葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

急な葬儀の際、喪服は持っていないけれど、着ていく服はスーツでもいいの?そんな疑問をお持ちの方はいませんか?最近ではスーツのお店で冠婚葬祭の文字を目にすることが増えてきていますが、実際どうなのでしょうか。今回は葬儀の際の正しい服装やマナーについて解説します。

最終更新日: 2020年03月01日

葬儀にスーツは着て行ける?

葬儀

しっかりしたしきたりやマナーが求められる葬儀ですが、結婚式などとは違って急に行くということが比較的多いのではないでしょうか?

喪服を準備する暇がないけれどスーツでも良いのか、喪服は持っておいた方がいいのかと疑問をお持ちの方もいますよね。
服装は目につき特に重要なので、礼儀が重んじられる場においては注意しなければなりません。

今回「終活ねっと」では、葬儀にスーツは着ていけるのか、正しい服装やマナーを紹介していきます。

  • 葬儀のときに着る喪服って何?

  • 葬儀に適した服装はどんな服装?

  • 葬儀に着ていけるスーツの色は?

  • 葬儀のための喪服はレンタルできるの?

  • 葬儀の際のアクセサリーはどうすればいいの?

  • 礼服を着るときのマナーは?

以上の項目に沿って解説していきます。
初めての葬儀で服装についてよく知らないという方、将来の葬儀のために知識を入れておきたいという方はぜひ最後までご覧になって今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀に着用する喪服とは?

葬儀

喪服とは文字通り、「喪に服している」ことを表す服のことです。
葬儀や法事などの際に着用する礼服で、遺族などの関係者は正式なものを着用し、それ以外の参列者は遺族よりも格の低い略式のものを着用します。

最近では葬儀も簡易化してきているようで、正装というのは遺族であってもかなり珍しいようです。
とはいえ、喪服には様々なマナーがあるので、着用する際には失礼に当たらないようにマナーの確認をすることが必要となってきます。

葬儀に適した服装とは?

葬儀

葬儀に着ていくべき服装について、何となくしか知らないという方もいるのではないでしょうか?
マナーが非常に重要視される場でありますので、特に目立つ服装に関しては注意する必要があります。

ここでは礼服から靴の色まで詳しく解説していきます。

礼服

礼服とは冠婚葬祭のときに着用される服です。
本来は羽織などが礼服ですが、最近では礼服というと略礼服であるブラックスーツを指すことがほとんどのようです。

最近ではモーニングなどの正装ではなく、遺族や親族であっても基本的に略礼服であるブラックスーツを着用することが多いようです。

ブラックスーツの色は濃い黒で、ネクタイの色を変えれば結婚式などにも使えます。
ブラックスーツは黒いビジネススーツのことではないので注意して下さい。

一般の参列者は、男性の場合は基本的に白い無地のシャツに、略礼服であるブラックスーツを着用し、女性の場合は正装がアフタヌーンドレス、略礼服が黒いワンピースかスーツとなっています。
女性は特に生足は避け、黒いストッキングを着用します。

最近では、喪主などの関係者も略礼服のブラックスーツなどで葬儀を行う場合が多いようなので、参列者としては略礼服で問題ないでしょう。

ベスト

基本的に葬儀はおしゃれをしていく場所ではないので、あまり着る人はいません
もしベストを着る場合には、上着と同じ布の黒いベストが原則です。

ベストはおしゃれであるというイメージがある人もいるので、寒さ対策ならばベスト以外にも選択肢はあります。
ベストでなくてはならない理由がないのであれば、あまり良い顔をしない方もいらっしゃる可能性があるので着用するのは遠慮した方が無難です。

シャツ・インナー

シャツとインナーについて解説致します。
葬儀の場で女性がシャツを着ることは多くないと思いますので、シャツに関しては男性に限ってそのマナーをご紹介します。
インナーに関しては男女関係なく着用するアイテムなので、インナーを選ぶ際の参考にして頂けます。

男性

シャツに関しては、基本的に白のみです。
白いシャツであってもストライプなど模様のあるものも遠慮した方が無難でしょう。
また、ボタンダウンはカジュアルシャツとされているので葬儀の際に着用するのはマナー違反です。

夏でかなり暑い日の場合、半袖のシャツを着ていくのは問題ありません。
しかし葬儀の間は上着を羽織ることがマナーとなっているようです。

男性の場合のインナーは、シャツから透けて見えるので黒は避けるようにします。
他にも柄のついているようなものや、襟元から見えてしまうようなタートルネックのようなもの、また外から見て形のはっきりわかるタンクトップなども避けた方が良いようです。

