葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説

いざ葬儀を行わなければならない立場となってしまったとき、どのような段取りでどのくらいの費用がかかるのか、ご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀費用の明細について、見積りの明細書を見る際のポイントにも触れつつ解説していきます。

目次

  1. 葬儀費用の明細について
  2. 葬儀にかかる平均の費用はいくら?
  3. 葬儀にかかる費用の明細
  4. 見積もりの明細に関するトラブル
  5. 見積もり明細書を見る際のポイント
  6. 良い葬儀社の選び方
  7. どうやって費用を抑えればいいの?
  8. 葬儀費用の明細に関するまとめ

葬儀費用の明細について

お金

葬儀を執り行うこととなった場合、一番に気になるポイントはどのくらいの葬儀費用がかかるのかという点でしょう。
実際どのようなことにいくらかかるのか、初めてのことだとその明細を知らない方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では以下のようなポイントを中心に、葬儀費用の明細についてまとめていきます。

  • 葬儀には平均でどのくらいの費用がかかるのか?
  • 葬儀にかかる費用の明細はどのようになっているか?
  • 見積もりの明細に関してどんなトラブルが起こるの?
  • 見積もり明細書を見る際のポイントとは?
  • どうやっていい葬儀社を選ぶの?
  • 葬儀の費用を抑える方法は?

葬儀の費用はかなり大きな出費となりますので、葬儀を控えた方はもちろん、葬儀の費用に関して疑問のある方はぜひ最後までお読みください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる平均の費用はいくら?

困った人々

そもそも、葬儀を執り行うこととなった場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。
初めて行うこととなる方にとっては、どのくらいの費用がかかるのか見当を付けることは難しいのではないでしょうか。

葬儀を行なう場合、費用は平均として200万円くらいと言われています。
どのような葬儀を執り行うかによっても費用は異なってきますので、ご自身の予算と相談の上、費用を見積もると良いでしょう。

終活ねっとでは葬儀の費用について、下記のリンク先より詳しく紹介している記事もございますので参考にしてみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀にかかる費用の明細

お金

では、葬儀にはどのような費用がいくらくらいかかるのでしょうか。
初めて葬儀を執り行う方にとってはなかなか想像できないのではないでしょうか。

葬儀と一言でいっても色々な場所や人に費用がかかってきます。
通夜や告別式を実施する場合であれば、場所にかかる費用・僧侶に依頼する費用・参列者の待ち時間に出す飲食代・ご遺体を移送するための費用など、さまざまな人や物、場所に費用がかかってきます。

また、通夜や告別式のみならず、火葬なども執り行いますので、火葬にかかる費用などもあります。
葬儀全般にかかる費用について、以下ではさまざまな明細に整理して解説していきますので、何にどのくらいの費用がかかるのか把握してみてください。

葬式自体の費用

まず、葬式自体の費用としては、どのような事にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
葬式自体の費用を大きく分けると、「亡くなってから葬儀までにかかる費用」・「お通夜葬儀にかかる費用」・「火葬にかかる費用」・「人件費」に分けることができます。

以下では、それぞれの項目に応じて、どのような事柄にどのくらいの費用がかかるのかを解説していきます。

亡くなってから葬儀までにかかる費用

亡くなってから葬儀までにかかる費用としては、「遺体を安置するためにかかる費用」、「納棺にかかる費用」、「会葬礼状にかかる費用」「搬送にかかる費用」に分けられます。
ここでは、その各々の費用について詳しく見ていきます。

遺体を安置する

亡くなってから24時間は火葬してはいけないこととなっていますが、その後遺体を安置する期間については特に決まりはありません。
一般的には2〜3日安置して火葬するという場合が一般的です。

遺体を自宅で安置するのか、葬儀社にお願いするのかによっても費用が異なってきますが、一般的に費用のかかる項目としては以下のような費用がかかってきます。

  • ドライアイス

    遺体が傷まないようにドライアイスを用意します。
    1日5,000円〜3万円と費用の幅が広いため、葬儀社などに相談してみると良いでしょう。

  • 枕飾り

    遺体の枕元に、焼香をするための台やロウソクを用意することとなります。
    葬儀社に依頼すると1万円〜3万円程度の費用がかかってきますが、葬儀社によって費用は異なってきますので、ご予算に応じて相談してみると良いでしょう。

  • 安置場所の確保

    ご自宅に安置する場合であれば特に費用は発生しません。
    葬儀社などに依頼すると、5,000円〜3万円程度の費用がかかります。
    民間の遺体安置所などに依頼すると1万円程度の費用となります。

    ご自身の予算に合わせて安置場所を決定すると良いでしょう。

納棺

納棺にかかる費用としては、棺の費用、仏衣・棺用布団などにかかる費用となります。

  • 棺の値段は、どのような棺を選ぶかによって値段が異なってきますが、一般的な値段の相場としては8万円〜15万円程度とされています。
    棺によっては200万円を超えるようなものもありますので、ご自身の予算と相談の上、検討してみてください。

  • 仏衣・棺用布団など

    仏衣とは、納棺する際に故人に着せる着物をいいます。
    仏衣や棺用布団などは、葬儀社に依頼するとセット料金の中に含まれている場合がほとんどです。

    ご自身で用意するとなると、1万円〜購入できるものもありますので、葬儀社にご相談の上、用意すると良いでしょう。

会葬礼状

会葬礼状は、葬儀の会葬者の方に出すにお礼状です。

会葬礼状にかかる費用は、基本的には料金に枚数に応じた費用を加えた金額となりますので、会葬者の人数によって合計の金額が異なってきます。
合計でも数千円程度が相場とされています。

搬送

遺体の搬送にかかる費用は、基本料金に搬送する距離に応じてた金額を加算した金額となります。
したがって搬送する距離に応じて異なってきます

目安の料金としては、基本料金9,500円、2,730円(〜10km)、4,860円(〜20km)、7,800円(〜30km)が一般的となっています。

お通夜・葬儀にかかる費用

お通夜・葬儀にかかる費用の内訳としては、「式場使用料」・「葬儀の装飾品・お供え物」・「葬儀の備品」に分けられます。
ここでは、その各々の費用について詳しく見ていきましょう。

式場使用料

式場使用料は、通夜や葬儀を行うための施設を使用するために発生する費用です。
施設の充実度や宿泊施設の有無などによって費用は異なってきますが、寺院や葬儀社が経営している斎場を使用する場合、10万円〜20万円くらいが相場となっています。

葬儀の装飾品・お供え物

葬儀の装飾品・お供え物としては、「位牌」・「看板」・「お別れ花・枕花」・「遺影写真」などがあり、それぞれどのくらいの費用がかかるのかを下記にまとめていきます。

  • 位牌

    位牌はどのような素材を使用したものであるかによって値段が異なってきます。
    一般的な位牌は漆のもので1万円〜3万円くらいで用意できます。
    位牌の中でも高級な唐木位牌のものとなると、高いもので5万円ほどのものもあります。

  • 看板

    看板は斎場までを案内するもので、「〇〇家式場」などと記載されているものです。
    看板は設置料込みで、3,000円〜5,000円程度が相場となっています。

  • お別れ花・枕花

    お別れ花・枕花は、遺体の枕元に飾る花で、菊やユリなどを中心にアレンジされた花です。
    一般的には5,000円くらいから、花の種類によって2万円程度が相場となっています。

  • 遺影写真

    遺影写真は葬儀社に依頼することが一般的で、費用は2万円〜3万円程度が相場となっています。

    ただし、上記金額には葬儀社の手数料が入っており、ご自身で写真屋さんに依頼する場合、4,000円〜5,000円程度で用意できる場合もあります。
    費用を抑えたい場合にはご自身で用意することも検討されると良いでしょう。

葬儀の備品

葬儀の備品として必要な費用としては、「祭壇」・「焼香設備」・「線香・ろうそく」にかかる費用となります。
それぞれについて以下で紹介していきます。

  • 祭壇

    祭壇にかかる費用は、祭壇の飾り付けや大きさなどによって幅広く費用もまちまちです。
    10万円から用意できるものもあれば、豪華なものとなると100万円を超えるような祭壇もあります。

    ご遺族の希望と予算とを比較検討のうえ、葬儀社に相談してみると良いでしょう。

  • 焼香設備

    焼香設備は葬儀一式の費用に含まれる場合が多く、個別に用意する場合はほとんどありません。
    仮に個別で用意するとなった場合、焼香台の値段で大体5,000円ほどから購入が可能です。

  • 線香・ろうそく

    線香・ろうそくについては、葬儀社に依頼した場合は祭壇一式の料金に含まれていたり、葬儀一式のプランに含まれているのが一般的で、個別に用意するという場合はあまりないでしょう。

    ご自身で用意するとなると数千円から準備できますので、寺院などに相談のうえ準備するようにしましょう。

火葬にかかる費用

火葬にかかる費用には、「火葬場使用料」以外にも、「搬送・送迎用バス」にかかる費用・「骨壷」にかかる費用が発生します。
ここでは、その各々の費用について詳しく見ていきましょう。

火葬場使用料

火葬場使用料は読んで字のごとく、火葬場を使用するための料金です。
この火葬場使用料は、民間と公営の火葬場によって料金相場に差があります。

公営の場合、火葬にかかる費用が数千円〜5万円程度、火葬している間の待機場所の使用料として無料〜1万円程度となっています。
民営の場合、火葬にかかる費用が5万円~15万円程度、火葬している間の待機場所の使用料として2万円程度となっています。

搬送・送迎用バス

搬送・送迎用バスの費用は、基本使用料に距離に応じた費用が加算される料金体系となっています。
一般的には、遺体の安置所から火葬場までで1万5千円程度からとなっています。

骨壷

骨壷に要する費用としては、公営の火葬場を利用する場合と民営の火葬場を利用する場とで費用に差があります。
公営の場合は、4千円程度から用意があるのに対し、民営の場合は1万円程度からとなっている場合が一般的です。

人件費

葬儀を運営するスタッフの人件費となります。
一般的には葬儀一式費用として含まれている場合がほとんどです。

寺院関連の費用

寺院関連の費用としては、「お布施」・「読経料」・「戒名料」などがあります。
ここでは、その各々の費用について詳しく見ていきましょう。

お布施

お布施は、読経などでお世話になる僧侶への感謝の意を込めたお金です。
お布施に包む金額には、宗派や地域の風習などによって異なるため、いくらくらいという相場はありません。
しかし一般的には、通夜から告別式を通して読経をお願いする場合ですと、20万円〜30万円程度がお布施の金額相場となっています。

読経料

読経料は文字の通り、読経をお願いするための費用です。
一般的には、上記したお布施としてお渡しすることが通例であり、読経料として別途用意することはあまりありません。

ただし寺院などによっては、お布施と読経料を別と考える僧侶もいらっしゃいますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

戒名料

戒名とは仏の弟子となったことで与えられる名前のことであり、宗派によっては法名と呼ぶ場合もあります。
戒名料の一般的な費用としては、5万円〜10万円程度となっています。

接待・飲食の費用

接待・飲食の費用は、会葬者への返礼品、お通夜、告別式の料理の費用が主なものとなります。
ここでは、その各々の費用について詳しく見ていきましょう。

返礼品

会葬者への返礼品としては、コーヒーやお茶、タオルなどが一般的で、500円〜1,000円程度のもので用意することが一般的です。
会葬者への返礼品は、香典の有無にかかわらず、参列者全員に渡すものです。

お通夜の料理の費用

お通夜の料理は、仕出し屋などに依頼することが一般的です。
お一人の量などを考慮して、足りないということがないように用意するようにしましょう。
金額としては、お一人2千円程度の料理を想定しておけば問題ありません。

告別式の料理の費用

告別式の後でも食事を振る舞うことがあるでしょう。
告別式での料理もお通夜と同様に考え、お一人2千円程度から想定しておけば問題ありません。

心づけの費用

心づけは、霊柩車の運転手や火葬場の係員などにお渡しする費用です。
心づけは、遺体を丁寧に扱っていただいたことに対するお礼の意味を込めてお渡しするもので、3千円〜1万円程度が相場となっています。

見積もりの明細に関するトラブル

お金

葬儀にはどのような費用がどのくらいかかるのかが理解できたと思います。
ここからは葬儀費用の見積もりの明細書に関連するトラブルをご紹介します。

葬儀を執り行うに際しては、葬儀社と相談しながらご自身の予算と見積もりとを比較検討しつつ準備を進めていくこととなります。
一般的な葬儀の場合の見積もりを出してもらい、ご遺族の希望を伝えながら、費用をかけるところと削るところを検討していくこととなるでしょう。

しかし、葬儀の見積もりに関連して以下のようなトラブルが実際に起こっています。

  • 明細にはない多額な追加料金が発生した
  • 高額の費用を払ったにも関わらず希望に沿わない内容の葬儀になった

大切な人との最後のお別れでこのようなトラブルは起こしたくありませんよね。
しかし、葬式に関して慣れている方がいないのは当然のことであり、事前に知識を得ていないとトラブルに巻き込まれてしまう可能性は十分にあります

以下の記事では、葬儀でのトラブルについて対策とともに紹介しておりますのであわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

故人の死を悼みお見送りするための儀式である葬儀において、近年トラブルが増えていると言われています。葬儀でのトラブルには一体どんなものがあるのでしょうか。今回終活ねっとでは金銭面や親族間のトラブル事例や対策などを詳しく解説していきます。

見積もり明細書を見る際のポイント

トラブルを抑えるためには見積もり明細を見る際のポイントを抑えなければいけません。
見積もり明細書を見る際のポイントとは、見積もりとして表記されていない料金に注意することです。

葬儀の基本費用は明細である程度固定されるものですが、葬儀の日程や当日の参列者の人数によって変動する費用は見積もり段階で不明なため明細書に表記されない可能性があるからです。

表記されないおそれのある費用は以下のようなものが挙げられます。

  • 車両費用

    車の車種や当日の移動距離などによって異なります。

  • 火葬に要する費用

    安置する期間や場所、火葬場によって異なります。

  • 斎場費用

    式場の場所によって異なります。

  • 返礼品費用

    当日の参列者数や選ぶ品物によって異なります。

  • 飲食費用

    当日の参列者数によって異なります。

  • お布施に要する費用

    菩薩寺によって異なります。

明細書に書かれていない費用を考えなかった場合、予想よりも倍の費用が必要だった、というトラブルも起きかねません。
記されていないが必要な費用はないか、その費用の一般的な相場はいくらなのかなどを確かめながら見積もりを見るようにしましょう。

良い葬儀社の選び方

さらに、納得のできる葬儀を行う上で良い葬儀社を選ぶことはとても重要なことです。
良い葬儀社を選ぶポイントは以下のようなものが挙げられます。

  • 費用が高すぎない

    費用があまりにも高い場合はランクを高いものにしていたり、余分なオプションをつけている場合があるので注意が必要です。

  • 質問に誠実に答えてくれる

    葬儀社コミュニケーションをとることは、トラブルを回避するうえで有効な手段です。
    丁寧に受け答えをしてくれる葬儀社を選びましょう。

  • 契約をせかさない

    期日や契約を必要以上にせかすことなく、喪主に考える時間を与えてくれる葬儀社がよいです。

  • 希望に沿った提案をしてくれる

    葬儀社側の独断で進めることなく、喪主の希望にあったプランや提案をしてくれる葬儀社は、喪主の立場にたって運営していると言えるでしょう。

  • 明細書が明瞭である

    どの料金が明細書に含まれていて、どの料金が含まれていないのかをしっかりと説明してもらい、書面等に書き留めてもらいましょう。

  • 地域の評判がいい

    ネットだけではなく、実際に利用した方からの評判がよい葬儀社は実績が明確で信頼できます。

葬儀社選びでもっとも重要なことは、時間にゆとりをもって葬儀社を選ぶことです。

慌てて葬儀社選びや打ち合わせをすると、理想の葬儀がうまく伝わらなかったり留意点の見落としが発生したりします。
自分にあった葬儀社を選び、どのような葬儀の内容なのかを念入りに打ち合わせをすることで納得の葬儀が行えるでしょう。

どうやって費用を抑えればいいの?

お金

葬儀にかかる費用の明細や見積もりを見る際の注意点が分かったと思います。
とは言っても、やはり葬儀費用はかなり高いと感じてしまう方も多いのではないのでしょうか。
ここでは、どのように葬儀費用を抑えればよいのかをご紹介します。

複数の葬儀社の見積もりを比較する

葬儀の見積もりを出してもらう際には、複数の葬儀社に依頼して見積もりを出してもらい、比較するようにしましょう。

葬儀社によっては、同じような内容のものであっても金額差が大きい場合もありますので、複数の葬儀社を比較することは、葬儀費用を抑えることにも繋がります。
予算と複数の見積もりとを比較しながら、じっくり検討しましょう。

オプションを削る

葬儀者に予算を伝え、可能な限りのオプションを削ることで予算を削減することができます。

場内の装飾など、プランとは別にオプションとしてつけられている項目がないかを明細で確認しましょう。
また、棺や祭壇、飲食代などはランクによって値段が違うことが多いので、予算に合わせてランクを決めましょう。

葬儀を小規模にする

近年、新しい葬儀の形を選択する方が増えてきました。
葬儀を小規模化することで参列者が少なくなるので、飲食接待費や返礼品にかかるお金を抑えることができます。
ここでは、一般葬に比べて費用を抑えられる葬儀の種類と費用相場をご紹介します。

  • 直葬

    直葬とは、通夜や告別式を行わずに火葬のみを行う葬儀です。
    直葬の費用相場は約20~30万円です。

  • 家族葬

    家族葬とは、家族を中心とした近親者のみで行う葬儀です。
    家族葬の費用相場は約100万円です。

  • 一日葬

    一日葬とは、通夜を省略して葬儀・告別式や火葬を一日で行う葬儀です。
    一日葬の費用相場は約30~50万円です。

公営の斎場を利用する

公営の斎場は、民営の斎場よりも安く利用することができます。
さらに、多くの公営の斎場には火葬場が併設されているので、バスで移動する金銭的負担や身体的負担を軽減することができます。

無料で使えるところも多いですが、利用できる条件が斎場によって異なりますので確認しておきましょう。
また、公営の斎場は民営の斎場よりも予約が取りにくいので注意が必要です。

自治体の補助金を利用する

故人が国民健康保険、もしくは後期高齢者医療制度に加入していた場合、葬祭費や埋葬料を受け取ることができます。
例えば、故人が国民健康保険に加入している場合、東京都23区の都民は一律で7万円が支給されます。

金額や申請方法は自治体によって異なりますので、自分の住んでいる自治体に確認しておきましょう。

また、費用を抑えるために香典収入を葬儀費用に充てるという方法もあります。
こちらの記事で詳しく紹介しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用は香典で赤字を免れられる?葬儀や香典の費用相場も解説

一般的に葬儀にかかる費用は、選択する葬儀スタイルによって高額となります。 この葬儀費用の赤字は、御香典で免れることができるのでしょうか?今回は、葬儀スタイル別の費用相場や御香典の金額相場と共に、葬儀費用の赤字がどの程度免れるものなのかについて紹介します。

互助会を利用する

冠婚葬祭互助会とは、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会によって運営されている、冠婚葬祭の積み立てを行うシステムです。

一定期間積み立てを行うことで、冠婚葬祭のサービスを会員価格で利用できます
積立金に関しては葬儀費用等に充当されますが、毎月の積立金がそこまで大きい金額でないことが多く、足りない分は追加で支払う形になります。

互助会に関しては、以下の記事でメリット・デメリット含めて詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の積立はできる?互助会や葬儀保険での準備方法をご紹介!

葬儀にはまとまった費用が必要となるため、日頃から積立を行い備えておくことはとても大切です。とは言え、どのようにして積立を行えばよいのか、分からないという方も多くいらっしゃるでしょう。そこでこの記事では、葬儀費用の積立方法について詳細を解説していきます。

葬儀費用の明細に関するまとめ

人々

今回終活ねっとでは、葬儀費用の明細についてまとめてきました。
この記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀を行なう場合、費用は平均として200万円くらいと言われている。
    どのような葬儀を行うかによっても費用は異なってくるので、予算と相談の上、費用を見積もると良い。
  • 葬儀にかかる費用は大きく、葬儀自体の費用、寺院関連の費用、接待・飲食の費用に分けられる。
  • 一般的には葬儀社に依頼して見積もりを取ることとなるが、参考として何にどのくらいの費用がかかるのが一般的であるかを把握しておくと良い。
  • 見積もりに関するトラブルとして、見積もりにはなかった請求があった、多額の費用を払ったのに希望に沿わない葬儀になったという例が挙げられる。
  • 見積もり明細書を見る際のポイントは、表記されていない費用を把握することであり、見積もり明細に関するトラブルを回避することができる。
  • さらに、いい葬儀社を選ぶことで、自分の希望に合った納得のできる葬儀を行うことができる。
  • 葬儀社に依頼して見積もりを取る場合、複数の葬儀社に見積もりを依頼して比較することは葬儀費用を抑えることに繋がる。
  • 他にも、プランにもともと入っていないオプションを削る、葬儀の規模を縮小する、公営の斎場を利用する、自治体の補助金を利用する、互助会を利用するなどの方法で葬儀費用を削ることができる。

葬儀にかかる費用を事前にしっかり把握することで、理想の葬儀を行うことに繋がります。
この記事が皆様の葬儀を気持ちの良い葬儀にする手助けになればと願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

「葬儀・費用・明細」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・明細」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!のサムネイル画像

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

札幌の葬儀費用はいくら?費用の内訳や給付金から全国との比較も解説のサムネイル画像

札幌の葬儀費用はいくら?費用の内訳や給付金から全国との比較も解説

お寺での葬儀費用はいくら?費用の内訳やお布施、法要についても解説のサムネイル画像

お寺での葬儀費用はいくら?費用の内訳やお布施、法要についても解説

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・費用・明細」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!のサムネイル画像

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと