葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説

葬儀の費用はいつ支払うの?後払いなのか前払いなのか気になる!という方必見です。この記事では葬儀の費用は後払いなのか前払いなのか、その他にも気になる支払方法などを詳しく解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 葬儀費用は後払いかについて
  2. 葬儀にかかる費用はいくら?
  3. 葬儀費用の支払いは基本的に後払い
  4. 葬儀費用の支払い方法
  5. お坊さんへのお布施も後払い?
  6. 葬儀費用の前払いはお得?
  7. 葬儀費用を払えない場合はどうする?
  8. 葬儀費用の支払いタイミングのまとめ

葬儀費用は後払いかについて

葬儀

葬儀の費用は前払いなのか後払いなのか、支払方法はどうなっているのかなど葬儀費用の支払いについて分からないことがたくさんあるという方も多いと思います。
葬儀の費用について知っていれば、今後支払いをする際に困るということもありません。

そこで今回終活ねっとでは葬儀の費用について

  • 葬儀にかかる費用はいくらなの?
  • 葬儀費用の支払いは前払い?後払い?
  • 葬儀費用の支払い方法は?
  • お坊さんへのお布施も後払いなの?
  • 葬儀費用の前払いはお得なの?
  • 葬儀費用を払えない場合はどうするの?

上記6つの疑問を詳しくご説明いたします。
ぜひ最後までご覧いただき今後の参考にしてください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用はいくら?

困った人々

そもそも葬儀費用はいくらくらいかかるのでしょうか?
葬儀費用の平均相場は約200万円となっています。

上記の費用相場は一般的な葬儀の場合ですが、葬儀には親族や故人と親しかった人のみで執り行う家族葬やお通夜などを行わず火葬や埋葬のみを行う直葬、故人の遺骨を自然の中に埋葬する自然葬などがありそれぞれ費用相場も違います。

家族葬の場合の費用相場は約150万円~160万円、直葬の場合の費用相場は約10万円~30万円、自然葬の費用相場はどの埋葬方法かによって違いがあり樹木葬だと約50万円となっています。

また、それぞれの費用には葬儀一式や寺院費用、接待飲食代なども含まれています。
葬儀の費用についてやその内訳について下記の記事にて詳しくご説明していますので合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀費用の支払いは基本的に後払い

お金

葬儀費用はいつ支払うのでしょうか?
場合によっては前払いとなることもありますが、基本的に葬儀費用は後払いとなります。

ではここからは葬儀費用を後払いする際の支払い期日などについて詳しくご説明いたします。
よくご覧いただき後払いの際に焦ることのないようにしましょう。

葬儀1週間以内に支払う

基本的にどこの葬儀社も葬儀終了後1週間以内、または10日以内に支払うこととなっています。
故人の保険金などは支払われるまで時間がかかるため、葬儀費用に充てることは難しく一週間以内に費用を用意しておく必要があります。

後払いとはいえ葬儀費用は高額となり、故人の保険金が支払われるまで待ってくれるなど支払期日の相談に乗ってくれる葬儀社もありますが葬儀費用は一週間以内に用意しておくようにしましょう

弔問客の人数によって金額が異なってくる

葬儀費用は高額となることが殆どですが、葬儀に参列する人(弔問客)の数によって金額が異なってきます。
弔問客が増えると、お通夜の後に執り行う通夜ぶるまいや返礼品など用意する数も増えその分費用も高くなります。

家族葬などの場合はあまり気にすることはありませんが、弔問客の人数によって金額が異なることを覚えておきましょう。

葬儀費用の支払い方法

お金

先程葬儀費用について基本的に後払いということをご説明しましたが、では葬儀費用はどのように支払うのでしょうか。
ここからは現金での一括払い、クレジットカート、葬儀ローンの3タイプの支払い方法について詳しくご説明いたします。

後払いでも現金での支払いやクレジットカードの支払い、葬儀ローンを組む場合とそれぞれメリットやデメリットに違いがありますのでよく理解しておきましょう。

現金で一括払い

基本的に葬儀費用は現金での一括払いが一般的です。
現金での一括払いの場合、手渡しと現金振り込みとがあります。
しかし葬儀当日に参列した人が、想定した人数よりも多くなってしまったなどの理由で追加費用が必要となる場合もあります。

またお坊さんへのお布施や火葬代など葬儀費用の他にも支払わなければならない費用があり、その様々な費用は葬儀前に支払う場合もあるので、葬儀費用とは別に用意しておく必要があります。
それぞれの費用がどこまで葬儀費用として含まれているのか、葬儀を執り行う前にきちんと葬儀社に確認をしておくようにしましょう。

