浄土宗の葬儀の流れや特徴って?お布施や葬儀後にすべきことを解説

浄土宗における葬儀では、他の仏式の宗派では見られない儀式がいくつかあります。教義に由来する儀式の意味を理解しておくことで、より正しく故人を送り出すことができます。この記事では、浄土宗の葬儀の流れや特徴、お布施や葬儀後に行うことなどを解説します。

目次

  1. 浄土宗の葬儀について
  2. 浄土宗の葬儀の式次第・流れ
  3. 浄土宗の葬儀の特徴
  4. 浄土宗の葬儀のお布施
  5. 浄土宗の葬儀後から一周忌までにやること
  6. 浄土宗の葬儀についてまとめ

浄土宗の葬儀について

葬儀

浄土宗の葬儀についてご存知でしょうか?
日本における仏教は主に十三の宗派がありますが、宗派ごとにどのような違いがあるかについて、強く意識する機会は少ないでしょう。
仏教に関わらず宗教では、主に死生観について学ぶことが多く、必然的に葬儀は宗派ごとの教義の特徴が出やすい大切な儀式です。

そこで、今回終活ねっとでは浄土宗の葬儀にテーマを絞り、以下のような流れで解説して行きます。

  • 浄土宗の葬儀の流れ

    通夜から葬儀、出棺から火葬までどのような流れで行われるのかを解説します。

  • 浄土宗の葬儀の特徴

    浄土宗の葬儀で見られる特徴、意味や作法を解説します。

  • 浄土宗の葬儀のお布施について

    一般的な金額の相場や渡し方のマナーについて解説します。

  • 浄土宗の葬儀後の流れについて

    葬儀後から一周忌までの流れとやるべきことを解説します。

ご遺族の方々も、参列者の方々におかれましても故人のご冥福をお祈りし、正しく送り出すために浄土真宗の葬儀について解説していますので、ぜひご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

浄土宗の葬儀の式次第・流れ

葬儀

浄土宗は鎌倉時代に法然を開祖として開かれた宗派であり、専修念仏の教えが中心になっています。
これは、「いついかなる時でも弥陀を称え、念仏を唱えることこそが極楽往生できる道だ」という教えです。

似た考え方に法然の弟子、親鸞が開いた浄土真宗があり、こちらでは念仏を唱えるという行為よりも心構えを重視しています。
浄土宗では必然的に葬儀においても、念仏の唱和が重要な意味を持ちます。
以下では浄土宗の葬儀の流れをご紹介します。

通夜

故人のご遺体は仏間や広間に北枕にして寝かせます。
お顔には白い布を被せ、胸元に守り刀を刃先が足元に向くように置いておくのが一般的です。
死装束として白い着物が使われますが、近年では故人が好んで着ていた服装でお見送りする場合も増えています。

ろうそくやお線香の火を絶やさないように注意しながら、静かに死者を弔うのが作法です。
通夜の服装については、ご遺族は喪章をつけた黒のスーツにピンなどをつけない黒のネクタイ、光沢のない黒い革製の靴、未成年の方の場合は学生服を着用する場合が多いです。

参列者の方々は哀悼の意を示せるのであれば地味な平服でも問題はないとされていますが、急に駆けつけたなどの理由がない限りはやはり黒でまとめるのが無難です。

また、弔問時間についてもお悔やみの言葉と故人へのお別れの気持ちを伝えたら、ご遺族の負担も考えあまり長居をするべきではないでしょう。

葬儀

浄土宗の葬儀の大まかな流れは以下のようになります。

  • 1.授戒の儀式

  • 奉請(ぶじょう)

    仏の入場を願います。

  • 懴悔(さんげ)

    仏様に対し、生前の罪の赦しを請います。

  • 剃度作法、十念

    頭を剃る仕草をし十念を唱えます。

  • 三帰三竟(さんきさんきょう)

    仏・法・僧に帰依することを故人にお伝えします。

  • 授与戒名

  • 開経偈(かいきょうげ)、誦経(ずきょう)、発願文(ほつがんもん) 、摂益文(しゅうやくもん)

    仏の教えを説く儀式です。

  • 念仏一会(ねんぶついちえ)

    参列者も一緒に念仏を唱えます

  • 回向(えこう)

    念仏を唱えることで極楽浄土に行けるよう願います。

  • 2.序文

  • 入堂、香偈(こうげ)、三宝礼(さんぽうらい)、奉請(ぶじょう)、懺悔偈(さんげげ)

    仏様を堂内にお迎えする儀式です。正式には鐘や太鼓を鳴らします。

  • 3.正宗分(しょうしゅうぶん)

  • 念誦(ねんじゅ)、下炬引導(あこいんどう)、念仏一会(ねんぶついちえ)、回向(えこう)

    引導を含む葬儀の中心となる部分です。焼香もこの間に行われます。

  • 4.流通分(るつうぶん)

  • 総願偈(そうがんげ)、三身礼(さんじんらい)

    阿弥陀仏への帰依を誓います。

  • 送仏偈(そうぶつげ)

    仏様と故人を極楽浄土へと送り出します。

葬儀は基本的に僧侶の主導によって執り行われますが、念仏一会(ねんぶついちえ)と焼香はご遺族や参列者も参加します。
服装は喪服、数珠については男性は三万浄土、女性は六万浄土という数珠を使うのが作法です。

出棺・火葬

参列者の焼香が終わり僧侶が退場したら、遺族と親族は故人と最後の対面を行います。
参列者の方から対面の申し出があった場合、ぜひ対面させてあげてください。
その後、祭壇を飾っていたお花を、「別れ花」として棺に入れていきます。

この時に故人の愛用品などを入れてもよいですが、燃えないものや溶けてしまうものは木箱などに入れ、火葬が終わった後にお墓に一緒に埋めてあげるようにしましょう。
その後、無事に成仏できるように願いを込めて棺に釘打ちを行います。

出棺では遺族や親族を中心に5~6人で棺を霊柩車に乗せます。
この時も申し出があった方に手伝ってもらうのもよいでしょう。
棺を安置したら会葬者に向けて喪主が出棺の挨拶を行い、続けて火葬場へ移動し野辺送りを行います。

火葬場での立会いは遺族や親族、親しい友人が同行します。
僧侶が最後のお経を唱えてくださる場合もあります。
ご遺骨は骨壷に入れて持ち帰り、仏壇に納骨式の時まで安置します。

浄土宗の葬儀の特徴

葬儀

浄土宗の葬儀の流れは、他の仏教の葬儀と比べて大きく違うわけではありません。
しかし、冒頭でご紹介したように専修念仏が教義の中心的な役割を果たしており、浄土宗でしか見られない儀式もいくつかあります。

ここでは、浄土宗の葬儀の特徴をご紹介します。

引導下炬(いんどうあこ)とは

引導下炬(いんどうあこ)は、浄土宗の葬儀の中でも重要な意味を持つ儀式です。
引導とは故人を極楽浄土に引き導くこと、下炬とは松明(たいまつ)で火を点ける火葬の意味を表わします。

この儀式の終了を持って故人は現世の苦難から解放され、極楽浄土へ旅立てるとされており、葬儀の中で最も大切な瞬間です。
引導下炬の終わりまでが故人の魂を送り出す儀式、それ以降が遺族を中心に故人のご冥福をお祈りする告別の儀式といえるでしょう。

引導下炬の流れ

正宗分の儀礼の中の引導下炬の儀式では、僧侶が棺の前に進み出て焼香を済ませた後、二本の松明を取り上げ、その内の一本を捨てます
これには現世の煩悩を捨て去るという意味があるとされています。

残った一本の松明で円を描き、下炬の偈(あこのげ)を読んだ後にもう一本も捨てます。
これは故人が無事に極楽浄土へ着けるように願う意味合いがあります。

皆でお経を唱える

浄土宗の葬儀で特徴的な儀式に、念仏一会(ねんぶついちえ)と呼ばれる儀式があります。
念仏一会とは遍数(回数)を特に定めずに念仏を唱えることで、浄土宗では南無阿弥陀仏が用いられます。

葬儀では僧侶と共に参列者も一緒に南無阿弥陀仏を唱え、故人が極楽浄土に行ける手助けをするという意味で行います。
浄土宗の持つ専修念仏の教義の特徴が出た象徴的な儀式だといえるでしょう。

焼香の仕方

浄土宗では焼香の回数は特に決められていませんが、1~3回が基本です。
焼香台の前まで進み出たら遺族と僧侶に一礼、続けて焼香台に一礼をします。
親指と人差し指、中指でお香をつまみ、額に当ててから香炉にくべます。
その場で合掌し、終わったら遺族に再度一礼をしてから席に戻ります。

焼香の順番は喪主、遺族、親族、一般参列者の順に行うのが基本です。
席次順に行うと覚えておくとよいでしょう。

鳴り物の正体とは

浄土宗の葬儀で、木魚や鉦(しょう)と呼ばれる鳴り物がよく使われます。
鉦とは金属製の皿状の楽器のことで、日本の仏教では念仏を唱える際によく使われます。

念仏一会の際、南無阿弥陀仏を繰り返し一定時間唱和しますが、この際に合いの手として木魚や鉦を使い、最初はゆっくりと、徐々に早く間断なく打ち鳴らし、念仏を唱えるのが一般的です。

祭壇に花を投げる

引導下炬の儀式の際、僧侶によっては松明の代わりに花を用いる方も居られます。
最初に棺や祭壇に花を投げてから松明を使う方、松明の代わりに二本とも花を使う方、一本を花、一本を松明で行う方などさまざまです。

どの場合も引導下炬の本質的な意味合いは変わらず、また花は菊の花が選ばれることが多く、これは阿弥陀仏の慈悲を得て極楽往生できるようにという意味が込められています。

浄土宗の葬儀のお布施

お金

お布施とは、葬儀や法要にお招きした僧侶に渡すものです。
勘違いしやすいですが、供養のために行われた儀式に対する謝礼ではなく、あくまで感謝の気持ちを表わすものとなります。

そのため、金額は明確に決まっておらず、また直接尋ねても「お気持ちで」とお答えされるでしょう。

金額相場

地域によってお布施の相場はまちまちで、大体30~60万円の間であることが多いようです。
また、お車代や御膳料をお布施に含めるか含めないかによっても変わってきます。

不安な場合は同じ檀家の方や年配の親族、葬儀社の方などに尋ねてみるのもよいでしょう。

渡し方

一般的には葬儀の前、僧侶が到着し挨拶をするタイミングで渡すことが多いです。
この際手渡しではなく、お盆に載せてお渡しするのがマナーになります。
また、グレーや紺、深緑といったシックな色の袱紗(ふくさ)にダイヤ型に包んで渡すと尚よいです。

浄土宗の葬儀後から一周忌までにやること

仏壇

葬儀が無事終わったら、四十九日まで七日ごとに忌日法要を執り行い、その後百箇日を行ったあとは年忌法要でご供養するというのが一般的です。
法要とは別に一周忌までに行っておきたいことを解説します。

香典の整理

香典とは、急な弔事での遺族の負担を少しでも軽くできるようにしたいという周囲の方の配慮の表れです。
葬儀後、落ち着いたら四十九日後に香典返しをするため、できれば香典リストを作成しておきましょう。

香典返しは基本的に半返しがよいですが、一家の働き手が亡くなった場合や、未成年のお子様が居る場合は三分の一、あるいはなくてもよいとされています。

お礼のための挨拶

仏式では忌日法要を四十九日まで執り行い、五十日目を持って忌明けとし服喪期間を終了します。

その際、参列者の方々に忌日法要を滞りなく終えられたこと、参列に対する感謝の言葉などを香典返しに添えて挨拶状を送るのが通例です。

挨拶状や香典返しは、忌明け二週間以内に送るのがマナーです。

精算

急な訃報への配慮として、葬儀社への葬儀費用や飲食代の支払いは後日に行われることが一般的です。
葬儀費用の相場は平均で120万円程度です。
また、お布施を渡せていない場合はなるべく急いでお渡しする必要があります。

浄土宗の葬儀についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?
今回終活ねっとでは浄土宗の葬儀について以下のことについて解説してきました。

  • 浄土宗の葬儀について、通夜から火葬までに行われる儀式とその意味。

  • 浄土宗の葬儀の特徴である引導下炬や念仏一会の意味、焼香などのマナーについて。

    故人が極楽往生できるようお願いする意味合いがあること。

  • 浄土宗の葬儀のお布施の相場と渡し方のマナーについて。

    地域によって変わり、30万円~60万円の間であることが多いこと

  • 浄土宗の葬儀から一周忌までに行うべきこと

    忌日法要や忌明けに伴うお香典返しの用意や挨拶状、葬儀社への清算など。

故人が極楽浄土に旅立てるよう願い、ご冥福をお祈りするために浄土宗の葬儀について理解いただければ幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「浄土宗・葬儀」に関連する記事

  • 葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。しかし、聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

    葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

    葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのわからない方が多いと思います。この記事では、葬儀までの準備や準備を行う際のポイント、終活についてもご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

  • 通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

    通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

    身近な方が亡くなり、通夜や葬儀を行うということはあまり経験する事柄ではありませんよね。通夜や葬儀などの一連の流れを前もって知っておけば、後悔の無い良いお葬式を行いやすくなるかもしれません。そこで一般的な通夜と葬儀の流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!のサムネイル画像

    通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!

    葬儀を執り行う立場になると、段取りに戸惑う方も多いと思います。 葬儀は大切な故人を見送る儀式ですからスケジュールをきちんと頭に入れ、間違いのないように取り運びたいものです。 この記事では、通夜・葬儀当日のスケジュールについて、神式のスケジュールも含めて解説します。

  • 葬儀の宗派ごとの違いの見分け方とは?宗派ごとの葬儀の特徴を解説!のサムネイル画像

    葬儀の宗派ごとの違いの見分け方とは?宗派ごとの葬儀の特徴を解説!

    葬儀に参列すると馴染みがない作法に遭遇することもあります。仏教には宗派がたくさんあり、葬儀にも違いがあることをご存知でしょうか。この記事では葬儀の宗派ごとの違いの見分け方を、それぞれの宗派の特徴と併せて解説します。

  • 葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

    葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

    葬儀に参列する範囲について、困ったことがあるという方はいませんか?最近では葬儀の形式が多様化してきているので、これからさらに葬儀に参列する範囲が複雑になってくるかもしれません。 今回はそんな形式別の葬儀に参列する範囲と、参列する際のマナーも解説していきます。

  • 葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説のサムネイル画像

    葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説

    一般的な葬儀では順番が通夜・葬儀・火葬となっていると多くの方は考えるでしょう。このように葬儀ではさまざまな面で「順番」が決まっており、それを知っておくことは大切です。今回は葬儀の中の順番について、通夜や葬儀の詳しい流れとあわせて見ていきましょう。

  • 告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説のサムネイル画像

    告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説

    告別式はどういうことをするものなのでしょうか。 告別式の流れや日程の決め方・準備の仕方、当日の服装のマナーなどが分からないと、戸惑うかもしれませんね。 この記事では、告別式について、通夜・葬儀との違い、流れや参列者・喪主のマナーを含め全てを分かりやすく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「浄土宗・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!のサムネイル画像

通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!

葬儀の宗派ごとの違いの見分け方とは?宗派ごとの葬儀の特徴を解説!のサムネイル画像

葬儀の宗派ごとの違いの見分け方とは?宗派ごとの葬儀の特徴を解説!

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介のサムネイル画像

葬儀に参列する範囲を形式別に解説!参列する際のマナーもご紹介

葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説のサムネイル画像

葬儀から火葬までの順番が違うことがある?通夜と葬儀の流れも解説

告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説のサムネイル画像

告別式の流れって?葬儀との違いや参列者・喪主のマナーまで全て解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「浄土宗・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと