葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!

葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!

葬儀は非日常です。突然の葬儀に際して受付でどのように挨拶したりすればよいか自信のある方は少ないでしょう。葬儀の受付の手伝いを頼まれたりすればなおさらです。弔問客として、またはご遺族側のお手伝いをする場合、それぞれについて葬儀の挨拶のマナーをご説明します。

2019-10-19

葬儀の受付での挨拶について

葬儀

葬儀の受付を何度も経験したことがある方は少ないでしょう。
しかし葬儀は突然やってくるものです。

葬儀の受付での挨拶は何となく想像はできるものの、香典をお渡しするときなど、具体的にどのように受け答えすべきなのか、自信があるという方は少ないのではないでしょうか。
葬儀にただ参列するだけの場合はもちろん、葬儀の受付や受付の手伝いをすることになればなおさらです。

そうした疑問を解消するため、今回終活ねっとでは葬儀の受付での挨拶について次の事項をご説明します。

  • 葬儀に到着した時の挨拶

  • 葬儀の受付や受付の手伝いをするときの挨拶

  • 葬儀の受付での挨拶のマナー

  • 通夜の受付での挨拶

香典をお渡しするとき、雨天の場合、記帳をお願いする場面など、具体的な場面ですぐに役立つよう詳しくご紹介しています。
ぜひ最後までお読みになってご参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の受付での挨拶

葬儀

葬儀に呼ばれたとき、受付ではどのような挨拶をすれば良いのでしょうか?
また、香典はどのようにお渡しすれば良いのでしょうか?

香典をお渡しする際には挨拶だけでなく、渡し方の作法にも気をつける必要があります。

受付に到着した時の挨拶

葬儀の受付に到着したら、まずお悔やみの言葉で挨拶します。
一般的なお悔やみの言葉には次のようなものがあります。

「このたびはご愁傷様でございます」
「心よりお悔やみ申し上げます」
「ご冥福をお祈りさせて頂きます」(キリスト教・浄土真宗の場合を除く)
「哀悼の意を表させて頂きます」

心痛を表すために「このたびは…」と途中で言葉を失っても構いません。
また、決まった挨拶なので基本的にこれ以上特別なことを言う必要はありません。
そもそも葬儀では言葉は少ないほうが良いともされます。

会場の中でご遺族に挨拶する際にも、ご遺族のお気持ちに配慮して長々とした口上を述べたりすることは避け、簡潔に済ませましょう。

その他に不吉なことを連想させることを言わないように注意が必要です。
特に以下のようなことは避けなければなりません。

  • 故人の死因に関する話題

  • 忌み言葉を口にすること

忌み言葉については後に詳しくご説明します。

なお、「ご冥福をお祈りします」という挨拶はキリスト教・浄土真宗の場合には不適切となってしまいます。
これは、いずれの教義においても故人は必ず天国・極楽へ導かれるとされているためです。
そのため、故人の信仰されていた宗教によって挨拶を使い分ける必要があります。

香典を渡す際の挨拶

葬儀の受付では記帳の他に香典もお渡しします。
香典を渡す際の挨拶として

「ご霊前にお供えください」

と一言添えてお渡ししましょう。

香典については、挨拶よりも渡し方に気をつける必要があります。
香典をお渡しする際は、ふくさから香典を出し両手でお渡しするのがマナーです。

以下の記事では、葬儀の受付の香典についてより詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

葬儀で受付手伝いをする際の挨拶

葬儀

葬儀の受付の手伝いを頼まれたらどうしたら良いのでしょうか。
参列して頂く方々とご遺族の代表として顔を合わせるのですから、失礼のないようにしなければなりません。

受付の手伝いをする際は、葬儀の受付の主な仕事として、参列者の方々に対して以下のことを行います。

  • ご記帳のお願い

  • 香典の受け取り

  • 会場の簡単な案内


お手洗いや待合室の場所、会場の配置やスケジュールも予めある程度把握しておくと良いでしょう。
もちろん身だしなみにも気を使う必要があります。

以下では葬儀の受付の手伝いをする際の挨拶のマナーを、参列者・ご遺族を受付で迎えるときと香典を受け取るとき、そしてご記帳をお願いするときのそれぞれの場面に分けてご説明します。

参列者が来られた時の挨拶

受付の手伝いとして参列者をお迎えするときの挨拶は、基本的に、一般的な受付の挨拶の仕方に従えば足ります。

例えば以下のような挨拶です。

「本日はお忙しいなかお越し頂きありがとうございます」

忘れずに一礼し、突然の訃報を受けてお越しくださった弔問客の方々に感謝を伝えます

この際、参列者の方からはお悔やみの言葉を挨拶として受けます。
そうしたお悔やみの言葉に対しては「ありがとうございます」などと言わずに、

「恐れ入ります」
「ご丁寧に恐れ入ります」

と返すことが出来るように練習しておくと良いでしょう。

なお、雨天の場合や故人の親族の方に対する挨拶の仕方には少し注意が必要です。

雨天の場合

雨天の場合には参列していただいた方へ気遣いの言葉を添えるようにします。

「本日はお足元の悪い中お越し頂き誠にありがとうございます。」

雨天以外の悪天候でも応用できる言い回しです。

なお、間違えやすいですが、「お足元のお悪いなか」という表現は誤り(二重敬語)になってしまうので注意が必要です。

親族が来られた際の挨拶

親族の方には、他の参列者に対するのと異なり、

「このたびはご愁傷様です」

と弔意を示しことを忘れないようにします。

香典を受け取る際の挨拶

受付の手伝いとして弔問客の方々から香典を受け取る際には、

「お預かりいたします」

と言って両手で受け取ります。

ありがちな失敗として、

「頂戴いたします」

とつい言ってしまうことがあるので気をつける必要があります。
香典はあくまでご遺族のためにお預かりするもので、受付係が頂戴するものではありません

受け取った香典は、会計係がいる場合には会計係に渡します。
香典には当然お金が入っているので、取り扱いには十分注意します。

記帳をお願いする時の挨拶

受付の大切な仕事に、香典をお預かりすることの他に記帳を管理することがあります。

弔問客に記帳をお願いする際の挨拶は、

「恐れ入りますがこちらに記帳をお願い致します」
「お名前と住所をこちらにご記入お願い致します」

などとお願いします。

さらに、葬儀の返礼品を受付でお渡しすることになっている場合があります。
この場合には、記帳をして頂き香典をお預かりしたあとに返礼品をお渡しするようにします。

また以下の記事では、葬儀の受付の仕事内容や注意点について解説しています。
ぜひご覧になって参考にしてみてください。

葬儀の受付での挨拶に関するマナー

葬儀

ここまで、弔問客として、または受付の手伝いとして葬儀に関わる場合の受付での挨拶についてご説明してきました。
どのような立場で葬儀に参加する場合でも、丁寧な言葉づかいを心がけ、忌み言葉を使わないようにすることは最低限のマナーです。
以下で葬儀の受付での挨拶に関するマナーについて詳しくご説明します。

丁寧な言葉遣いを心がける

葬儀は故人の死を悼む場です。
ご遺族を始めとして心痛を抱えた方々が集う場です。
そうした方々の無用な心労を増やさないように丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

そうして丁寧な言葉づかいを心がけ葬儀の場への配慮をすること自体、故人への弔意を示すことにもなります。

大声で話をしない

葬儀は故人との別れを偲ぶ場です。
特にご遺族は看病などで疲れ切っていることもあります。
そうでなくとも一般に静謐(せいひつ)さが求められる場です。
ですので、お話をする際も大声で話さないようにしましょう。

また、故人を思い思わず涙してしまうこともあるかもしれません。
大声で泣くことがマナー違反とは言えませんが、堪えもせずにむやみに悲しみを表現をしようとすることは一般的にはあまり好まれないようです。

葬儀で避けるべき話題や表現に気をつける

大切な人を失くして悲しみに暮れているご遺族の気持ちに配慮し、その場に相応しくない話題や表現をすることは避けましょう。

特に、「辛いだろうけど頑張って」など安易な励ましは避けるように気をつける必要があります。

応援の気持ちを伝えることは構いませんが、

「どうぞお気を強くなさってください」
「どうぞご自愛くださいませ」
「お手伝いすることがありましたら何なりとお申し付けください」

など丁寧にご遺族の心情に寄り添うようにします。

また、故人を話題にする際にも「死ぬ」「生きていた頃」など直接的な表現は避けます
「亡くなる」「お元気だった頃」などと言い換えるようにしましょう。

忌み言葉を使わない

忌み言葉を使わないようにすることは葬儀の場における最低限のマナーです。

忌み言葉とは、不幸が続くことを暗示しているかのような印象を抱かせる言葉です。
具体的には、次のような言葉は避けるべきとされています。

  • 不吉な言葉

    さらに不幸を招くことを予感させるような不吉な意味にとらわれうる言葉は使わないようにします。
    「落ちる」「消える」や数字の4といった言葉はもちろんですが「大変」「とんでもないこと」といったつい会話のなかで使ってしまうような言葉も避けた方が良いとされるので注意が必要です。

  • 重ね言葉

    「重ね重ね」のように、同じ言葉を連続する言葉です。
    不幸が連続するような予感を抱かせるため避けるべきとされます。

    「たまたま」「またまた」「いよいよ」「たびたび」といった言葉を何気なく使ってしまわないようにしましょう。

  • 不幸が続くことを連想させる言葉

    その他にも不幸が続くことを連想させる言葉を口にすることは良くないとされています。
    「再び」「追って」「繰り返し」「再三」といった言葉です。

なお、忌み言葉とは異なりますが、故人やご遺族の宗教によっても使って良い言葉が異なることもあるため気をつける必要があります。

通夜の受付での挨拶

葬儀

通夜の受付での挨拶も葬儀の受付での挨拶とさほど変わりません。
以下ではここまでの整理も兼ね、特に受付の手伝いをすることを念頭において、受付での挨拶の流れを確認します。

  • 弔問客を迎える

    故人の親族の方には「この度はご愁傷様です」とお悔やみの言葉で挨拶します。
    その他の弔問客にはご遺族を代表し「本日はおいそがしいなか誠にありがとうございます」と感謝を伝えます。

  • ご記帳をお願いする

    「こちらにご記帳をお願い致します」と芳名帳への記帳をお願いします。

  • 香典を受け取る

    「香典をお預かり致します」といって香典をお預かりします。

  • 待合室等に案内する

    ご記帳頂き香典をお預かりしたら「あちらでお待ちください」など待合室や会場を案内します。

葬儀に関する挨拶をご紹介

葬儀

これまでは特に葬儀の受付における挨拶のマナーをご紹介してきました。

しかし、葬儀での挨拶に関しては、受付での挨拶の他にも、訃報の挨拶状・喪主の挨拶・弔辞・葬儀後の挨拶など様々な場面で知っておくべきマナーがあります。
以下の記事は葬儀に関する挨拶やマナーをご紹介しているので、ぜひご参考になさってください。

葬儀の受付での挨拶に関するまとめ

人々

ここまでお読みくださりありがとうございました。

今回、終活ねっとでは葬儀の受付での挨拶についてマナーや文例をご紹介してきました。
最後にこの記事でご説明したことをまとめます。

  • 弔問客として葬儀に参列する場合、受付では「この度はご愁傷様です」とお悔やみの言葉を伝え、「お供えください」と伝えて香典をお渡しします。

  • 一般の参列者の方とご遺族の方に対する挨拶は異なること、香典はあくまで故人・ご遺族のために「預かる」ものであることに注意が必要です。

  • 弔問客として葬儀に参列する場合、または、遺族・遺族の代表(受付手伝いなど)として葬儀に参列する場合のいずれも、忌み言葉を避け、丁寧な言葉遣い(大声を出さない、安易な励ましをしないなど)を心がけることは最低限のマナーです。

どのような立場で葬儀に参列するにしても、深い悲しみに暮れるご遺族の気持ちに配慮しつつ故人の死を悼む気持ちを込めて参列することが大切です。

葬儀では言葉遣いの他にも服装や細かな所作など気をつけなければいけないマナーが多くあります。
終活ねっとではそういったマナーの他にも、葬儀自体にかかる費用・手続など葬儀全般に関して幅広くご紹介しています。
気になる方はぜひ以下の記事などもご参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・受付・挨拶」に関連する記事

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像
    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像
    葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

    葬式に参列すると式場の入り口に受付があり、受付係は故人の関係者が務めています。もし、あなたが受付を任された場合に、マナーを守り、仕事をこなせるでしょうか。そこで、今回は受付係に必要なマナー、葬式の前にやっておくことや仕事内容についても解説していきます。

  • 葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像
    葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

    葬儀後に行う挨拶を「いつ、どんな方法で行えばいいの?」という声を多く聞きます。葬儀そのものに関わることは人生においてそう多くありません。葬儀の度に葬儀後の挨拶に悩む方は多いようです。今回は、葬儀後に行う挨拶のタイミングや方法について解説します。

  • 葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像
    葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

    葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

  • 家族葬で受付を任された時はどうする?準備や挨拶の仕方もご紹介!のサムネイル画像
    家族葬で受付を任された時はどうする?準備や挨拶の仕方もご紹介!

    最近では葬儀の形態も多様化しており、家族葬や自然葬などが増えてきています。家族葬での受付を任された場合、すぐに対応できる方は多くはないのではないでしょうか。今回は家族葬における受付を任された場合について、準備や挨拶の仕方などに触れつつご紹介します。

  • 家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像
    家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介します

    費用面などから家族葬を検討する方は多いのではないかと思います。しかし家族葬で喪主の挨拶が本当に必要か、必要ならどういった形で行うべきか分からない方も多いのではないでしょうか。今回は家族葬で喪主がどのような挨拶をすべきかを紹介します。ぜひご覧ください。

  • 葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像
    葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

    一般的な葬儀は通夜のあと告別式を行います。通夜と告別式で喪主は弔問客へ挨拶を行います。通夜の挨拶内容と葬儀の挨拶内容は一緒でよいのかどうかなど、喪主の経験ないので分からないと思います。そこで今回、葬儀と通夜の挨拶内容や注意点、また参列者の挨拶も説明いたします。

  • 葬儀の受付のマナーとは?受付係の流れや身なり・言葉遣いを解説のサムネイル画像
    葬儀の受付のマナーとは?受付係の流れや身なり・言葉遣いを解説

    葬儀の受付は、弔問客への挨拶から香典の管理までをこなす重要な役割です。大勢の人と対峙するため、マナーには特に気を付けなければいけません。今回終活ねっとでは、初めての受付でも迷わぬよう、作業の流れや相応しいマナーなど、葬儀の受付に関する情報をまとめてみました。

  • 葬儀で喪主や遺族の挨拶例文をご紹介!弔辞の例文やNGな表現も解説のサムネイル画像
    葬儀で喪主や遺族の挨拶例文をご紹介!弔辞の例文やNGな表現も解説

    葬儀では、喪主が挨拶する場面が何回かあります。葬儀での挨拶は、故人を亡くした悲しみの中にありながら、参列者に失礼のないように行う必要があります。今回は、葬儀での喪主の挨拶の例文だけでなく挨拶の際の守るべきマナーをご紹介します。

  • 葬儀の受付係の挨拶の言葉を紹介!受付がいない場合の対処法も解説のサムネイル画像
    葬儀の受付係の挨拶の言葉を紹介!受付がいない場合の対処法も解説

    葬儀は故人との最期のお別れの場です。 故人や遺族・参列者にとって大切な葬儀ですが、あなたも突然受付係を頼まれることがあるかもしれません。 そんな時にどのような言葉遣いで対応したらよいのか、今回は葬儀の受付係の挨拶の言葉について紹介します。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料