葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説

葬儀にふさわしい服装やバッグ、靴などの小物類を持っていますか? 女性にとって身だしなみは、故人への気持ちを示す方法としても大切です。 いざ葬儀に参列するときは、服装に限らず様々な準備が必要になり余裕がなくなります。 普段から、女性のマナーを知っておきましょう。

目次

  1. 葬儀での女性の服装について
  2. 葬儀で着る女性の服装の種類
  3. 葬儀に参列する女性の服装
  4. 喪主としての女性の服装
  5. 親族として葬儀に出る女性の服装
  6. 葬儀での女性の持ち物
  7. 葬儀にパンツスーツはマナー違反?
  8. 夏の葬儀の女性の服装
  9. 葬儀での女性の服装に関するまとめ

葬儀での女性の服装について

葬儀

悲しい訃報は、できるだけ来なければ良いと願うものです。
ですが、人生にはいろんなタイミングと場面で別れがやって来ます。
葬儀は、故人への敬意を示したり、ご遺族へのお悔やみを伝えたりする最後の機会です。

大切なのは心ですが、身だしなみにも十分気を遣いたいものです。
特に女性にとっては気の抜けない問題です。
実は、できるだけフォーマルに装えば装うほど礼儀にかなう、というわけでもないことをご存知ですか。

たとえば、お通夜と葬儀では、適切な服装が違います。
さらに、ご自身の立場にあった服装をして参列する必要があります。
常日頃から、葬儀に参列するときに着られる服装を知っておきましょう。

自分の服をチェックしたり、周りのお店でどんなものが売っているかを見ておくことで、いざというときに服装の用意立てで慌てずにすむかもしれません。

今回、終活ねっとでは、女性ならではの悩みのポイントである以下について触れながら、葬儀での女性の服装について解説していきます。

  • 女性の喪服には何種類もあるって本当?
  • どんなときにどんな服装をすればいいの?
  • 喪主になったら特別な服装がいるの?
  • 親族として葬儀に出るときは?
  • バッグや靴はどうしたらいいの?
  • パンツスーツがマナー違反なのはなぜ?
  • 暑い夏の葬儀では何を着るの?

喪服の種類といった基本的なことから、上着の合わせ方や季節のアレンジまで解説いたします。
また、知らなければやってしまいがちなアイテム選びの過ちなどについても書いていますので、どうぞ最後までお読みください。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で着る女性の服装の種類

葬儀

葬儀で着る服装には、大きくわけて「正喪服」、「準喪服」、「略喪服」があります。
服装の種類の違いは格式です。

故人との関係や葬儀での立場などで、適切な服装が異なります。
葬儀で着る女性の服装の種類を見ていきましょう。

  • 正喪服

    主に、故人の親族や喪主などが着用します。

    和服であれば黒無地の着物、洋装の場合はブラックフォーマルです。
    ただし、お通夜の席では、準喪服か略喪服が望ましいです。
    正式な喪服を着ていくことは、「不幸の準備をしていた」という意味になってしまうからです。

    後で詳しく説明しますが、和服は洋装よりも格が上がります。
    喪主であっても、特に和服は避けた方が良いでしょう。

  • 準喪服

    お通夜から葬儀、告別式、一周忌までの法要で着用される喪服のことです。
    正喪服が故人に近い親族や喪主などが着るのに対して、準喪服は一般の参列者が着るもの。
    そのため、一般的には、最も着る機会が多くなるのがこの準喪服となります。
    また、現代では、個人の親族や喪主なども準喪服を着ることも多いです。
    準喪服を着る場合は、正喪服よりも堅苦しくない印象になります。
    また、ある程度流行を取り入れた着こなしになっても構いません。
    準喪服を意識して着る必要がある場合は、正喪服よりも格下の装いになるよう意識しましょう。

  • 略喪服

    正喪服、準喪服に比べると、格式としては一番下の喪服になります。
    といっても、必ずしも略喪服が失礼に当たったりするというわけではなく、略喪服がふさわしい場面があります。

    例えば、お通夜には、喪服を準備して待っていたと受け取られては失礼であるとの考えから、格式の高い喪服を着て行くのは不適切であると考えられています。
    そのため、「急な知らせに駆けつけた」という意味合いから、お通夜には、略喪服で出席するのがマナーとされています。

    色は、ブラックフォーマルほど重厚でない黒や、グレー、紺や暗い茶色など。
    通常のスーツやワンピースなどの服装で大丈夫です。
    正喪服、準喪服と違い、自由度が高いのが特徴なので、お手持ちの服装で対応できることがほとんどかもしれません。

    でも、着ていく場所はあくまで、お通夜や葬儀であることは忘れてはなりません。
    肌の露出が多い服装が不適切なのはもちろんのこと、光沢のある生地、ラメなどの装飾、華美なアクセサリー、毛皮などは避けるのが最低限のマナーです。