逆に何も着用せずに汗などで肌が透けて見えてしまっている、というのもマナー違反になるようですので、できれば肌色やグレーなどインナーの色が外から見てわかりにくいものを着用しましょう。
また、襟の形はVネックのものを着用するのが一般的なマナーとなっています。

女性

男性は半袖シャツを着ていても式中はジャケットを着る必要がありますが、女性の場合には半袖のワンピースの上に上着は必要ないようです。
しかし会場に男性が多い場合、冷房によって寒さを感じることも予想されるため、黒色の羽織りものを持っていくと良いのではないでしょうか。

インナーは女性の場合、目立たない色のものであれば問題ありません。
具体的には黒やベージュ、白などです。
シャツとは違って透けるということはあまり考えられないため、黒を用意することができなければ白でも良いでしょう。
冬場は問題ないかもしれませんが、夏場だと何かの拍子に半そでの下から見えてしまうという可能性もありますので派手なものは避けましょう。

葬儀ですので、靴を選ぶときには自分に似合うかどうかや、デザインがかっこいいなどという理由で靴を選んではいけません。
靴は意外と目立ちますので、マナーを守って選ばないとかなり浮いてしまいます。

男女共に黒系の地味な色を選び、茶色やグレーも避けた方が良いでしょう。
男性の場合は、靴ひもを通す穴に金具がついているものなどもあるので、カジュアルにならないように気を付けて選びましょう。

また、つま先部分に模様があるものは葬儀にはふさわしくないので選ばないようにしましょう。
横に一本線が入っているシンプルなデザインのものがフォーマルなものです。

女性の場合は、ヒールが高めのものや光沢のあるもの、ワンポイントのものなどは避けます。
ヒールが全くないものも逆にカジュアルな印象を与えてしまうことがあるので、少しヒールのあるようなものが良いでしょう。

葬儀の際の靴についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ネクタイ

葬儀に出席する際には、黒いネクタイを着用します。
黒であっても模様が入ったものや、ストライプのネクタイは着用するのはマナー違反です。

今の時代は、コンビニや百円ショップなどでも黒いネクタイを購入できるようですから、通夜など急ぎの場合であっても、可能であればできるだけ黒いネクタイを買った方がいいでしょう。

また、ネクタイの結び方に関して注意するべき点があります。
ネクタイを結ぶ際は一番簡単な結び方をし、ビジネススーツでよく見かける、結び目の下のくぼみ(ディンプル)は作らないようにします。
ディンプルはネクタイを立体的にかっこよく見せるためのものですが、葬儀にネクタイのかっこよさは必要ありませんので、マナー違反とならないよう注意しましょう。

葬儀に何色のスーツは着ていける?

困った人々

葬儀には黒系のスーツなら大丈夫というイメージがあるという方もいるかもしれませんね。
では、実際のところ何色のスーツなら着て行っていいのでしょうか?
ここでは、葬儀の際のスーツについて解説していきます。

基本的にはスーツはNG

驚く方もいるかもしれませんが、葬儀では基本的にスーツはマナー違反となります。
ここでいうスーツとは普段使うことの多いビジネススーツの事です。

ブラックスーツと聞いて黒いビジネススーツをイメージする方もいるかもしれませんが、礼服としてのブラックスーツとビジネススーツは全く別物ですので注意しましょう。

黒の無地のものであっても、ビジネススーツは略礼服であるブラックスーツと比べると素材や織り方が違うので一目でわかってしまいます。

お通夜では急な知らせで用意できないこともあるので、会社帰りに急いでそのままビジネススーツで向かうということでも大丈夫ですが、葬儀や告別式の場合は必ず黒の礼服を着るのがマナーです。

ブラックスーツの場合は?

ブラックスーツは略礼服とされていて、礼服なので問題ありません
正式なブラックスーツはボタンが一つのものですが、最近では二つボタンや三つボタンのものが多く売られています。

葬儀の際には一つボタン以外のブラックスーツを着用してもマナー違反にはなりませんが、一番下のボタンは飾りボタンとされているので、外しておくのが正しい着用の仕方です。

ストライプスーツはNG?

お通夜の場合は、急な場合もあるので、濃いグレーや暗めの紺などであればストライプが入っていても大丈夫ですが、告別式など葬儀の場合は絶対に着用して行ってはいけないことになっています。
葬儀に出席する際は、必ず黒い略礼服であるブラックスーツを着用するようにしましょう。

葬儀に出席する予定で、ブラックスーツなどの礼服を持っていないという人は、必ず購入するかレンタルをして正しい服装で出席しましょう。
葬儀はしっかりとした大切な儀式ですから、それなりの服装をするのは当然です。

葬儀のときの服装は、故人やその家族への想いを表すものであるのと同時に、社会人としての常識やマナーが問われるものですので、しっかりとマナーを守った服装をして出席しましょう。
礼服のレンタルについては以下で解説していきます。

葬儀での喪服はレンタルできる?

お金

急な葬儀で礼服を買う時間がない方や、一度しか使わないような礼服を買う余裕なんてないという方は、礼服をレンタルすることができます
主に以下のお店で礼服をレンタルすることができます。

  • 洋服の青山

    洋服の青山では、モーニングとタキシードをレンタルしています。
    モーニングは27種類あり、アームバンドなどの用品もついているようです。
    値段は4泊5日で15000からとなっています。

    ただし、ワイシャツはついていないので自分で用意する必要があります。

  • RENCA

    3泊4日で男性用は4800円からレンタルすることができ、16時までの注文で即日発送となっています。

    女性用は5800円からで、授乳対応のマタニティ礼服などの他に、子供用の礼服もレンタルすることができるようです。

  • 礼服レンタル.com

    こちらも16時までの注文で即日発送となっています。
    3泊4日で男性用、女性用共に4800円からとなっているようです。
    こちらもマタニティ用の礼服を扱っているようです。

ネクタイから靴まで一式借りることができ、購入することを考えると値段もかなり安いので、迷ったり困ったときは利用してみても良いかもしれません。

喪服のレンタルについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀時のアクセサリー・バック

葬儀

葬儀のときのアクセサリーやバックはどうしたらよいのでしょうか?
意外とここで悩んでいる方もいるかもしれませんね。

葬儀の際には、アクセサリーは基本的に結婚指輪以外つける必要はないとされているようです。
もし一つだけつける場合には、もちろん派手なアクセサリーは控えるようにして、ネックレスの場合には一連のもの、イヤリングをつけるのであれば一粒のものとします。

バックに関しては、黒で地味であれば刺繍があっても大丈夫です。
ただ持ち手がチェーンであったり、留め具に光沢のあるようなバックは葬儀にはふさわしくないので避けましょう。

下記の記事では、葬儀にふさわしいネックレスや、なぜ葬儀用のネックレスは真珠でないといけないのかを紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

夏場は葬儀に何を着ていく?

夏

葬儀の際は黒い礼服を着用するということでしたが、汗が噴き出るような暑い夏場の日には、葬儀にどんな服を着て行けば良いのでしょうか?

男性の場合は、暑い夏場では半そでのシャツでも構いませんが、葬儀中は必ず上着を着用するのがマナーであるとされています。
ですから、男性の場合はシャツ一枚で葬儀に出席するという状況はまずありません。

女性の場合はワンピースであれば半そでのデザインのもので大丈夫です。
不安な方は手に上着を持っていてもマナー違反にはならないようです。

最近では夏用の礼服や、オールシーズンの礼服もお店で多く扱われていますので、それらの購入を検討してみるか、夏用をレンタルすることもできるようです。

夏用の喪服についてもっと詳しく知りたいという方は、以下に詳しい記事がありますのでぜひ一度ご覧になってみてください。

葬儀の服装マナーに関して

困った人々

葬儀にどんな服を着て行けばいいのかはわかったけれど、細かい服装のマナーについて知りたいという方もいるのではないでしょうか?
ここでは、ネイルやポケットのことなど葬儀の細かい服装マナーについて簡単に解説していきます。

ネイルアートはどうすればいいの?

突然の葬儀に出席することになったのだけれど、先日塗ったばっかりのネイルを落とさなくてはいけないのかと、悩んでいる方もいるかもしれませんね。
面倒で、せっかく塗ったのに残念かもしれませんが、基本的にネイルは落とすのがマナーです。

お焼香や食事をするときなど、周りの視線が手元に行くことは意外と多いのです。
ベージュなど目立たない色なら大丈夫かもしれませんが、葬儀の際にはネイルは落としていった方が無難でしょう。

礼服のボタンは全てとめるの?

礼服のボタンは留めるのがマナーです。
二つボタンの礼服なら上の一つのボタンだけを留め、三つボタンならば上の二つのボタンを留めておきます。

一番下のボタンは飾りとして設計されているので、留めるとだらしなく見えてしまいます。

礼服のポケットには何を入れればいいの?

基本的に礼服のポケットには何も入れないというのがという一般的なマナーです。
色々入れるとポケットが膨らんでだらしなくなってしまいますので、携帯電話などはマナーモードにするか電源を切ってバックにしまうのがよいでしょう。

入れるとすればズボンのポケットにハンカチくらいです。
また、礼服のポケットには、ポケットチーフはつけないのが普通です。

結婚式ではポケットチーフをつけますが、葬儀の際は皇室の葬儀などを除いて基本的にはつけず、つけるとしても黒いポケットチーフをつけるというのがマナーとされています。

ポケットの上についている蓋のような部分(フラップ)はポケットの中に入れます。
正装であるモーニングにフラップはついていないので、より正装に近づくような服装にするために、フラップはしまうものだと覚えておけばいざというときに忘れないかもしれません。

葬儀にスーツは着て行けるのかに関して

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀にスーツは着て行けるのか、葬儀の際の正しい服装やマナーについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?
この記事をまとめると以下のようになります。

  • 最近の喪服は略礼服が増えてきているため、基本的には略礼服で良い。

  • 葬儀の際は礼服を着用する。

  • 略礼服であるブラックスーツと黒いビジネススーツは別物。

  • 葬儀の際のシャツは白無地のものを着用する。

  • 礼服を購入できない場合はレンタルすることもできる。

  • 葬儀の際は基本的に何でも派手なものは避けるのがマナー。

葬儀の際の服装について、ビジネススーツでもいいのかと思っていたなんていう方や、下着のシャツまで意識したことがなかったなんていう方も、もしかしたらいたかもしれません。

実はマナー違反だったなんてことになると、葬儀中に自分だけ浮いてしまって、なんだか落ち着かないなんてことになってしまいます。
今まで普通だと思っていたことももう一度確認して、落ち着いて葬儀に出席できるように準備ができると良いのではないでしょうか。

葬儀の他にも、知らないうちに普段自分がやっていたことが実はマナー違反だった、ということがもしかしたらあるかもしれません。
これを機に他のマナーについても調べてみると新しい発見があるかもしれません。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、葬儀の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひこちらもお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀のスーツと普段のスーツは違う?葬儀の際のスーツマナーを解説!のサムネイル画像
    葬儀のスーツと普段のスーツは違う?葬儀の際のスーツマナーを解説!

    葬儀の際にはスーツを着ていくものですが、この場合には注意しなければならない事が多く、それらはなかなかすぐに理解しきれるものではありません。そこで本記事では、葬儀の際に着るスーツに関する注意点等についてまとめましたので、皆様の事前の勉強に役立てば幸いです。

  • 完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像
    完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

    急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

  • 葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!のサムネイル画像
    葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!

    葬儀に参列する際には決まって礼服を着用しなければなりません。メンズ用の礼服は種類も多く、どんな葬儀の場面にどんな礼服を着るべきか分からない方は多いのではないでしょうか?今回は、葬儀で着用するメンズ用の礼服の選び方を、スーツでの参列の可否と共に解説します。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介のサムネイル画像
    通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装についてご解説します。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しておきましょう。

  • 礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説のサムネイル画像
    礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか?主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 葬儀に上着は夏でも必要?冬の場合や子供の服装マナーまでご紹介のサムネイル画像
    葬儀に上着は夏でも必要?冬の場合や子供の服装マナーまでご紹介

    移動だけでも大変な暑い時期の葬儀。礼服は上着も含めた装いが正式ですが、暑い夏の葬儀に上着は必要ですか?誰にも聞けないちょっとした疑問を解説します。夏の葬儀の上着だけでなく、寒い冬の場合のコートのことや子供の服装マナーなども合わせてご紹介します。

  • 葬儀の礼服の選び方って?靴の選び方までマナーとともにご紹介しますのサムネイル画像
    葬儀の礼服の選び方って?靴の選び方までマナーとともにご紹介します

    突然の葬儀、礼服や靴選びで慌ててしまったことはありませんか?葬儀は大切な儀式ですので、きちんとした格好で参列したいですよね。今回終活ねっとでは、男性・女性・子供の場合に分けた礼服の選び方とそのマナー、さらに靴の選び方についてもご説明していきます。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

  • 葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめる?服装などのマナーも紹介のサムネイル画像
    葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめる?服装などのマナーも紹介

    葬儀で着るスーツの色を気にされる方は多いと思いますが、葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめるかご存知ですか?ビジネススーツと同じでいいのでしょうか?そこで今回は、葬儀で着るスーツのボタンはどこまでとめるのかについて、服装などのマナーとあわせてご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す