香典返しに適した時期はいつ?|宗教別・即日返し・マナー

香典返しに適した時期はいつ?|宗教別・即日返し・マナー

お葬式では参列者から香典をいただくことが一般的です。ご遺族はそのお礼として香典返しを相手に渡しますが、送る時期に関して悩む方も多くいらっしゃると思います。この記事では、香典返しに適した時期や即日返しなどについて解説しています。ぜひお読みください。

最終更新日: 2019年09月29日

香典返しを渡す時期はいつ?

葬儀

お葬式では参列に訪れた方々から香典をいただくことが一般的です。
それは一周忌を始めとした法事全般にも同じことが言えます。
香典をいただいた相手にはお礼として、ご遺族が香典返しを用意して渡す必要があります。

ただ、香典返しを渡すタイミングとして、決まった時期というものはあるのでしょうか。
他にも、宗教ごとに香典返しの時期も変わってくるのか・即日返しとはどういう意味かなど、知りたいことは沢山あることと思います。
香典のお礼として渡すのですから、できる限りマナーに沿ったお返しをしたいですよね。

今回、「終活ねっと」では香典返しを渡す時期について、

  • 香典返しを行う上で丁度いいタイミングとは

  • 即日返しの意味

  • 香典返しをやらない場合

  • 香典返しを行う際に気を付けること

以上のことを解説していきます。
香典返しの金額相場や郵送方法などについても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典返しに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典返しの基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典返しを渡す時期に早い遅いはあるの?

困った人々

香典返しはご遺族側がマナーとしてやるべきことの1つです。
しかし、香典返しを渡す時期はいつ頃が良いのでしょうか。

宗教ごとの時期

香典返しの時期は宗教によって違いが出てきます。
ここでは仏式だけでなく、神式やキリスト教式などの時期についてご説明いたします。

仏式

仏式では故人がお亡くなりになった日から49日法要までの期間を忌中といいます。
忌中の間は故人を偲ぶため、結婚式への参列や香典返しなどは控えることがマナーとされています。
したがって、仏式の香典返しの時期は忌が明けてからということで、四十九日法要後になります。

初七日の後

香典返しの時期は忌明け後となるため、初七日後に渡すのはまだ早いです。
ただ、香典返しの準備を始める時期としては丁度良いでしょう。

葬儀や火葬が終わった直後はご遺族が体力的にも精神的にも疲弊しているため、すぐに動き出せる状態とは言いがたいです。
そのため、ある程度休養した上で、香典返しや四十九日法要の準備を始める時期としては適切といえます。
また、葬儀ではなく初七日法要に香典をいただいた場合でも、香典返しを渡す時期は同じく忌明け後です。

1か月後

先述したように、香典返しの時期は忌明け後なので、故人が逝去されてから一か月後でもまだ早いです。
ただ、近年では葬儀が終了してから一か月後に香典返しを行うという人が増えてきています。

香典返しは忌明け後から数えて一か月以内に行うのが一般的です。
しかし、だからといって一か月の終わり頃に香典返しをするのはマナー違反となります。
そのため、四十九日法要が終わったらできるだけ早めに送るようにしましょう。

忌明け法要(四十九日)の後

繰り返しになりますが、香典返しの適切な時期は四十九日法要後です。
関西地域において忌明けは「満中陰」、香典返しは「満中陰志」という名称になっています。

香典返しがこの時期になった理由は、先述した喪に服すため以外にも諸説あり、葬儀の準備などで忙しく、渡す時期が延びて自然と四十九日前後になるためなどがあります。
上記の理由を踏まえると、四十九日にこだわる必要はないように思えるでしょう。
しかし、それがマナーだと考えている人は数多くいるため、慣習は守った方が無難といえます。

また、何らかの事情で忌明け後から一か月以上も香典返しを送れなかった場合、お詫びのメッセージを添えることをおすすめします。

浄土真宗

浄土真宗は他の宗派と違って四十九日ではなく、初七日から数えて一か月以内に香典返しを行うとされています。
浄土真宗とは数多くある仏教の宗派の1つで、親鸞というお坊さんが積極的に広めていった教えです。

他の宗派だと人が亡くなった後は、霊となり、試練を経て四十九日に仏様になると考えられています。
しかし、浄土真宗では人が亡くなった後、すぐに極楽浄土へ行って仏様になるという教えのため、故人を偲ぶ期間である忌中が存在しません。

浄土真宗では故人が試練を課されることなく仏様になっているため、あえて忌中を設ける必要がないということです。
したがって、香典返しの時期も他の宗派より早く送る場合が多いです。

神式

日本における葬儀は仏教が主流ですが、神道形式の葬儀が執り行われることもあります。
その場合、香典の名称は御神饌料となり、お返しの時期も仏教とは異なります。

十日祭の前後

神道では故人がお亡くなりになった日から十日ごとに霊祭と呼ばれる、仏教でいうところの法要を行います。
十日祭は故人の逝去日から十日後に行われ、ご遺族やご友人などが参列する霊祭です。
御神饌料のお返しの時期は忌明け後が基本となりますが、十日祭は仏式の初七日にあたるため、御神饌料のお返しはまだ行いません。

三十日祭の前後

三十日祭は三十日後になりますが、霊祭は行わない人が多いです。
霊祭を行ったとしても、参列者はご遺族だけで進める形になります。
神式における忌明けは五十日祭ですが、三十日祭を忌明けとして香典返しを行うこともあります。

五十日祭の後、納骨後

先述したように、神式の忌明けは五十日祭とされています。
そのため、御神饌料のお返しの時期としては一番適切と言えるでしょう。

そもそも香典返しは仏教の風習であり、神道にはなかったのですが、今では忌明けに合わせてお返しをすることが一般的になっています。
御神饌料のお返しは五十日祭当日に会食が行われますので、その際に渡すことが多いです。

また、納骨後にお返しをするのも良いでしょう。
納骨の時期は人によって違いますが、基本的には忌明け後とされています。
そのため、五十日祭・納骨式をまとめて終わらせた後に御神饌料のお返しを渡す場合もあります。

キリスト教

キリスト教も神道と同じく香典返しという概念はありません。
しかし、仏教が主流の日本では一般的な考え方となっているため、キリスト教では参列者からいただいたお花料に対するお礼としてお返しをするようになりました。

お返しの時期は日本の慣習に合わせ、忌明け後としていますが、宗派によって時期が異なります。
宗派は大きく、プロテスタントとカトリックに分けられ、前者の場合は1ヶ月後の昇天記念日、後者の場合は30日目の追悼ミサです。

無宗教の場合

現代は価値観が多様化しているため、宗教儀式を行わない自由な形式の葬儀内容が増えてきています。
そのため、ご遺族側が香典を辞退した場合、香典返しも行う必要はありません。
しかし、香典を受け取った場合は、香典返しの時期に悩んでしまうことでしょう。

無宗教の葬儀であれば決まり事も存在しないため、時期を気にせずに送っても問題はないです。
それでも気になるという人は、他宗教の忌明けの時期を参考にすることをおすすめします。

香典返しをしたい時期が正月と被ったら?

先述したように、香典返しの時期は忌明け後の一か月以内とされています。
しかし、香典返しの時期と正月がかぶってしまった場合、最低でも1月4日まで送らないように配慮する人が多いです。

理由としては、普段よりも何かと忙しい時期に、香典返しの受け取りで手間を取らせてはいけないと考えられるからです。
他にも正月というおめでたい時期に葬儀を連想させるものを送ることに抵抗を感じるようです。
忌明け後なら問題ないのですが、相手のことも考えると正月は時間を置いてから送った方が良いでしょう。

家族葬でも香典返しのタイミングは同じ?

葬儀形態が変わっても香典返しのタイミングは同じです。

家族葬はご遺族やご友人など、少人数の参列者だけで執り行われる葬儀のことです。
家族葬は少人数とはいえ、ご遺族以外も参列しますし、参列者以外から香典だけいただく場合もあるので香典返しもすることになります。
しかし、香典返しのタイミングは宗教の忌明けが基準となるため、葬儀形態が家族葬であっても送るタイミングは変わりません。

葬儀で香典返しを渡す即日返しについて

葬儀

香典返しのタイミングは忌明け後だけでなく、即日返しもあります。
即日返しは葬儀当日に香典返しを渡すことですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

関東地方では一般的

即日返しは地域によってやらないところもありますが、関東地方では一般的です。
香典返しにかける金額は基本的にいただいた香典の半額で、これを半返しといいます。
しかし、即日返しは葬儀当日に渡すため、個別にいただく香典の金額の予測ができません。

そのため、香典返しは一律の金額で同じものを渡す形になります。
後日香典の計算をした結果、即日返しでは足りないほど高額の香典があった場合は、忌明け後に再びお返しを送ります。

北海道では即日返しがほとんど

即日返しは本州の場合、主に関東地方に浸透していますが、北海道の場合はほとんどの地域で行われています。
葬儀会場の受付で参列者から香典を受け取った際、挨拶状と一緒に品物を渡すという流れです。

また、北海道ではいただいた香典があまりにも高額であった場合を除いて、後日に改めてお返しをするという習慣はありません。
以下の記事では、北海道の香典返しについてより詳細に解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

即日返しのメリット・デメリット

次は即日返しを行う上で生まれるメリット・デメリットについてご説明いたします。

メリット

即日返しのメリットはご遺族側の負担が減ることです。
お返しを渡す相手が近所に住んでいるなら直接行けば済むことですが、遠方に住んでいる場合は送料をかけて送る必要があります。
品物を送るための準備もしなければならないでしょう。

しかし、即日返しなら上記のような手間や送料をかけなくていいのです。
さらに忌明け後に送るなら金額に応じた品物を選ばなければなりませんが、即日返しは全て同じ品物なので悩む必要もなくなります。

デメリット

即日返しのデメリットとして、会葬御礼と混同されやすい点が挙げられます。
即日返しを渡す相手が香典を用意していただいた人を対象にしているのに対し、会葬御礼の場合は葬儀に参列いただいた人全員が対象者です。
この違いを知らず、受付の担当者や参列者側が間違って受け渡しをしてしまう場合があります。

また、先述したように、高額の香典には後返しをする必要があるため、この場合は却って二度手間になると言えるでしょう。
以下の記事では、即日返しについてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてご参照ください。

香典返しをしないケースについて

困った人々

香典をいただいたなら、相手に香典返しを送ることが礼儀です。
しかし、場合によっては香典返しをしないこともあります。

会社・職場への香典返し

会社・職場が香典を出している場合は経費扱いになるため、香典返しをしなくても問題ありません。
会社によっては香典返しの受け取り禁止を定めているところもあります。

香典を寄付したり、香典返し辞退のとき

香典はそもそもご遺族の経済的負担を軽減させる目的があります。
しかし、香典の寄付を故人が希望していた場合、ご遺族は故人の遺志を尊重することが多いです。
また、参列者が香典返しは必要ないと申し出てきた場合も不要です。

地域によって香典返しをしない場合も

一部地域では香典返しをしないところもあります。
会葬御礼が香典返しを兼ねることもあれば、先述した北海道のように即日返しのみという場合もあります。

香典返しをしない場合もお礼状を送る

香典返しをしなくても、お礼状は送ります。
香典のお礼や忌明け法要が無事に終わった報告などを記入します。
以下の記事でさらに詳しい解説をしていますので、こちらもご覧ください。

香典返しをするときのマナー

葬儀

香典返しをする際は配慮すべきマナーがいくつかあります。
どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

金額の相場

香典返しの金額の相場はいただいた香典の半額、即日返しの場合は2~3千円です。
さらに詳しい説明は以下の記事をご参照ください。

おすすめの品物

香典返しにおすすめの品物はお茶やお菓子などの食料品、洗剤などの日用品です。
自由に好きなものを選べるカタログギフトも人気です。
以下の記事では、さらに詳細な解説が掲載されているのでこちらもご覧ください。

熨斗(のし)について

香典返しにつける熨斗は黒白で結び切りの水引が印刷されたものを選びます。
熨斗に関する説明は以下の記事も参考になりますので、ご興味がありましたらご覧ください。

郵送方法

自分で準備して送ることはもちろんできますが、品物の包装や郵送などを全てやってくれる専門店に依頼する方法もあります。
より詳細な解説はこちらの記事に掲載されております。

香典返しにお返し・お礼の連絡は必要?

香典返しに対するお礼は基本的に不要です。
ただ、香典返しを受け取ったという連絡はしておいた方が良いでしょう。

香典返しを渡す時期についてまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の「終活ねっと」では、香典返しを渡す時期について以下のことを解説してきました。

  • 香典返しに適切な時期は忌明け後の一か月以内だが、宗教・宗派によって日付が違う。
    仏式は四十九日目・浄土真宗は初七日、神式は三十日祭か五十日祭、キリスト教はプロテスタントが一か月後・カトリックが30日目。

  • 正月とかぶる場合は1月4日まで送らない。
    家族葬でも香典返しの時期は同じ。

  • 即日返しは葬儀当日に渡すこと、関東地方・北海道全域では一般的。
    メリットは手間や送料がかからないため、ご遺族側の負担が減る。
    デメリットは会葬御礼と間違われやすい、高額の香典には後返しをするから二度手間になる。

  • 香典返しをしないケースは、会社名義の香典の場合・香典を寄付する場合・香典返しの辞退をされた場合の3つ。
    地域によっては香典返しの慣習がないが、それでもお礼状は送る。

  • 相場は香典の半額、即日返しは2~3千円。
    おすすめの品物は食料品や日用品、カタログギフトなど。
    熨斗は黒白で結び切りの水引が印刷されたものを選ぶ。

  • 包装や郵送を専門店に全て依頼することも可能。
    香典返しのお礼は不要だが、受け取ったという連絡は必要である。

香典返しの時期は宗教によって違いが出ることが分かりました。
香典返しは相手に感謝の気持ちを示すものなので、マナーを守り、日付をきちんと計算した上で送るようにしましょう。

「終活ねっと」では、他にも香典返しに関する記事を数多く掲載しておりますので、ご興味がありましたらご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事