曹洞宗の葬儀の式次第・流れとは?マナー・特徴や必要な費用まで解説

曹洞宗の葬儀の式次第・流れとは?マナー・特徴や必要な費用まで解説

曹洞宗は座禅で知られる宗派ですが、葬儀の特徴や流れ、作法や葬儀費用などが気になりませんか?そんな疑問をお持ちの方に、曹洞宗の歴史にも触れながら一つ一つ解説いたします。いざという時のための予備知識として、早めに準備しておけば安心です。ぜひ最後までご覧ください。

最終更新日: 2020年09月09日

曹洞宗の葬儀について

葬儀

大人になると、葬儀に参列することが多くなります。
家族や知人、職場などで接する機会のある葬儀ですが、それぞれの宗派によって特徴があります。
各宗派によって、焼香のやり方や四季の流れが異なります。

今回「終活ねっと」では、曹洞宗の葬儀について説明します。
以下の項目について、説明していきます。

  • 曹洞宗の特徴

  • 曹洞宗の葬儀の流れ  引導とは?松明が必要?

  • 曹洞宗の葬儀のしきたりやマナー

  • 曹洞宗の葬儀に必要な費用

  • 曹洞宗の葬儀では僧の人数が多いのはなぜか?

  • 曹洞宗の葬儀についてまとめ

いざというときに困らないためにも、葬儀の流れや作法は理解しておきたいですね。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。

お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

曹洞宗の特徴

お墓

曹洞宗は鎌倉時代に道元が中国の宋に渡り、禅宗の曹洞宗を学び持ち帰ったものです。
釈迦をご本尊として、座禅を中心にした生活を送ることを宗旨としています。

大本山は福井県の永平寺と神奈川県の総持寺の二つがあります。
道元禅師は宗派を名乗らず、弟子たちにより、地方武士や豪族、庶民などに広められました。

現在では全国に14000寺を擁する臨済宗と並ぶ禅宗の一派です。
修行僧だけでなく、座禅会などが一般市民に浸透した特徴的な一面を持ちます。

曹洞宗の葬儀の流れ・式次第

葬儀

曹洞宗の葬儀は故人がお釈迦様の弟子になるために、住職を橋渡にして戒法や戒名を授け、悟りを開くために仏の道を示す儀式です。

ここでは曹洞宗の葬儀の流れ・式次第をお話しします。

通夜

釈迦が臨終のときを迎え、弟子を集めて説いた最後の説法とその様子が語られたものが、現在の枕経の原形です。

曹洞宗では、遺教経 (ゆいきょうぎょう) が読誦されます。

釈迦が入滅したのは紀元前383年です。
その夜から7日間、弟子たちが夜通し釈迦の教えを語り続けたのが、現在の通夜につながっています。

曹洞宗の通夜式では、道元導師の正法眼蔵を基本とする「修証義」を導師と遺族で読誦します。

葬儀

曹洞宗の葬儀は以下のような流れで執り行われます。

もちろんそれぞれに意味がありますので、理解しておくと葬儀に参列しても、興味深く感じることでしょう。

以下に葬儀の流れを解説いたします。

  • 導師入場

    導師と鳴り物などで補佐する伴僧で構成されますが、かつては3~5人であったが、近年は減少傾向にあります。

  • 剃髪(ていはつ)と授戒

    導師の剃髪の儀式に始まり、生前の罪を悔い改める懺悔文(さんげもん)を唱え、仏法の系図となる血脈(けちみゃく)を霊前に供えます。

  • 入棺諷経(にゅうかんふぎん)

    ここで入棺諷経(にゅうかんふぎん)と龕前念誦(がんぜんねんじゅ)を唱えます。
    この際、参列者が焼香を行います。

  • 鼓鈸三通(くはつさんつう)

    太鼓などの鳴り物にあわせ大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)が唱えられます。

  • 引導法語

    松明を右に円を描きながら故人を仏の道へ導き、払子(ほっす)で邪気と迷いを払います。

  • 山頭念誦(さんとうねんじゅ)

    仏弟子となった故人が悟りの道を進める事を祈願します。

  • 導師と伴僧が退場

    葬儀が終了します。その後出棺で火葬場へ同行されない方は、最後の見送りになります。

告別式

告別式とは、その名の通り故人に別れを告げる儀式です。

出棺の時に、棺に花を手向け別れを告げる場面をイメージしてもらえると思います。
通夜式の終了後に通夜振る舞い、火葬場へ同行するお礼に、精進落としと呼ばれる食事が用意されます。

出棺時には再度、太鼓を鳴らす鼓鈸三通(くはつさんつう)が行われます。

曹洞宗の葬儀の特徴・焼香などのマナーは?

葬儀

葬儀形式は、近年現代の価値観に合わせて大きく変化しています。
その中で曹洞宗の葬儀は、古来受け継がれてきた形式を忠実に再現されたものとして、仏教の世界を深く理解できる一面を持ちます。

ここでは曹洞宗の葬儀の中での、特徴的な作法や参列する時のマナーのほか、葬儀中に使われる仏具、祭壇などについて解説します。

賑やかな葬儀?

曹洞宗の葬儀全体の特徴は他の宗派に比べ所作が多く、時間も長くなります
鳴り物の仏具が使われたり、御詠歌もあり、全体的ににぎやかな印象を受けます。

受戒と引導

曹洞宗の葬儀の中で一番重要な意味を持つものが受戒と引導です。

  • 受戒

    故人を仏の弟子にするために、名前と決まり事を授けること

  • 引導

    故人を仏の道へ導き、仏弟子となって悟りを開かせること
    曹洞宗の葬送儀礼で中核をなすものです。
    故人の人柄や功績を事前に導師が聞き、それを漢詩になぞらえ、松明によって悟りの世界に導きます。

    けがれを除いた法語が授けられ、最後に導師の「喝!」という言葉で引導が渡されます。

鼓鈸三通(くはつさんつう)

他宗とは違う鳴り物を使って執り行われる葬儀は、曹洞宗の特徴です。
大きな特徴の一つに、鼓鈸三通があります。

初めに儀式の先導の役割をする、手磬(しゅけい)がチーンと鳴らされます。

続いて懺法太鼓(せんぼうだいこ)をドーンと鳴らし、最後に銅製のシンバルのような形状の鐃鈸(にょうはち)をジャラーンと鳴らします。

一連の流れを三回繰り返すのが鼓鈸三通(くはつさんつう)です。

曹洞宗では導師を中心に、従師や伴師と呼ばれる僧侶がそれぞれの仏教楽器を担当します

かつて、釈迦の弟子となった故人は、自宅から見送る人々に囲まれながら葬祭場に向かう習慣がありました。
野辺送りもその一つですが、この道行きに太鼓や鐘をならして練り歩き、個人を見送る形式が、時代とともに変わり、葬儀場で行われるようになりました。

お経は?

大宝楼閣善住秘密陀羅尼(だいほうろうかくぜんじゅひみつだらに)というお経が唱えられます。
この大宝楼閣が仏の世界を表し、この悟りの世界へ導くための仏典が陀羅尼によって、偈文(げもん)と呼ばれる韻文形式で詠まれます。

以下の記事では曹洞宗のお経についてより詳しく解説しておりますので合わせてご覧ください。

焼香

それでは以下に曹洞宗での焼香のやり方を解説します。

  • 焼香台の前、二三歩手前で立ち止まり、ご本尊、遺影に一礼

  • 焼香台に進み、お香を右手でつまみ左手を添えて額にいただき焼香

  • 続いて額にいただかず焼香

  • 数珠を両手に合掌、二三歩下がって遺影に一礼

曹洞宗の焼香は2回を基本として、一回目は額にいただき(生念)、二回目は額にいただかない(従念)手順です。

参列者が多い場合など、葬儀場から焼香1回と言われた時は、その指示に従いましょう。

数珠の持ち方

曹洞宗で使われる数珠は主玉108の二重タイプで、親玉が一個、対角線上に向かい玉が一個あり、男女用で主玉の大きさと房の形状が違います。

数珠の持ち方は数珠を二重にして左手の親指と人差し指の間にかけ、親玉、房が下になるようにかけ、歩いて移動するときなどは、左手でそのままの状態で歩きます。

曹洞宗の数珠の材質は木製、天然石、両者を混合したものが多く、値段は3000円から数万円まで幅広いです。

祭壇

仏教式の祭壇はかつて白木祭壇が主流でした。

ですが、近年は遺族の希望も変わり、供花を使う生花祭壇を選ばれる方が増えました。
宗派によっては、花の種類に制限があるなど、特徴があります。

曹洞宗では中央に仏教の開祖のお釈迦様お祀りし、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)の絵像の両側に、永平寺高祖の道元禅師と総持寺太祖の瑩山禅師(けいざんぜんし)の両祖が祀られます。

これは一仏両祖と言われ、一宗一派にこだわらない「正伝の仏法」を唱えた道元禅師と、四代のちに曹洞宗の名を知らしめた瑩山禅師を祀ることに由来します。

仏具などの道具

自宅のご仏壇は唐木の仏壇が多く、最上段の中央に釈迦如来、右に承陽大師道元、左に常済大師瑩山をお祀りします。

次の段にお位牌、他は仏壇のサイズにより三具足(花立て、ろうそく立て、香炉)と木魚などを揃えます。

初めての方はお寺や地元の仏壇店に相談されるといいでしょう。


終活ねっとでは、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

曹洞宗の葬儀に必要な費用

葬儀

ここでは曹洞宗の葬儀費用について説明します。
葬儀にかかる費用についてもご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

お布施

お布施は読経などの僧侶に対するお礼のことですが,曹洞宗では導師のほか補佐役の脇導師、役僧など2人~3人の僧侶で葬儀を進行することが一般的です。

導師が30万~50万とすれば、脇導師がその半分、役僧が1/3としても50万~100万くらいの金額になります。

また、曹洞宗では僧侶の数によってお布施価格が大きく変動します。

その他、御膳料やお車代1万~2万、葬儀当日に初七日法要の3~5万円までお願いした場合、さらに加算された額が必要になります。

香典

宗派が異なると、香典のマナーも異なるのでしょうか。
以下に、香典の表書きの書き方と包み方を解説していきます。

表書き

香典

曹洞宗の葬儀に参列する時の香典ですが、不祝儀袋の表書きは御仏前と書きます。

曹洞宗に浄土と言う考え方はありませんので、ご霊前は避けましょう
表書きは「ご香典」でも問題はありません。
また、表書きは薄墨で書くようにしましょう。

水引の下には自分の名前をフルネームで書きます。

包み方

香典を包む際にもマナーがあります。
以下が香典の基本的な包み方です。

  • お札の表裏は、人物が描かれてる方が表です。

  • 不祝儀袋の上下に対して、お札の上下は金額の書かれてる方が上で、人物が下になります。

  • 不祝儀袋の裏面から取り出した時に、お札の表が見えるように入れます。

  • 中袋のない不祝儀袋では、直接包みますが、入れ方は中袋の時と同じです。

葬儀の費用相場

終活ねっとが2019年4月に実施した葬儀に関するアンケートでは、一般葬の全国の平均費用は165万円という結果になりました。

葬儀に関するアンケート調査結果まとめはこちらからご覧いただけます。

ですが、曹洞宗に限らず葬儀費用は大きく変化しており、近年では直葬や家族葬など費用を抑えて行える葬儀もございます。

そのため、ちゃんと親族間で葬儀の費用について相談するようにしましょう

葬儀の費用についてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。

また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬プランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



また、直葬のプランは127,000円(税抜)からご用意しております。



曹洞宗の葬儀に関するQ&A

葬儀

ここでは、曹洞宗の葬儀に関する疑問についてお応えします。

回向(えこう)とは?

回向とは仏教で、念仏を唱えることによってあらゆる人に功徳を向けることで極楽浄土にいけるとする考え方のことです。
曹洞宗では以下の回向文を葬儀の際に唱えます。

十方三世一切仏(じっほうさんしいっしふう)

諸尊菩薩摩訶薩(しそんふうさもこさ)

摩訶般若波羅蜜(もこほじゃほろみ)

「喝」とは?

引導の最後の「喝」は死者が成仏できるように、この世から断ち切るために叫ばれる言葉です。
これは、故人の魂を極楽浄土へ届けるための仏の教えになります。

曹洞宗の葬儀では人数が多いのはなぜか

他の宗派の場合、大規模な葬儀を除き、現代では葬儀を執り行うお坊さんは一人である事が多いです。

曹洞宗では他の宗派との式次第の違いから、葬儀を執り行う導師と補佐役の従僧、伴僧の役割があり、複数の僧侶によって葬儀が行われることが一般的です。

文中で紹介した鳴り物による鼓鈸三通(くはつさんつう)は、複数の僧侶による荘厳な響きが、葬儀場を包みます。

多い場合は4~5人、それ以上の場合もあり、僧侶の人数を多く感じると思います。
それは曹洞宗の古式にそった教えが脈々と受け継がれている表れです。

曹洞宗の葬儀についてまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、曹洞宗の葬儀について歴史や特徴、葬儀の流れなどをご紹介しました。

以下が今回の記事のまとめです。

  • 曹洞宗は釈迦をご本尊とする禅宗の一派で、永平寺と総持寺の二つの総本山を持ち、開祖の道元禅師、世に広めた瑩山禅師の一仏両祖を祀ります。

  • 曹洞宗の葬儀は授戒と引導により、穢れを除き、松明により仏の道へ導きます。
    引導とは故人を仏の弟子にすることです。

  • 曹洞宗には鼓鈸三通(くはつさんつう)と呼ばれる、太鼓や鐃鈸(にょうはつ)などの仏楽器を鳴らす儀式があり、焼香は2回、額に頂くのは1回目だけです。

  • 曹洞宗の葬儀費用は、集積データが少なく、地域や一般葬、家族葬などの違いで、明確な相場はなく、早めの準備で葬儀の実際を確かめておく必要があります。

  • 曹洞宗の葬儀では、執り行う導師のほか、サポート役の従僧など、2~5人くらいの幅で他宗に比べ僧の人数が多く、それは仏楽器などを扱う独特の挙式形態に起因します。

曹洞宗の葬儀の意味やマナー、費用などについても解説いたしました。
曹洞宗の葬儀に参列する際の基礎知識として役立てていただければ幸いです。

「終活ねっと」では、葬儀に関して他にも様々な記事をご紹介させていただいております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以下の記事では、一般的な仏式の葬儀の流れについて詳しく解説しておりますのであわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事