    ちなみに、最近は、故人の意向などを反映して、葬儀の案内に「平服でお越しください」などと書いてあることがあります。
    「平服で」と言われた場合、いつもの感覚で着る普段着のこと?と思ってしまうかもしれませんが、違います。
    その際は、略喪服を着ていくのが適していることが多いです。

葬儀に参列する女性の服装

葬儀

それでは具体的に、葬儀に参列する女性はどんな服を着たらよいのか、具体的な葬儀に参列する女性の服装について見ていきましょう。

ワンピース・アンサンブルが基本

女性が葬儀で着る服は、ワンピースやアンサンブルが基本です。

必ず無地で黒を選び、光沢が入った生地や透ける生地は避けましょう。
装飾などがなく、できるだけシンプルなものが良いです。
肌の露出はNGなので、正喪服では、ひざ丈よりも長い丈にします。

正座した時にひざがしっかり隠れていることが大切です。
首元や腕などもできるだけ覆い、夏でも長袖が望ましいです。
長袖が難しい場合は、せめて肘を隠したり、上着を羽織るなどして工夫しましょう。

ストッキング

ストッキングは、黒無地のものを選びましょう。
タイツのように分厚い必要はありませんが、素肌が協調されるようなあまりに薄すぎるストッキングや、網タイツなどは避けましょう。

装飾がない、黒無地の靴を選びましょう。
布製や本革のものが良いです。
光沢のあるエナメルや、殺生を想像させるヒョウ柄やスウェードは葬儀にはおすすめしません。

カジュアルテイストの靴は避け、ヒールは太めで、高さは3センチから5センチくらいをめどにします。
ピンヒールのような細いヒールのものは、見た目にも安定感が悪く派手な印象なので避けましょう。
また、ヒールがなさすぎてもカジュアルすぎる印象になるので注意が必要です。

白シャツは避けるべき?

意外なことに、白シャツはNGです。
葬儀以外の場合では、白シャツはフォーマルな服装の定番ですが、葬儀の際には女性でも黒シャツを選びましょう。

喪主としての女性の服装

葬儀

喪主は参列者への挨拶など、人の前に立つ機会も多いです。
服装には特に気を遣いたいところです。

ここでは喪主としての女性の服装について解説いたします。
できるだけ女性らしい着こなしを心掛けつつ、喪主らしい品格ある服装ができると良いでしょう。

和服の場合

和服は正喪服です。
格式でいえば、洋装よりも上なので、喪主として着るならば和服が最適です。
着物は黒無地の染め抜き五つ紋付を選びましょう。

染め抜き五つ紋付とは、黒地に白く染め抜いた紋が5か所に入っている着物のことです。
胸に左右2か所、背中側の袖に左右2か所、首筋の下に1か所です。
紋がない着物はカジュアルに着られる着物なのに対し、紋が1つ、3つ、5つと増えるごとに格が上がっていきますので、黒無地の染め抜き五つ紋付は、最上級の正装といえます。

生地は羽二重か一越ちりめんが一般的です。
夏は絽の着物を着ることもできます。
帯、草履も黒を選び、足袋は白を履きましょう。

髪留めなどの装飾も、できるだけシンプルなのがよいでしょう。
上にも書きましたが、お通夜では和服を着ないようにしましょう。

最近は洋装も主流に

最近では、喪主は必ずしも和服でなければならないということはなく、洋装も主流になってきています。

普通のスーツなどはNGで、ブラックフォーマルのワンピースかアンサンブル、ツーピーススーツが基本です。
生地は、光沢のない落ち着いたものを選びましょう。
肌を隠すことが大切なので、袖が長いものや裾の長いものを選びましょう。

正座した際に膝が十分に隠れることが目安です。
また、和装の際と同じく、装飾もシンプルなものにしましょう。
結婚指輪と、シンプルなものであれば真珠はつけても大丈夫です。

親族として葬儀に出る女性の服装

葬儀

喪主ほどではありませんが、親族として葬儀に出る際も、参列者への対応や挨拶などで人目につくことが多くなります。
親族の場合の葬儀に参列する際の服装は、和服やブラックフォーマルなどの正喪服であれば問題はありません。
喪主と格式を合わせるか、やや下の格式にすると良いでしょう。

また、準喪服を着ることもできます。
年齢や立場、葬儀での役割などを考慮したうえで、親族内でバランスのとれた服装になると、なおよいでしょう。

葬儀での女性の持ち物

葬儀

意外と見落としがちなのが小物類です。
いざというときは、服装や香典などに気を取られ、どうしても用意が後手に回ってしまうものです。

ですので、平時のときに、普段持っている小物類を一度見直して、「この小物は葬儀に使えるかどうか」を確認してみると良いかもしれません。
ここでは葬儀での女性の持ち物についてご紹介します。

バッグ

基本的には、バッグは布製品の黒無地のものが良いです。

金具やデザインも控えめなものが良いでしょう。
エナメルのように光沢があるものは避け、できるだけ落ち着いたものを使いましょう。
柄はない方がベターですが、地模様程度なら許容範囲でしょう。

厳密に言えば、皮革でできたバッグそのものを使わないのがベストですが、手持ちの革製バッグなどで間に合わせる場合は、ツヤ消しのものを選ぶようにしましょう。

もちろん、ワニ皮やヘビ皮などは殺生なのでNGです。
スウェードなどは、一見すると上品なので見落としがちですが、皮なのでやめましょう。
また、ヒョウ柄などアニマル柄は殺生を想像させてしまうので、フェイクであってもNGです。

アクセサリー

基本的には、葬儀はきらびやかに着飾っていく場所ではありません。
下に説明するよう例外的なものもありますが、アクセサリーとして身に着けられるのは結婚指輪のみ、と憶えておくのが無難でしょう。

パールのネックレスは?

涙を想像させる宝石として、パールのネックレスはつけることが可能です。
フォーマルなジュエリーとして、たくさんの女性が持っているアイテムですね。
最もポピュラーなのはパールのネックレスですが、こちらもデザインに気を付けましょう。

葬儀では、「2度とは起こらないように」という意味から、葬儀で着けて良いのは1連パールのみです。
黒いパールをあしらったアクセサリーを身に着けることもできます。
いずれにしても、全体の雰囲気や、金具部分が派手でないかどうかなど、よく考えてから使いましょう。

数珠

ご自身が仏教徒である場合、自分の宗派の数珠を使えば大丈夫です。
無理やり、故人が生前に属していた宗派のものに合わせなくても良いです。
また、仏教徒でない場合、無理に数珠を用意する必要はありません。

葬儀にパンツスーツはマナー違反?

葬儀

厳密に言えば、パンツスーツはマナーに叶ったものとは言い難いです。
本来、正喪服にせよ準喪服にせよ、女性はスカートを使ったツーピースかワンピースがフォーマルな装いとされているからです。
また、生地の点でも、ブラックフォーマルとパンツスーツは違うことがほとんどです。

ブラックフォーマルが光沢のない真っ黒い生地で仕立ててあるのに対して、スーツは、光沢が出るような織り方をした生地であることが多いです。
さらに、スーツの場合、「黒」だとしても、光の加減で少し違った色味が出る生地もあります。
しかし、現代では、パンツスーツを着て参列する女性も多くなっているので、そこまで非常識とは考えられなくなっているのが実情です。

葬儀の場で何かしらの仕事が割り振られているために動きやすい服装が必要だったり、健康上の理由でどうしてもパンツを着用したい場合などは、仕方がないかもしれません。

結論としては、パンツスーツがOKかNGかというのは、見る人によって違いがあることは否めません。

葬儀には、必ずしも自分と同じ価値観を持つ人だけが参列しているわけではないことや、幅広い年代の方々も同席していることは忘れないようにしましょう。
「この服装はセーフかしら?」と、少しでも気になるようであれば、正統なブラックフォーマルの喪服を着る方がよいでしょう。

ただし、上でも説明しましたが、パンツスーツは略喪服としては問題ありません。
お通夜に参列したり、あえて「平服でお越しください」と案内に書いてあったりする場合は、暗い色のパンツスーツで大丈夫です。

夏の葬儀の女性の服装

葬儀

喪服の選び方は一通り押さえたけれども、もしも暑い夏に訃報を受けた際には、一体何を着ればいいの?と思われるかもしれません。
確かに、今までご紹介してきた喪服は、基本的には、春・秋・冬のスリーシーズン着用のものが一般的です。

夏用の喪服も、意識するポイントは基本的に同じなのですが、素材や着こなしが少しずつ異なります。
終活ねっとでは、夏用に仕立てられた喪服についての記事もあります。
中に着るシャツや、羽織もの、ストッキングなど、暑い季節には悩みの種になるアイテムについても詳しく解説していますので、ぜひ、ご参考にされてください。

こちらも読まれています

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

葬儀での女性の服装に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
葬儀に参列する際の女性の服装について、おわかりいただけたでしょうか。

今回、終活ねっとでは

  • 葬儀に参列する女性の服装には、正喪服、準喪服、略喪服がある。
  • 一般的に着る機会が多いのは準喪服だが、喪主などは正喪服を着る必要がある。
  • 正喪服、準喪服、略喪服などの格式は、着る場合や他の参列者とのバランスを見ながら使いこなす。
  • 服装だけでなく、バッグや靴、ストッキングなども葬儀にふさわしいものを選ぶ必要がある。
  • 上着の中にシャツを着るときは、白より黒を選ぶ方が良い。
  • パンツスーツはマナー違反だと思われる場合がある。

などについて解説してきました。
お役立ていただければ幸いです。

以下は、葬儀を執り行う喪主になった際に慌てないよう、葬儀の費用についてまとめた記事もあります。
合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・服装・女性」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!のサムネイル画像

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

四十九日の女性の服装マナーについて解説!アクセサリーの注意点までのサムネイル画像

四十九日の女性の服装マナーについて解説!アクセサリーの注意点まで

身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!のサムネイル画像

身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと