどの程度必要?

  • ペット葬儀に関するマナーや注意点はあるの?

ペットを飼われている人は、いずれペットとお別れをすることになります。
ペットを飼われているご自身、そして亡くなってしまったペットのためにも、今回の記事を最後まで読んで参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

ペット葬儀には種類がある?

困った人々

ペット葬儀はペット火葬と呼ばれており、基本的に火葬によりペットを弔います。
ペット葬儀の火葬方式にはいくつかの種類があるのですが、それぞれ特徴があることから事前にご自身のペットの葬儀を行う際には、どのような火葬方法になるのかを知っておく必要があります。

ここでは、ペット葬儀の種類をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

合同火葬

合同火葬とは、複数のペットを合同で火葬する火葬形態です。
葬儀社に火葬だけでなく、供養まで全てをお任せする形になります。

合同火葬は他のご家庭のペットと共に火葬を行いますので、収骨をしてお骨を持って帰るということができません。

合同火葬の場合は、合同墓で供養されるようになるので注意が必要です。
合同火葬は、火葬に立ち会うことが難しい方、費用を抑えて火葬を行いたい方、合同埋葬を希望されている方におすすめの火葬方式となっています。

個別火葬

個別火葬とは、ペットの火葬を1匹ずつ個別に行う火葬形態です。
個別火葬は、合同火葬とは異なりお骨が混らないため火葬後はお骨を収骨・返骨してもらうことが可能です。
個別火葬には、一任個別火葬と立合個別火葬の2種類があります。

一任個別火葬

一任個別火葬とはペットの火葬から収骨・返骨を葬儀社にお任せして行います。
ご遺骨に関しては、基本的に後日ご家族の方が迎えに行くか、自宅まで届けてもらうか選ぶことができます。

ペットをしっかりと弔いたいものの、ペットの火葬に立ち会うことが難しい方や、費用は抑えつつペットのお骨は残しておきたいという方におすすめの火葬方式です。

立合個別火葬

立会個別火葬とは、家族が立ち会いをして火葬から収骨までを行う形態となっています。
人間の火葬式と同じく、お別れの儀式から出棺、火葬、収骨までを行うのでしっかりとペットを弔ってあげることができます。

ペットとちゃんとお別れをしたい方、自分の手で収骨を行いたい方におすすめの火葬方式となっています。

訪問火葬・移動火葬

訪問火葬や移動火葬は火葬場にて火葬を行うのではなく、移動火葬車にて火葬を行う形態になります。
移動火葬車が自宅や自宅の近くまで来て火葬を行いますので、火葬場までの移動やペットのご遺体の移動をする必要がありません。

近隣でペット火葬を行っている火葬場がない場合にも、火葬を行うことが可能です。
ペットを火葬場まで運ぶことが難しい方や、火葬場まで行く時間がない方などにもおすすめの火葬方式となっています。

ペットが亡くなった際の対応について

葬儀

ここまでは、ペット葬儀・火葬の種類についてご紹介をしてきました。
しかし、ペットが亡くなってしまった際、すぐに火葬ができるとは限りません。

万が一ご家庭で飼われているペットがなくなった場合は、火葬までの間しっかりとした対応をする必要があります。

ここでは、ペットがなくなった際の対応方法をご紹介していきます。

死後硬直の前に体勢を整え安置する

ご家庭で飼われているペットがなくなった場合、最初にするべきことは死後硬直が起きる前に体勢を整えてあげることです。
ペットの種類にもよりますが、死後約2時間程度で死後硬直が始まってしまいます

死後硬直が始まる前に、目が開いているなら目を閉じてあげる、棺に入れるのであればペットが寝ているときのように手足や背中を少し曲げてあげるなど体勢を整えましょう。

死後硬直が始まってしまった場合には無理に体勢を整えるのではなく、硬直が解けてから整えてあげるようにしましょう。
硬直している状態で無理に体勢を整えると、骨が折れてしまう原因になってしまいます。

また死後硬直が解けると、ペットの鼻や肛門から体液が出てくることがあります。
ティッシュを詰めてあげたり、トイレシートなどをペットの下に敷いてあげるといった対策をしておきましょう。
体液が出てきた場合には、ティッシュでやさしくふき取ってあげましょう。

保冷剤などで、身体を冷やす

ペットの体勢を整えてあげることができたら、次は保冷剤などを使って身体を冷やしてあげましょう
ペットの身体を冷やしてあげていないと、腐敗が進んでしまいペットの身体が損傷してしまう原因となります。

保冷剤などで身体を冷やしてあげるだけでなく、直射日光の当たらない場所でエアコンなどを使って室温を下げて安置してあげましょう。
ペットの身体を冷やしながら安置できる目安としては夏場で3日~5日程度冬場で5日~8日程度と言われています。

この期間の間に、ペットとしっかりとお別れをするために、葬儀は行うかどうかなど話し合いをするといいでしょう。

申請・手続き

ご自宅で犬を飼われていて万が一亡くなってしまった場合には、お住いの地域の自治体や役所に申請をする必要があります。

ペットが犬だった場合は、亡くなってから30日以内に犬を登録していた自治体や役所に死亡届を提出する必要があります。

犬の場合に、死亡届を提出する理由は狂犬病が関係しています。
死亡届を提出していない場合、自治体や役所から狂犬病の予防接種の案内が郵送され続けますので注意が必要です。

自治体や役所に死亡届を提出する他にも、葬儀社を探して葬儀の申し込みを行う必要もあります。
ペット葬儀を受け付けている葬儀社を探して、ペット葬儀の予約を行いましょう。

自治体や役所によっては、ペット火葬を行っていることもあります。
ペット葬儀を行っている葬儀社が見つからない場合には、自治体や役所に問い合わせてみるといいでしょう。

ペット葬儀・ペット火葬の流れとは?

葬儀

ここまでは、ペットが亡くなった場合にどういった対応をすればいいのかご紹介してきました。
ペットが亡くなってからペット葬儀やペット火葬を行う場合、どういった流れになっているのでしょうか。

ここでは、ペット葬儀やペット火葬の流れをご紹介していきます。

葬儀社との打ち合わせ

ペット葬儀やペット火葬を行い場合、まず葬儀社との打ち合わせを行う必要があります。
いつ葬儀を行うのか、葬儀内容はどいうったものにするのかといったことをしっかりと打ち合わせしておきましょう。

希望する葬儀内容があるのであれば、打ち合わせのタイミングで葬儀社に伝えておくようにしましょう。
この時、プランの内容や追加オプション、金額についてきちんと細部まで確認することを忘れないようにしましょう。

ご遺体の引き渡し

葬儀社との打ち合わせが終わり、葬儀当日になるとペットのご遺体を葬儀社に引き渡す必要があります。

自分たちで葬儀場までご遺体を連れていくのか、葬儀社に自宅までお迎えに来てもらうのか打ち合わせの段階で決めておくようにしましょう。

葬儀社のプランによっては、葬儀場へ移動する前にペットとの思い出の地に寄ることも可能です。
ご自分でペットを運ぶ場合には、ペットや棺の大きさに合わせた車を用意する必要があります。

葬儀社の送迎プランを利用する場合には、大型のペットでも乗せることができる大型の車を用意してもらうことも可能です。

葬儀

ペットのご遺体を葬儀場まで運ぶと、葬儀が開始されます
葬儀の内容は事前に葬儀社と打ち合わせをした内容に沿って行われます。
住職による読経や、ご自身の宗教に合わせた葬儀を行ってもらうことも可能です。

焼香のみを行うといった葬儀内容にすることもできるので、打ち合わせの段階でしっかりと葬儀内容について話し合いをしておきましょう。

火葬

葬儀が終了すると、火葬場へ移動して火葬が行われます。
火葬の種類については、先ほどご紹介した内容となります。

個別で火葬を行うのか、立ち合いを行うのか、葬儀社にすべてお任せをするのかなどこちらも打ち合わせの段階でしっかりと決めておきましょう。

火葬はペットとの最後のお別れをする場にもなります。
ペットにしっかりと想いを伝えて、悔いが残らない最後のお別れにしましょう。

拾骨・返骨

立会個別火葬を選んでいる場合には、火葬終了後に拾骨を行うことになります。
火葬が終わるまで待合室で待機し、火葬後に火葬場の職員指示に従い,移動して拾骨を行いましょう。

一任個別火葬を選んでいる場合には、拾骨は葬儀社が行います。
ペットのお骨は返骨してもらえるので、自分たちでお迎えに行くのか自宅に届けてもらうのか事前に話し合いをしておきましょう。

合同火葬を選んだ場合には、他のペットと一緒に火葬が行われるので返骨をしてもらうことができません。
返骨を希望している場合には、合同火葬ではなく個別火葬を選ぶようにしましょう。

埋葬

ペット葬儀やペット火葬が終了したら、最後にペットを埋葬してあげます。
埋葬方法に関してはいくつか種類がありますので、事前に埋葬方法を決めおくと良いでしょう。

ペット葬儀後の供養方法とは?

葬儀

ペットの葬儀・火葬を執り行ったらそれで終わりというわけではありません。
ペット葬儀後にはペットを供養してあげる必要があります。

ペットの供養方法は火葬方法のように種類が様々であるため、事前に供養方法も検討しておく必要があります。
ここではペットの供養方法について紹介していきます。

手元供養をする

ペットの供養方法の一つとして、手元供養というものがあります。
手元供養とはペットの遺骨を霊園などに納骨するのではなく、自宅などで保管する供養方法となります。

自分の近くでペットを供養しておきたい場合などにおすすめの供養方法です。

手元供養をする場合には決まった方法はなく、困った場合は仏壇や遺影、お線香など仏具を用意しておくといいでしょう。

この他に、ペットの遺骨をアクセサリーに加工する方法で手元供養することが可能です。
遺骨すべてを納骨するのではなく、一部を形見にすることもできるので検討してみてはいかがでしょうか。

庭に埋葬する

ペットの遺骨を自宅の庭に埋葬することも可能です。
遺骨は私有地であれば埋葬することができるので、自宅の庭に埋葬をしても問題はありません。
他人の敷地や公園、山といった場所に埋葬をすると違法行為となるので注意してください。

また遺骨を埋葬する場合、骨壺に入れた状態で埋葬はしないようにしましょう。
骨壺に遺骨を入れた状態で埋葬をすると、遺骨が土に還ることはありません。

また、骨壺の蓋をしっかりと閉じた状態で埋葬したとしても、骨壺内でカビが発生してしまいます。
遺骨が土に還りやすいように、骨壺から出してから埋葬してあげましょう。

ペット霊園へ納骨する

手元供養や自宅の庭に埋葬しない場合には、ペット霊園へ納骨するという供養方法もあります。
ペット霊園にはいくつか種類があり、ペットだけを埋葬してくれる霊園や、飼い主とペットが同じお墓に入ることができる霊園もあります。

ペット霊園を選ぶ場合には、供養祭などが行われているか、自宅から通いやすいかといった点に注目してみるようにしましょう。
また料金も霊園によって異なるため、事前にしっかりと確認をする必要があります。

合同埋葬で永代供養してもらう

他のご家庭のペットと一緒に埋葬してもらう、合同埋葬で供養するという方法もあります。
合同埋葬であれば永代供養をしてもらえるため、定期的にペットの供養をしてもらうことができます。

また他のペットと一緒に埋葬してもらえるため、ご自分のペットが寂しい思いをしないというメリットもあります。
個別に埋葬していると、自分たちが供養に訪れることができずにペットに寂しい思いをさせてしまうのではないか、と考える方もいらっしゃいます。

合同埋葬であれば、他のご家庭の方も供養に訪れるのでペットが寂しい思いをすることがありません。

以下の記事ではペットと同じお墓に入れるのかという事柄について解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

ペット葬儀の費用はいくら?

お金

ペット葬儀やペット火葬の内容、ペット葬儀後の供養方法などについてご紹介をしてきました。
実際にペット葬儀やペット火葬を行う場合、費用はどの程度必要になるのでしょうか。

ここではペット葬儀の費用相場をご紹介しますので、ペット葬儀を行う際の参考にしてください。

犬・猫を除く小動物の場合

犬や猫などを除く小動物のペット葬儀を行う場合の費用相場は1~2万円程度といわれています。
犬や猫などを除く小動物とは、ハムスターやモルモット、ウサギなどが当てはまります。

民間と自治体に大きな費用の差はありませんが、注意点として自治体に依頼をした場合は拾骨ができないことが多いです。
拾骨を希望される場合には、民間のペット葬儀社に依頼をするようにしましょう。

猫・小型犬の場合

猫や小型犬のペット葬儀を行う場合、費用相場は2~3万円程度といわれています。
火葬場にて火葬を行うのか、訪問火葬を依頼するのかなどによっても葬儀費用は大きく変わってきます。

ペットの重量などによっても費用が変わるので、事前に見積依頼をしておくと正確な金額を把握することができます。
複数社から見積もりを取って、正確な料金相場を把握しておきましょう。

中型犬・大型犬の場合

ラブラドールレトリバーやセントバーナードなどの中型犬や大型犬の葬儀を行う場合、費用相場は3万~6万円程度になるといわれています。
ペットの重量が重くなるので、小型犬に比べて費用は高くなる傾向にあります。

大型犬になると自分で葬儀社まで運ぶことが難しく、葬儀社に送迎を依頼する場合もあります。
送迎を依頼することで費用が高くなることもあるので、打ち合わせの段階で必ず確認をしておくようにしましょう。

以下の記事ではペット葬儀の料金について詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

ペット葬儀に関するマナー・注意点

葬儀

最後にペット葬儀に関する注意点やマナーをご紹介していきます。
ペット葬儀を行う場合にも、人間の葬儀と同様に注意すべきポイントやマナーはあるのでしょうか?

悔いが残らないようにペットを送り出してあげるために、注意点やマナーをしっかりと確認しておきましょう。

ペット葬儀当日について

一般的な葬儀の場合、服装や持ち物に関するマナーが決まっています。
ペット葬儀の場合には、服装や持ち物に関するマナーはどのようになっているのでしょうか。

服装

ペット葬儀では服装に関する明確な決まりはないので、私服で参加される方も多くいらっしゃいます。
ただ僧侶などを読んでペット葬儀を行う場合には、黒を基調としている服装としておくといいでしょう。

ペットをしっかりと弔ってあげたいという思いから、喪服を着用して参列される方もいらっしゃいます。

持ち物

ペット葬儀当日の持ち物は以下のようなものとなります。

  • ハンカチ

  • 数珠

  • ペットの写真

  • ペットのおもちゃや首輪など

一般的な葬儀で持参するハンカチや数珠は、ペット葬儀に関しても持参するようにしておきましょう。
ペットの生前の写真は遺影の代わりとして持参し、葬儀や火葬をする際に写真に手を合わせてあげましょう。
ペットのおもちゃや首輪もペットの写真の横に並べておいてあげるといいでしょう。

火葬の際にはおもちゃや首輪は副葬品として入れることはできないので、ペットの思い出として持ち帰るようにしましょう。

ペット葬儀の香典・お布施について

一般的な葬儀をする場合、故人へのお供え物として香典を用意したり、僧侶の方へお布施をお渡しする必要があります。

ペット葬儀の場合には、香典はお布施は必要になるのでしょうか。
以下にそれぞれ解説をしていきます。

香典はいる?

ペット葬儀に関しては、参列者が香典を持参しないければいけないという決まりはありません

ペットの葬儀に参列する時は、香典ではなくペットが生前好きであったおやつをお供えする方が喜ばれるでしょう。

お布施はいる?

葬儀社にペット葬儀を依頼した場合、費用内にお布施代が含まれていることが多いです。
費用にお布施が含まれているのであれば、お布施を必ず用意する必要はありません。

ただお布施はお気持ちですので、僧侶の方に渡したいという気持ちがあるのであればお布施を渡しても問題はありません。
ペット葬儀のお布施の相場は3千~5千円程度といわれているので、こちらを参考に用意するといいでしょう。

ペット葬儀の際の供花

ペット葬儀では、ペットへのお供え物として供花を送ることがあります。
供花を送る場合、濃い花を送ると遺骨に色が移ってしまうことがあるので避けるようにしましょう。

棺に供花を一緒に入れてあげる場合、あまり多くの供花を送ると棺に入れることができません。
棺の大きさに合わせて、供花の量を決めるようにしましょう。

ペット葬儀のために会社は休んでいい?

大事にしていたペットが亡くなりペット葬儀をする場合、会社は休むことができるのでしょうか。
会社の規定にもよるのですが、基本的にペットが亡くなった場合に忌引き休暇が利用できることが少ないです。

そのため、ペット葬儀のために会社を休む場合には有給休暇を使用される方が多くなっています。
有給休暇は理由に関係なく取得することができるので、ペット葬儀のために使用しても問題はありません。

ただ仕事の関係によっては有給がとりずらいこともあるので、よく状況を確認してから会社を休むようにしましょう。

ペット葬儀についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、ペット葬儀についてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • ペット葬儀には、一任個別火葬・立会個別火葬・合同火葬・訪問火葬といった種類がある。

  • ペットが亡くなった場合には、死後硬直が始まるまでに体勢を整えてあげるようにする。
    また遺体の腐敗を防ぐために、保冷剤などを使って遺体を冷やすようにする。

  • ペット葬儀の流れは一般的に、葬儀社との打ち合わせ・ペットの引き渡し・葬儀・火葬・埋葬となっている。

  • ペットの供養方法は手元供養・自宅の庭での埋葬・ペット霊園での埋葬・合同埋葬をするといった方法がある。

  • ペット葬儀の費用相場は、犬や猫を除く小動物で1~2万円程度、猫や小型犬で2~3万円程度、中型犬や大型犬で3万~6万円程度といわれている。

  • ペット葬儀は一般的な葬儀とは異なり、マナーや注意点が少ない。

ペット葬儀に関してお分かりいただけましたでしょうか。
ペット葬儀は必ず行う必要はありませんが、葬儀をしてあげることでペットをしっかりと弔ってあげることができます。

最近ではペット葬儀を取り扱っている葬儀社も増えてきていますので、家族である大事なペットに最後のお別れをしてあげたいという方はぜひご検討ください。

以下の記事ではペット葬儀のトラブルについて詳しく解説しています。
ペット葬儀ではトラブルが多発しているのが現状です。
トラブルに巻き込まれないためにも、こちらも合わせてお読みください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事