また葬儀社が見積もりとして出す費用は葬儀一式という形で提示されることが殆どです。
葬儀一式にはお坊さんへのお布施代や葬儀に参列してくれた人たちへ振る舞う飲食代などが含まれていません。
葬儀社へ見積もりを出してもらう際には総額で出してもらうにしましょう。

クレジットカード

近年ではクレジットカードで葬儀費用を支払うことができる葬儀社の数も増えてきました。
クレジットカードで支払う場合、一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いと支払い方法を選ぶことができますが、分割払いやリボ払いの場合は利息の負担が発生するので注意が必要です。

クレジットカードのポイントも貯めることができますので、現金で用意することが難しいといった方は葬儀社にクレジットカードで支払うことが可能かを確認してみましょう。

お坊さんへのお布施代などは現金でしかお渡しすることができないので、葬儀代でクレジットカードを使用できるのは嬉しいです。

葬儀ローン

葬儀費用を支払う方法として葬儀ローンというものがあります。
葬儀ローンとは葬儀社とクレジット会社や信販会社、労働金庫や信用金庫などの複数の会社が提携して提供しているローンのことで、葬儀費用を分割払いする仕組みとなっていて1回~36回まで分割回数を選ぶことができます。

もちろんローンとなるので審査があり、審査によっては通らない場合もありますが審査を即日からしてもらうことが可能で審査が通れば融資までも早いため利用する人も今では増えてきました。

利息が発生し利息はカードローンやキャッシングよりは低く、銀行などのローンよりは高くなっていますが頭金を設定したり、ボーナス払いなどもできるの場合もあるので便利です。
葬儀ローンでの支払いを考えている場合はきちんとした返済計画を立てるようにしましょう。

以下の記事では、葬儀費用の分割払いについて紹介しておりますのであわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の分割払いはできる?他の支払い方法や費用相場も解説!

葬儀にかかる費用は決して手軽に支払える金額ではありませんので、分割払いで支払いたいと考える方も多いのではないでしょうか。 今回、終活ねっとでは、葬儀費用の分割払いはできるのか、葬儀費用の支払い方法や費用相場について解説していきます。

お坊さんへのお布施も後払い?

困った人々

上記にて葬儀費用の支払い方法などをご説明しましたが、お坊さんへのお布施はどのように支払うのでしょうか?
お坊さんへのお布施は葬儀の前にお渡しします。
お通夜などが始まる前にお坊さんへあいさつする際、現金で手渡しとなります。

基本的にお坊さんへの挨拶の場を葬儀社がセッティングしてくれるので、そのタイミングでお渡しするようにしましょう。
また、葬儀前に参列してくれた方への挨拶などで時間が取れなかった場合は葬儀終了後でも構いません

お布施としてお渡しする金額の相場は、一般的にお通夜と告別式の両方で読経を読んでもらうことが多いので約20万~30万となっています。
しかし、その地域などによって違いがありますので親族や葬儀社などに相談してみるようにしましょう。

葬儀費用の前払いはお得?

お金

葬儀費用は基本的に後払いとなると先程ご説明しましたが、生前予約の場合葬儀費用の支払いは前払いとなります。
生前予約とはまだ元気なうちに自分の葬儀を予約することで、生前予約はどのような葬儀を執り行うかや必要な物なども決めれているため追加料金が発生しにくく葬儀費用を安くすることができます

葬儀はいつ執り行うことになるか分かりません。
その為葬儀社は慌てて準備をすることが殆どです。
しかし生前予約の場合葬儀社が深夜などに慌てて準備する必要がないため、葬儀社によっては費用を安くしてくれる場合があります。

費用は通常より安くなることが多く、残された遺族にもあまり負担をかけることがないので今では生前予約をする人も増えてきました。

葬儀費用を払えない場合はどうする?

困った人々

では葬儀費用を支払えない場合はどうしたらいいのでしょうか?
自分たちが思ってた以上に費用が高くなってしまったり、現金で用意することもクレジットカードで支払うことも難しく困ってしまうということがあった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

葬儀費用を支払うことが難しくなってしまったという時には、葬儀の種類や内容を見直したり、国や住んでいる自治体から給付金をもらうという方法があります。
ここからはその2つについて詳しくご説明いたします。
今後困ることのないようにぜひお読みください。

葬儀の種類・内容を見直す

自分たちが思っていた以上に金額が高くなってしまった場合、葬儀の種類や内容を見直すことによって費用を抑えることができます。

先程一般葬の場合費用相場は約200万円とご説明しましたが、葬儀の種類は一般葬だけではありません。
お通夜や告別式を行わず、火葬と埋葬だけの直葬の場合は、親族や故人と親しかった人達のみで執り行うので費用相場は約10万円~30万円と一般葬よりも格段に安くなります。

葬儀費用に不安がある場合は、予め葬儀社に相談をすると自分たちの予算に合った葬儀プランなどを提案してくれるので、無理をすることなく自分たちに合った葬儀を執り行うようにしましょう。

また直葬の費用やその内訳などについて詳しく知りたいという方は下記の記事にてご説明していますので、そちらをご覧ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

国や自治体から給付金をもらう

自分たちで申請を行えば国や自治体から給付金をもらうことができます。
国民健康保険の場合はある程度の条件を満たしていれば、死亡一時金が支給されます。

故人が社会保険の加入者やその扶養家族だった場合は、葬儀や埋葬の補助金5万円が支給さる他、付加給付金が支給される場合もあります。
どのように手続きをしたらいいのかなどは、故人が勤めていた会社や市町村役場窓口などに問い合わせるようにしましょう。

どちらの場合も申請の際には必要となる書類がいくつかあり、申請する期間も国民健康保険の場合請求期間は2年、社会保険の場合亡くなってから2年以内と定められているので注意が必要です。

以下の記事でも、葬儀後にもらえる給付金について詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀後にもらえる給付金とは?給付金の種類や申請期間も解説!

故人の葬儀を執り行う時に、気になってしまうのが葬儀に係る費用です。葬儀代金の一部を給付金という形でサポートしてくれる制度があることをご存知ですか?今回は葬儀を行うことによって受け取ることのできる給付金について、受給金額なども含めて紹介していきます。

葬儀費用の支払いタイミングのまとめ

お金

いかがでしたでしょうか?
葬儀費用は高額となることが多く、支払う前に確認しておきたいことがたくさんあり調べるのも大変です。
そこで今回の終活ねっとでは葬儀費用を支払うタイミングに関して

  • 葬儀費用の平均相場は約200万円となっているが、家族葬や直葬、自然葬など様々な種類があり費用にも違いがある
  • 葬儀費用は基本的に後払いで、葬儀から一週間後以内か10日以内に支払うのが一般的である
  • 弔問客の人数によって金額は変動し、弔問客が増えるとお通夜の後に執り行う通夜ぶるまいや返礼品など用意する数も増えるため費用も高くなる
  • 基本的に葬儀費用は現金での一括払いとなっていて、手渡しの場合と現金振り込みの場合とがあり追加費用が必要となる場合もあるが、お坊さんへのお布施や火葬代などは葬儀費用とは別に用意しておく必要があり、葬儀社が見積もりとして出す費用には、お坊さんへのお布施代や葬儀に参列してくれた人たちへ振る舞う飲食代などが含まれていないため見積もりは総額で出してもらうにする
  • 葬儀費用をクレジットカードで支払う場合、ポイントを貯めることができ、一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いと支払い方法を選ぶことができるが分割払いやリボ払いの場合は利息の負担が発生する
  • 葬儀社と信販会社が提携して提供しているローンを葬儀ローンといい、葬儀費用を分割払いする仕組みとなっていて1回~36回まで分割回数を選ぶことができるが審査があり、利息も発生する
  • お坊さんへのお布施は基本的にお通夜などが始まる前にお坊さんへあいさつする際、現金で手渡しとなるが、葬儀前に参列してくれた方への挨拶などで時間が取れなかった場合は葬儀終了後でも構わない
  • 生前予約の場合葬儀費用の支払いは前払いとなり、どのような葬儀を執り行うかや必要な物なども決めれている為追加料金が発生しにくく費用は通常より安くなることが多い
  • 葬儀費用を支払えない場合は、葬儀の種類・内容を見直すことによって費用を安くすることができ、自分で申請を行えば国や自治体から給付金をもらうことができる

上記について詳しくご説明いたしました。
葬儀費用は後払いとなっていますが、現金で用意するには大変な金額となってしまうことが多いです。
葬儀を執り行う前に、きちんと費用や支払い方について知っておきたいという方のお役に立てれば幸いです。

終活ねっとでは今回の記事以外にも葬儀についてや費用についての記事を多数掲載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
葬儀費用の折半については以下の記事で詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用を折半することができる?負担する人や安くする方法も解説

葬儀費用の相場は約196万円とされています。できることなら兄弟姉妹と折半したい、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。今回、終活ねっとでは、兄弟姉妹と葬儀費用を折半できるのか解説します。合わせて葬儀費用を負担する人や安くする方法についても取り上げます。

「葬儀・費用・後払い」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・後払い」についてさらに知りたい方へ

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介のサムネイル画像

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説のサムネイル画像

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説

葬儀費用の支払いは誰がどんな方法でする?支払い期限や注意点を解説のサムネイル画像

葬儀費用の支払いは誰がどんな方法でする?支払い期限や注意点を解説

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!のサムネイル画像

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・費用・後払い」についてさらに知りたい方へ

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる費用総額の平均や内訳を解説!費用を抑えるコツもご紹介

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介のサムネイル画像

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説のサムネイル画像

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと