葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場は?渡し方やタイミングも解説

葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場は?渡し方やタイミングも解説

葬儀会場に着くと最初に目に入るのが受付係です。受付係は遺族の代理人として葬儀のお手伝いをしてくれますが、受付をしてくださった方にはいくらのお礼を渡せば良いのでしょうか。今回終活ねっとでは葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼の相場や渡し方、タイミングを紹介します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀の受付へのお礼について

困った人々

葬儀場に着いて最初に目にするのは受付ですよね。
葬儀会場内では、葬儀会社の方や葬儀場の方が弔問者の対応をしてますが、受付だけは遺族の友人や親族・会社関係者が手伝う場合がよく見受けられます。

たとえ知人や友人であっても、受付をお願いした場合にはお礼をしなければいけません。
もし、お礼として謝礼金を渡す場合、いくらくらい包んで渡せばよいのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀の受付を頼んだ方へのお礼について、以下の項目にしたがって詳しく解説していきます。

  • 受付は誰に頼むのがいいの?

  • 受付役へのお礼の相場はいくらなの?

  • 受付役へのお礼はどのようにして渡すの?

  • 受付役へお礼を渡すタイミングっていつなの?

  • 受付をしてくれた方へどのようなお礼の言葉をかけたらいいの?

いつ自分が葬儀の受付を頼まれても、また誰かに受付を頼むようなことがあっても困らないようにするために、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の受付は誰に頼むべき?

困った人々

親族の不幸があって葬儀の主催者になった場合、受付係はいったいだれに頼めばいいのだろう、と悩みますよね。

ここからは受付係について、誰に頼むべきなのか、親戚に頼んだ場合もお礼は必要なのかについても解説していきます。

誰に頼んでも問題はなし

受付は遺族の代表として葬儀に参加する方を迎えるのが主な仕事ですので、受付は基本的に誰に頼んでも問題はないです。

一般的には遺族の友人・会社の方や近所の方が受付をする場合が多いようです。
受付の仕事は弔問者を迎え、香典を受領して芳名帳へ記載してもらい、葬儀会場へ移動するように誘導することです。

もし自分が受付を依頼された場合は、身なりを整え、遺族の代理人の気持ちになって弔問者を迎えいれてあげてください。
受付の仕事は難しいことではないと思いますので、快く引き受けるようにしましょう。

家族葬での受付については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

親戚にもお礼は渡すべき?

受付は、故人から縁の遠い親戚の方にお願いすることもあります。
親戚に受付をお願いした場合は、お礼をすべきかどうか迷いますよね。

親戚の方は葬儀を手伝うのが通常なので、お礼は不要ではないか、ということも聞かれます。
また地域によっては、葬儀の食事を振る舞うことが手伝ってくれたお礼の代わりだという考えもあるようです。

一番よいのは土地の風習に従うことだと思いますので、年長者の方か地元の葬儀会社の方に相談するのがよいと思います。

また、念のために1000円~3000円程度を封筒に入れて用意しておいてもよいでしょう。
お礼を入れる封筒は、葬儀会社の方にいえば準備してくれます。

葬儀の受付役へのお礼の相場

困った人々

お礼は、お願いした方に応じて現金や品物などを渡します。

ここからは、誰にお願いしたときにどのようなものを渡すのが適しているのか、そのお礼の相場について、現金・品物・商品券の場合にわけてご紹介させていただきます。

現金を渡す場合

遺族の友人・知人に受付を手伝ってもらった場合は、現金でお礼を渡すことが一般的です。

金額も高額でなくてよく、1000円~3000円が相場です。

ただし、2日間手伝っていただいた場合や、世話役の代表として手伝っていただいた場合には5000円~1万円を渡すのが相場です。

品物を渡す場合

受付の方だけではなく会計係や会場誘導係など全般をお手伝いしてくれた会社の方々には、品物で渡す場合が多いようです。

また近所の方々や親戚の方々が手伝った場合も、現金でなく品物で渡す場合が多く、通夜や葬儀の当日ではなく、後日少し落ち着いてからお礼を兼ねて渡します。

品物の金額相場

葬儀の受付を手伝っていただいた気持ちですので、現金のお礼と同様高額のものでなくてよく、1000円~3000円程度の品物が適しています。

また、現金の相場と同様に、手伝っていただいた度合いによっては5000円~1万円程度の品物をお渡しするのが適している場合もあります。

オススメの品物

お礼として品物で渡す場合は、お菓子類やお茶や海苔など実用的な品物が一般的です。
お菓子には、ゼリーや焼き菓子などがオススメです。

また、タオルもお礼の品としてよく用いられる品物です。
いくらあっても困ることがないうえ、悲しみや不幸をぬぐいとるという意味もあり、縁起がいい品物として有名です。

また品物に迷うようであれば、カタログギフトもよいとされています。

会社の方に受付をお願いした場合

受付が会社関係者の場合は、会計係や会場の案内係も会社の方がお手伝いする場合が多々あり、受付の方一人がお礼を受け取ることは少ないです。

そのため、会社関係の方にお礼を渡す場合は、実用的なお菓子類がよいと思われます。
またお菓子を選ぶ場合は、パッケージに少し注意を払ってください。

会社の代表者は職場全員にお菓子を配りますので、箱を開けたときに小袋にお菓子が分けられたようなパッケージであれば配りやすいでしょう。
個包装であれば、不在者の机に置いても清潔さが保たれます。

お菓子も高額なものでなくてよく、1000円~3000円程度で20個~30個程度入っているお菓子を選べば、職場の人数をカバーできると思います。

もし個数が心配であれば、受付を手伝っていただいている方に、さりげなく職場の人数を聞けば個数がわかるので、安心してお菓子を選ぶことができます。

商品券を渡す場合

「こういう場合は商品券でお礼を渡す」という決まり事はないですが、地域の慣習によって現金ではなく商品券でお礼を渡す場合があります。

商品券の金額も現金と同じで、高額でなく1000円~3000円程度が相場です。

受付役へのお礼はどう渡す?

困った人々

受付者へお礼を渡す場合は、現金(商品券含む)か品物を渡しますがどのように渡せばよいのでしょうか。

ここからは、お礼の渡し方について、現金の場合・品物の場合それぞれについて解説していきます。

現金の場合

現金(商品券)を渡すときは、封筒に入れて渡します。
渡す封筒の表書きにもルールがありますので、ご紹介させていただきます。

白封筒か不祝儀袋を選ぶ

通常、白封筒か不祝儀袋に現金(商品券)を入れて渡すのが一般的です。

袋の用意を忘れた場合は、葬儀関係者に相談すれば準備してくれます。

表書きの書き方

白封筒か不祝儀袋に現金を入れ、一般的には「志」や「御礼」などの表書きを記します。

地域によっては「粗飯料」などを記す場合がありますので、地元の葬儀会社の方などに相談するのがよいと思います。

品物の場合ののしの書き方

お礼を品物で渡すときの、のし書きも現金と同じく「志」で問題はありません。
会社関係者へは、手伝っていただいたことへの気持ちなので、「御礼」が適しています。

葬儀の受付役へお礼を渡すタイミング

困った人々

葬儀が始まると、受付係も弔問者の受付・誘導などで忙しくなります。
また喪主を含めた親族の方々も、弔問者への挨拶、遠来の親族への挨拶や焼香などもあって意外と時間が取れません。

ここでは受付係へお礼を渡すタイミングについてご説明いたします。

葬儀が始まる前や終了後に渡す

いったん葬儀が開始されると、受付係も親族も忙しくなり、時間が取れません。

受付係も親族も時間が取れるのは葬儀の開始前です。
葬儀の準備が済み、弔問者を受け入れる用意が終わった頃はまだ忙しくなく、10分程度の時間を取ることはできると思います。
お渡しする際、親族の代表者は受付係へお礼を述べましょう。

受付の方が葬儀の対応で忙しく葬儀前でも時間が取れない場合は、葬儀終了後に渡すことになります。

弔問客が一通り来場すると受付の仕事も一通り終わって時間が空きますので、葬儀関係者の指示で受付係も焼香を済ませ食事を取ります。
その頃になりますと、弔問者の大半が引き上げますので時間はとれます。
親族の代表者は、頃合いを見計らって、受付係へお礼を述べるとともにお礼を渡します。

翌日・翌々日に渡す

故人によっては弔問者が多く、親族の方も葬儀の対応で忙しくなって、葬儀前後でも時間が取れないことはあります。

その場合は、葬儀が一通り終えた翌日か翌々日にお礼を渡すのがよいと思います。
少し落ち着くことができるので、受付係を担当された方に気持ちよくお礼を渡すことができます。

会社関係者に受付係をお願いした場合は、訪問してお礼を渡すよりお菓子を送るほうがよいと思います。
ただし、会社の規則で受け取らない場合もありますので、事前に確認しておくことが必要です。

近所の人や友人、知人に受付係をお願いした場合は、翌日か翌々日にお礼の言葉とともにお礼を渡すのがよいと思います。

葬儀の受付をしてくれた方へのお礼の言葉

人々

葬儀の受付を手伝ってくれる方々へのお礼の言葉について、例文にてご説明いたします。

お礼を言うタイミング別に、3つのパターンで例文をご説明いたします。
また状況に応じて、例文を変えて使っていただければと思います。

まず葬儀が始まる前に受付係の方へお礼を述べる場合です。

お忙しい中、受付係のお手伝いに来ていただきありがとうございました。
本日はどうぞよろしくおたのみいたします。

次は葬儀前に時間が取れなかったため、葬儀終了後に受付係の方へお礼を述べる場合です。

おかげ様ですべて無事に本日の葬儀を終えることができました。お忙しい中、心のこもった受付をしていただき、家族一同、心から感謝しております。
本日は誠にありがとうございました。

葬儀中は全くお礼を述べる時間がなかったため、葬儀が一通り終えた翌日か翌々日に受付係の方へお礼を述べる場合です。

このたびの葬儀の受付に際しましては、何かとお世話になりましてありがとうございました。
お陰様で、葬儀をとどこおりなく済ませることができました。
本当にありがとうございました。

葬儀の受付へのお礼に関するまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、葬儀の受付を頼んだ方に渡すお礼について、以下のことを紹介してきました。

  • 葬儀の受付は誰に頼んでも問題ないが、近所の方・友人・会社関係者に依頼することが一般的である。

  • 葬儀の受付役へのお礼の相場は1000円~3000円である。
    お礼は現金でなく、商品券やお菓子などの実用品の場合もある。

  • 現金・商品券でお礼を渡す際は、白封筒もしくは不祝儀袋にいれ、「志」「御礼」と記して渡す。
    お菓子などの実用品の場合も同様に、のしに表書きを記して渡す。

  • お礼は、落ち着いている葬儀前に渡せると良いが、忙しい場合は葬儀後もしくは翌日か翌々日に渡してもよい。

  • 忙しい中葬儀の受付をしていただいた方には、心からのお礼の言葉は忘れないようにする。

金額の相場や渡すもの・タイミングのマナーを守って、葬儀の受付を引き受けたくれた方に対するお礼の気持ちをしっかりと伝えたいものですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
下の記事では葬儀の費用について紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す